カテゴリ:お出かけ( 224 )

まったりしすぎ(笑)

まあ、いつものことだけど、朝ごはん前の時間帯は空気がひんやりして、鳥も活発だからよいけど、その後だんだん惰性で歩く感じに。
f0118332_21024474.jpg
朝ごはん、イカが不漁だから、イカさし出なくなったな。
f0118332_21072699.jpg
上のグラウンドのトイレにあったサンダルは、長靴を切ったリサイクル(笑)
f0118332_21085994.jpg
午前中はほとんど歩き回ってるが、午後は休憩するとしばらくぼんやーり。
そのうち知り合いが来たりして一緒にまったり。
別の知り合いは一人でひたすら早朝から晩ごはんまで歩き回ってるが、まったり派はこちらのまったりにひっかかって来る(笑)
f0118332_21145767.jpg
日の入り頃にヤマシギ見ようと言う話に乗って、晩ごはん早めに食べてから、また外へ。
f0118332_21163178.jpg
今日は愛想が悪く、あまりよくは見られなかったが、普段と違う時間帯に待っているのは、友人が一緒なら出ないなら出ないでもなんとなく楽しいものだ。
一人で待っててはずれるとつらいが。
f0118332_21190871.jpg
満月に照らされる海も見れたし。
きれいだったなあ。

by akanezumi1984 | 2018-04-29 20:58 | お出かけ | Comments(0)

お花見カヤック2018

恒例になっているギエンタイお花見カヤックへ。
お花見に向かっているのに、雪・・・山形市内も霙だったからなぁ。
f0118332_23284940.jpg
f0118332_23291517.jpg
集合場所に着くと、東京からのメンバーは昨夜からテントや車でキャンプしてた。
キャンプの撤収や船の準備をしていると、まさかの雨!
晴れ後曇りの予報なのに・・・
f0118332_23302244.jpg
一時強く降って、準備を止めてしばらく車に避難したりしたが、やっと雨雲去った。
さて、ぼちぼち出かけますか。
f0118332_23322800.jpg
陸上の喧騒をよそに、まったりと川を流れ下る。
f0118332_23310443.jpg
心配していた風もたいしたことなくて快適、と思われたが・・・
f0118332_23322800.jpg
例年、一度お花見会場に上陸して桜の下で飲食してから、さらに下流まで漕ぎ下っていたのだが、堰の回避やゴール地点からの戻りが大変だから、今年はショートコースにしてお花見会場までにしようという話だったが、これくらいの風なら少し下流まで行けるねと。
f0118332_23331876.jpg
こっちまで来た方が両側に桜並木があって、見応えがあるのです。
f0118332_23333271.jpg
うわー、やっぱりこっちいいよねーともう一艇とご機嫌でゆるゆる下っていたのだが、他の艇が後ろにいない。風が強くて戻るの大変になるから、まっすぐお花見会場に行ったか。
ちょうどお花見会場あたりは風が直撃しないのか、遡上も楽なので油断していたら、下流の桜が両脇咲いて見事なところでは時折向かい風が強すぎて、上流に行きたいのに一生懸命こいでも少し押し戻されたりし、ちょっと戻るのに時間かかってしまった。


f0118332_23361875.jpg
すごい人だなーと思うが、朝の雨、寒くて風もあるからか、これでもいつもよりは人が少ないようだ。桜と記念撮影している外国の方たちが目立つ。
ここまでだと距離がなさすぎるので、当初はこの近くを船で行ったり来たりして遊ぼうかと言っていたが、強風で遡上が大変なので、結局は2人艇は畳んで、ゴムボートだけ人数にもの言わせて駐車位置近くまで遡上することに。
f0118332_23364316.jpg
一方通行の看板の下に、なんやら不気味な人形が・・・
f0118332_23365944.jpg
おいらと何人かは、スタート地点の方に車置いて来たので、そこまで歩いて戻る。
f0118332_23371820.jpg
今までこの道歩いたことなかったが、お花見会場とスタートの駐車場は気軽に歩ける距離だった。
寒くて体が冷えたから、近くの温泉に入ってから解散しようということになり、もちぶた館へ。温泉施設と焼肉して食べられる施設、さらに周囲に散策路や動物がいるコーナー。
温泉が800円と、300円に慣れてる山形県民にはびっくりな料金だったが、いろいろ遊んでいくなら高くはないのかな?
f0118332_23373915.jpg
カピバラがやって来ましたという看板があったので、ちょっと見に行ってみたら、その前にポニーとウサギがたくさんいて、心の準備なくウサギを見てしまったため、不覚にも周りに知らない人たちがいるのに涙出て来て焦る。
この時期は花粉症の人がいるから、赤い目しててもごまかせるが。
花粉症といえば、今日は特に症状出なかったけれど、気温が低かったからだろうか?
まだ、木曜午後から金曜にかけてのくしゃみ連発と鼻水地獄が花粉症のせいか、単なる鼻炎だったのか定かでない。

by akanezumi1984 | 2018-04-08 23:37 | お出かけ | Comments(4)

