<   2018年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

雪旅籠始まりました

f0118332_00495035.jpg
雪旅籠掘り三日目、制作の最終日であり、雪旅籠が始まる日。
今日もよい天気で始まりました。
f0118332_00463219.jpg
一足早く昨日からお地蔵さまに着手したMちゃん。順調です。
f0118332_00464035.jpg
雪旅籠デビューのTさんは、もともと生き物作るのが好きなので、あいてるとこにどんどん作ってくれと依頼。
f0118332_00465180.jpg
新たな助っ人も加わり、外壁もどんどん進んで行く。
f0118332_00470128.jpg
東京からいらしたお二人に、ちびうさのお手本いくつか作って見せて、作り方伝授して外注(笑)
f0118332_00471342.jpg
恒例の姥様と出羽三山・・・の間にウサギを追加。
毎年姥様を作っていただいてる山オヤジさまが今回いらっしゃらないので、どうしようかと思ったけれど、今回雪旅籠デビューのご夫婦が去年のを参考に作ってくれました。

f0118332_00472520.jpg
干支の犬を作りました。雪像はだんだん痩せて行くので、少しごつめに。
f0118332_00473416.jpg
ウサギのアップ。
f0118332_00480705.jpg
今年は雪旅籠デビューの方たちや、業者さんの協力もあり、午後3時頃に完成!年によっては暗くなるまで残業したり、ぎりぎりまで作業したこともありましたが、今回は少し余裕持ってできたかな。
点灯まで時間があるので、他の旅籠を見て周ったり、平日の早い時間だからガラ空きのチューブソリで遊んだりして待った。(首がわるいのでやらないようにしていたんだが、あまりに楽しそうでつい一回滑ってしまった)
f0118332_00483091.jpg
5時から点灯し始めました。
f0118332_00483947.jpg
ちびうさコーナー、今年もたくさんの人の記念撮影スポットになりますように。
f0118332_00490177.jpg
暗くなると、ろうそくの灯が暖かい色に輝きます。
f0118332_00491330.jpg
オープニングセレモニー始まる頃から雪が降り、ちょうど花火の時だけ、もっさもっさ勢いよく降った。
f0118332_00492756.jpg
学生さんたちの旅籠の装飾は見事です。
f0118332_00504745.jpg
設計図もなく、その場で即興に作るおらだの旅籠には、学生さんたちの設計図に基づいた整然として美しい装飾とは違った、ほのぼの感があるのではと思う。
f0118332_00505996.jpg
初めてちびうさ作る人に、作りながらテクを伝授していくつか作ってもらった。
日中は雪が柔らかくなって、ザラメで加工しやすかったのだが、慣れないとなかなかきれいな丸にするのが難しいようだったけれど、上達。
雛段にいくつかあるはずだけど、何個自分で何個外注品だったかわからなくなった。
f0118332_00511212.jpg
こちらはなんと、メノウで作られた雪旅籠の街並み。
f0118332_00513754.jpg
きっちり設計図作って来る学生さんたちの装飾掘りは、素晴らしい。
f0118332_00520249.jpg
お腹すいて、仙台屋さんの鴨雑炊を食べにいく。去年食べて気にいったのだが、雪旅籠期間の限定メニューなので、この期間しか食べられないのだ。
f0118332_00521010.jpg
三日間がんばったし・・・と、食後にケーキセットも。Tさんと二人分のケーキで、一人で二個食べたわけではありません。
さて、三日連続で志津に雪旅籠掘りに行き、日曜は肘折に地面出し競争参加のために行くので、土曜はウサオとのんびりしようかと思ったが、志津の旅館のお手伝い頼まれたので、志津4連荘の予定(笑)
始まる時間は遅いから、少し早めに行ってちびうさのすげ替えできたらいいな。
ろうそくの熱で小さい雪像は一晩でだめになることが多い。
夜の間の積雪で埋まってるかもしれないし・・・

by akanezumi1984 | 2018-02-24 01:23 | おらいの山 | Comments(0)

