気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984

<   2018年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

最後の晩さん

28日一緒に蔵王を楽しんだメンバーから、写真をいただいた。
f0118332_23294398.jpg
樹氷原を行く一行。
f0118332_23295171.jpg
当分行けなくなってしまった。ずっと天気が悪かったなか、ここだけ晴れて穏やかで、この直後に立ち入り禁止になって・・・よいタイミングで行けてよかった。
f0118332_23300349.jpg
見事な氷瀑だった。
f0118332_23263791.jpg
ノウサギとのツーショット撮ってもらえてた!
f0118332_23270476.jpg
きれいな光景の一部に撮ってもらえてて嬉しい。
f0118332_23252551.jpg
さてさて、客人は締め切り仕事をいくつか抱えたまま来てしまったので、うちにいる間がんばって仕事できるよう、ちょいちょい差し入れ。
蕎麦打ちの時にもらった板粕をクリームチーズに混ぜ、さらにマダラ子のたらこ炒りの残りも混ぜたのをライムギパンに載せて焼いたら、好評だった。
あと、山形の人ではないので、冷凍のサクランボも喜ばれた。
f0118332_23255635.jpg
夕方になって急ぎの仕事がやっとこ片付き、今夜は安心して飲めることになった客人。
鴨が大好きで、客人のおごりで鴨が食べられるレストランで食べないかと提案されたが、おいらは外食しないからどこで確実においしい鴨が食べられるかわからず。
鴨肉買えるなら自分で作ると言うので、確か前に買ったことあったなーと近所のスーパーへ。なんと合鴨ではなく本鴨あったよ!
てことで、客人が鴨のバルサミコソース作ってくれました。
せっかくなのでかわいいクロスも敷いてみたり(笑)全然使ったことないけど一応持っていたワイングラスも、やっと役にたった。
基本酒類飲まないのだが、この濃厚なバルサミコと鴨を食べた時だけ、ちょっとだけ赤ワインがおいしく感じられた。他の食べものだとただしぶく感じるだけ・・・
ということで、やっぱり酒はそんなに飲みたいと思わないので、飲めと勧めないように。
しつこく勧める人は嫌いです。
周りであんまりおいしそうにしていたら、ちょっと舐めてみる程度。
TwitterもFBもいろんな人が月食の写真をアップしてるけれど、山形は雪でしたねー。

by akanezumi1984 | 2018-01-31 23:30 | FOOD | Comments(0)

久しぶりに客人

f0118332_21051876.jpg
仙台の山友さんと大阪の山友さんを鷹匠さんちに案内。
呼ぶと嬉しそうに尻尾振って近くには来るけれど、シャイ過ぎて、これまで何度会ってもなかなか触れなかったわんこに、果敢に迫る。
f0118332_21053303.jpg
さっすがー!大阪の山友さんは、知らない人とも、動物とも仲良くなるのが上手です。
f0118332_21150069.jpg
みんな山が好きで、生き物が好きなので、話しが盛り上がる。喜んでもらえてよかった。
f0118332_21152391.jpg
さて、仙台の山友さんは帰り、大阪の山友さんは締め切り迫る仕事を抱えて、我が家にお泊り。以前、雁の塒立ちを見てみたいと言っていたので、蔵王の後に残れるなら連れて行きますと約束していたのだが、仕事が終わらずそれどころでなく・・・
睡眠時間も削って一生懸命お仕事中。
おいらは留守番お願いしてあちこち用足しに。
夕方戻ったらまだ追い込まれたまま!ものすごく必死に仕事している傍らで、ご飯の支度しながら遊んでいるおいらであった。
追記  蔵王が警戒レベル2にあがって、馬の背から半径1.2km圏が立ち入り禁止になってしまいましたね。28日に行けててよかった。あまり暴れず沈静化してくれますように。
by akanezumi1984 | 2018-01-30 21:16 | つぶやき | Comments(0)

