気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984

<   2018年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

以東岳だより2日目

今朝はあいにくガスガスでした。
昨日も朝はよく晴れていたのに、日没にはやはりガスでした。
ここもガス山だからなあ。
f0118332_05330735.jpg
雪渓の水がかなり下らないととれなくなったので、そこまて下るなら本来の碧玉水まで誘導した方が、となって、途中の雪渓に頑張って階段作りましたが、その日泊まりの方たちは下らなくて済むように水背負って来たとのことで、使われず。
f0118332_05341216.jpg
夏休みの工作(笑)缶ビールの箱が空いたのを利用。
f0118332_05344066.jpg
工作その2。小物とゴミ収用。
f0118332_05353193.jpg
朝はガスガスだったけれど、夕方はすっきり晴れました。
f0118332_05361051.jpg
この景色を独り占めです。
f0118332_05364561.jpg
平日とはいえ、天気がよいのに、まさかの泊まりゼロ!
過去通算5週間いて、1日しかなかったのに。
f0118332_05371248.jpg
夜、星を見に出たときのヒキガエル。
そこらじゅう、小ぶりのヒキとタゴガエルがいます。

by akanezumi1984 | 2018-07-31 20:14 | ほかの山 | Comments(2)

しばらくの間

f0118332_19045107.jpg
f0118332_19052289.jpg
ここで暮らします。

by akanezumi1984 | 2018-07-30 19:03 | ほかの山 | Comments(2)

友人の写真展のご案内

f0118332_02023022.jpeg

by akanezumi1984 | 2018-07-30 02:02 | おらいの山 | Comments(0)
しばらく月山に行けなくなるので、今日行かないとトウヤクリンドウが咲いてるのが来年まで見られないかも、と思ったが、天気微妙で様子見していて出足遅れた。
10時頃リフトに乗っていたら、下って来る人が多くてなにごとかと思ったら、ガスと強風で山頂断念の方たちが多かったようで。
f0118332_00233917.jpg
シロバナトウウチソウ
f0118332_00240521.jpg
念のためにアイゼンはザックに入れて来たが、登山道の雪はなくなったようだ。
f0118332_00242029.jpg
ニッコウキスゲに代り、キンコウカ主体に。
f0118332_00243528.jpg
イワショウブ
f0118332_00245462.jpg
ハクサンボウフウ
f0118332_00252586.jpg
牛首分岐付近の雪渓も縮小し、登山道には雪がなくなった。
f0118332_00254881.jpg
チングルマ
f0118332_00260157.jpg
ハクサンフウロとキオン。キオンは8月の花だったんだけどなぁ。
f0118332_00261622.jpg
ハクサンシャジン
f0118332_00263734.jpg
トウヤクリンドウ。先週から咲き始めていたようだが、先週末は月山お休みしたし、明日からしばらく行けないから今日がラストチャンスだった。会えてよかった。
f0118332_00265434.jpg
今日のちびうさ。

f0118332_00273864.jpg
リフトに間に合う時間だが、下の道を行くのが好きなのだ。
f0118332_00275715.jpg
雪がとけてやっと春が来た(笑)ヒナザクラの群落があちこちに。
f0118332_00280969.jpg
下の方にいくと、まだニッコウキスゲも。
f0118332_00282247.jpg
オタカラコウも盛り。
f0118332_00283679.jpg
これは、オンタデでよかっただろうか?
f0118332_00335537.jpg
ミヤマクワガタかな。
f0118332_00340380.jpg
ミヤマダイモンジ
f0118332_00341274.jpg
花付きの良いヒナザクラ。重そうだった。
f0118332_00341801.jpg
ガスでほとんど閉じていたミヤマリンドウ
f0118332_00342803.jpg
クロウスゴ

f0118332_00344111.jpg
モミジカラマツ
f0118332_00350271.jpg
イヌワシ来たーーーーー!
f0118332_00351488.jpg
周りに人がいなかったからか、近くでしばらく低空で探餌飛翔。
もう帰るだけの気分だったのが、なんというご褒美!


by akanezumi1984 | 2018-07-29 00:35 | おらいの山 | Comments(0)

