人気ブログランキング |

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー

<   2019年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

タゴ祭2019(6/23)

例年だと姥沢から山頂まで行って、帰りに装束場のパターンが多いのだが、知人をタゴ祭会場に案内する約束をしていたので、博物園からスタート。
f0118332_20583564.jpg
タゴは少数ならそこらじゅうにいるので、スタート間もなくひっかかる。
f0118332_20585794.jpg
タゴ祭の会場以外では、たいがい石の隙間の中とかで外から見えないのだが、雨で押し出された卵があった。
f0118332_20591349.jpg
石をめくるとタゴもいた。水を吸ってぱんぱんになってる!
f0118332_20592749.jpg
なかなか進みません。
f0118332_21000145.jpg
イモリにもひっかかる。
f0118332_21021435.jpg
同行者がばてて、たどり着けるのかちょっと心配になるくらだったが、時間かかったけれど無事到着。そして、タゴはほぼ最盛期でいるわ、いるわ! 2m×10mくらいの範囲に推定200匹はいたであろう。
f0118332_21025061.jpg
あちこちにペアも。


f0118332_21034470.jpg
三段重ね。
f0118332_21041295.jpg
アップの写真にすると大きく見えるけれど、実際にはとても小さい。
f0118332_21044365.jpg
あーーーーー。またヤラレテル! ここでハコネサンショウウオがタゴに抱き着かれているのを見るのは4度目。そのうち3回は既にハコネは死んでいた。死んでいるのに、まだ離さないのである。離すきっかけとかなにかないのか!?
f0118332_21050508.jpg
これは翌朝山頂か弥陀ヶ原に向かう途中見つけたタゴ。
f0118332_21061913.jpg
装束場の小さな池のクロサンの卵増えていた。まだ待機中のオスもちらほら。


f0118332_21064880.jpg
モリアオガエルも何匹かいたが、いつもの超望遠のコンデジを家に忘れたので、まともに撮れなかった。
f0118332_21075824.jpg
二ヶ所でアズマヒキガエルのレスリングも見られた。

雪のつき方がいつもと違う場所があるけれど、クロユリ開花とタゴ祭最盛期はだいたい一致する。

by akanezumi1984 | 2019-06-27 21:08 | 生き物 | Comments(0)

月山花だより(6/23-24)

今回歩いたのは、博物園から装束場コースで金姥分岐に出て山頂へ。翌朝山頂から弥陀ヶ原へ。湿原を半周して登り返し、山頂から姥ヶ岳経由で下りリフト使用で姥沢へ。
f0118332_12131846.jpg
カタクリとかイワウチワは、博物園より低いところにしかないと思っていたら・・・博物園より少し上でイワウチワが!今まで全然気づかなかった。
f0118332_12132641.jpg
サンカヨウ
f0118332_12133892.jpg
ミツバオウレン
f0118332_12134848.jpg
エノキタケ
f0118332_12135721.jpg
ノウゴウイチゴ
f0118332_12140736.jpg
オオバキスミレ
f0118332_12141900.jpg
アカモノ
f0118332_12142789.jpg
マイヅルソウ
f0118332_12143969.jpg
リュウキンカ。先々週には咲いていたので、少しくたびれてきた。
f0118332_12144932.jpg
シラネアオイは装束場コースに転々と。牛首は今が盛りでたくさん咲いているが、笹の中が多い。弥陀ヶ原側にも。
f0118332_12150027.jpg
ゴゼンタチバナ。花が緑っぽいのもある。
f0118332_12151078.jpg
イワナシ
f0118332_12152345.jpg
稜線ではとっくに終わったヒメイチゲが装束場付近で咲いている。
f0118332_12154817.jpg
例年見ているキヌガサソウ群落のある場所は、まだ雪の下だった。その少し上流でぽつぽつ咲きはじめているのに気づいたのが、雪の壁をよじ登った後で、降りないと近くに行けないのでこんな写真だけ。(いつもの超望遠のコンデジを不覚にも忘れたし)
f0118332_12155578.jpg
コイワカガミ
f0118332_12160266.jpg
ドアップに撮ったので、一瞬シナノキンバイみたいですが、ミヤマキンポウゲです(笑)
f0118332_12161280.jpg
ウズラバハクサンチドリ
f0118332_12162077.jpg
ウサギギク咲きはじめ
f0118332_12162723.jpg
ヨツバシオガマ
f0118332_12163994.jpg
イワイチョウ
f0118332_12164772.jpg
ヒメイワショウブ
f0118332_12165307.jpg
ウラシマツツジ。どこかに大きな群落あるのだろうか?ほんの少ししか見つけられない。
f0118332_12170452.jpg
コヨウラクツツジ
f0118332_12171295.jpg
ミネカエデ
f0118332_12172673.jpg
イワウメ
f0118332_12173596.jpg
コメバツガザクラ
f0118332_12174356.jpg
コエゾツガザクラ
f0118332_12174961.jpg
ツマトリソウ
f0118332_12175704.jpg
ハクサンハタザオ
f0118332_12180427.jpg
チングルマとツガザクラ
f0118332_12181354.jpg
アオノツガザクラ
f0118332_12182341.jpg
ミヤマシオガマ。山頂のはまだで、畳石が見頃でたくさん咲いていた。
f0118332_12184664.jpg
クロユリ、昨年より花が増えた。まだこれから咲く蕾もぽつぽつあります。今年は佛山池小屋の近くにも咲いていました。
f0118332_12190386.jpg
弥陀ヶ原のミネザクラ見頃。
f0118332_18352669.jpg
エゾイチゲも見頃。こちら側にこんなにたくさんあるの、今まで知らず。弥陀ヶ原まではなかなか来ないからなぁ。
f0118332_12191660.jpg
ワタスゲは終わった模様。
f0118332_12192974.jpg
キバナノコマノツメ
f0118332_12194235.jpg
ミヤマウスユキソウが見頃。雨でもふかふかして暖かそう。
f0118332_12195441.jpg
ショウジョウバカマも雪解けラインに沿って、次々と咲きます。
f0118332_12202364.jpg
ハクサンイチゲの群落。

