カテゴリ:つぶやき( 1796 )

最後のお別れ

雪が深いことを言い訳に、ウサオを埋葬せずに冷凍していた。

たまに会って、撫でては涙にくれていたが、いつまでもウサオをこの世にひきとめておくことはできない。祖母の命日で実家の仏壇に花と線香あげに行くのを機に、やっと本当のさよならを。
f0118332_22452035.jpg
ひんやりしているだけで、ちっとも変わらずいるウサオ。別れがたいけれど、命がなくなったのに、体だけいつまでもひきとめておくことはできないよね。
時折冷たい雨が吹き付け、霙になったりする中、数十センチ残った雪を掘り、石ころで掘りにくい地面をなんとか掘り、冷たい土が体に触れないように、そして大食いのウサオがひもじくならないように大量の干し草敷き詰めた。
大好きだったリンゴも入れてあげるつもりだったのに、入れ忘れてしまってごめんよ。
かわりに菊の花をおやつにしておくれ。もって菊好きだったからね。
f0118332_22454169.jpg
もう、今度こそ、ウサオを撫でることができなくなったなぁ。さよなら。


by akanezumi1984 | 2018-04-07 23:01 | つぶやき | Comments(0)

よくわからない

うーぬ。今朝も鼻がぐずぐずで水のような鼻水出ていたが、午後から回復。でも、湿度上がり、夜には雨だからなぁ。花粉症なのか、鼻炎なのか・・・
f0118332_00504714.jpg
今日は予報のようには気温上がらず、肌寒かった。3日間の現場終了。
安達太良で休憩。飲み物あるから買わないけど、この自販機でなにか買うとシュワッチとか言うのだろうか?
f0118332_00505621.jpg
相変わらず血色悪すぎて、キビタキに見えない絵。
f0118332_00510320.jpg
福島は桜満開ですなー。安達太良山は今日はうっすらとしか見えず。
f0118332_00511693.jpg
一番暖かかった初日午前中のヤマアカガエル。
f0118332_00512965.jpg
そっちこっちでさえずっていた、コガラっち。
f0118332_00513852.jpg
カケス。
f0118332_00515187.jpg
ノスリロケット。

by akanezumi1984 | 2018-04-07 00:52 | つぶやき | Comments(0)

もう時間がない

f0118332_23225336.jpg
アセビが咲いていました。
久しぶりにちくちくしたけれど、もう寝ないといけないからアップは明日。

by akanezumi1984 | 2018-04-04 23:21 | つぶやき | Comments(0)
昨日は洗濯や画像整理して、夜は三人で友人のお誕生会でイタリアン。
四人の時と同じ勢いで注文してたら食べきれず、ピザ持ち帰りに。
f0118332_21301553.jpg
このお店でお気に入りのディップを食べ尽くすために、パン追加したのに、パスタ二種とピザは多かったな。
今日は移動だけの日なので、午後友人宅に寄ったり、オイル交換してから福島へ。
f0118332_21364775.jpg
上りと下りで違うのがいるんだ!
f0118332_21380805.jpg
久しぶりになじみの宿。
さて、明日どこに何時集合なんだっけ?メールに書いてなかったけど、朝ごはんで誰かに会えるだろうから、その時に聞くか。



by akanezumi1984 | 2018-04-03 21:26 | つぶやき | Comments(0)

