気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984

<   2017年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

午前中日差しがあって、お出かけ日和か?と思ったが、ウサオが盲腸フンべったりだったので、ウサオの半身浴。ドライヤーも使うが、体濡らすのはできればぽかぽかの時の方がいいからね。
f0118332_00035122.jpg
しばらく前に頭だけなんとなく作ったけれど、そのままにしてあったフェルトの続きが、なかなか形も決まらずちょっとやっては投げていたが、ようやく完成。イメージ定まらないまま適当に始めてしまってうまく行かない時と、イメージがあっても技術がなくてできない時とあって、作りかけのままお蔵入りのこともあるが、今回は救出できた。
by akanezumi1984 | 2017-12-30 00:11 | 発作的創作 | Comments(0)

もつもつと積もりました

f0118332_01105929.jpg
去年、一昨年と暖冬気味だったけれど、今季の冬将軍はやる気まんまん?
f0118332_01111635.jpg
山形市内もけっこう積もりました。
f0118332_01113054.jpg
雪のフリル。
f0118332_01115276.jpg
午後から曇り予報だったけれど、かえって大粒の雪に。
f0118332_01120217.jpg
昨日うさを安置した場所の雪がこんもりになっていたので、掘ってみたら、昨日のうさが斜めになってまだ生き延びていた。
午後からウサオを獣医さんに連れて行き、二度目のダニ避け薬をたらしてもらった。
数ミリリットルの薬を背中にたらすだけで、けっこうな金額。
同じ月のうちに行っても再診料というのもとるんだねー。


by akanezumi1984 | 2017-12-29 01:12 | つぶやき | Comments(0)

冷え冷え

f0118332_01233895.jpg
クリスマス寒波で荒れ模様。大雪注意報と言っても、山形市内の積雪はたいしたことないが、冷えているので道路が真っ白の圧雪凍結路。だいぶ事故もあったようで・・・
by akanezumi1984 | 2017-12-28 01:31 | つぶやき | Comments(0)

さまざまなクリスマス会

f0118332_00055283.jpg
日没まで雁を見た後、東松島のHさん宅へ。
f0118332_00061154.jpg
よほど気に入ってるのか、行く先々にこの衣装を持ってくるメンバーがいる。今回は一着しかなくて、男性陣が次々と着てみるが、それぞれに「あー、いそう、そんな人」になるから不思議。
f0118332_00062322.jpg
前の晩に全く同じ写真を撮られていた、みんなのS君。FBで見ていて、あの巨大なケーキを数人でどうしたんだろう?と思っていたら、そっくりそのまま東松島に持って来ていた(笑)
コストコの巨大バースデーケーキは、クリスマスケーキとして食べられた・・・が、10人ではとてもたちうちできる大きさではなく、2/3は翌日分けて何人かがお持ち帰り。
まずそうと思ったけれど、案外おいしかった。5cm角くらいなら。
f0118332_00064060.jpg
わけわからんサンタとトナカイ。
f0118332_00065543.jpg
アラブ衣装の山男が作ったヨルダン料理。おいしいけど、スパイスが苦手な地元ゲストにだけ不評。
f0118332_00073275.jpg
食べ物あり過ぎて、翌朝は残り物を片付けるのが大変。残った食材で即席料理作ったり、昨夜の料理の残りを使いまわして、胃袋に収める。
持ち帰れる食材はみんなで分けて。毎度大量の殻付き牡蠣が食べきれずに残るので、おいらもいただいた。
f0118332_00074827.jpg
遠回りになるけれど、牡蠣を実家近くの親戚にお届け。11月みたいな濃霧だった。
f0118332_00075957.jpg
そして25日は、去年のクリスマスイブを一緒に日暮沢小屋で過ごしたメンバーで。
去年のがあんまり楽しかったので、今年もどうかと誘ったのだが、日程がとれない人がいたり、雪が今年は早めに積もり過ぎたこともあって、普通にレストランでの食事会になった。
これはこれでおいしく、楽しかったけれど、冬の日暮沢小屋はまたチャンスがあれが泊まりに行きたいのである。

by akanezumi1984 | 2017-12-26 00:08 | FOOD | Comments(0)

