気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984

<   2018年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

数日ワープ

f0118332_21422017.jpg
木曜の仕事終わってから3時間ほど移動して、別の仕事の宿へ。翌朝4時起きで、日の出から日没まで仕事。
(こういう時間帯は普通ではなく、たまにだけです。通常は8時~9時開始で4時か4時半終了)
f0118332_21424076.jpg
コンビニでクスサンやヤママユが見られる季節になりましたなぁ。これはすれてしまったのか、色や模様がハゲハゲ。
f0118332_21432850.jpg
地点に行く道路が栗のイガだらけだった。落ちたものはほとんど動物に食べられている。
f0118332_21434667.jpg
雲がもりもりと湧いていた。
f0118332_21440476.jpg
車を止めていた場所に別の車が来て泊まり、年輩のご夫婦がなにやら道端でがさごそ。山形では皮だけたべるんでしょとか聞こえた後にぺっぺっと音がしたので、アケビをつまみ食いして行ったもよう。
f0118332_21451565.jpg
このー木なんの木、気になる木・・・と近寄ってみたらミズキだった。このへん何本かにクマ棚が。
f0118332_21453705.jpg
もう葉が完全に黒くなっていて、だいぶ前のもの。
f0118332_21455235.jpg
登りの爪痕。
f0118332_21460718.jpg
下りの爪痕。
f0118332_21462957.jpg
イノシシもやりたい放題。
f0118332_21470940.jpg
ハリオアマツバメ。他の場所ではたくさん渡っていたようだが、こちらは10羽の小さい群だった。
f0118332_21472934.jpg
放置されてる牧草地に一株だけワレモコウ。
f0118332_21475080.jpg
昨夜帰宅して、今日は天気もちそうなので紅葉見に行けたらと思っていたが、やっぱり疲れがなんとなくたまって朝少しゆっくりしたかったので、山には行かず。
ちょうど友人が娘さんと山形市内で講演と歌の披露すると聞いていたので、そちらに行ってみた。
友人とは夏の飯豊以来の再開。娘さんとは初めて。
「山形県高次脳機能障がい者リハビリテーション講習会」というものだったが、一般の参加もでき、その第一部が「当事者からの声」で、秋田から友人親子が招かれていた。
ちさとさんは、小学生の時に急性リンパ性白血病になり、闘病中に脳梗塞を併発し、その後遺症で高次脳機能障がい者に。
でも、彼女は高校で習ったギターに夢中になり、とんでもない集中力で習得、自分で作詞作曲するシンガーソングライターとして歩み始めた。
今日、初めてその歌を生で聴いたが、なんだか心に響いて思わずじわっとなった。
来月には自主制作のCDが発売されるそう。
調子が悪い時は部屋にこもって、食べないし、しゃべらないし、歩けなくなってしまうこともあるというけれど、歌っている時の彼女は、まったく物怖じすることなく、生き生きとしていた。
平凡に着実に歩く人と違って、輝く時間がある分、殻にこもってエネルギーをためなければいけないのかもなぁ。一度に複数のことに対応できないとかで同じことをするにも余計に疲れるというのも、もちろんありますが。
晩年の父がいろいろ億劫になったり、急に怒りっぽくなったり、いつもよれよれの服を着るようになったりしたのも、高次脳機能障害の方とよく似ていた。
どうしてそうなるのかを知っていると、知らないよりも対応する方も余裕を少し余裕を持てる気がする。


by akanezumi1984 | 2018-09-29 22:24 | つぶやき | Comments(0)

雨は上がったけれど

f0118332_21074284.jpg
f0118332_21080691.jpg
f0118332_21082648.jpg
f0118332_21084542.jpg

by akanezumi1984 | 2018-09-25 21:06 | 仕事 | Comments(0)

