人気ブログランキング |

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:生き物( 426 )

タゴ祭2019(6/23)

例年だと姥沢から山頂まで行って、帰りに装束場のパターンが多いのだが、知人をタゴ祭会場に案内する約束をしていたので、博物園からスタート。
f0118332_20583564.jpg
タゴは少数ならそこらじゅうにいるので、スタート間もなくひっかかる。
f0118332_20585794.jpg
タゴ祭の会場以外では、たいがい石の隙間の中とかで外から見えないのだが、雨で押し出された卵があった。
f0118332_20591349.jpg
石をめくるとタゴもいた。水を吸ってぱんぱんになってる!
f0118332_20592749.jpg
なかなか進みません。
f0118332_21000145.jpg
イモリにもひっかかる。
f0118332_21021435.jpg
同行者がばてて、たどり着けるのかちょっと心配になるくらだったが、時間かかったけれど無事到着。そして、タゴはほぼ最盛期でいるわ、いるわ! 2m×10mくらいの範囲に推定200匹はいたであろう。
f0118332_21025061.jpg
あちこちにペアも。


f0118332_21034470.jpg
三段重ね。
f0118332_21041295.jpg
アップの写真にすると大きく見えるけれど、実際にはとても小さい。
f0118332_21044365.jpg
あーーーーー。またヤラレテル! ここでハコネサンショウウオがタゴに抱き着かれているのを見るのは4度目。そのうち3回は既にハコネは死んでいた。死んでいるのに、まだ離さないのである。離すきっかけとかなにかないのか!?
f0118332_21050508.jpg
これは翌朝山頂か弥陀ヶ原に向かう途中見つけたタゴ。
f0118332_21061913.jpg
装束場の小さな池のクロサンの卵増えていた。まだ待機中のオスもちらほら。


f0118332_21064880.jpg
モリアオガエルも何匹かいたが、いつもの超望遠のコンデジを家に忘れたので、まともに撮れなかった。
f0118332_21075824.jpg
二ヶ所でアズマヒキガエルのレスリングも見られた。

雪のつき方がいつもと違う場所があるけれど、クロユリ開花とタゴ祭最盛期はだいたい一致する。

by akanezumi1984 | 2019-06-27 21:08 | 生き物 | Comments(0)

今週の仕事終了

今週は6泊7日の現場だったが、前半終わって次の現場に移動する時に山形通ったから、一度帰宅して洗濯などできたので、少し楽に。
f0118332_22215447.jpg
今日のアマガエル。なぜそこに?ゴミだらけだし、変な体勢なのに、それで落ち着いてるようだった。
f0118332_22222682.jpg
狭くて浅い水路にイモリが大量にいるが、みんな婚姻色の出たオスばかり。ちょっと歩いてるのがいると、メスかと期待して尻尾をぴきっと根元から曲げて、相手の顔の前でぷるぷるさせるが、オスだよ、オス!
f0118332_22223760.jpg
ちょっと失礼してひっくり返してみたら、お尻がもっこりというかもう、ぱんぱん。
f0118332_22232368.jpg
今日の昼は、安い時に買い置きしていたガスパチョのレトルトスープに、蒸し大豆入れて。
レトルトの袋だけだと、途中で置きたい時に倒さないよう気を付けないといけないが、カップにレトルトごと入れると倒れないし、かつ洗い物も出なくてよいことに気づいた。
f0118332_22233988.jpg
朝来た時から車があったのだが、ミズを採りに来たおかあさんだった。一度大量のミズを背負って車に置いて、さらに採りに行くところ。
f0118332_22235281.jpg
この量をもう一度背負って来ました。
ちょっとお話したら、もう80歳近いのだと・・・健脚なのにもびっくりだけど、ほっぺがつやつやでお肌の若さにもびっくり。
たくさん採って、知り合いに分けるのが楽しみと言い、冬は図書館で本を読んでいるという、素敵な方だった。
ミズ持ってけーと言っていただき、ほんの少しいただいた。それっぽっち?もっと持ってけーと言われたけれど、ほとんど家にいないので一回食べる分でよいのです。
道端のではなく、わざわざ奥に入って採るから柔らかいミズで、筋取りしなくてもよいと。
帰宅して味噌汁にして食べたけれど、本当に筋取りしなくても柔らかくておいしいミズだった。

by akanezumi1984 | 2019-06-22 22:24 | 生き物 | Comments(0)