リフト下はニッコウキスゲが咲いていました。姥ヶ岳のも蕾がついていたので、山開きのあたりには咲いているかも。

by akanezumi1984 | 2019-06-25 12:20 | おらいの山 | Comments(0)
23日しか日程が取れないカエル大好きな知人二人の依頼で、タゴ祭会場に案内する約束をしていた。
例年このあたりがだいたい、十年以上前から毎年楽しみに観察しているタゴガエルの産卵場所の最盛期。
しかし、花や雪の状態も見たいから山頂にも行きたい。一人は4年前にも一度案内し、その時は案内後その人を残して一人で山頂に日帰りしたが、今回は観察だけでなく調査もしたいと言うので時間が読めないため、自分だけ頂上小屋に泊まることにしたが、調査よりも目的地にたどり着くのに思いのほか時間がかかったので、泊まりの計画していて正解だった。
f0118332_11095494.jpg
博物園のトレール上の積雪はなくなったようだが、石跳沿いの道はまだまだ雪だらけ。
f0118332_11100724.jpg
イワウチワはもっと標高の低いところにしかないと思っていたが、まさかこんなところにもあったとは・・・
今まで見つけてなかったよ。
f0118332_11103284.jpg
まだまだ、装束場コースではタケノコ採りの人としか会いませんなぁ。この日は消防防災ヘリが出動。笹薮で方向がわからなくなった方が要請したようです。
f0118332_11105379.jpg
博物園から装束場までは、雪渓から夏道の入り口の目印が見えるので大丈夫。装束場の上の平らなところが夏道の入り口がわかりにくい。中間点にあるぽこっと出た石を通って、さらにまっすぐ進むと、ブッシュのところにピンクの目印があります。
f0118332_11111490.jpg
水場のところに、例年にはない雪の壁が残っていた。先々週初めて見てびっくりしたのだが、まだけっこう高さが・・・
二週間たったのに、思ったより雪解け進んでない感じ。
f0118332_11112650.jpg
取りつくと、けっこうな高さです。左の枝をつかんでスパイク長靴でよじ登りました。下るのは嫌。
f0118332_11113845.jpg
その先にも例年と同じ場所に二ヶ所ほど壁があります。だいたい左側が少し緩くなってるので、登りは大丈夫。(下りはアイゼンないと怖い)
f0118332_11121681.jpg
カエルさんチームがタゴのポイントまで登るのに、思った以上に時間がかかり、しかも観察だけでなく捕獲、計測もするとのことで(環境省に相談し、そこでそういうことをしても問題ないと確認)、調査内容も見ていたかったが、時間が押してしまい、いくら頂上小屋に泊まるとは言え、あまり遅くなりたくないので計測の初めまで見てから二人を置いて移動。既に2時半近くで、疲れも出て金姥分岐に出たのは4時近かった。
しばらく休憩してから歩きだしたら、早朝に姥沢を出て弥陀ヶ原まで行って来たS君と会い、しばらく情報交換で立ち話。
f0118332_11124393.jpg
そんなこんなで山頂には5時半過ぎにやっと到着(笑)
先々週同じ時間に博物園出発した時は山頂に2時半に着いたのに・・・
牛首手前からも雪渓が続きます。牛首過ぎてから、鍛冶月光の夏道露出部までの雪斜面は少し短くなったので、ガスってもそれほど苦労しないかと。
f0118332_11133200.jpg
山頂に着いた時にちょっとだけ晴れたので、もう少し外で楽しめるかと思ったらすぐにガスって終了。
お腹は空いていたので、夕食に。相変わらずすごいボリュームです。天ぷら盛り合わせにタケノコ2本入ってます。あとゴマナやコシアブラ、アザミ、エビ、カボチャなど。白和えはコシアブラ。
f0118332_11134602.jpg
時期限定!焼きタケノコ。
f0118332_11135323.jpg
庄内らしい小鉢たち。ごま豆腐、ワラビのだし、蕎麦の実、アザミ。
f0118332_11140622.jpg
朝は雨ガスのちガスで外に出てもなんにも見えず、二度寝して朝食。これぞ月山タケ!の味噌汁!このために泊まる価値あり。
f0118332_11150250.jpg
視界は悪いが雨は止んだので、8合目方向に出発。石にピンクテープ巻いた目印が点々と置いてあるので安心。
f0118332_11152126.jpg
下りだし、視界もよくないのであっという間に9合目の佛生池小屋。
f0118332_11153620.jpg
その先もロープや目印の石がかなり親切に配置されていて、視界がない時でも大丈夫。
f0118332_11155460.jpg
8合目までの道路の開通前(24日の11時開通)なので、誰もいません。弥陀ヶ原独り占め。
f0118332_11160835.jpg
この頃少し視界がよかった。まだ花は咲きはじめで少ないが、ミネザクラやエゾイチゲは見頃だった。
f0118332_11162427.jpg
午後から天気が怪しいので、一周しないでここでショートカットすることに。
f0118332_11165766.jpg
ウサギはまだ縛られたままだった。(雪の重みで耳が折れないように板をかませてある)


登り返したらほどなく雨とガスで視界不良になり、写真あまりありません。
佛生池小屋にまた寄って、早い昼ご飯に。
f0118332_11550792.jpg
竹の子汁を注文して、頂上小屋で作ってもらったおにぎりで昼ご飯。(何か注文すれば休憩できます)
f0118332_11172054.jpg
頂上小屋に挨拶し、だーれもいない山を一人下山。視界が悪いし、雨なのでもくもくと歩くだけ。
例年、牛首のあたりで立ち入り禁止のところに迷い混む人が多いですが、西側の雪のないところは道ではないので注意。
迷い混む人の踏み跡があるけれど、その先で道がなくなります。ガスっててもたまにちらちらっと見える時に、手がかりをゲットしましょう。
f0118332_11174047.jpg

牛首分岐の標柱が顔を出しているので、その近くを通ると夏道が見えます。


f0118332_11180321.jpg
右側(西側)は立ち入り禁止です。白く見えてるのは立ち入り禁止の看板。
f0118332_11183002.jpg
24日健在、西川側はほとんどコース案内は設置されておらず、ガスると要注意。
姥ヶ岳の木道露出部の終点付近に目印の石があって、おー助かると思ったら、二個しかなく、たぶん下から登って来た時に木道の鳥付きがわかるように置いてあるだけ。
f0118332_11175173.jpg
たまにガスが少し切れてもこんな感じで、リフトどこよ?って感じでしたが、とりあえず見えてる島を目指す。斜度もけっこうあるので、アイゼン必須です。おいらはスパイク長靴でしたが。
f0118332_11185816.jpg
夏道がちょこっと出ていて安心。
f0118332_11190807.jpg
姥ヶ岳の分岐の木道とベンチ。ここまで来ればもう安心ですね。沢コースは封鎖されたので、下りリフトに乗って姥沢へ。
姥沢小屋跡に出るルートは、トラバースで滑落したらかなり危険ないやらしい箇所があるので、雪がなくなるまでお勧めできません。
f0118332_11192393.jpg
だそうです。
f0118332_11193382.jpg
車を博物園に置いてあるので、姥沢からバスで下りました。
花とタゴガエルはまた別にアップします。

by akanezumi1984 | 2019-06-25 11:19 | おらいの山 | Comments(0)