峠越えついでに寄り道

ボランティア仲間と東松島でクリスマス会・・・は、夕方からだから、その前に蕪栗沼周辺に寄り道。
f0118332_00015590.jpg
山形は雨なのに、こちらは青空。田んぼに大量のマガンがいます。
f0118332_00020795.jpg
道路端の電線にコチョウゲンボウ。けっこう近かったけれど、車止めても逃げなくて撮らせてくれました。
f0118332_00025946.jpg
マガンの大きな群の端っこに、カリガネの小群。たいてい畔にいるような・・・
f0118332_00031836.jpg
ぽてっと座ってかわいいマガン。
f0118332_00033106.jpg
ひたすら食べていたカリガネたちが首を立てて振りだしたので、飛ぶかなー、飛んでるの撮れないかなと思ったけれど、すぐ近くのマガンも飛んだので、撮れてたのマガンだけだった。
f0118332_00034358.jpg
まったりスズメ。

f0118332_00042992.jpg
ぼちぼち落雁(塒入り)見に移動しようとしたら、変なマガン発見。部分白化の兄弟。
f0118332_00060275.jpg
顔だけでなく、お腹の白が目立つ。
しばらくこの変わったマガンを見ていたら、落雁ポイントに着くのがぎりぎりになり、土曜だからか既に駐車場がいっぱいだったので、ちょっと迫力は落ちるけれど人が少ないところに移動。とめどなく飛んで来ては降りて行く雁たちを眺めてから、東松島へ。

by akanezumi1984 | 2017-12-25 00:06 | 生き物 | Comments(0)

一年ぶりに

こんないい天気は滅多にないぞ!という日なのですが、まぁ、たまにはある。でも、鳥はずっといるかどうかわからない・・・
去年の12月に見た小鳥にまた会いたくて、一人で探しに行こうと思い、詳しい友人に前と同じあたり探せばいるかな?とメールしたら、向うもこれから行くとのことで、心強い。
f0118332_20570273.jpg
ということで、こんなきれいな山を横目に通り過ぎる。
f0118332_20571490.jpg
ううう、ブナもきれいだ。しかし、チャンスはまたある。
f0118332_20575672.jpg
一年前に来た時も、やっぱりもったいないようないい天気だった。ドライブするだけでも景色がきれいでうきうき。
現地に着いたら、すごいタイミングのよさで、友人も着いていて、同行させてもらう。
小鳥の動きにおおっとなるが、スズメでした(笑)
f0118332_20580805.jpg
しばらく歩いて、お目当ての鳥が!
f0118332_20584007.jpg
北の国からの白い小さな使者、ユキホオジロ。また会えて嬉しいよ。
f0118332_20590963.jpg
帰ろうとしたら、ハマシギの群が。
f0118332_20592822.jpg
普段山とか、平地でも内陸にいることがほとんどなので、シギ・チもなかなか会うことがなく、ハマシギも貴重。
f0118332_21000733.jpg
アオシギも一年ぶりに会えた。
f0118332_21002167.jpg
フクロウ類のペリットでもないかと、いくつか神社をめぐってみたが、見つからず。
これはカラスの足跡。
f0118332_21003690.jpg
電線に大量のムクドリ。まだまだ手つかずのカキの木あちこちにあるけれど、こやつらが大群で来たらすぐになくなるかな。

今日は冬至。そういえば、もらってしまいこんでいた小豆の缶詰あったはず・・・と、缶詰入れてる棚からそれらしきノーラベルの缶詰を出して開けてみたら、なんか違う。と気づいたところでもう開けて中身を出すしかない(笑)
孟宗の缶詰でした。棚の奥をよく見たら、マジックで小豆と書かれた缶詰があったよ。

by akanezumi1984 | 2017-12-22 21:00 | 生き物 | Comments(0)

幸せって・・・

f0118332_21212261.jpg
写真がうまく撮れてませんでしたが、あまりにしあわせな夕食でしたので。
昨日いただいた新米の炊き立てをいただきました。
ぴかぴかのつやつやで、甘い香りがかぐわしく、感動的においしいです。
おかずは、親戚で少しずついただいた白菜漬けと地蕪の酢漬け、こないだ伊豆沼の産直で買って来たターサイのお浸し、夕方のデパ地下で5匹500円が半額になっていたのを買ったノドグロの干物の最後の一枚、白菜と大根と油揚げの味噌汁。あけがらし。
地元の季節のものや、お買い得だったもの、いただきもので素晴らしくおいしく食べることができました。ありがたいことです。
おいしく食べることができる、それだけで、しあわせなことだなぁとしみじみ思います。

 
f0118332_21224673.jpg
今読んでいる本。物語は自分が産まれた年に、何度も行って大好きな地、アラスカを舞台に広がる。
f0118332_21225607.jpg
福田幸広さんの新刊。冬のデナリが途中だけど、ちょっと中断してこれを見なければ。
f0118332_21231223.jpg
つい、おまけでこんなのも注文してしまった(笑)
f0118332_21232219.jpg
このへんは知人がFBにアップしていたのを見て、おもしろそうかもと検索したら、中古で安く出ていたのでつい。

by akanezumi1984 | 2017-12-19 21:36 | FOOD | Comments(0)