お暑うございますね



f0118332_23220896.jpg
ここのホテルは毎日チェックインの時に小さな菓子パンを二個と、缶のウーロン茶をくれるシステムらしい。
それだけでは足りないので、飛島のワカメを増し増しにしたスープと、キウイで朝食。


f0118332_23222782.jpg
もうホタルブクロの季節かぁ・・・
f0118332_23224032.jpg
ああっ! ホテルに戻って着替えてて初めて気づいた。一日違和感を感じずに過ごしていたよ。
f0118332_23225757.jpg
ナビ頼りで仕事に向かったら、すいてるけど信号ないだけでなく、コンビニもない通りをお勧めされたため、昼ご飯は車に積んでた非常食から賞味期限が3月に切れていたクリームシチューのレトルトに、ドライパックの蒸大豆ぶちこんだら案外暖めなくてもおいしく食べられた。
そして、夜はちょっと行ってみたいお店があったのだが、寄り道したら間に合わず、結局スーパーで値引きの海鮮サラダミックスと筋子おにぎり、プチトマトとスナップエンドウに。
でも暖かい飲み物があると、それだけでちゃんとした感がある。スープには飛島のワカメを増し増し。
f0118332_23231238.jpg
おしゃれ柄のアカスジカメムシ
f0118332_23234090.jpg
ずいぶんぼろぼろになってしまった、ウスバシロチョウ
f0118332_23240167.jpg
すぐ近くの側溝からひょっこり出て来たアナグマ
f0118332_23241385.jpg
にゅるんっ
f0118332_23242866.jpg
てってってっと軽快な足取りで道路を横断。車に轢かれないよう気を付けろよー。

今日はけっこう暑かったのだが、近くで工事している会社の方が「この先に事務所があるので、トイレ使っていいですよ。製氷機もあるので氷も使っていいですよ」と言いにきてくださって、なんて親切なんだろうと感動。
行かなかったけど、わざわざ言いに来てくれて、本当にありがとう。
まだ若い人だったけれど、社員教育が素晴らしいのか、根がとても優しい青年なのか、とにかく暑さ吹っ飛ぶ爽やかな瞬間でした。

by akanezumi1984 | 2019-06-20 23:38 | 生き物 | Comments(0)

5/26月山の生き物編



f0118332_21134635.jpg
イワツバメ
f0118332_21140202.jpg
ライバルと張り合うニュウナイスズメ
f0118332_21141340.jpg
イワツバメの巣を乗っ取りそう
f0118332_21143100.jpg
ビンズイ
f0118332_21145027.jpg
カヤクグリ
f0118332_21150289.jpg
体を低くして翼をふるふるしているのがいたので、求愛給仕ねだって交尾に至るのかと見ていたら、なんと飛んで来た別個体に飛び蹴りされてびっくり。
f0118332_21152870.jpg
あれは三角関係のもつれによる暴力事件だったのだろうか?
f0118332_21155755.jpg
ルリモンエダシャク
f0118332_21160635.jpg
アカフヤガ
f0118332_21163029.jpg
f0118332_21164186.jpg
ハサミツノカメムシ
f0118332_21165414.jpg
f0118332_21170611.jpg
フタモンアシナガバチとカメノコテントウ
f0118332_21171825.jpg
スコット君
f0118332_21173125.jpg
メスアカケバエ
f0118332_21174677.jpg
クロオオアリ女王
f0118332_21175719.jpg
クサギカメムシ
f0118332_21181855.jpg
カゲロウの仲間
f0118332_21184034.jpg
ウロコアシナガグモ
f0118332_21192543.jpg
キムネクマバチ
f0118332_21194547.jpg
イタドリハムシ
f0118332_21201106.jpg
カメノコテントウ
f0118332_21205239.jpg
エサキモンキカメムシ