蔵王その1・刈田まで

長野と大阪の友人が、山形と宮城の友人の案内で蔵王滑りに来るが、滑りより樹氷と氷瀑を撮るのが目的というので、おいらだけスノーシューだが混ぜてもらうことに。
f0118332_23431840.jpg
このところの天気の様子から、右はガスガス強風かもと、あまり期待しないででかけたが、リフト降りたらこの眺め!
f0118332_23433186.jpg
寒い日が続いたので、ツララに霜が育ってる。
f0118332_23434215.jpg
周りの木々もみなカリカリ。
f0118332_23442591.jpg
一度暖かくなって痩せた樹氷が、この寒気でまた育った。
f0118332_23443612.jpg
雪庇の張り出しが強風を物語るが、今日は穏やか。
f0118332_23450546.jpg
青空ーーーー!真っ白な稜線と樹氷ーーーー!
f0118332_23453952.jpg
思い思いに写真を撮りながら、味わいながら進む。
f0118332_23460190.jpg
ゴジラも太ったか?

f0118332_23460905.jpg
足元はぱふぱふ、突き出たところは全てかりんかりん。
f0118332_23465668.jpg
今回、おいら以外全員が一眼レフ。
f0118332_23470717.jpg
みんな撮る、撮る。
f0118332_23473751.jpg
穏やかだったけれど、この辺から寒さや風が厳しくなるので、防寒体勢整えて。
f0118332_23475129.jpg
稜線近くなったら雲が・・・
f0118332_23480286.jpg
この前ほどではないが、風が強くなり、気温はこの前より低いので頬や耳が痛くなる。
f0118332_23482056.jpg
刈田神社の前でテレビの撮影か。寒くて大変だな。
f0118332_23483053.jpg
この前は見えなかったお釜が見られた。
f0118332_23492301.jpg
エビの尻尾厚盛の神社。
f0118332_23493736.jpg
カメラマンM氏、400mmを出しました。
f0118332_23495900.jpg
このこんもりは避難小屋なのだった。
f0118332_23500686.jpg
出入り口が掘ってあった。このスコップは常備のもののようで、なくならないように紐でくくられていた。
f0118332_23502143.jpg
もう一つの避難小屋がレストハウスの二階にあると、初めて知った。寒すぎるので中に入らせてもらって昼食。
f0118332_23515090.jpg
シュカブラが美しいけれど、これを滑るのは大変そうでした。

氷瀑編に続く・・・

by akanezumi1984 | 2018-01-28 23:52 | ほかの山 | Comments(0)
年に一度、例年なら年末にやっていた蕎麦ぶちが、ずれにずれこんでやっと。
f0118332_22252445.jpg
時間に行ったら、フライングしていた神様。
おや?なんか作り方とか貼ってある。ええっ、二八蕎麦??いつもは十割しか作らせてもらえなかったのに、と驚いていたら、今回は新人さんが何人かいるからと。
で、昔から来ている人は十割でやれって。年に一回しかやらないから毎年全く進歩はないんですが(笑)
f0118332_22254511.jpg
来た人から順次作業開始。
f0118332_22255788.jpg
今年はおいらの時に誰も指導してくれなかったので、のし方が四角にならずへんてこな形になりましたが、切るのだけは細いよ。
f0118332_22261733.jpg
ある程度作りたまったら、どんどん茹でてくれるので、太いの細いの、いろんなタイプの蕎麦が食べられるのが魅力のこの会。
そしてまた、ここの奥様の煮物とか漬物が絶品。おいしい、おいしいと騒いでいると、次から次に、じゃあこんなのはどう?といろいろ出していただき、お腹がいっぱい過ぎてあとでスノーシューで少し散策しようという計画は流れました(笑)
f0118332_22263422.jpg
さて、今日は夜の部もあり。大阪と長野から山友さんが来て、うちに泊まって明日一緒に山に行くのに、近くの店で夕食。
このお店はつきだしが素敵なのと、お刺身盛り合わせのつまが楽し過ぎるので、誰か来た時に行く数少ないレパートリー(基本、外食しないし、自分はお酒飲まないから)


f0118332_22315769.jpg
これこれ、これを見せたかったんです。喜んでもらえてよかった。
f0118332_22321020.jpg
サツマイモ、大根、にんじんで作られたいろいろな生き物や花の飾り切りが満載!
f0118332_22325302.jpg
ネズミにはヒゲがあるし、釣り人はタモ網とビク持ってるし!
f0118332_22312048.jpg
大坂の客人が鴨鍋食べた後、蕎麦を食べるためにとってある汁に生き物たちを投入!(笑)
後から頼んだメバルの煮つけや、シメの蕎麦がなかなか来なかったので、待ってる間にほっくり煮えておいしかった。
今度自分でも大根とかで作ってみようかな。

by akanezumi1984 | 2018-01-27 22:33 | FOOD | Comments(2)

余計な心配

f0118332_23473022.jpg
野暮用ができて、午後雪の止み間に出かけたら、とろとろとろーり、つきたて餅。
f0118332_23473933.jpg
全然鳥がいると思わず通過しようとしたら、明るい色の大き目の鳥が・・・トラツグミ!と気づいた途端に逃げられ写真なし。
f0118332_23475934.jpg
目的が果たせているのか、果たせてないのか、微妙な状態だが、他を周る時間がなく・・・
うーむと思いながら帰り始めたら、アトリが10羽ほど近くにいた。
f0118332_23481411.jpg
もう、そのうがぱんっぱんに膨れているのに、まだ食べてて大丈夫なのか?

by akanezumi1984 | 2018-01-26 23:48 | 生き物 | Comments(0)

順調に帰れた

f0118332_00482536.jpg
今日はずっと青空だったものの、実は強風が吹き荒れて時折地吹雪に襲われておりました。
f0118332_00483499.jpg
幸い、見たい方向に向かうと風は主に背後からだったので、車で風を避けられた。
ちょっと風が止んでる間に少し歩いて違う角度から見たりとかしていると、ぶわーっと雪煙に包まれて逃げ帰ったり。
f0118332_00485294.jpg
小さな橋の脇で定点はっていたら、時々眼下の河川敷に小鳥たちがいて、目を楽しませてくれた。山形では冬には見られないアオジ。
f0118332_00490063.jpg
カシラダカ。
f0118332_00491814.jpg
ベニマシコ♂
f0118332_00493190.jpg
ジョウビタキ♀
f0118332_00494291.jpg
ジョウビタキ♀
f0118332_00495605.jpg
トイレのために林道の入り口に行ったらカヤクグリが目の前に。
f0118332_00500623.jpg
落ち葉をばかすかひっくり返すシロハラ。
f0118332_00501583.jpg
ベニマシコ♀。
他にもクロジやルリビタキもすぐ近くで見られてきれいだったが、すぐ藪に隠れるので写真は撮れず。でも見られただけで嬉しい。
f0118332_01000630.jpg
帰りの高速が途中で急にのろのろになり、事故?と思ったら単にその先が雪がもさもさ降っていたのだった。これはやばいかと思ったが、その後雪が止んでわりと順調に帰れた。
明日は日帰りで実家の雪掘りに行きたいと考えていたが、まだ強い冬型が続くから、無理しないでおくか。

by akanezumi1984 | 2018-01-26 00:50 | 生き物 | Comments(0)

晴れたり吹雪いたり

予報は晴れなのに、昼前から時々吹雪の変わりやすい天気だった。寒くてトイレに行きたくなるので、近くの林道に隠れに行くとシロハラが落ち葉ひっくり返してたり、クロジやカヤクグリがいたりで、嬉しいけどもう少し進んでおしっこしたいのだよ…と、悩ましかった。
f0118332_22311616.jpeg
今日は雪ちょししなかったので、フェルトで。
f0118332_22320966.jpeg
昨夜から作ってたのを完成させた。以前より丁寧に作るようになったので、時間がかかる。始めたばかりの頃は、なにも知らず適当にやってたから、あまり刺さずふにゃふにゃのだったなあ。
by akanezumi1984 | 2018-01-24 22:35 | 仕事 | Comments(0)

