気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

また小人が・・・

f0118332_00353886.jpg
すっかり紅葉も終わったが、名残のモミジが・・・
f0118332_00354894.jpg
今日は一日だけだが、日の出から日没までの長丁場の仕事・・・だったのだが、雨で少し早く終了。
f0118332_00355932.jpg
ぼちぼちしっかりした防寒体勢が必要な時期。去年使っていたシロクマをちくちくしたネックウォーマーを小人に隠されたので、別のネックウォーマーにライチョウ付けてみた。
直に刺してるだけだから手ではがせるけれど、普通に使う分には取れない。

# by akanezumi1984 | 2018-11-23 00:40 | 発作的創作 | Comments(0)
f0118332_13263170.jpg
夏に月山ご案内した俳句の先生に、雁行素晴らしいですよ、見に行きませんかとお誘いしておりました。
予報では午後から雨が上がって夕方から晴れ。でも、待ち合わせの3時半直前までしぐれていたのですが、合流した途端にこの虹!
そして蕪栗沼に着いたら風もなく穏やかで、落雁を心行くまで堪能できた。
f0118332_13274629.jpg
暗くなってから宿に向かい、温泉入って早めに就寝。夜明け前にまた蕪栗沼へ。
駐車場で暖かいココアを飲んでいるうちにしらしら明けて来たので、防寒体勢整えて堤防へ。
f0118332_13275935.jpg
車のフロントガラスも草も凍った朝。
f0118332_13282759.jpg
11/1の時よりもぐっと数が増えて、ものすごい迫力で飛び立ち、渦巻くマガンの大群。鳴き声と羽音がうなりになって響きます。この臨場感をお伝えしたかったのですよ。
f0118332_13283999.jpg
いろいろな方向に飛んでゆくガンたち。頭の上も次々と飛んで行きます。
f0118332_13285259.jpg
キリキリっとしたマガンの声と違い、柔らかな声で鳴きながらシジュウカラガンたちも飛んで行くのが肉眼でも見分けがつきました。
ものすごい数が何度か飛び立って、沼の水面に隙間が目だっていっても、まだ何度も大きな群が湧くように飛び立ち、時間を忘れて立ち尽くす。
爆発的な飛び立ちの間にスコープで沼にいるシジュウカラガンやヘラサギ、木に止まるチュウヒなど観察。
f0118332_13292195.jpg
沼がガラガラになったところで、お腹もすいたので宿に朝ご飯食べに戻る・・・途中の道路でも田んぼに降りているガンに寄り道して、なかなかご飯にたどりつけない(笑)
f0118332_13293753.jpg
朝ごはんをしっかり食べ、部屋でしばらく休んでから、また蕪栗沼へ。
沼に残ってのんびりしているオオヒシクイを観察。よくいるツルシギは見当たらず。遠くにタゲリたち。
f0118332_13300225.jpg
ほとんどのマガンは早朝にどわっと飛び立って田んぼに餌を食べに行くが、中にはオオヒシクイたちに混じってのんびりするのも。
f0118332_13302292.jpg
みんなが寝ているのに一羽だけどちらにお出かけですか?
オオヒシクイじっくり見て、さて次はカリガネ探しに行きましょうかと車に戻る途中、俳句の先生が「白いのが飛んでる」と。見上げるとハクガンが1ダースくらいの群で飛んで行く!
しかし、望遠鏡担いでいたのですぐにカメラ構えられず、写真はなし。でも、青空に真っ白なハクガンきれいでした。そんなに近くはなかったけれど、とりあえず双眼鏡で確認。灌木のあるところでなかったらもう少し追えたのに、すぐ見えなくなったのが残念だった。
その後カリガネは不発だったが、もう昨日からたっぷりマガン、オオヒシクイ、シジュウカラガン、チュウヒやヘラサギなど堪能して「もうお腹いっぱいです」とのことで、満足していただけたようでよかった。
ずっと手帳にいろいろ書き留めていて、写真は一枚も撮らないいつものスタイル。
つい写真撮りたくなるけれど、そうやって書き留めた言葉で脳に焼き付けた映像がしっかり思い出せるのだったらいいなあ。時々、見たいのと撮りたいのとで心揺れることがある。
じっくり見ていられる時は両方できるからよいのだけど。
f0118332_13313448.jpg
お土産にブナの実を持って行ったら、ナッツ対決みたいに(笑)
新品種のQナッツをいただきました。Pの上をいくからQなのだそうな。
甘くておいしいです。