結局日帰り

f0118332_23352503.jpg
仕事の日程チェックしたり、請求書作ったりしていたら、移動してから温泉は微妙な時間になり、といって家で入ってから出るのは寒くて嫌だななどと思って、結局早起きして日帰り。お膳あげて、お参りの人は全員来ていただけたが、お悔やみに行きたかったお宅は何度行っても留守で持ち越しに(鍵は開いてて、お参りはどうぞな体勢になってるのだが、お悔やみは勝手に置いてくのはちょっとね)新しくカフェなどオープンしていたので、いつか入ってみたい。明日からまた現場だけど、一日雨なのか?山手だから雪かもしれないが、濡れ雪だろうな。
by akanezumi1984 | 2018-03-21 23:40 | つぶやき | Comments(0)
f0118332_23335672.jpg
実家にあるひき出しとかに、使えそうなもの発見。
本漆塗りの茶たくは、誰か欲しい人に譲ろうかな。
f0118332_23344968.jpg
肘折の帰り際、酒田の友人が車の窓をこんこんしてこれをくれた。内陸では見ない食べ物。
以前、酒田の産直で見かけたことはあったが、食べたことはなかった。
仏壇にあげたのをおろして夕方食べてみたが、ほどよい甘さでもちもち柔らかく、おいしかった。ぼた餅のまざったバージョンみたいな。
f0118332_23332970.jpg
移動途中で、鳥海山がきれいだったので、ちょっと車を止めて。
f0118332_23334674.jpg
これは夕方近くなって少し雲が出てからの月山。いつも見ているのと違う側。
お彼岸だけれど、仕事入ったので、入りの一日お膳あげただけで撤退。お参りは完了。

by akanezumi1984 | 2018-03-18 23:35 | つぶやき | Comments(0)

雨後雪

昨日の暖かさから一転、寒い1日。
雨が雪に変わり、昼過ぎにやっと止んだ。
f0118332_23345952.jpg
曇りで雪が背景だと輪郭わかりにくいので、黒バックにしてみた。
今夜は久しぶりに実家に泊まる。
実家泊まる時は、いつもウサオが隣にいて撫でていたのに、もういない。

by akanezumi1984 | 2018-03-16 23:31 | つぶやき | Comments(0)

市内散策

振込や記帳で銀行回りもたまにしないとと思ったところに、ちょうど市内で見たい展示もあり、歩いて七日町方面へ。
f0118332_23245116.jpg
市民会館でドールハウス展。
ドールハウスというと、洋館のイメージだったが、昭和!な和室も。
f0118332_23251752.jpg
これはいかにもな感じ。先の和室のはものすごく細かかったが、こっちのは1/12のセオリー通りの縮尺なのだろうな。
f0118332_23252820.jpg
リノベーション後の郁文堂にやっと行けた。
f0118332_23254305.jpg
お隣のとんがりビルでは、肘折の灯展。去年の夏に肘折まで見に行ったけれど、また見たかったので・・・
f0118332_23260072.jpg
やっぱり生き物系の絵に吸い寄せられる(笑)この人、生き物を生き生きと描くのがほんとにうまいなぁ。
f0118332_23261439.jpg
帰りに駅ビル通り抜ける時に地階と一階ぐるっと。冬は冷たい飲み物飲まないのだが、ずっと速足で歩いて来て体が温まっていたのと、金曜は飲み物100円引きと書いてあったので、これを飲んでみた。
ラフはわかるけど、ズッカってなんの意味??ほぼラフランスの味だったが。
f0118332_23262641.jpg
山形県の小物のコーナーに、実家近所の方の作品があった。
f0118332_23263974.jpg
紅茶がまだ100回分くらい在庫あるのだが、夜寝付き悪くなるからカフェインなしのハーブティ購入。シナモン、カルダモン、クローブの好きなスパイス入ってる。
が、チコリ、いなご豆、ナツメグその他も入っていて、どんなだ?て感じだが、まぁ、シナモン、カルダモン等が前面に出てくるだろうか・・・
f0118332_23265582.jpg
この前に泊まりの現場だった時に途中までしか作れなかったネズミを仕上げた。

by akanezumi1984 | 2018-03-09 23:27 | つぶやき | Comments(0)