by akanezumi1984 | 2019-05-29 21:22 | 生き物 | Comments(0)
初めての現場の初日終了。トイレなんか当然ないので、潜伏できそうな場所を探していると花やら虫やらも見つかるので、ちょいっ、ちょいっとポケットのカメラでスナップ。
f0118332_22390698.jpg
フジが盛り。いい香りが漂う。
f0118332_22392377.jpg
タニウツギ
f0118332_22395581.jpg
シャガ
f0118332_22400508.jpg
タニギキョウ
f0118332_22401627.jpg
ジョウカイボン
f0118332_22402646.jpg
ヒゲナガオトシブミ
f0118332_22403670.jpg
ウロコアシナガグモ
f0118332_22405297.jpg
ヤナギハムシの幼虫。ものすごい数いて、みんなお尻で葉にくっついて逆さになっていた。脱皮するのか、蛹化するところだろうか?

今夜は宿から歩いてすぐの日帰り温泉に行き、入浴と夕食を済ませた。
ここは安くて、システムもよく考えられていてよい。受付で入浴料金払うと脱衣所のロッカーの鍵をくれる。そして下足ロッカーの鍵は帰るまで預かってくれる。ロッカー代の100円の出し入れの面倒がない。
たいていの温泉のロッカーって、後で戻ってくるとはいえ、100円準備してないといけないし、財布に出し入れしないといけなくて面倒に感じるのだ。
温泉の帰りに駐車場に寄って車から雨具とレインハット持ってきといた。
明日は朝から土砂降りっぽいから、外に出る前に雨具着る作戦。


by akanezumi1984 | 2019-05-20 22:41 | 生き物 | Comments(2)

ここ数日の生き物編

5/12の雪渓の虫
f0118332_00382774.jpg
毎年たくさん見られるハサミツノカメムシみたいなんだが、色が黒ずんでる
f0118332_00384909.jpg
クロマルハナバチ
f0118332_00390203.jpg
ウンモンテントウ
他にもカリバチの仲間みたいなのいろいろと、大量に翅アブラムシが点々と・・・

5/12月山の帰りに天童に寄り道しようといつもと違う道を通ったら、昔からサギのコロニーができる場所を通りかかったので、車を降りてしばし観察。
f0118332_00322718.jpg
アオサギとゴイサギがてんこ盛り
f0118332_00325135.jpg
アオサギの雛は既にかなり大きくなり、巣立ちが近そう
f0118332_00331179.jpg
ゴイサギたちはまだ巣もできていないのが多い
f0118332_00334182.jpg
忙しく枝を運んで巣作り中

5/13博物園の森で、足元1mの小さな水たまりに何度も水浴びに来たヒガラ
f0118332_00572767.jpg
展望地にコシノカンアオイのチェックしに行ったら、目の前の枝にびしょぬれヒガラがいて、足元にほんの小さな水たまり。
あれ、邪魔しちゃったかな。逃げるかな?と思ったが、じっとしていたら水浴び再開。もう一羽いて、入れ替わり立ち代わり水浴び→すぐ近くの枝で羽繕い→また水浴び。目の前に立っている人間のことなどお構いなしだった。
f0118332_00574228.jpg
満足したかい?