紅葉が見頃になりました

あいにく曇りで暗いために写真も色がさえませんが、紅葉とてもきれいでした。
f0118332_00355854.jpg
なんだまだ上の方がちょっと赤いだけじゃないかと思いますか?こっち側は草原で紅葉がきれいなのは西側なのです。
f0118332_00361112.jpg
既に姥ヶ岳あたりもきれいになっていました。
f0118332_00362284.jpg
先週に比べ、一気に色づきました。
f0118332_00363931.jpg
金姥裏も見頃にあと一歩に。
f0118332_00370187.jpg
草黄葉もきれいです。
f0118332_00372062.jpg
牛首から上もそろそろ見頃です。
f0118332_00373685.jpg
青空でないのが残念。
f0118332_00380818.jpg
きれいなのですが、こちら側は今一つ迫力が少ないような・・・やはりオモワシ山あたりが一番見事かも。
f0118332_00382390.jpg
今日が最後の営業日になる頂上小屋に寄ると、頂上がガスガスなこともあり大賑わいだったが、遅れてくる友人を待っている間にどんどん人がいなくなり、連休最終日ということもあってか、午後はほとんど人がいなくなって静かな山に。
f0118332_00385652.jpg
ガスで真っ白けなのは山頂だけで、友人たちとこの景色を楽しみながら、久しぶりに笑いの絶えない楽しい時間。
f0118332_00392882.jpg
やっぱりこちら側の紅葉は見事。今が見頃です。
f0118332_00401179.jpg
歩を進めるたびに歓声がもれる。
f0118332_00404410.jpg
タゴガエル
f0118332_00410158.jpg
友人の一人は、昨日もここを見ているが、一日でさらに赤みが増したと言う。
f0118332_00412209.jpg
佛生池小屋が見えて来た。
f0118332_00414102.jpg
この三人で歩く機会はなかなかない。いやー、久しぶりに笑いが絶えなかった。
f0118332_00420181.jpg
この一帯は本当に見事だ。
f0118332_00421859.jpg
時間を気にして、途中で帰るかもと言っていた雪ちょし隊長も結局佛生池まで。
f0118332_00424907.jpg
新メニューの「ホットイチジクジンジャー」これが思った以上にイチジクがたっぷり入っていて、食べるに近いくらいの感じ。イチジク手に入ったら、真似て作ってみたい。
f0118332_00431869.jpg
登り返して、もう一度頂上小屋に寄り、最後の挨拶。今年も大変お世話になりました。
小屋の皆さんや、モンちゃんと会えなくなるのが寂しい・・・
佛生池小屋さんは30日までだそうです。
リフトの営業は来月21日まで。

by akanezumi1984 | 2018-09-25 00:43 | おらいの山 | Comments(0)

とりあえず帰宅

f0118332_23464996.jpg
よい天気なのに完全インドア。昨日今日でお彼岸のお参りと墓参り終了。の頃には天気下り坂?
f0118332_23471313.jpg
夜帰宅すると、かわいいカッティングボードが届いていた。
イチョウの木でできていて、端材を利用した手作りのもの。裏には100% handa madeの焼き印。
スペルミスではなく、handaさんが作ってくれたのだ。
さて、一ヶ月後に車検の期限が迫って、ようやく近所のスタンドに駆けこみで予約。
長年お世話になっていた車屋さんがなくなってしまったので、うわーどこに出したらいいんだーとおろおろしたが、スタンドでもできるんだったな。

by akanezumi1984 | 2018-09-23 23:46 | Comments(0)

雨の夜は悲喜こもごも

f0118332_23174384.jpg
お彼岸で実家。年々手抜きが進行し、料理らしい料理せず。
もう冷蔵庫も来た時しか電源入れないし、調味料や米やなんでも持ってくるか買うかしないといけないのと、またすぐ出かけるからねぇ。
f0118332_23182336.jpg
秘伝豆ともってのほか茹でただけ。朝は、むかごご飯炊いて、大根炒りと味噌汁作るくらいか。もう、味噌すら使う分持ってこないといけないし、ガスは卓上コンロだしで、暮らす家ではなくなっていく。
f0118332_23184712.jpg
夜は晴れると思っていたら雨!
温泉に行く道路に、雨だとカエルが出て来るんだよーーー。
嬉しいのもあるが、密度高いと避けるのが大変で、ノロノロよれよれ運転、目は必死で疲れる。
f0118332_23192551.jpg
ほとんどアマガエルだが、たまにアカガエルとシュレが!
f0118332_23201209.jpg
と思っていたら、写真見たらモリアオだった。
他にかわいいイタチ2匹。
一匹は道路を横断して、縁石のところでうろうろしていたので長めに見られた。
そのあともう一匹出て来て、こちらはちょっと渡りたそうにうろうろしただけで、また藪に戻った。


by akanezumi1984 | 2018-09-22 23:16 | 生き物 | Comments(2)

申し訳ないけど・・・

f0118332_09252312.jpg
雨の林道に大きなヒキガエルがのっそり、のっそり。
f0118332_09253464.jpg
気持ちよさそうに入浴中ですが、そこダンプ通るから!
f0118332_09255170.jpg
そろそろダンプが通る頃だったので、全部捕まえて路外へ。
一匹だけは手で煽ったら自分で逃げてったが、残り三匹は体をわずかにすくめるだけでおとなしく捕まえられ、無抵抗のまま(笑)
f0118332_09260794.jpg
クマが杉の樹皮を剥いだ痕跡がたくさんあった。牙の痕がうにょうにょとついている。
f0118332_09261668.jpg
こっちはニホンジカがこそげた痕跡。ところどころに細く深くついてるのは角の痕。クマ剥ぎよりは少ない印象。
f0118332_09263746.jpg
フクラスズメのかわいいあんよ。全身像は控えておきましょうか(笑)
f0118332_09265252.jpg
きれいなガ。まだ調べていない。
f0118332_09270009.jpg
これは過去にも何度か見ているのだが、ハバチの仲間としかわからない。
f0118332_09270606.jpg
小さなシバグリとむかごをひとつかみ林道でゲット。明日の朝はむかごご飯炊こうかな。
右端はマタタビの実。
早めに行こうと思っていたのに、つい朝ゆっくりし過ぎたな。
以前は父の命日からお彼岸の前半にかけては仕事断って実家にいるようにしていたけど、今回は中日の土日だけ、わずか2日しか実家にいない予定。
父の命日も行かず申し訳なかったが、8月から9月はなんだかんだ回数は行ってるので、滞在日数少なくなってるのは許してくれ。



by akanezumi1984 | 2018-09-22 09:28 | つぶやき | Comments(0)

早起きで移動

f0118332_21171682.jpg
早起きは三文の徳で、途中の道の駅のトイレとか自販機できれいな蛾でも見られるかと期待したがハズレ。
でも、その後サルが見られた。
数匹出て来たので車止めたら、
f0118332_21173821.jpg
出るわ、出るわ、30数頭。
f0118332_21183345.jpg
ミズナラに真珠のような虫こぶ。
集合場所には早く着きすぎたが、他の人たちも早くて仮眠できず。
早く着きすぎそうな時は、少し手前で休むべし(笑)
f0118332_21185724.jpg
ツリフネソウには花と同じ色の虫こぶ。これは中が空洞でアブラムシがいた。
f0118332_21191744.jpg
本来三日間の現場の2日だけ参加なので、ここには一晩だけ。
さて、明日も午後から雨の予報か。なるべく遅くになるとよいが。

by akanezumi1984 | 2018-09-20 21:16 | 仕事 | Comments(2)

仕事してますよ

f0118332_23060439.jpg
ヒガンバナ
f0118332_23065711.jpg
ひげじいのような、トトロのような・・・

さて、3日間の仕事を終えて一旦帰宅しましたが、わたわたと洗濯と事務仕事して、明日早朝また別の現場に出かけ、土日はお彼岸対応で実家に移動するから、あんまり家にいられないな。