日にち薬

日にち薬とは、よく言ったもので、時間がたつことが唯一の薬なのだろう。昨日までは、突然襲われる悲しみに耐えることができなかったのが、今日はなんとか抑えらるようになった。目頭が熱くなるのを我慢するので目は赤くなるけれど、嗚咽が抑えられないようなことはほとんどなくなった。それでもまだ、ウサオのことでコメントやメールに返信するのは、思い出してつらすぎます。優しいお言葉がけには感謝していますが、今は返信できません。ご理解いただければと思います。会うことがあっても、触れないでいただければ幸いです。気持ちの整理のために、ここで吐きだしていますが、人に話すのはまだつらいです。そのうち、笑って話せるようになりますが、まだしばらくかかります。
by akanezumi1984 | 2018-02-27 20:44 | つぶやき | Comments(0)

ありがとう、さようなら

この世で一番大切な存在だったウサオ。ほんの数日前までたくさん食べて元気だったのに、あっけなく逝ってしまった。
木曜にいつもより少し餌を食べないような気がし、金曜の朝に、はっきり食べ残しが多くて気になり始め、夜もあまり食べなくて心配になったが、大好きなおやつやリンゴは喜んで食べていたので、それほど深刻に思わず。ところが土曜朝になったら様子が一変し、動物病院に連れて行ったら、肺に異常があるとのことで、レントゲンの結果、肺いっぱいに腫瘍。
12月に診てもらった時もレントゲン撮った時にはきれいな肺だったのに、あまりに進行が速すぎる。
「今夜も越せないかも」との衝撃的な診断通り、帰宅したらもうぐったりして好物も一口も食べず、口呼吸するようになり、これは本当にもうだめなのだと覚悟する。午後からバイトの予定があったのを、お願いして行かなくてよいようにしてもらい、ずっとウサオを撫でていた。最後に一緒にいられてよかった。
母が亡くなった後、父のために来てもらったウサオだが、一番助けられて来たのはおいらだった。今まで本当にありがとう。
f0118332_18322246.jpg
ウサオを買ったのは2011年の今頃だった。
f0118332_19010846.jpg
一ヶ月後に実家に行ったら、もう右後肢が脱臼したようになっていた。
f0118332_18334806.jpg
その後、右前足、左前足も右に倒れこみ、まともなのは左後肢だけになったが、とても元気で、ソファに飛び乗ることもできた。高いところが好きで、うちではソファ、実家にいる時は足つき座椅子によくいた。
f0118332_18342392.jpg
父が骨折して入院、そしてそのまま施設で暮らすようになった2012年から、ウサオは山形で暮らすようになったが、盆、正月、お彼岸、それから実家から通える仕事の時には実家にウサオと一緒に滞在。
冬は仕事で出かける時に、ホットカーペットだけ入れたままにしておくと、暖かいこたつの中でおとなしく帰りを待っていた・・・と、思ったら中で退屈してこんなイタズラされていたっけ。
f0118332_19024232.jpg
ふかふかした敷物が大好きだった。
f0118332_19033439.jpg
この年は暑かったので、暑さに弱いウサオが少しは涼しくなるかと毛をカットしようとして、しかし、背中以外は動かれると危なくて切れず、こんなひどい状態にしてすまなかった。
f0118332_19051001.jpg
現場で足元に生えてるのがいつも与えてる干し草と同じチモシーと気づき、お土産にしてみたことも。
f0118332_19052781.jpg
左目が白内障になり、距離感がつかめなくなって、ソファに上がれなくなった。
f0118332_19073007.jpg
一昨年の秋から唯一しっかりしていた左後肢も外側に開いてしまい、体を支えられなくなったので、在宅時は頭を乗っけて支えるのによいぷくぷくの猫ベッドに入れるようにし、お尻が汚れにくいマットをたくさん買ってとっかえひっかえ敷いてやったが、これを齧り切るのがおもしろいらしく、どんどん切られ・・・このぽこぽこがなくなると意味がないのに。
ウサオの思い出は尽きない。

明日の地面出し、行けないかもと仲間にメールしたけれど、家で泣き暮らすより出かけた方がいいか。べそかく顔を人に見られたくないんだが。

by akanezumi1984 | 2018-02-24 19:08 | つぶやき | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984