本物の代わりに

f0118332_21131859.jpg
真っ白い雷鳥に会いに来たけれど、天気よ過ぎたのと、人数多くて時間かかり過ぎたのとで、今回も会えず。
みんなが山小屋で休んでる隙に雪雷鳥。

by akanezumi1984 | 2018-03-31 21:11 | お出かけ | Comments(2)

遠出してます

新潟の海辺経由で長野。
今日の走行距離は、500キロ越えました。
こたつはのある部屋に日本語ぺらぺらのタイ人女性と相部屋ですが、こたつに入る時間なし。
明日朝早いから、もう寝ないと。
f0118332_21241625.jpg
佐渡の山が白く輝いてた!
f0118332_21231686.jpg


by akanezumi1984 | 2018-03-30 21:19 | お出かけ | Comments(0)

山の写真展

f0118332_22575019.jpg

午後から仙台の宮城県美術館県民ギャラリーで今日から開催の写真展を見て来ました。
想いの山 四季 Ⅲ
山岳写真集団仙台 写真展

3/13(水)~3/18(日) 9:30-17-00  入場無料です。

山仲間のナカシイさん、SONEさんも展示されるとのことで出かけたら、お二人とも在廊で久しぶりにお会いすることができました。
見応えのある写真展ですので、皆さん、ぜひ足を運んでください。

by akanezumi1984 | 2018-03-13 23:08 | お出かけ | Comments(4)
f0118332_23293769.jpg
毎日使っている愛用のカップを、洗っている時に手が滑って落としてしまった。

でも、ちょうど弾力のある敷物の上に落ちたから、セーフ!と思ったのだが、持ってみるとなんだかミキミキ言う・・・

よく見たらがっつりヒビが入ってた。ああー、お気に入りだったのに。友人の屋久島土産で、屋久島焼きのカップいくつかの中から選ばせてもらったもの。

お気に入りのものって、毎日頻繁に使うから、壊れる率も高くなるよね、悲しいことに。

食器棚には、自分が買ったものではない、あまり趣味ではないカップが残る。
by akanezumi1984 | 2018-03-08 23:35 | お出かけ | Comments(0)

地面出し競争2018

f0118332_00015521.jpg
地面出し競争ワールドカップin 肘折2018に仲間と参加。今年の肘折の積雪は最大積雪深が445cmを記録!2013年の豪雪を上回る記録となり、壁が高い。
f0118332_00023747.jpg
いでゆ館駐車場に集合、歩いて会場へ。
f0118332_00025404.jpg
開会式で、去年獲得した銀のスコップを返納。この後、ソリンピックでRちゃんが期待裏切らず好成績を叩き出して、地面出しのフィールドでゴールに近い場所を確保できた。
で、地面出しの最中の写真が欲しいところだが、みんな参加してるから撮れない。
f0118332_00042554.jpg
本日の肘折のアメダスデータは、2013年の時の378cmを上回る380cm。
さすがに苦戦し、4位に。
f0118332_00050977.jpg
毎年のことながら、まだまだたくさんのチームが必死で掘り続けているのに、ゴールしてすぐに雪だるまを作り始める我が隊。
そして記念撮影。今年は隊長が幟旗を作ってきてくれた。なんと手書き!
下の方に以前とった銀、銅のスコップの絵があり、とった年が書き入れてある。
そして左上には狙う金のスコップの絵が・・・ここに数字が書き入れられる日は来るのか!?
f0118332_00052978.jpg
掘った穴でも記念撮影。
f0118332_00054937.jpg
それから優勝チームの穴を見に行ったり、まだ掘ってるチームの応援したり。
このチームの掘り手は半袖Tシャツで掘ってた!
ワールドカップというだけあって、外国人の方だけのチームも2チーム。
f0118332_00061384.jpg
画面右前面から、ゴールした順に看板が立てられていく。
f0118332_00062868.jpg
表彰式。金のスコップは5連覇のLove Snow。圧倒的な速さだった。
銀のスコップ、銅のスコップは、三位入賞が初めてのチームだったが、どちらも毎年参加して順位を上げてきていた常連チーム。みんなレベルを上げてきているので、金のスコップどころか銅をとるのも簡単ではないな。
f0118332_00281477.jpg
来年の課題など話ながら歩いていると、とんでもない雪壁が!
f0118332_00064933.jpg
お昼はいつもの寿屋さんで、今回は暖かいナメコ蕎麦。
そして温泉に入ってから解散。
楽しい一日だった。
しかし、帰宅した途端、いつものように「ウサオただいま」と言ってしまったらもうだめだった。テレビでフィギュアのエキシビション見て落ち着いたかと思うと、夕食準備で野菜切るだけでまた悲しみのドツボにはまる。いつも白菜やキャベツを使う時はウサオに少しあげていたから。
昨夜は、さんざん泣き暮れてようやく落ち着いて入浴しようとしたら、風呂場にウサオのマットを干していたのを見てつらくなり、ケージやマット、餌入れなんかを別の部屋に片付けたのだが、家に帰るだけで、野菜や果物を切るだけで、いちいちつらすぎる。
まだ一日しかたっていないのだから、仕方ないのだ。
一晩あけるたび、普通になっていくだろう。