雪旅籠掘り2日目

雪旅籠掘り2日目・・・と言っても、明日まででかさないといけません。
f0118332_23180764.jpg
例年は大きく前に出る湯殿山碑ですが、今回は雪質がもろくてできないため、掘りこむ作戦になりました。
f0118332_23181651.jpg
チェーンソーで切り込みを入れておくと、きれいなブロックに取れます。こうなるとやってて気分がよい。
でも、凍ってるところや、ざくざくにもろい層は切れ込みあってもうまく取れず、つらい。
f0118332_23183529.jpg
持ちよったお菓子つまみながらの一服タイム。

f0118332_23184567.jpg
切る、掘る、運び出すの連携でどんどん作業が進みます。
f0118332_23185411.jpg
今年雪旅籠掘りデビューした彼女は、チェーンソーもデビュー。
f0118332_23192021.jpg
今日も天気がよく、山がきれいに見えましたが、ひたすら作業。
f0118332_23194202.jpg
明日の夕方には点灯。土台はほぼできた。が、まだまだやることがたくさん残っている。
毎度のことながら、設計図とか下絵とか全くなし(笑)
その場で考えながら作って行く。
雪旅籠は、ろうそくの熱や、気象条件でとけたり、傷んだり、変形していくので、できたてほやほやの明日の夕方が一番美しい。
仕事している方は金曜の夜に志津まで来るのは難しいでしょうが、可能な人は、なるべく明日金曜の出来たてを見に来てほしいです。

by akanezumi1984 | 2018-02-22 23:19 | おらいの山 | Comments(0)

雪旅籠掘り初日

例年と同じ場所(まいづるやさん前)に雪旅籠掘り始めました。
f0118332_23440092.jpg
みんな早めに集まりましたが、まずは重機で面取りしてもらうので、待機。
f0118332_23441688.jpg
他の旅籠は昨日から作業しているので、かなり進んでいる。
f0118332_23462928.jpg
重機が湯殿山碑の面取りしている間に、できるところからがんがん掘って行く。

f0118332_23444485.jpg
なななんと、いつもはこちらまでは機械で掘ってもらえないのに、今年はやってもらえて助かりました。しかも、例年大勢の建設業者さんたちが一日助っ人に来てくれるけれど、学生さんたちが作る旅籠ばかりで、こっちには来てもらえなかったのに、今回は3人も作業協力していただけて、ありがたやー。
f0118332_23463953.jpg
建設業者さんの助っ人で、今年は作業が進むぞーと喜んだのもつかの間。
一気に大量に積もり、気温も低い日が多かったからか、雪が柔らかくてもろいために、重機で大きな湯殿山碑のベースを掘ってもらっていたら、壁に斜めに弱層があって、雪の塊がばかばかと滑り落ちるのだった。
例年通りにやりたかったのだが、雪の塊が作業中や、公開期間に崩れ落ちたら危険なので、石碑のでっぱり部分をあきらめて落とした。
この広い壁をどうしたらよいものか・・・
ピーンチ!

by akanezumi1984 | 2018-02-21 23:44 | おらいの山 | Comments(0)
2/23から始まる志津の「雪旅籠の灯」、準備が進められています。