# by akanezumi1984 | 2018-11-21 13:30 | 生き物 | Comments(0)

好天に誘われ山頂まで

f0118332_00433074.jpg
すっきりと晴れ渡り、白く輝くおらいの山が誘っています。
f0118332_00440502.jpg
朝まずまずの時間に起きたのに、やっぱりその割には家を出るのが他の登山者より遅いですが(笑)、まぁ山頂行けそうなくらいの時間には出発。
志津から博物園に行き、装束場コースを。
f0118332_00442252.jpg
もちろん、あちこちひっかかりながら。(志津に着く前もミヤマガラスのとこでコクマル混ざってないかとか)この小さなフンはオコジョだろうなぁ。
写真撮れてないけれど、休憩中に頭上をクマタカが飛んだりも。
f0118332_00445128.jpg
ちらちらと日蔭に氷や、霜のついた葉っぱがあったりしましたが、このへんからはっきりと新雪も。一昨日はなかったので、昨日降ったもの。
f0118332_00450222.jpg
おお、なんと、一昨日の子が生き延びてましたよ。午後に作ったからすぐ気温が下がり始めてとけずに済んだようだ。
しかし、ここに来るまで既にお日様じりじりで、暑いなーと思って歩いていたので、その後たぶんとけたであろうな。
f0118332_00451670.jpg
毎年撮るけど、こうした氷の模様が好きなのだ。
f0118332_00452845.jpg
風がなくて日差しが強いので暑く感じるけれど、氷がとけないので気温は低いのだろうな。
f0118332_00454288.jpg
蔵王や葉山は全然白くなく、朝日もまだ薄いか・・・それでもやっぱり美しい。
f0118332_00461097.jpg
湯殿山は朝けっこう白く見えたけれど、雪が積もっているのは東側で、西側は霧氷だけ。
f0118332_00463321.jpg
もう少しで金姥分岐というあたりで、霧氷だらけに。
風がないから暑くて薄着で汗かきながら歩いて来たが、霧氷が落ちないくらいの気温なのだね。
風がなくて日差しがあると、こうも暑く感じるものか。
この時間、少し薄雲が出て来て、このまま曇ってしまうのかと案じたが、また晴れてくれた。
f0118332_00471344.jpg
雪があった方が美しいが、ありすぎると歩くの大変・・・今日は白いけれど、積雪はツボ足で歩けるくらいで安定して晴れてくれて危なげないという、理想的な状況だった。なんとありがたい。
f0118332_00473087.jpg
ノウサギも浮かれておる。
f0118332_00473949.jpg
暖かい空気に乗って来てしまったクモ。夕方になったら凍り付いてしまうだろうな。
f0118332_00475640.jpg
これだけ暖かくて日差しがあれば、山頂でも作れるかもと思ったが、牛首で会った友人が山頂は寒かったと言うので、牛首でちびうさ作ってしまう。案の定、山頂の雪はドライだったので、ここで作って正解。
f0118332_00491462.jpg
お地蔵さん、寒そう。去年まではお稲荷さんの中に入れてもらっていたのに、今年は台座から降ろしただけだな。
f0118332_00493499.jpg
お稲荷さんのとこも、例年よりガランとしているような?
f0118332_00502707.jpg
途中でのんびりしすぎて、時間がぎりぎりですが、5,6人いたかと思われる登山者はもう下山したので、山頂独り占め。
f0118332_00504559.jpg
鳥海山もばっちり見えている。さすがにいくらか風があり、気温も鍛冶小屋跡より確実に低いが、それでも信じられないくらい穏やか。ほとんど無風と言ってよいくらい。
ここでこんなに穏やかなんて、夏でもそうそうないかも。
f0118332_00511438.jpg
しかし、普通は強風吹き荒れるからね。その痕跡が美しい。
f0118332_00513574.jpg
あまり時間がないのに(だから家をもっと早く出ろて!)美しいので足止まりまくり。
志津まで歩かないと行けないので、神社までは行かずに小屋の少し手前で引き返す。
f0118332_10575933.jpg
2時半過ぎて、海がオレンジ色になり始めた。この日は飛島と御積島、粟島、うっすらと佐渡も見えた。
f0118332_00530663.jpg
牛首まで戻ると、ちびうさが元気に待っていました。寒いからこのまま凍結保存されるだろうけれど、もう確認には行けないなぁ。
f0118332_00533948.jpg
ぼちぼち急がないといけないのだが、きれいでついつい足が何度も止まる。
f0118332_00535719.jpg
この時間帯の光が好きなのだが、日没が早くなっているからあまりのんきにしていられない。
f0118332_00541246.jpg
鳥海山もまだ白いのは上だけだな。
f0118332_00542298.jpg
名残惜しい。
f0118332_00543959.jpg
海が光ってきれいなので、ぎりぎりまで見ていられるように姥ヶ岳経由にする。
f0118332_00545887.jpg
以東岳も夕日で染まってきた。小屋もちんまりと見えている。
f0118332_00551367.jpg
こんなに天気がよくて、風がなく穏やかだなんて・・・帰るのがもったいない。
姥沢から車で帰れる時期だともっとぎりぎりまでいられるのだが、志津まで歩く分の時間考えないと・・・
f0118332_00553011.jpg
気の早いスキーヤーさんが山頂から滑って、リフト下にもトレースあったけれど、まだ雪薄くてけっこうガリガリこすったのでは?
f0118332_00554644.jpg
夕日を眺めながら下る。
f0118332_00561532.jpg
いよいよ薄暗くなってきたけれど、まぁ、下は雪が全くないし慣れたブナ林の道なので心配なし。
一応ヘッドライトをすぐ使えるように首にかけておいたが、目が慣れるのと月明かりがあるのとで、志津までライト着けずに歩けた。
車について5時半少し前。とっぷりと暗くてフクロウが鳴いていたが、夏ならまだ明るくて全然余裕の時間なのにね。
それにしても、思った以上のすばらしい条件に恵まれた一日だった。
11月初めのまだ姥沢まで車で行ける時ならいざ知らず、この時期に山頂まで行けてラッキーだった。