今週の仕事終了

今週は6泊7日の現場だったが、前半終わって次の現場に移動する時に山形通ったから、一度帰宅して洗濯などできたので、少し楽に。
f0118332_22215447.jpg
今日のアマガエル。なぜそこに?ゴミだらけだし、変な体勢なのに、それで落ち着いてるようだった。
f0118332_22222682.jpg
狭くて浅い水路にイモリが大量にいるが、みんな婚姻色の出たオスばかり。ちょっと歩いてるのがいると、メスかと期待して尻尾をぴきっと根元から曲げて、相手の顔の前でぷるぷるさせるが、オスだよ、オス!
f0118332_22223760.jpg
ちょっと失礼してひっくり返してみたら、お尻がもっこりというかもう、ぱんぱん。
f0118332_22232368.jpg
今日の昼は、安い時に買い置きしていたガスパチョのレトルトスープに、蒸し大豆入れて。
レトルトの袋だけだと、途中で置きたい時に倒さないよう気を付けないといけないが、カップにレトルトごと入れると倒れないし、かつ洗い物も出なくてよいことに気づいた。
f0118332_22233988.jpg
朝来た時から車があったのだが、ミズを採りに来たおかあさんだった。一度大量のミズを背負って車に置いて、さらに採りに行くところ。
f0118332_22235281.jpg
この量をもう一度背負って来ました。
ちょっとお話したら、もう80歳近いのだと・・・健脚なのにもびっくりだけど、ほっぺがつやつやでお肌の若さにもびっくり。
たくさん採って、知り合いに分けるのが楽しみと言い、冬は図書館で本を読んでいるという、素敵な方だった。
ミズ持ってけーと言っていただき、ほんの少しいただいた。それっぽっち?もっと持ってけーと言われたけれど、ほとんど家にいないので一回食べる分でよいのです。
道端のではなく、わざわざ奥に入って採るから柔らかいミズで、筋取りしなくてもよいと。
帰宅して味噌汁にして食べたけれど、本当に筋取りしなくても柔らかくておいしいミズだった。

by akanezumi1984 | 2019-06-22 22:24 | 生き物 | Comments(0)

お暑うございますね



f0118332_23220896.jpg
ここのホテルは毎日チェックインの時に小さな菓子パンを二個と、缶のウーロン茶をくれるシステムらしい。
それだけでは足りないので、飛島のワカメを増し増しにしたスープと、キウイで朝食。


f0118332_23222782.jpg
もうホタルブクロの季節かぁ・・・
f0118332_23224032.jpg
ああっ! ホテルに戻って着替えてて初めて気づいた。一日違和感を感じずに過ごしていたよ。
f0118332_23225757.jpg
ナビ頼りで仕事に向かったら、すいてるけど信号ないだけでなく、コンビニもない通りをお勧めされたため、昼ご飯は車に積んでた非常食から賞味期限が3月に切れていたクリームシチューのレトルトに、ドライパックの蒸大豆ぶちこんだら案外暖めなくてもおいしく食べられた。
そして、夜はちょっと行ってみたいお店があったのだが、寄り道したら間に合わず、結局スーパーで値引きの海鮮サラダミックスと筋子おにぎり、プチトマトとスナップエンドウに。
でも暖かい飲み物があると、それだけでちゃんとした感がある。スープには飛島のワカメを増し増し。
f0118332_23231238.jpg
おしゃれ柄のアカスジカメムシ
f0118332_23234090.jpg
ずいぶんぼろぼろになってしまった、ウスバシロチョウ
f0118332_23240167.jpg
すぐ近くの側溝からひょっこり出て来たアナグマ
f0118332_23241385.jpg
にゅるんっ
f0118332_23242866.jpg
てってってっと軽快な足取りで道路を横断。車に轢かれないよう気を付けろよー。

今日はけっこう暑かったのだが、近くで工事している会社の方が「この先に事務所があるので、トイレ使っていいですよ。製氷機もあるので氷も使っていいですよ」と言いにきてくださって、なんて親切なんだろうと感動。
行かなかったけど、わざわざ言いに来てくれて、本当にありがとう。
まだ若い人だったけれど、社員教育が素晴らしいのか、根がとても優しい青年なのか、とにかく暑さ吹っ飛ぶ爽やかな瞬間でした。

by akanezumi1984 | 2019-06-20 23:38 | 生き物 | Comments(0)

無事です

地震が起きた時は、東北の太平洋側におり、震度4でなにも問題なしです。震度5以上の地域が心配ですね。大きな被害がないとよいのですが・・・
by akanezumi1984 | 2019-06-18 23:52 | つぶやき | Comments(2)

狭いながらも

強風で車がたびたびハンドルとられてびびりながら200キロくらい走って、今夜からのホテルに到着。
狭いながらもそこそこ快適。
電気ポット小さいが、まあ、お湯がなければないでも済む時期になった。
ぼちぼち冷蔵庫の方が大事だが、ここの冷蔵庫は冷凍ができないので、夏の暑いときはつらくなるな。
とりあえず今週は大丈夫そう。
f0118332_21502544.jpg

by akanezumi1984 | 2019-06-16 21:46 | 仕事 | Comments(0)