5/13博物園から帰ると、山形市内の住宅密集地なのに、うちのマンションにノスリがいた(笑)
f0118332_00344723.jpg
なんでこんなところに!と思って車を止めて見ていたら、カラスがつきまとっていた。
f0118332_00343585.jpg
カラスにかすめられて思わずのけぞるノスリ。動いたら足にハタネズミ掴んでるのが見えた。
狩りに成功したのに、カラスに追われてここまで逃げてきたようだ。
子育て中だろうなぁ。がんばれ、とうちゃん!

by akanezumi1984 | 2019-05-15 00:35 | 生き物 | Comments(0)
新緑が一気に進み、下界は草や花や小さな生き物たちに満ち溢れる季節に・・・苦手な人にはちと危険なやつも撮ったけれど、今日は出さずにおきましょう(笑)
f0118332_23080820.jpg
カモシカがとことこ通過・・・こちらから見えなくなる少し手前で、てへぺろ。
f0118332_23082778.jpg
開いちゃったコゴミ
f0118332_23085381.jpg
チゴユリ
f0118332_23091521.jpg
昨日、今日と珍しく自宅から通える現場で、いつもと違う産直でいろいろ購入。
熟し過ぎて本来は市場に出ないはずの「うるんだ」佐藤錦が激安で思わず買って、夕食前に一気食いで完食。
f0118332_23093508.jpg
しばらく前から声だけ聞いていたが、本日アマガエル今季初見。
f0118332_23095376.jpg
ウワミズザクラも咲いた。
f0118332_23101156.jpg
いつの間にか膝にいたハエトリグモのオス。撮ろうとカメラ近づけるとレンズに飛びついて来る。
f0118332_23102554.jpg
葉と葉の間に隠れていたアカスジキンカメムシの幼虫。一見派手だけれど、これも鳥のフンの擬態か?
f0118332_23103858.jpg
もふ尻がキュートなビロードツリアブ
f0118332_23105043.jpg
水辺にあったこれは、いったい何の仲間なのだろう?
さて、明日の夜は温泉だぞ。素泊まりで、明日は夜までの仕事で明後日は朝がすごく早い仕事だから、温泉といってもゆっくり入ってる余裕なさそうだが。

by akanezumi1984 | 2019-05-09 23:11 | 生き物 | Comments(0)
雪は午後からかと思っていたら、朝から降って・・・でも、それはそれでよし。まだすっかり春になってしまうのもさびしいからね。
f0118332_19453971.jpg
おらいの山に向かう途中、国道脇でカラスが怪しい動きをするのを見かけ、たまたま運よく車を止める場所があったので、降りて双眼鏡で見てみたらいたいた!
優秀なカラスレーダーのおかげで麗しいクマタカを見ることができた。
f0118332_19461348.jpg
森歩きの帰りには、毎年この時期に見に寄らせていただいてるじょいふるファームさんへ寄り道。
子羊さん見てもいいですかー?と断ってから、中に入らせていただきます。
双子ちゃんたち、もうこんなにおっきくなってる!
f0118332_19472117.jpg
膝を折ってぐいっ、ぐいっと頭を突き上げておっぱい飲みます。
f0118332_19474118.jpg
真っ黒の子羊がまた、超かわいい。
f0118332_19481523.jpg
不思議な角のヤギさん。2本一緒にくるんとなっている。
f0118332_19482730.jpg
この顔だけ黒い羊さんは去年生まれた子だろうか。
f0118332_19484374.jpg
立派な角のヤギどん。
f0118332_19490070.jpg
優しい顔立ちの羊さん。顔真っ黒のオスとこの全身白の羊の子が顔だけ黒い子になってたはず。
外は雪が舞って冷たい風びゅうびゅうで寒いのに、ハウスの中はぽっかぽか。
厚着の羊たちは暑いくらいだろうな。