by akanezumi1984 | 2018-09-19 23:09 | 仕事 | Comments(0)
雨雲レーダーに惑わされ、様子見していて出足遅れて、午後スタートに。
f0118332_00111292.jpg
山形や寒河江はけっこう降ったのに、姥沢の道路乾いてる!やられたなー。
でも、山頂は行けるよ。大雪城は無理だけど。
f0118332_00112747.jpg
雲海がきれいだ。
f0118332_00114118.jpg
リフト下は盛りを過ぎたが、オヤマリンドウが姥ヵ岳ではまだきれい。
f0118332_00120030.jpg
少しずつ山が顔を出して来た。
f0118332_00122042.jpg
草黄葉とオヤマリンドウ。
f0118332_00124061.jpg
以東がひょっこり。
f0118332_00125160.jpg
鳥海もひょっこり。
f0118332_00130338.jpg
まさかのチングルマ@姥山頂(笑)
f0118332_00132110.jpg
ずれた時間に歩いてるので空いている。
f0118332_00135705.jpg
雨告山。
f0118332_00140933.jpg
ミネザクラが色づいて来た。
f0118332_00142052.jpg
ミネカエデの種
f0118332_00143502.jpg
タカネナナカマド
f0118332_00150828.jpg
遅れたけれど、来てよかった。
f0118332_00152162.jpg
今日は新しい靴デビューなのだ。
f0118332_00153355.jpg
泊まりたかったけれど…
f0118332_00155840.jpg
ガスが動いて表情が刻々変わる。
f0118332_00162863.jpg
海がオレンジに光る。
f0118332_00164038.jpg
急がなくては、と思っても、この景色だから、度々足が止まる。
f0118332_00165582.jpg
いつもは姥登って、帰りは旧道なのだが、眺めがよいので帰りも尾根道にしたら、柴灯森でもう4時半だったのに小さなデイパックで登って来る人にびっくり。
泊まりですよね?と声かけたら、予約してないけど、この時間だから小屋で休ませてもらいたいと。
若いけれど疲れた顔で杖にすがってるので、どこから登ったのか聞いたら、八合目から入って湯殿山に行って、登り返しで足攣ったと。
荷物小さ過ぎるし、スニーカーだし、どれくらい時間かかるとか、疲れるとかわからないで行ってしまったっぽい。
案の定ライト持ってなく、足痛くて疲れきっての登りだから小屋に明るいうちにつけない恐れもあるので、小屋に電話して、その人に小屋の番号教えて下山。
ギリギリでたどり着き、猛反省していたらしい。不安だったろうね。今後は無理な行動しないでしょう。
f0118332_00170960.jpg
人の世話焼いて予定より遅くなってるよ。
f0118332_00172245.jpg
でも、おかげできれいな時間帯にまだ山にいるとも言える(笑)
f0118332_00174071.jpg
さて、先を急ぎましょう。
f0118332_00175440.jpg
名残惜しいけれど…
f0118332_00181556.jpg
博物園で6時からツキヨタケナイトハイクがあるから急いでいたのだ。
だいぶ遅刻したが、みんなは闇に目を慣らすためライト点けずにゆっくりゆっくり進んでいたので、ライト点けて急いで歩いたら追いついた。
合流後はライト点けずに前の人から離れないよう摺り足で進む。
写真はうまく撮れないが、肉眼で見る夜のツキヨタケは本当に白く光って浮き上がり、見事だった。
f0118332_00182825.jpg
帰りは下りで危ないので、ライト点けていろいろ探しながら。
こんなぞっくり出てるサナギタケ初めて見た。普通は一個のサナギから1本か2本。
f0118332_00184186.jpg
ハナヤスリタケ、初めて見た。ツチダンゴに寄生するそうだ。
f0118332_00184758.jpg
ギンリョウソウモドキ。アキノギンリョウソウと呼ぶ方が好きだな。

by akanezumi1984 | 2018-09-17 00:19 | おらいの山 | Comments(0)

今週の生き物

f0118332_09335958.jpg
警戒心の強い野良ネコ。
f0118332_09341758.jpg
トガリシロオビサビカミキリ、名前長い!
f0118332_09343339.jpg
ナガコガネグモ
f0118332_09344513.jpg
アカハネナガウンカ
f0118332_09345532.jpg
スケバハゴロモ
f0118332_09351346.jpg
いつのまにか足に登っていたハエトリグモ
f0118332_09352808.jpg
香箱座りのアマガエル
f0118332_09354282.jpg
豆粒サイズのシュレーゲル
f0118332_09355278.jpg
不明
f0118332_09355947.jpg
ヨモギの虫コブ→たぶん、ヨモギハエボシフシ
by akanezumi1984 | 2018-09-15 09:36 | 生き物 | Comments(0)