by akanezumi1984 | 2018-02-26 00:07 | お出かけ | Comments(0)
f0118332_23312269.jpg
朝食前に朝探。小鳥類いろいろ見られて楽しい。ここで狙いの鳥で難易度高めのタカサゴミソサザイは、声はするものの姿見られず。
でも、ヤブドリやカワビタキ雌雄、キバラシジュウカラ、ズアカエナガなどに満足。ルリチョウも近くで見られた。
f0118332_23322226.jpg
ここのマスコットが日本のゆるキャラに似ているような。
f0118332_23332670.jpg
いろいろな色のゴミ箱が設置されてるけれど、捨てるところが目って!痛そうなんですけど。

f0118332_23335834.jpg
朝食後に公園のバスで滝のある観光スポットに移動。こういう激しい水の流れのあるところ
の苔につく虫を食べるシロクロヒタキ狙い。

f0118332_23351569.jpg
ほんとに白黒。目が黒いところにあるので、パッと見、目がないみたいに見える(笑)
滝のところで餌を探す時、体のわりに頑丈そうな足でしっかりと歩き回っていたが、たまに足を滑らせているのがかわいかった。
f0118332_23360537.jpg
ブルーが美しいカワビタキも雌雄いて、目を楽しませてくれた。
f0118332_23482478.jpg
ポイントで待つ地元バーダーの方の好意で、すぐ近くで一緒に待たせていただく。
f0118332_23491532.jpg
時々、関係ない観光客の人たちが、なにかいいものあるのかと寄ってきてしまうのが難点だったが、みんなに座ってもらったら、観光客もずかずか来なくなり、無事目当てのムネアカヒタキが来てくれた。けっこう待って、足がしびれたが、近くで見られてよかったー。
f0118332_23501641.jpg
昼食に前日、ちょっとバス止めて寄ってもらった果物屋で買ったのと同じレンブが!
f0118332_23504580.jpg
ツバメウオみたいな魚が!!
f0118332_23510003.jpg
えーっと・・・これはいったい?カニカマにマヨネーズはわかるが、スプレーチョコみたいなトッピングが謎。毎日初めて食べるものばかりでおもしろい。
初日はカエルの卵にしか見えないものもあったしなぁ。
f0118332_23525768.jpg
午後、ヒゴロモやベニサンショウクイ、ヒメオウチョウなど期待できるというポイントでぎりぎりまで粘ったが、とうとう出なかった。まぁ、こういうこともあるさ。
と、ここまで書いて時間切れ・・・既に予定オーバー。
明日は日帰りの現場だが、終わったらそのまま移動しなければならないので、夜更かしできない。といいつつもう睡眠時間足りなくなってるが。
この続きは現場から帰ってからかな。