by akanezumi1984 | 2019-03-24 19:49 | 生き物 | Comments(0)
f0118332_17451369.jpg
明方に出発。
f0118332_17465077.jpg
林道を登る。
f0118332_17472228.jpg
ほどなく明るくなる。
f0118332_17474047.jpg
久しぶりに見る山の朝焼け。
f0118332_17475454.jpg
普段はなかなか早朝から行動できない(夜更かし癖のせい)のだが、やっぱり早朝から動くべきだよねぇ。
f0118332_17480961.jpg
北アルプスのモルゲンロート。
f0118332_17483877.jpg
ライチョウのいそうなところをたどりながら進む。
f0118332_17490048.jpg
まだ他の人たちは来ない。
f0118332_17493040.jpg
絵になる鷹匠さん。
f0118332_17493976.jpg
眺めはうっとりする美しさなのだが、開けた場所に出ると風で飛んでくる雪つぶてが当たって顔が痛い。
f0118332_17512153.jpg
稜線で暴れていた雪煙は収まって来たか?今日は行かないけどね。
f0118332_17513728.jpg
人が入るとスケール感が増します。
f0118332_17522700.jpg
こんなに天気がいいと、やっぱり今年も会えないのだろうか・・・と弱気になるが、雨飾さんと丹念に探索を続けていたらついに、雨飾さんがここ数年でここだろうとつかんだ場所で見事一羽発見!
f0118332_18161335.jpg
かなり近づかないとお互い気づかないので、最初だけびっくりしてちょこちょこっと逃げたが、すぐに伏せて見えてないと思ってる。
f0118332_18171287.jpg
下瞼が白い。強風で雪つぶてが痛いので、ライチョウも目のとこだけは痛いのだろうな。
f0118332_18173507.jpg
ノウサギのような足。
f0118332_18175348.jpg
ん?と首を延ばし、この後ちょっと上を気にしていたが、なにも飛んでないよ。
f0118332_18181647.jpg
落ち着いて来たのか、とことこ歩いて餌をつついたりも。
f0118332_18183657.jpg
研究のため、ほとんどのライチョウには足環がついていて、個体識別ができるようになっている。
雨飾さんは昨年もここでこの個体を見ているそうで、同じ縄張りを確保すべくがんばっているのだなぁ。
f0118332_18192850.jpg
こんな感じで雪景色に同化。厳しい寒さや烈風から身を守るためにすっぽりと雪に埋もれて頭だけ出してることもあるので、見つけるのは本当に大変。
今回みたいに風が強くて新雪が飛ばされていると特に足跡がほとんど残らないので難しいのだが、わずかに残された足跡とフンを頼りに雨飾さんが見つけてくれ、じっくりと観察することができた。
雨飾さんに感謝。
以前からおいらに白いライチョウ見せてあげたいと言ってくださっていて、一昨年、去年と見られなかったのをけっこう気にかけておられたようで、「これでやっと肩の荷が降りた」って・・・
本当にありがとうございました。

by akanezumi1984 | 2019-03-11 17:53 | 生き物 | Comments(0)
f0118332_00414686.jpg
全国的にかなり気温が上がったようで・・・
今日いたところも朝は真冬の防寒体勢では暑くて、ちょっと軽装に。昼前から北風に変わり、けっこう強風だったが肌寒い程度。2月なのに薄い手袋でいられるとは!
f0118332_00421882.jpg
今日は日差しがまぶしかった。ジョビコさん。
f0118332_00423417.jpg
これは天気の悪かった昨日の写真。コガラ。
f0118332_00425817.jpg
カシラダカ
f0118332_00432562.jpg
ほてほてと歩きながらのんびり餌を食べていたミヤマホオジロが、シジュウカラの警戒の声に反応してしゅっと細くなり、冠羽も閉じたところ。
f0118332_00434369.jpg
シジュウカラ
f0118332_00435687.jpg
ウソが近くに来たけれど、真下からしか撮れず。
f0118332_00440888.jpg
住宅地のネコ。家の人になついてる感じだったが、汚れてるし、首のかきむしり傷あって外ネコだな。
f0118332_00442313.jpg
オキクムシことジャコウアゲハのサナギ。よく目立つ橋脚のコンクリについてるが、毒があるから鳥に食われず残ってる。
さて、もう雪旅籠掘りが学生さんたちは昨日から、おらだの大人チームの旅籠は今日から掘り始め。
今年は初日参加できずだが、明日からがんばりますぞ。

by akanezumi1984 | 2019-02-21 00:44 | 生き物 | Comments(0)