これが一番

f0118332_23234669.jpg
大雪注意報のわりには積もらず。最初の除雪車通過には出遅れてしまい、すっかりきれいになっていたので、その後また来て削って行ったのをよその家の前まで片付けたが、たまにしか行かないのだから、ちゃんと早起きして最初からやらないとだめだなー。
f0118332_23191963.jpg
昔馴染みのお宅にお茶飲みに行ったら、「昨日メールに気づかなくて。夕べはご馳走いっぱいあったから、わかってたら呼んだのに。」と言ってくれたけれど、ご馳走より、こういう漬物とか炒りものがなによりなのです。
by akanezumi1984 | 2017-12-18 23:27 | FOOD | Comments(0)

うっかりと

実家は無人なので、1か月に一度は来るようにしていたのだが、最近こっち方面の仕事がないこともあり、うっかり2ヶ月も間があいてしまった。
f0118332_22274617.jpeg
山形市内は午後から晴れて来て、せっかく日向で温もってきたウサオを暗くて寒い実家に連れて行くのは気の毒な気もしたが、暖房入れれば山形の部屋より暖かいからね。(昼でも電気つけないといけない暗さだが)尾花沢は吹雪、新庄は凍結。山形市内とは全然違う気候なのだ。
f0118332_22413521.jpeg
実家は暖房しないと外気温とほとんど変わらないので、とりあえずヒーター入れても、なかなか二桁の気温にならない。ダウン着たまま掃除機かけて、ホットカーペット敷いて、コタツ掛けて、玄関の雪かきして、やっと部屋が暖まってウサオを出してやれた。
f0118332_22432573.jpeg
部屋の隅にフクラスズメ発見!渋いわー。暖かいと変に消耗してしまうが、また見たいしと思って玄関に移したが、いつの間にか行方不明に。
f0118332_23174731.jpg
こうして見ると、確かにスズメの色と同じところが・・・

by akanezumi1984 | 2017-12-17 22:40 | つぶやき | Comments(0)
月山のスノーシューパークオープニングセレモニーがありました。
f0118332_23171830.jpg
月山だけでなく、西川町全体をスノーシューパークにしようという構想で、今年で7年目。
f0118332_23174005.jpg
恒例のナメコ汁振る舞い。今回はヒラタケとブナカノカも入ってました。
f0118332_23180644.jpg
弓張平と一本ブナコースに分かれ、散策。一本ブナコースには、いつもの「月山依存症の人々」が・・・
f0118332_23183207.jpg
定点観察。今日の椅子の木の積雪は130cm。昨日からだいぶ雪がすくんだかな。
f0118332_23185898.jpg
シカっぽい木。
f0118332_23193939.jpg
風がなく、ふわふわの雪が枝についていて、きれいです。
f0118332_23195875.jpg
一本ブナに到着。こっちから見ると、枝折れでだいぶさびしく見えるが・・・
f0118332_23202844.jpg
反対側から見ると、少し立派に見える。
f0118332_23204592.jpg
ランチタイム。やっぱりカップ麺が人気。
f0118332_23210107.jpg
休憩中に作った巨大うさと記念撮影。相棒来てなかったが、Iちゃんが手伝ってくれた。
f0118332_23221258.jpg
キャンプ場に下る。
f0118332_23223439.jpg
途中で帰るかもと言っていたお殿様も、全行程歩き通した。このまま、まじめに山で遊んで、夏には山頂に行きましょう。
f0118332_23224975.jpg
ツタウルシの実がかわいくて、毎年ここで撮ってるような。
f0118332_23231767.jpg
キャンプ場にあった謎の穴。天気によっては雪の高低差が全然見えないような時もあるので、危ない。なんのために掘ったのだろう?まさか、地面出し競争の練習じゃないよね?
なんにせよ、人が通る可能性のあるところに穴放置はよくないね。
帰る時に埋めて行きましょう。

by akanezumi1984 | 2017-12-16 23:23 | おらいの山 | Comments(0)