f0118332_00015410.jpg
明日からは学生さんたちが大勢やって来て、人力での作業が始まります。おいらたちは例年通り、一日遅れて水曜から短期決戦で掘ります。
f0118332_00023869.jpg
今年は全国的に雪が多く、肘折は観測史上一番の積雪になったが、志津には過去とんでもない大記録があるので、それを越えることはないだろうなぁ。
f0118332_00030335.jpg
蒼い標識は2つあり、旧六十里側のこの標識の方が埋まる。すぐ近くにあっても、地形で積雪深は変わるのだ。
2013年もこのくらいあったかな?と写真を確認したら、その時よりは多いようだ。
もっと前に東京の友人が遊びに来た時に、この標識のすぐ近くの白い標識の上から顔を出した写真を撮った記憶があるが、パソコン壊れた時に古いデータなくしたので、何年だったか確認できず。
f0118332_00035374.jpg
遅く行ったので、もう帰ってくる方たちが。キャットコースで姥沢まで行ったのかな?
f0118332_00041508.jpg
電話線が埋まってます。
f0118332_00043271.jpg
博物園のたれた屋根雪と建物の間に、いつもはもっと隙間があるのだが。
f0118332_00044673.jpg
週末強風だったから、雪がもっと落ちているかと思ったら、もふもふでした。
f0118332_00051831.jpg
雪にうつる影が美しい。
f0118332_00053439.jpg
崖崩れの上の木の根のところが年々えぐれていく。あと何年かしたら落ちてしまいそう。
f0118332_00054481.jpg
ヤドリギの葉が齧られていた。足跡消えてるが、ウサギだろうな。
f0118332_00055666.jpg
沢はほとんど埋まったが、穴が全くないわけではない。落ちたら上がれなそうだな。
f0118332_00061579.jpg
どうせ晴れるのは山形周辺だけだろうと、そんなに期待しないで来たのに、ずっと青空で嬉しい。
f0118332_00064040.jpg
沢沿いに大門海まで行き、湯殿眺めながら立ったままで遅い昼食。
f0118332_00065228.jpg
今日は駐車場に車が2台だけで、スキーの方は沢沿いに丸森山過ぎてから姥に行ったのかな。湯殿山はノートレース。
f0118332_00070878.jpg
ここも好きな場所の一つ。
f0118332_00072358.jpg
湯殿に美しいライン見てると生クリーム食べたくなる。
f0118332_00073545.jpg
ウサギの齧り痕。
f0118332_00074814.jpg
大門海付近はブナの老木が多い。
f0118332_00080123.jpg
丸森山に登る。
f0118332_00081305.jpg
浮き出るウサギの足跡。
f0118332_00082288.jpg
丸森山頂から湯殿と姥。
f0118332_00084390.jpg
この辺は風があまり当たらないのか、ものすごい着雪。
f0118332_00090042.jpg
この辺から周海沼に降りますか。
f0118332_00091145.jpg
光と影が美しい。
f0118332_00092672.jpg
静かで、美しくて、ひたひたとしあわせ感が・・・
f0118332_00093936.jpg
沼をつっきって野鳥観察舎へ。
f0118332_00095001.jpg
沼側は小屋の壁が一部見えたが、出入り口側は完全に埋没。ここまで埋まったのは初めてかもしれないな。
f0118332_00102635.jpg
動きの速いエナガは、コンデジではなかなか撮れない。動画撮って、そこから切りだした一枚。動画が、しばらく前からYouTubek埋め込みで貼れなくなってしまって残念。
https://youtu.be/OL-DsWmpudg
by akanezumi1984 | 2018-02-20 00:10 | おらいの山 | Comments(0)

日帰り吹雪ドライブ

来週は兄の命日があるが、雪旅籠掘りに通いたいので早めに実家へ。
f0118332_23432260.jpg
とりあえず埋まった玄関前の除雪。
f0118332_23433182.jpg
あとは玄関の屋根の雪を落として、周り片付けておしまい。下屋は次回でもたぶん大丈夫だろう。
仏壇に缶ビールと新しいお菓子をあげて、線香あげて・・・水道が凍ったままで出ないのに、水を持ってくるの忘れたので、水はそのままで申し訳ないが。
いつもや下屋の雪おろしの途中でちびうさ作るのに、今日はやらなかったので、ちびうさなしになってしまった。
玄関屋根の雪おろしの頃から雪がもさもさと降ってきて、ちょっと休憩してから帰路についたら、ホワイトアウトに近く前が見えない!
やっぱり今日出なく明日来ればよかったか?と後悔しながら運転していたら、町を出たらぴたっと雪が止んだ。なんなんだ、いったい。
おかげで順調に帰れたが。

by akanezumi1984 | 2018-02-18 23:52 | Comments(0)

さすが太平洋側

さすが太平洋側、3日間青空でした。(2/16帰宅しました)
f0118332_22515376.jpg
すっかり堅雪になり、午後になっても表面がりがり君だった。
f0118332_22503965.jpg
地点は集落から少し離れていて、車も一日数台通るだけ。散歩の人が一人か二人来るだけの静かな場所。朝、散歩の方に話しかけられて少し話したら、午後、車で出かけた帰りにまた通られて、寒いでしょうと言って暖かい飲み物を差し入れしてくださった。
しかも二本て!!なにが好きがわからないからと気を使ってくれたのでしょうか。恐縮です。
おいら準備万端で紅茶とお湯のポット二本持ってるんですが・・・
飲む?て聞かれたら、持ってますから大丈夫とお断りできるが、もう車降りて直接差し出されたら、断る方が失礼なので、ありがたく頂戴いたしました。でも、コーヒーは飲めないので、他の調査員さんに後で飲んでもらいました。
f0118332_22510108.jpg
前日より気温は低いが、風が弱いので体感としては暖かく感じた。
f0118332_22511086.jpg
でも、氷は解けない。
f0118332_22512347.jpg
日当たりのよい南斜面にフクジュソウが咲いていた。