自宅から通勤

現場後半戦。近いので、自宅から通勤できる!
f0118332_22484500.jpg
お楽しみおやつは、スモモ。紅りょうぜんという品種。
f0118332_22490592.jpg
帰りがけに二ヶ所買い物に寄ったら、夕焼け始まった。
美しい夕焼けに浮かぶ月山を見てまったりしていたが、あ!!せっかく箱に詰めて準備したタオルを発送するの忘れてたよ。
実家にまだたくさん残っていた洗濯済みの中古タオルと新品タオルを、明日こそ送らねば。
こういうのは今いくらあっても困らないだろうから。

by akanezumi1984 | 2018-07-26 22:48 | 仕事 | Comments(0)

前半終わって

f0118332_22290329.jpg
現場で昼頃、すぐ後ろでアブラゼミが羽化しているのに気づいた。こんな時間に・・・
既に翅は伸び切り、色もついてきていたが、このあと仕事が終わるまでずっとこのままだった。

f0118332_22293507.jpg
前半三日間の仕事が終わり、山形に戻った。夕食は友人の誕生日にかこつけたインドカレーの会。なぜか今年は定例化している?

f0118332_22472633.jpg
明日からの仕事は自宅から通いなので、自炊に備えてスーパーに行き、肉、野菜、納豆ももちろん買ったけれど、やっぱり欠かせないのが果物!
安かったのでたくさん買ってしまった。
特に山形県産の大粒ブルーベリーが150円の特価だったので、2つ買ってしまった。目にいいしね。







by akanezumi1984 | 2018-07-25 22:28 | 仕事 | Comments(0)

仕事してます

毎日遊んでばかりいるわけではありません。
今週は月曜から金曜まで仕事です。
f0118332_19340866.jpg
と言って、アップする写真が食べ物とか虫とかばかりですからね(笑)
休みの日と仕事の日の区別が、他の人にはわかりにくいんでしょうね。
仕事する場所にはトイレがあることは滅多になく、田園地帯で道路や民家もあって隠れるところがないような時には、仕方なく車で最寄りのコンビニとかトイレの借りられるところに移動することがたまにあります。
コンビニの場合、トイレだけ借りて買い物しないのも悪いので、ガムとか安い物を買うのですが、この日はいいもの見つけました。ガムより少し高いけど暑い日に嬉しい冷凍パイン!
f0118332_19343011.jpg
日焼け防止に夏でもたいてい手袋しているが、昼ご飯に手袋外していたら、ウラギンシジミが来て手を熱心に舐めて行きました。ミネラル補給できるのかな。

f0118332_21313057.jpg
これはなんだろう?
f0118332_21313639.jpg
ズボンの生地に同化するアワダチソウグンバイ。とても小さくて薄い。
f0118332_21315040.jpg
ショウリョウバッタ
f0118332_21321049.jpg
一匹気づいて周りを見たら、そこいらじゅうにベッコウハゴロモがいた。
f0118332_21322327.jpg
幼虫も。このお尻の毛は蝋物質とか。同じように木や草の汁を吸って体から蝋物質を出す虫が他にもいろいろいるが、ふわふわのやもこもこのや、いろいろ。
ハゴロモの仲間は針のように細いのが出る。

by akanezumi1984 | 2018-07-24 19:32 | 生き物 | Comments(0)

以東日帰り周回

当初は大鳥か以東小屋に一泊でと考えていたのだが、土曜に魅力的過ぎるお誘い(三淵渓谷カヤック)があったために、日帰りに。
f0118332_23081791.jpg
シモツケのピンクが鮮やか。泡滝の駐車場は思ったより車が少なかった。
f0118332_23083100.jpg
おや、去年まではなかったものが。あとどれくらいかわかって励みになりますね。
f0118332_23084794.jpg
標高500mくらいしかないのに、この雪!
f0118332_23090197.jpg
時折、足元にタゴガエルや小さなヒキガエル、カナヘビが・・・
f0118332_23092635.jpg
見た目は涼しい・・・が、早朝スタートしたのに樹林帯歩きは風がなくて、汗だらだら。
日差しはないので、帽子はただ暑くて蒸れるだけなので、途中からかぶらず。