# by akanezumi1984 | 2018-11-19 00:56 | おらいの山 | Comments(4)

写真展

昨日帰宅してから鼻水出ていたが、土曜は朝雨だから寝坊してもいいやと夜更かしし、今朝一度早い時間にばっと起きてから二度寝したら11時でびっくり!でも、寝たの遅いからな。
f0118332_22334611.jpg
以前、月山でお会いしたことのある写真家の高山さんの写真展に午後から行ってみた。
f0118332_22340653.jpg
午後は別室で写真教室をされているので、みなさんそちらに行ってる模様。
f0118332_22342266.jpg
畳大の超大判の写真がたくさん展示されていて、迫力がありますよ。
f0118332_22343563.jpg
こちらでは日替わりでスライドの上映があり、午前中に行くと解説があるようです。
写真教室は予約が必要です。
あと18、23,24,25日にあります。場所はやまがた藝術学舎で入場無料。

# by akanezumi1984 | 2018-11-17 22:46 | その他 | Comments(0)

雪のあるところまで

f0118332_00123481.jpg
一度あらかたとけたが、また少し積もったか!ぴかぴかです。
なのに、せっかく朝起きてもぐずぐずで早く出かけられない・・・
f0118332_00124766.jpg
しかも、途中でひっかかる。電線にミヤマガラスが5羽。少ないなと思ったら・・・
f0118332_00130021.jpg
離れたところで渦巻いていた。
f0118332_00132844.jpg
志津の車止めから歩いて、博物園の入り口の手前で小鳥の群。マヒワ、アトリ、ツグミ・・・の中にオオマシコも見つけたが、すぐに見失い、その後会えず。写真は5mくらいのとこにいたアトリ。
f0118332_00134226.jpg
志津歩きだしが11時過ぎていて、小鳥トラップにはまったりもして博物園を過ぎるころには昼に。
けっこう暖かく感じたが、日蔭にはまだ氷が残っていた。
f0118332_00135991.jpg
壊れた春木戸の橋のところに、誰かが石を置いて渡りやすくしてくれていた。
f0118332_00141805.jpg
相変わらずブナの実だらけだが、今日はブナの実拾いはしないのだ。が、転々とあるフンにひっかかる。
テンは甘党なのでブナの実よりコクワ食べてて、コクワ100%のフンがたくさんあった。
f0118332_00145044.jpg
ワシでも飛ばないかなと時々眺めてみるが、そううまくはいかないのだ。
f0118332_00150051.jpg
白いブナが美しい。
f0118332_00151937.jpg
朝よりだいぶ黒くなったような・・・
f0118332_00153088.jpg
お!まとまった量の雪があったよ。装束場くらいまで行こうかと思っていたが、上に行くほど雪があると限らないので、もうここでうさ作ることにする。
f0118332_00154042.jpg
ざらめ雪でそこそこ大きいのができました。