つかの間の帰宅

3日間の現場×2で、移動日含めて6泊7日で留守にしていたけれど、先週はひっさしぶりに実家に泊まっての現場だったため、昔からのおなじみのお宅で何度も晩御飯いただいて、おいしいものがたくさん食べられた1週間だった。
f0118332_14233860.jpg
月曜にお邪魔したら、日曜にタケノコ採りに行って来たということで、タケノコ汁!
こちらのお宅ではタケノコの他にミズと豚肉が入ってます。
f0118332_14235858.jpg
翌日はタケノコご飯炊くから食べに来てと言っていただいたが、なんと、連日の山菜処理での寝不足たたったか、料理上手のそこのお宅の奥様がダウンしていて、それどころでなく・・・
でも、フキの皮剥きの手伝いする約束していたので、おばあちゃんとフキの皮剥き。
子どもの頃はよくやらされたものでした。
f0118332_14241577.jpg
奥様ダウンにつき、なんにもないけどと言われたけれど、フキ炒りとワラビのお浸し、ワラビの一本漬け、豆腐の煮物と十分ご馳走でした。
f0118332_14242896.jpg
さらに別の日に、おいしいパスタもらったから食べに来てと誘われて行ってみたら・・・
大量の山菜の具が入ったパスタでびっくり。味付けはペペロンチーノだけど、具が麺より多いくらい。
ミズとコゴミがどっさりと、豚肉とパプリカ入り。あとはワラビとニラ穂。
ニラ穂が甘くて超おいしかった。

普段無人で、どんどん廃墟化している実家。たまに日帰りで行くことがほとんどになり、泊まるのは不便になる一方だけれど(自炊するにも調味料も持参しないといけない)、まだレンジと炊飯器が壊れてないので、朝は米を炊いてお昼用におにぎり作ってた。
これがまた、おまぬけな話があって、9日の夜に荷物たくさんあって、車に積みこむ時に一度地面に置いてしまったら、暗くて米と調味料入れてたバッグを置き去りにしてしまった。(翌日マンションの管理会社から電話があって発覚)
バッグが一つ足りないのは深夜に実家着いた時にわかっていたが、まさか駐車場に置いてたとは・・・
部屋に忘れたと思っていたのだった。まぁ、なんにせよ、一週間戻れないのに変わりないので、米と味ポンだけ仕方なく買ったのだった。

by akanezumi1984 | 2019-06-16 14:40 | つぶやき | Comments(0)

うわー!

f0118332_22334932.jpg
温泉帰り、時速60キロで走行中でも見逃しませんぜ!
反対車線に緑色発見。絶対モリアオだと思ってバックすると、いました、いました、美しいモリアオガエル。
サイズ的にメス。
遠くに対向車が見えたので、ひかれないように素早く拾って道路端に移し、撮影。
道路でじっとしてたらだめだぞ。
モリアオ見てご機嫌で帰り、米を研ごうとしたら、うわー!
あろうことか、つや姫様の上にGが!
自炊に備え、自宅から米や調味料持ってくるはずが、準備していたバッグごと駐車場に置き忘れ(夜中に大荷物で家を出たので)、仕方なくこっちで2キロ買った残りを、何度も晩御飯頂いたお宅で食べてもらおうと、明日食べる一合だけ炊飯釜に入れてからそのお宅経由で温泉行ったのだった。
そのお米に…
たいていの生き物は好きだが、Gとカマドウマは好きじゃないんだよなあ。
でも、よーく洗って食べますよ。お米は捨てられないからね。
日曜深夜に実家に着いて、早くも金曜夜。
今週は久しぶりに実家から通いの現場が2つ連続で土曜まで仕事なのだ。
土曜仕事終わったら帰宅して、日曜のうちに次の現場の宿に移動なのだが、月山の花もタゴガエルもすごくいい時期なので、なんとか山に行きたかった。
でも日曜天気悪いのかー。ううう。

by akanezumi1984 | 2019-06-14 22:32 | つぶやき | Comments(0)

元気に仕事してますよ

パソコン持ってきているけれど、ネット繋がらないので、画像データ取り込むだけ。
スマホだけで編集したり、更新するのが面倒でサボってるだけで、元気だし、毎日仕事してますので、ご心配なく。
って、誰に言ってるやら(笑)
f0118332_22450404.jpg
天然のおやつが手に入る時期ですね。

by akanezumi1984 | 2019-06-12 22:41 | つぶやき | Comments(0)