f0118332_22521118.jpg
車の荷台に腰かけて昼ご飯食べていたら、ぱさぱさっと足元で音がして、見たら足元1mにところにジョウビタキのオスが。(写真は雰囲気わかるようにはめ込みにしてみた)
うわ、近いっ!と注目した瞬間に向こうも気づいて、どっひゃー!って感じでびっくりした顔した後に、びゅーっと逃げてった(笑)
f0118332_22521972.jpg
ちゃこと仲良くなれたけど、頭の上は触らせてくれない。首まわりはなでさせてくれるが、頭の上は飼い主さんにしか触らせないようだ。
f0118332_22524526.jpg
近くを転々としていたジョウビタキ。たぶん足元に来たのはこの子だろうな。
f0118332_22525893.jpg
少し離れたところのジョウビタキのメス。風で襟がめくれた。
f0118332_22530889.jpg
なに見てるのよー!って。
f0118332_22533193.jpg
前泊入れて三泊四日の現場終了。帰りに初めて安達太良SAで休憩。
f0118332_22534199.jpg
真冬ならもう暗くなっている時間だが、日が長くなったねぇ。
3時間の道のりだから、休憩は一回でいいのに、男子フィギュアスケート気になり、ちょうど後半が見られるタイミングでまたSAがあったので寄り道し、羽生君のショート見おわるまで休憩。
今日はちょうど荒れて山に行く天気でないので、家でオリンピック見られてよかった。
いやー、羽生君もすごくて思わず涙出たが、団体、個人ショートとまさかのジャンプ不調だったネイサン・チェン選手も圧巻のジャンプの連続でよかった、よかった。


by akanezumi1984 | 2018-02-17 22:53 | 仕事 | Comments(0)

風が寒かった

f0118332_22071508.jpg
昨日と同じような気温だったはずだが、冷たい風がビュービューで寒かった。
風が強すぎると、鳥も飛ばない…
出てもぶっ飛ばされて行くから、すぐ視界から消えるー。
f0118332_22074166.jpg
ちょっと父を思い出させるおじいちゃんとわんこ…
f0118332_22080312.jpg
橋の欄干にくっきり、カラスのフットプリント。
f0118332_22082289.jpg
本も読まずに遊んでしまった。久しぶりのこのサイズに、思ったより苦戦した。
さて、あと1日。明日の夜にはウサオ迎えに行けるぞ。

by akanezumi1984 | 2018-02-15 22:11 | 仕事 | Comments(0)

ぼかぼかだったが

快晴で風は弱く、体感はぼかぼかだったが…
f0118332_20104105.jpg
あちこち雪や氷が残っていて、写真だけ見るとすごく寒そうだな。
f0118332_20111176.jpg
午後になってもとけずに残りました。
f0118332_20114674.jpg
氷はクリスタルみたいで美しいので、ついつい撮ってしまう。
f0118332_20122279.jpg
日陰の方が長生きできるのだが、せっかく青空だから日向に。
f0118332_20123749.jpg
昨日までは朝晩は氷点下だったのではないかと思うが、日差しがあれば咲くのか?
明日も晴れて気温が高いようだ。風があるとちょっと寒いか…

by akanezumi1984 | 2018-02-14 20:03 | 仕事 | Comments(0)

今夜から

f0118332_23584816.jpg
3回目の場所だけど、初めてのお宿。
駐車場あいてなくて、線路越えた場所の契約駐車場。
でも駐車料金無料になるのは助かる。

by akanezumi1984 | 2018-02-13 23:58 | 仕事 | Comments(0)

降りますね

昨夜寝たのが3時過ぎだったので、寝坊。ウサオの世話してるうちに女子フィギュア始まっちゃったので、雪かきは後回しに。
f0118332_00355970.jpg
朝はふわふわ軽かっただろうけれど、午後になってすっかり重くなった雪。上から1/3くらいでハケが動かなくなったよ。
f0118332_00361512.jpg
ちょうどいいので、ちびうさでまず遊んでから、全部おろす。
最近、他の人がやってるのを見て、楽な方法を真似てみた。車を駐車スペースから通路部分に出してから雪をおろすと、雪を通路部分に移す量が少なくて楽なのだ。(車の出入りが少ない時間帯だからできる)
通路部分だけ融雪舗装なので、そこに雪を散らしておくとだんだんとける。
この前みたいに真冬日が続いて積雪も多いと、融雪のキャパ越えてとけなくなるので、近くの水路まで捨てに行かないといけないが、今日はなんとかとけていた。

by akanezumi1984 | 2018-02-13 00:50 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984