f0118332_23094195.jpg
ちびちびのクワガタ。
f0118332_23100096.jpg
ツルアリドウシがたくさん咲いていたが、この花、こんなにふかふかと毛があるんだったっけ?
f0118332_23101089.jpg
大鳥小屋で30分以上休んでから、直登コースで以東目指します。上はガスですなー。
f0118332_23102676.jpg
サンカヨウの実。
f0118332_23122931.jpg
ガスでも樹林帯は蒸し暑く、汗を絞られ登る。やっと池が見える位置まで来ると、ガスが切れて一瞬見えた。樹林抜けると風があって一気に涼しくなる。
f0118332_23123973.jpg
オオコメバツツジ。
f0118332_23130541.jpg
疲れて足が上がらなくなってきた頃、やっと小屋がちらりと見えた。そしてすぐ隠れた。
f0118332_23132543.jpg
外は風が強くてじっとしてると寒いので、小屋の二階で休ませてもらう。
まだピカピカの新しい小屋なのに、窓が一つ壊れてしまって残念。
山の上では壊れてもすぐに修理に来れるわけではないので、なるべく壊れないよう、痛まないように気を付けたいものです。
わざとやる人はいないと思うので、うっかり閉め忘れたのが原因と思う。自分もうっかりが多いのでほんとに気を付けなければなぁ。ここに限らず、山小屋出る時はちゃんと窓閉まってるか、ドア閉まってるか指さし確認しないと。


f0118332_23140107.jpg
ここまで来たら、やっぱりちびうさを以東さんにも
f0118332_23142207.jpg
エメラルド君は月山だけでなく、朝日にもおるのだ。
f0118332_23143591.jpg
見えないかと何度も振り向いていたら、ちらっとだけ小屋が見れた。でもすぐに真っ白け。
小屋と池両方一緒には見られずじまい。
f0118332_23145422.jpg
さて、のんびりし過ぎた。後はオツボコースの花を楽しみに帰る。(小屋はその後一度も見られずだった)
f0118332_23151023.jpg
足元にたくさんいた、ミヤマハンミョウ。ほんの少ししか逃げてくれないので、早く歩けない。
f0118332_23152804.jpg
ヒメサユリ。例年8月10日頃にも少し咲いているのだが、今年はその頃にはなさそうだな。
f0118332_23154494.jpg
ほんとは青空なのに、稜線あたりがガスガスなのだね。
f0118332_23160345.jpg
ミヤマコウゾリナ
f0118332_23162448.jpg
ちびっこヒキガエル
f0118332_23163590.jpg
タカネヨモギ
f0118332_23165056.jpg
ミヤマトウキ

f0118332_23172660.jpg
イワインチン
f0118332_23173893.jpg
タカネマツムシソウ
f0118332_23175479.jpg
思わず声が出る、お花畑地帯。


f0118332_23183845.jpg
しかし、この風景も8月10日頃見ていたのと同じような・・・
f0118332_23185328.jpg
オヤマリンドウも咲き始めてた。

疲れていたのと、大鳥で汲んだ水がたくさんあったのとで、碧玉水までは行かず。
小屋のホワイトボードには、雪渓から水が採れる場所が書いてありました。
雪解けにつれて水の採れるところが変わっていきます。
碧玉水になるのはいつ頃からだろう?




by akanezumi1984 | 2018-07-22 23:19 | ほかの山 | Comments(0)

三淵渓谷

三日間の現場から昨夜帰宅。そして、今日はギエンタイ仲間と以前から行ってみたかった、百秋湖(長井ダム)三淵渓谷カヤックです。
f0118332_19264507.jpg
協力してカヤックを組みたてて行きます。
f0118332_19265739.jpg
こちらは今回借りてきたもので初めて組みたてる、オープン型のカヤック。組みたてにゴムハンマー必須で、大工さんみたい。
f0118332_19271700.jpg
無事に組みたててスタートしましたが・・・
f0118332_19274100.jpg
本来二つあるシートが部品なくて一つしかつけられず、前が軽すぎて漕ぎにくいようで、途中からパドルをカヤックのと交換に。


f0118332_19291162.jpg
いよいよ、楽しみにしていた三淵渓谷に入る。
f0118332_19282025.jpg
狭い渓谷に入ると、思わず声が出る絶景。
f0118332_19283698.jpg
ここの奥でサンドイッチやフルーツ食べて、のんびりしてから戻りました。
風も適度にあって、水の上は涼しくて快適でした。
f0118332_19293080.jpg
帰りは、がまの湯で汗を流してすっきり。
内湯は暑かったけど、露天風呂がぬるくて、こんな暑い日にはちょうどよかった。