f0118332_00161467.jpg
朝日の山も白くて美しい。
f0118332_00163371.jpg
帰りは大門海から周海沼を周って。
f0118332_00165604.jpg
ヤドリギだらけ。アトリやツグミが食べていた。
f0118332_00170793.jpg
オオマシコ探したが見当たらず。枝越しで遠くてマヒワは結局ましなの採れず。アトリしか撮れてないなぁ。
前からだが、夜さっさと寝て朝早く起きるというのがなかなかできなくて困ったものだ。
仕事ではちゃんと起きるが(当たり前だ)、朝は頭が重くてついつい、起きてもささっと準備して出かけられないことが多い。ご飯食べると特に眠くだるくなるので、ほんとは食べずに出てしまうと早めに出かけられるのだが、留守が多いから家にいる時はなるべく野菜たっぷりのご飯をゆっくり食べたいしな。

# by akanezumi1984 | 2018-11-17 00:37 | おらいの山 | Comments(0)

貴重な通いの現場

昨日から通いの現場。近いっていいねー。宿から地点が遠い現場だと泊まりでも毎日往復で60km以上走るけど、家からそれくらい。
f0118332_23182963.jpg
おばあちゃんを探せ!
この小さな島みたいな段差のある畑の前で仕事させてもらっている。年に数回来て、たまたま一回おばあちゃんに会えるかどうか。今回は久しぶりにお会いできた。92歳だけど、きれいに畑維持されてます。
f0118332_23190072.jpg
これはなんだろう?カヤを保存??
f0118332_23191664.jpg
つい、おいしそうと思ってしまう。
f0118332_23192912.jpg
電線にふくふくの雀たちがいて、癒される・・・あれ、一羽尾がない子が。
f0118332_23195891.jpg
空を見ているとキラキラと糸が光りながら飛んで行く。
雪迎えという美しい言葉で表現される、小さなクモたちの大冒険。三脚や体にいろんなクモが着地する。
f0118332_23201569.jpg
雲の形も千変万化。
f0118332_23204453.jpg
早朝は朝つゆがきらきら。
f0118332_23205487.jpg
大きなスズメバチの巣。これだけの帝国を築いて、もう終わり。女王蜂以外は冬を越さず死に絶える。春になると女王蜂は一から作り始める。


f0118332_23212320.jpg
日中は日差しがじかじかと暑く感じるくらいだが、3時過ぎると一気に寒くなる。
f0118332_23214470.jpg
太陽の力は本当にすごい。
f0118332_23220511.jpg
オオハガタヨトウ。食草はシオデらしいのだが、なぜか畑の大根の葉っぱから出て来た。
f0118332_23213168.jpg
3日目にしてやっと仕事になったが、今日は他にも妙なものが飛んでいた。
# by akanezumi1984 | 2018-11-14 23:22 | 仕事 | Comments(0)
前日の午後7時に宿集合で、翌朝夜明け前から日没までの仕事。真っ暗なうちに宿から地点に移動して、細い山道に入ったら道の真ん中に赤い光が・・・と思ったら飛んだ。ヨタカまだいたんだな。
f0118332_23315408.jpg
f0118332_23163097.jpg
先月と同じ地点だったが、前に見たのと違う場所でもクマ棚発見。やはりミズキ。コナラにはないなぁ。
f0118332_23320648.jpg
一房だけ、しかも手の届くところにあったので、おやつにいただいた。ヤマブドウもけっこう甘くなる。
f0118332_23165846.jpg
曇り予報だったが、日中は青空もけっこう出ていた。夕方予報通り雨になったが、降ったりやんだりで、雲の隙間から夕焼け見えた。

# by akanezumi1984 | 2018-11-12 23:21 | 仕事 | Comments(0)