晴れ後雪

f0118332_22371599.jpeg
朝からピカピカの晴れ。気温は低いが、無風で暖かく感じる。しかし、雪は冷え冷えで握れず、午後にだいぶ木々の雪が落ちてからちびうさ。午後は曇り優先になり、やがて雪に。
f0118332_22391955.jpeg

仕事帰りにスーパーで値引きのお弁当買って夕食に。一度帰ると外に出たくない…
f0118332_22415795.jpeg
今夜はここまで。ちゃんと睡眠とらないとね。
by akanezumi1984 | 2018-01-23 22:42 | 仕事 | Comments(0)

こんなタイミングで

f0118332_00142833.jpeg
雪道を5時間走って、11時過ぎにやっと到着。疲れた…南岸低気圧なのに太平洋側に、ちょうど一番荒れる時間帯に移動って。ウサオを1日早く預けて、昼頃出ようかとも思ったが、10時過ぎくらいに着けるかもと甘く見てしまった。
f0118332_00180068.jpeg
先月泊まって勝手のわかる宿。電気ポット大きいのあるので、持参しないで済む。入浴剤はくれないから、家から持って来た。あったまったから寝よ!既に6時間切ってる。
by akanezumi1984 | 2018-01-23 00:20 | 仕事 | Comments(0)

ほんのひと歩き

よくあることだが、夜のうちは「明日はとっとと準備して山に行こう」とわくわくしているのに、朝になるとだるかったり眠かったりで、起きてもだらだらして出かけるのが遅くなる。
f0118332_22134772.jpg
今朝もそのパターンで、天気もいまひとつだし時間もはんぱになったし、行くの止めようかと思い始めた頃にFBで山がくっきり見えてる写真見て、これは行かねばと思ったところ、さらに清水屋さんの「まだ熊汁あるよ」というコメント見て、やおら出発。
熊汁をスープジャーに入れてもらって外で食べようと持って行ったが、もう天気が崩れて雪になっていたので、「中で食べてったら」の一言にすぐなびいて茶の間でどんぶりでいただきました。
柔らかい熊肉たっぷり、野菜もたっぷりでとてもおいしかった。
f0118332_22140623.jpg
もう1時近くになっていたが、せっかく来たので近くを徘徊。
出かけるまで億劫なのだが、外に出たら吹雪でも楽しいのだ。わかっているのに朝がぐだぐだでいけないな。早めに寝て早めに出られるといいんだが。
f0118332_22141559.jpg
8年も前に一度モモンガが使っていた穴。またいたらいいなと、なんとなく見に来てみるがいない。
f0118332_22142447.jpg
やっぱり森はいいなぁ。
f0118332_22143406.jpg
古い爪痕。
f0118332_22144882.jpg
沢が埋まってなくて、渡れるところを探していたら、テンの足跡が教えてくれた。
f0118332_22151316.jpg
スキーヤーが来ないところなので、テンの足跡しかない。今日はウサギの足跡なし。
f0118332_22153486.jpg
細かい雪だが、まだそれほど冷えてないのか、作りやすかった。
f0118332_22174220.jpg
ノウサギが隠れるような場所に移動。
f0118332_22175211.jpg
洞のある木の周りにもにテンの足跡。中にも入ったかな?
f0118332_22181134.jpg
だんだん冷えて来た。フードにも雪が凍り付きだした。
f0118332_22182859.jpg
テンの足跡追ってたら、キャンプ場の方に出ました。
f0118332_22183922.jpg
この下に炊事場かトイレだかが埋まっている。
f0118332_22185107.jpg
中の島の東屋はまだ柱が見えてるね。
f0118332_22190575.jpg
もうじき触れそうかと思ったら、雨が降ったりしてだいぶ下がったが、これから寒気入ってまた積もるべね。
風も出て来てどんどん視界が悪くなったので、一時間ちょっとで車に戻った。
車のハッチバック開けて道具を片付けていると、どんどん雪が吹き込んでくる。
ところが国道に下って西川の町まで来たら晴れて来た。志津だけ降ってるのか?
単に雪雲が一時的に切れただけ?

by akanezumi1984 | 2018-01-21 22:19 | おらいの山 | Comments(0)