by akanezumi1984 | 2018-07-21 19:39 | その他 | Comments(0)
他にやらなきゃいけないと思うこともあったれど、暑くてよく眠れないし、ついついまた行ってしまいました。
f0118332_22463632.jpg
リフト下は、相変わらず花盛り。ヒオウギアヤメもきれいです。
f0118332_22465936.jpg
連休明けの平日、リフトが動く前なので人がほとんどいません。
f0118332_22471610.jpg
天気悪いのと早朝なのとで、雪渓が固いけれど、スプーンカットのおかげで登りはアイゼンなしでも行けました。(凍ってるところは要注意)
f0118332_22473289.jpg
モミジカラマツ
f0118332_22480388.jpg
チングルマ
f0118332_22481617.jpg
今季初のウメバチソウ
f0118332_22483648.jpg
ホソバノキソチドリ
f0118332_22514590.jpg
ナンブタカネアザミ
f0118332_22520357.jpg
金姥のコツガザクラ
f0118332_22521799.jpg
まだまだ新しくチングルマが咲く。
f0118332_22523967.jpg
リンネソウ。14日見たのは既に花が一つ落ちていたが、新たに別の株が2株咲いていた。
前日に4株見たという情報があったが、今回見られたのは3。強風で一つ落ちてしまったのだろうか?
f0118332_22525157.jpg
トモエシオガマ
f0118332_22532620.jpg
タテヤマウツボグサ
f0118332_22535753.jpg
ミヤマホツツジ
f0118332_22541586.jpg
イワイチョウ
f0118332_22542737.jpg
アカモノ
f0118332_22544228.jpg
ハクサンフウロ
f0118332_22550525.jpg
柴灯森の雪渓は斜度がないから大丈夫と思っていたが、縁の斜めのとこは凍結してるので要注意。
f0118332_22553561.jpg
かなり前から咲いているゴゼンタチバナ。薄い緑がかった花があるが、白くならないようだ。最初緑がかっていて、だんだん白くなるという人がいるが、地域性?月山ではあまり緑が濃いのは見ないし、うっすりと緑のはそのままで白くならない気がするが。
f0118332_22555799.jpg
強風に踊るヒナザクラ
f0118332_22561764.jpg
ハクセンナズナ
f0118332_22563580.jpg
コバイケイソウ
f0118332_22564796.jpg
ミヤマキンポウゲ
f0118332_22570743.jpg
頂上小屋にちょっと寄ってから羽黒側に下る。たまにガスが切れて景色が見える。
f0118332_22572912.jpg
大峰のチシマギキョウ。望遠で撮ってます。
f0118332_22583727.jpg
佛生池小屋で、早めの昼ご飯。ガスと強風なので、中に入ってお味噌汁頼んで、おにぎり食べました。
f0118332_22585149.jpg
トウゲブキ
f0118332_22591857.jpg
だいぶ下ってから、今頃シラネアオイがけっこう咲いていた。
f0118332_22594089.jpg
おや、右のは花弁が三枚しかない。隙間が大きくないので、一枚落ちたのではなく、最初から三枚のようだ。
f0118332_23001047.jpg
しゃれにならないくらい強風だったけれど、弥陀ヶ原は風が弱くてもやっと暑い。
f0118332_23000225.jpg
モウセンゴケの花も咲き始めた。この花は強風でなくても小さ過ぎてうまく撮れたことがない。
f0118332_23004465.jpg
ワタスゲ
f0118332_23005919.jpg
トキソウも盛りで、たくさん咲いているのだが、あまり気づかれていないような・・・
f0118332_23011752.jpg
オゼコウホネに向かう木道が、ちょうどキスゲの見頃。
f0118332_23013454.jpg
オゼコウホネ
f0118332_23014664.jpg
花芯が赤いのがオゼコウホネの証。ここと尾瀬にしかない。
f0118332_23021279.jpg
エゾシオガマ
f0118332_23025561.jpg
オゼコウホネ見てから参篭所に行き、巨大な石うさを撫で、参拝して登り返し。
行きで気付かず通り過ぎたトウヤクリンドウ。まだ蕾。
f0118332_23032095.jpg
山頂付近で一仕事。ガスガスでどこにうさがいるか見えないので、岩を背景に。
f0118332_23034499.jpg
再び頂上小屋に寄って、第二お昼ご飯を食べてから下山。
日曜に滑落負傷事故があった牛首下の雪渓、早朝ほどでないが雪渓が固めなので、最初の斜度のきつい雪渓だけアイゼン使用。次の雪渓からは斜度がそれほどでもないので、ツボで。
下の木道コースは、まだ雪の下や、雪が融けたばかりのところなので、まだこれから新しく咲いて来る花が楽しめる。



by akanezumi1984 | 2018-07-18 23:04 | おらいの山 | Comments(0)