by akanezumi1984 | 2017-11-21 23:37 | お出かけ | Comments(0)
野鳥の会山形県支部設立40周年だから、海外ツアーしてみっだい!と支部長が言いだし、入会当時高校生だったけれど今や立派な海外探鳥ツアーガイドになったI氏にガイドをお願いして、台湾4日間のツアーが実現。おいらが入った時はまだ支部ができて5年の若い支部だったんだなぁ。
f0118332_00312689.jpg
そんなわけで、10年ぶりくらいに海外へ。朝の便だったので、成田に前泊が必要で、節約のために山形からバス利用したので、出国前日の朝に家を出て成田のホテルに夜着くという・・・
成田に行くのが一番遠い(笑)
参加の皆さんと16日朝に合流して、台湾へ。
空港からバスで桃園駅に移動、さらに台湾の新幹線で移動後に、最終日までずっとこの貸し切りバス。台湾のバスはみな派手で、サイドミラーの形が独特で虫の触角みたいでした。
f0118332_00320331.jpg
初日は移動に思いのほか時間がかかり、大雪山の宿に着いたらもう夕食の時間でレストランに直行。入るといきなり、大きなガンダム・・・なぜここに?
f0118332_00314433.jpg
ブュッフェ形式で、楽しく夕食。
f0118332_00325566.jpg
夕食後に暖かい服装で夜探開始。標高が2000m越えているので、高い山にしかいない動物や鳥が見られるのです。
なんと、かなり見るのが難しいと言われるタイワンカモシカを近くで見ることができ、ラッキーでした。
f0118332_00331675.jpg
今回の目玉、カオジロムササビは個体数が多いようで、宿の中からも声が聞こえ、何度も見ることができた。顔からお腹が真っ白で、上面は栗茶色。鼻がピンクだし、悶絶級のかわいさ!
日本のムササビの声はお世辞にもかわいいと言えないが、このムササビはピーピーかわいい声で鳴いていた。
f0118332_00343617.jpg
樹上生で滑空もするため、バランスとれるよう尾がすごく長くてふさふさ。一度、フクロウいないかと丹念に道路脇をライトで探していたら、たまたま飛び出しをとらえることができて、頭の上を道路横断して飛んで行くのをばっちり下からライトで照らすことができた。
我ながらグッジョブだったと自画自賛。空飛ぶ白いさぶとんでした。
フクロウ類には会えなかったけれど、ハクビシンやコウモリも見られ、酔ったおじさんみたいなキョンの声も聞こえ、満足して就寝。
f0118332_00391444.jpg
2日目朝は、早朝からミカドキジを探すが、見つからず。小鳥類はたくさん見られた。
よく見られるあたりを丹念に探したが、結局ミカドキジは見られず。でも、サンケイというド派手なキジは雌雄とも間近でじっくりと観察できた。
f0118332_00462186.jpg
標高が高いので濃霧になりやすく、過去のツアーではこんなに晴れたことはあまりなかったらしい。
f0118332_00463194.jpg
朝食後も探鳥し、バスでポイント移動しながらさらに探鳥。


f0118332_09103602.jpg
昼食の場所が見晴らしのよい場所にあり、鳥もいろいろ見られるので油断ならない(笑)

f0118332_00475128.jpg
ここでも、次から次に出て来て、これで終わりだろうと思ってから生の魚が出て来て卓上コンロで煮たり・・・何種類出て来るかわからないので、最初から食べ過ぎないようにしないといけません。

f0118332_00502676.jpg
食べ終わったあたりで、すぐ近くの斜面にカザノワシが出てくれた。ものすごく幅の広い翼でわかりやすい。
f0118332_00493767.jpg
山を下り、台中の街中へ。温度差がすごく、むっとする暑さに汗ばむ。
このド派手なお寺の屋根に小鳥類がいろいろいて、ここだけでも楽しめた。
f0118332_09482004.jpg
バス降りてすぐに屋根の小鳥たちにひっかかっていたら、ここの目玉は中にいると手招きされる。タイワンオオコノハズクが昼の塒にこのお寺を使っていて、見上げると眠そうな目でこちらを見ていた。



by akanezumi1984 | 2017-11-21 00:51 | お出かけ | Comments(0)
f0118332_20475794.jpg
友人からこれの情報をもらって、早めに申し込み。
各自で車出すのももったいないから、一緒に行こうかね?と言っていたのだが・・・
最初に情報くれた当人が予約してなかったって!
でも、行けばなんとかなるんでは?と出かけてみたが、会場が狭く、予約してない人は入れないと。
でも、友人は友人で鶴岡の別の場所で楽しめたみたいでよかった。
講演、ポスター発表にもおもしろいものがあり、また、ひょっこり久しぶりにお会いする方たちもいたりで、出かけてよかった。
友人とも行き帰りの道中話せて、全く眠くならずに運転できたし。
しかし、講演だけでなく、ポスター発表のも撮影禁止って・・・資料おいててくれるかと思いきや、ほとんどなかったし。必死にメモりなさいってか。


by akanezumi1984 | 2017-11-11 20:48 | お出かけ | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー