カテゴリ:おらいの山( 784 )

友人の写真展のご案内

f0118332_02023022.jpeg

by akanezumi1984 | 2018-07-30 02:02 | おらいの山 | Comments(0)
しばらく月山に行けなくなるので、今日行かないとトウヤクリンドウが咲いてるのが来年まで見られないかも、と思ったが、天気微妙で様子見していて出足遅れた。
10時頃リフトに乗っていたら、下って来る人が多くてなにごとかと思ったら、ガスと強風で山頂断念の方たちが多かったようで。
f0118332_00233917.jpg
シロバナトウウチソウ
f0118332_00240521.jpg
念のためにアイゼンはザックに入れて来たが、登山道の雪はなくなったようだ。
f0118332_00242029.jpg
ニッコウキスゲに代り、キンコウカ主体に。
f0118332_00243528.jpg
イワショウブ
f0118332_00245462.jpg
ハクサンボウフウ
f0118332_00252586.jpg
牛首分岐付近の雪渓も縮小し、登山道には雪がなくなった。
f0118332_00254881.jpg
チングルマ
f0118332_00260157.jpg
ハクサンフウロとキオン。キオンは8月の花だったんだけどなぁ。
f0118332_00261622.jpg
ハクサンシャジン
f0118332_00263734.jpg
トウヤクリンドウ。先週から咲き始めていたようだが、先週末は月山お休みしたし、明日からしばらく行けないから今日がラストチャンスだった。会えてよかった。
f0118332_00265434.jpg
今日のちびうさ。

f0118332_00273864.jpg
リフトに間に合う時間だが、下の道を行くのが好きなのだ。
f0118332_00275715.jpg
雪がとけてやっと春が来た(笑)ヒナザクラの群落があちこちに。
f0118332_00280969.jpg
下の方にいくと、まだニッコウキスゲも。
f0118332_00282247.jpg
オタカラコウも盛り。
f0118332_00283679.jpg
これは、オンタデでよかっただろうか?
f0118332_00335537.jpg
ミヤマクワガタかな。
f0118332_00340380.jpg
ミヤマダイモンジ
f0118332_00341274.jpg
花付きの良いヒナザクラ。重そうだった。
f0118332_00341801.jpg
ガスでほとんど閉じていたミヤマリンドウ
f0118332_00342803.jpg
クロウスゴ

f0118332_00344111.jpg
モミジカラマツ
f0118332_00350271.jpg
イヌワシ来たーーーーー!
f0118332_00351488.jpg
周りに人がいなかったからか、近くでしばらく低空で探餌飛翔。
もう帰るだけの気分だったのが、なんというご褒美!


by akanezumi1984 | 2018-07-29 00:35 | おらいの山 | Comments(0)
他にやらなきゃいけないと思うこともあったれど、暑くてよく眠れないし、ついついまた行ってしまいました。
f0118332_22463632.jpg
リフト下は、相変わらず花盛り。ヒオウギアヤメもきれいです。
f0118332_22465936.jpg
連休明けの平日、リフトが動く前なので人がほとんどいません。
f0118332_22471610.jpg
天気悪いのと早朝なのとで、雪渓が固いけれど、スプーンカットのおかげで登りはアイゼンなしでも行けました。(凍ってるところは要注意)
f0118332_22473289.jpg
モミジカラマツ
f0118332_22480388.jpg
チングルマ
f0118332_22481617.jpg
今季初のウメバチソウ
f0118332_22483648.jpg
ホソバノキソチドリ
f0118332_22514590.jpg
ナンブタカネアザミ
f0118332_22520357.jpg
金姥のコツガザクラ
f0118332_22521799.jpg
まだまだ新しくチングルマが咲く。
f0118332_22523967.jpg
リンネソウ。14日見たのは既に花が一つ落ちていたが、新たに別の株が2株咲いていた。
前日に4株見たという情報があったが、今回見られたのは3。強風で一つ落ちてしまったのだろうか?
f0118332_22525157.jpg
トモエシオガマ
f0118332_22532620.jpg
タテヤマウツボグサ
f0118332_22535753.jpg
ミヤマホツツジ
f0118332_22541586.jpg
イワイチョウ
f0118332_22542737.jpg
アカモノ
f0118332_22544228.jpg
ハクサンフウロ
f0118332_22550525.jpg
柴灯森の雪渓は斜度がないから大丈夫と思っていたが、縁の斜めのとこは凍結してるので要注意。
f0118332_22553561.jpg
かなり前から咲いているゴゼンタチバナ。薄い緑がかった花があるが、白くならないようだ。最初緑がかっていて、だんだん白くなるという人がいるが、地域性?月山ではあまり緑が濃いのは見ないし、うっすりと緑のはそのままで白くならない気がするが。
f0118332_22555799.jpg
強風に踊るヒナザクラ
f0118332_22561764.jpg
ハクセンナズナ
f0118332_22563580.jpg
コバイケイソウ
f0118332_22564796.jpg
ミヤマキンポウゲ
f0118332_22570743.jpg
頂上小屋にちょっと寄ってから羽黒側に下る。たまにガスが切れて景色が見える。
f0118332_22572912.jpg
大峰のチシマギキョウ。望遠で撮ってます。
f0118332_22583727.jpg
佛生池小屋で、早めの昼ご飯。ガスと強風なので、中に入ってお味噌汁頼んで、おにぎり食べました。
f0118332_22585149.jpg
トウゲブキ
f0118332_22591857.jpg
だいぶ下ってから、今頃シラネアオイがけっこう咲いていた。
f0118332_22594089.jpg
おや、右のは花弁が三枚しかない。隙間が大きくないので、一枚落ちたのではなく、最初から三枚のようだ。
f0118332_23001047.jpg
しゃれにならないくらい強風だったけれど、弥陀ヶ原は風が弱くてもやっと暑い。
f0118332_23000225.jpg
モウセンゴケの花も咲き始めた。この花は強風でなくても小さ過ぎてうまく撮れたことがない。
f0118332_23004465.jpg
ワタスゲ
f0118332_23005919.jpg
トキソウも盛りで、たくさん咲いているのだが、あまり気づかれていないような・・・
f0118332_23011752.jpg
オゼコウホネに向かう木道が、ちょうどキスゲの見頃。
f0118332_23013454.jpg
オゼコウホネ
f0118332_23014664.jpg
花芯が赤いのがオゼコウホネの証。ここと尾瀬にしかない。
f0118332_23021279.jpg
エゾシオガマ
f0118332_23025561.jpg
オゼコウホネ見てから参篭所に行き、巨大な石うさを撫で、参拝して登り返し。
行きで気付かず通り過ぎたトウヤクリンドウ。まだ蕾。
f0118332_23032095.jpg
山頂付近で一仕事。ガスガスでどこにうさがいるか見えないので、岩を背景に。
f0118332_23034499.jpg
再び頂上小屋に寄って、第二お昼ご飯を食べてから下山。
日曜に滑落負傷事故があった牛首下の雪渓、早朝ほどでないが雪渓が固めなので、最初の斜度のきつい雪渓だけアイゼン使用。次の雪渓からは斜度がそれほどでもないので、ツボで。
下の木道コースは、まだ雪の下や、雪が融けたばかりのところなので、まだこれから新しく咲いて来る花が楽しめる。



by akanezumi1984 | 2018-07-18 23:04 | おらいの山 | Comments(0)
家にいる時間があまりなくて、更新が間に合わない・・・
f0118332_22390668.jpg
この日は、去年から山に全然行けてなかった友人を連れて、月山へ。
自称晴れ女さんですが、暑いので、途中はガスガスで涼しく、山頂で晴れさせる予定(笑)
f0118332_22400553.jpg
金姥のコツガザクラがいい感じに咲きました。ちょっと遠いので望遠でしか撮れませんが。
f0118332_22401821.jpg
去年は見そびれたリンネソウ。一本だけ?まだ蕾だから、これからまだ出るか?
f0118332_22405077.jpg
もうハクサンシャジンも咲きそうです。


f0118332_22412535.jpg
山頂着いたのに晴れない、おかしいなーと言ってたらガスが切れて景色が見えて来たので、よし、今だ!と作り始めたのだが、撮ろうと思ったらまたガスガスに。
f0118332_22414007.jpg
また晴れるかもしれないから、先にチシマギキョウをチェックに。咲き始め!
f0118332_22392507.jpg
で、山頂に戻り始めたら、青空が出て来ましたよ。さっきのうさたちは耳が落ちたり、やせ細ったりしたので、作り直しました。
f0118332_22420492.jpg
ちょっと順不同になってますが、ガスが切れてきたところ。
f0118332_22422555.jpg
やはり青空があると気分がいい。暑くなるけれど・・・
f0118332_22424523.jpg
朝閉じていたヒナザクラもしゃきっと開きました。
f0118332_22425752.jpg
帰りはリフトを使わずに姥沢まで歩きます。
f0118332_22430965.jpg
牛首分岐下の最初の雪渓は、わりと斜度があるのでアイゼンあった方が安心です。
f0118332_22433348.jpg
自分たちでコース作ってボードに興じる若者たち。
f0118332_22435292.jpg
リフトと姥沢への分岐。
f0118332_22441129.jpg
御宝清水のオタカラコウが咲き始めていた。
f0118332_22443602.jpg
順番が違ってますが、雪渓で冷えて動けなくなっていたアキアカネたち。
雪渓に転々と落ちているのを拾って、石の上に移してやりましたが、また雪の上に飛んでって落ちるのいるんだろうな。
f0118332_21322144.jpg
これは友人が焼いてくれた、とってもおいしいキャロットケーキ。
にんじん一本すりおろしたのが入ってるそうな。他にもクルミ、生姜、シナモン、メイプルシロップ、レーズンとおいらが好きなものばっかり入ってて、あかねずみスペシャルとなづけたいケーキでした。
玄米のおにぎりもおいしかった。

by akanezumi1984 | 2018-07-14 22:44 | おらいの山 | Comments(0)

あまりに暑いので

f0118332_23570100.jpg
もくもくと発達する積乱雲。予報も午後から雷雨になるところもと言ってますが・・・
f0118332_23502955.jpg
あまりの暑さに、ほとんどの方が下山してくる時間に来てしまうのだった。
さぼりではありません。仕事は明日から。
f0118332_23503996.jpg
リフト下駅でレンタルアイゼンがあるのに、借りない方が多いようですね。
ストックもアイゼンもなく、靴も底があまり固くない靴だとずるずる滑るので、みなさん大変苦労してるように見えます。雪に慣れてない方は、軽アイゼンあると楽ですよ。
f0118332_23510075.jpg
トキソウ。背が低いので撮るの難しい・・・
f0118332_23511931.jpg
もう午後なので、下ってくる人がほとんどで、下の木道コースにいく人が多いので、今日の姥山頂は着いた時に外国人のカップルがいて、ツーショット撮るの頼まれたけれど、その後誰もいなくなり、静かな山満喫。
f0118332_23512906.jpg
昨日は閉じていたミヤマリンドウが、今日は天気いいので開いてる。
f0118332_23513981.jpg
こちらは少し色が薄いタイプ。
f0118332_23515144.jpg
ん、ガッサンチドリか?と思ったが距が長すぎるかなぁ、どうなんだろう?
植物に詳しい友人に聞いたら、やはり距が長すぎるようだ。ホソバキソチドリ。
f0118332_23521461.jpg
装束場のキヌガサ群落も見たいが、今日はスタート時間が遅すぎるので、牛首分岐で周回にしようか。
f0118332_23522575.jpg
団体さんが下って来た。先頭のガイドさんがピッケルでステップ切ってるようですが、何人か歩くとつぶれてしまうから、後ろの方のゲストさんたちはすてん、すてんと転んでた。
この先がもって急なんだけどね。
f0118332_23524205.jpg
奥の白がハクサンイチゲ。手前の少し黄色が入ってるのがチングルマ。コイワカガミも。
f0118332_23525716.jpg
パッチ状に新しいチングルマが咲いて来る。
f0118332_23531430.jpg
ハクサンフウロ
f0118332_23532640.jpg
下界の暑さからトンボが避暑に来ている。これはナツアカネなんだろうか。
f0118332_23535839.jpg
昨日の宿題を・・・
f0118332_23541096.jpg
チョウゲンボウも夏になるとやって来る。
f0118332_23543209.jpg
昨日はしょんぼりしていたヒナザクラが、今日はぱっちり。
f0118332_23550097.jpg
ロープはまっすぐですが、道でないところにかかっている時は、少しまわって道のところから雪渓に乗ってください。
f0118332_23551361.jpg
ロープが消えてるところは、その先が少し急です。
f0118332_23553332.jpg
じゃぶじゃぶ地点。
f0118332_23554798.jpg
エゾイチゲこのへんにもあったんだねー。
f0118332_23561138.jpg
サンカヨウ。
f0118332_23562471.jpg
イカリモンガ。このままでよく飛べるものだ。
f0118332_23565124.jpg
ヤマキマダラヒカゲ。
明日からの現場に備え、涼しい山で雪と花を眺めて充電できた。

by akanezumi1984 | 2018-07-10 00:16 | おらいの山 | Comments(0)
どんどん夏の花が咲いて行く時期ですが・・・
f0118332_10311071.jpg
ニッコウキスゲが盛りで、リフト下はすごいことになっています。
f0118332_10311903.jpg
れもん色のものもありました。
f0118332_10384462.jpg
気をつけてないと、足が花にぶつかります。
f0118332_10313028.jpg
姥ヶ岳の雪渓は、少しずつ短くなっていますが、まだまだ。
f0118332_10314344.jpg
風雨に傷んで透けてきたチングルマ。
f0118332_10385414.jpg
トキソウはまだ咲き始め。
f0118332_10315573.jpg
姥山頂もニッコウキスゲが見事です。
f0118332_10320751.jpg
マルバシモツケ
f0118332_10321688.jpg
ニッコウキスゲ林立
f0118332_10323278.jpg
ハクサンシャクナゲ
f0118332_10324627.jpg
ガスが切れて、右に粟島。写真ではわかりにくいですが、左に佐渡もうっすら見えました。
f0118332_10330058.jpg
雲海になりました。
f0118332_10332130.jpg
とにかくニッコウキスゲ。
f0118332_10332922.jpg
コバイケイソウも続々と咲いています。
f0118332_10340109.jpg
既に種になったものもあるけれど、雪解けラインが変わるので、新しいチングルマもどんどん咲いてくる。
f0118332_10341357.jpg
アオノツガザクラ
f0118332_10342788.jpg
ハクサンフウロも咲き始めた。
f0118332_10343695.jpg
またちょっと天気が悪くなってきたか・・・
f0118332_10344812.jpg
中央にうっすら飛島が写っています。
f0118332_10350505.jpg
山頂でテレビか何か撮影していました。
f0118332_10352930.jpg
まだがんばっていたクロユリ。
f0118332_10353947.jpg
一度雨に降られたけれど、また晴れてくれた。
f0118332_10354769.jpg
姥沢出る時はガスガスで何も見えなかったので、こんなに景色が見られて嬉しい。

f0118332_23241345.jpg
今年初山頂で、初竹の子汁の友人たちに便乗して、おいらもまたいただいてしまいました。

f0118332_23243607.jpg
これナポレオン!?もう10年くらい食べてない。最近はナポレオン売ってないよね、なんて言ってたら、小屋に差し入れの分から少し分けてもらえた。
前は佐藤錦終わったらナポレオンが出回ったんだけど、すっかり紅秀峰に変わってしまったね。ナポレオン好きだったのに。
f0118332_10360288.jpg
友人たちは木道コースから来ていたので、姥山頂通って帰ることに。おいらは逆回り。
姥沢小屋跡に出るコースの残雪状況気になっていたが、まだいやらしいトラバースの雪渓が残ってるかもと思うと、ちょっと迷っていたが、カメラマンS君もそっち行くというので一緒に行くことに。
f0118332_10361016.jpg
モデルがいると状況が伝わりやすくてよいね。ガスってもロープがあるので安心。
f0118332_10363097.jpg
下の方はかなり木道が出ている。
f0118332_10364293.jpg
こちらのコースは花は今から。
f0118332_10364907.jpg
ここからの振り返りは、雪がなくなってもなかなかよいな。
f0118332_10370409.jpg
県警へり、月山がぐるぐる。訓練飛行でしょうか?
f0118332_10371766.jpg
またこんな青空に。
f0118332_10373335.jpg
水辺にはリュウキンカ。
f0118332_10374876.jpg
ここにべったり雪がついていると嫌なのだが、ほとんど消えていた。
f0118332_10380454.jpg
雪渓から離れるとむっとする暑さだったので、冷たい水がありがたい。
f0118332_10381601.jpg
先週、大きな雪文字が掘られていた雪壁がすっかりなくなっていた。
f0118332_10392064.jpg
なんと、うっかりとちびうさ作らないまま姥沢に下山してしまって、愕然。
本日出動していた、ほっづこっづで雪ちょし隊長に、ちびうさの写真を送ってくれろとメールでお願いしたのであった。
ということで、かなり久しぶりにほっづこっづ隊長こと、おじょ作のちびうさです。


by akanezumi1984 | 2018-07-09 10:39 | おらいの山 | Comments(0)

月山・山開き

遅く出かけることが多いのだが、たまには早起きして行くことも。開山祭で混むのと、暑さ、午後からの雷雨の心配もあったりして、朝6時に姥沢着。


f0118332_21371916.jpg
なんかザクザク音がすると思ったら・・・
f0118332_21382474.jpg
リフト下は、一足早くニッコウキスゲが満開。
f0118332_21390984.jpg
姥沢からリフト下はずっと、ブユがすごかったですが、雪渓に出たらいなくなった。
この分岐までは木道が出ています。
姥に登るにしろ、下の木道コースに行くにしろ、アイゼンはあった方がよいです。
f0118332_21403622.jpg
一週間でだいぶ雪が減りましたが、まだまだ雪渓歩きが多いですよ。
f0118332_21414149.jpg
コバイケイソウも咲き始めました。
f0118332_22145376.jpg
ミヤマリンドウ
f0118332_21430589.jpg
アカモノ
f0118332_21434496.jpg
昨晩頂上小屋に泊まった団体さん。


f0118332_21443743.jpg
チングルマ
f0118332_21451544.jpg
コツガザクラ。チングルマもコツガザクラも、鍛冶月光は先週がピークな感じでしたが、まだ次々と咲いてくれていた。ミネズオウは終わってました。
f0118332_21460378.jpg
開山祭の日は天気が悪いことが多いので、今日は珍しくいい天気だなと思っていたら、山頂目前でガスってきて、やっぱりか・・・と苦笑いしたけれど、その後また晴れた。
f0118332_21464824.jpg
クロユリ
f0118332_21474347.jpg
佐渡まで見えたけれど、鳥海山は雲をまとっている。
f0118332_21485572.jpg
山頂のツガザクラは、今年は鈴なり状態は見られず。
f0118332_21540010.jpg
混む前に神社に参拝し、頂上小屋で絶品の竹の子汁をいただきます。
f0118332_21571057.jpg
そろそろ混みだしたので、静かな場所に向かいましょう。
f0118332_21583763.jpg
ミヤマシオガマ

f0118332_21595317.jpg
ヒナザクラ
f0118332_22022075.jpg
時折ガスが濃くなるので、あまり遠くに行かない方がいいか?友人が早朝出て清川行人小屋まで行ってるはずだが・・・
f0118332_22031776.jpg
西万年雪にて。
f0118332_22035863.jpg
最初のちびうさ作った時にガスって、どこにうさがいるかわからず写真がうまく撮れなかったので、作り直したりしてるうち、友人が登って来た。
行人小屋方面でキヌガサソウの群落が見られたとのことで、今日は装束場は行かないつもりだったようだが、おいらが装束場のキヌガサの咲き具合確認に行くと言ったら、結局一緒に行くことに(笑)
f0118332_22044083.jpg
先週は小さい蕾が二つ見られただけだったが、思ったとおり、けっこう咲いてきていた。
f0118332_22053383.jpg
雪渓の上をガスが流れ下り、きれいだった、動画ではまるで表層雪崩のように見えた。


f0118332_22104766.jpg
食べごろのコシアブラが・・・おいらはあまり好きじゃないけどね。
f0118332_22114966.jpg
なんだこれ?と思ったが、ガクの色が薄いアカモノか。
f0118332_22122703.jpg
課題となったガッサンチドリ。詳しい友人に聞いたら、距がほとんど見えないので、ガッサンチドリではなくミヤマチドリかもしれないとのこと。
時間が足りずに即実更新ができなくなっております。
生き物編もアップしたいのだけど、もう時間切れ。
木曜まで帰宅できないので、初めて現場宿にパソコン持ってきたけれど、マウス持ってこなかったので作業効率よくない。
FBみたいに写真を一度にたくさん一気にアップできたら楽なんだが。


by akanezumi1984 | 2018-07-02 21:49 | おらいの山 | Comments(0)
先週も同じくらいの時間に装束場から登って山頂まで行き、姥沢に下山しましたが、スタートが遅くて山頂ではゆっくりできませんでした。
泊まりだと時間を気にせずいられていいです。日帰りでも朝早く出ればいいんだけれど、朝日や夕日を安全に楽しめるのは、やはり泊まりならではですね。(暗いうちに行動するのはクマの危険や道迷いがちょっと心配)
f0118332_15380935.jpg
ヘリがぐるぐる。県警ヘリも見かけた。訓練飛行ならいいですが。
f0118332_15383319.jpg
日に日に雪が減って行きます。
f0118332_15391220.jpg
タゴガエルのところでだいぶ遊んでしまい、後はまじめに歩こうと思っていたら・・・
f0118332_15392361.jpg
ワシ来たーーーーーー!後で生き物編にもっといい写真アップしますが、この後すごく近くを飛んでくれたので、しばらく放心しました。
f0118332_15394348.jpg
ようやく稜線歩きに。
f0118332_15400788.jpg
先週と同じような時間に出たのに、生き物にひっかかりまくって山頂になかなかつかない。
あともう少しなのに、今度は花が良すぎて進まない。
f0118332_15404166.jpg
海がオレンジに光ります。
あと一歩で山頂というところで、山頂台地に団体さんがいてびっくり。
しかも名前呼ばれた!
羽黒ビジターセンターのご一行様でした。知ってる方が何人かいて、久しぶりにお話できました。
f0118332_15413178.jpg
お楽しみの夕食。この時期ならではの朝採りの焼き竹の子が!一人一本ですぞ。
天ぷらにも竹の子二本。
f0118332_15414593.jpg
コゴミの胡麻和えもおいしいです。
f0118332_15411568.jpg
夕食後は、防寒体勢で夕日を見に外へ。この時間帯に山頂にいられる幸せよ。
f0118332_15444396.jpg
穏やかに見えますが、爆風が吹き荒れていて、耳宛てつきの帽子でも耳の穴に風が吹きこんで鼓膜が痛いくらい。岩にはりついて耐えています。
f0118332_15450421.jpg
昼間は粟島しか見えなかったけれど、佐渡も見えて来ました。
f0118332_15453438.jpg
夜通し風の音がしていましたが、朝になりいくらか和らぎました。
人が来ない三角点までご来光を見に行きます。
f0118332_15455344.jpg
刻々と色が変わりゆくのを眺める。
f0118332_15460879.jpg
ご来光。
f0118332_15462797.jpg
影月山。
f0118332_15465274.jpg
たっぷり朝散歩を楽しんでからの朝食。左下の小鉢はイタドリの酢の物。
f0118332_15470157.jpg
やっほー!
f0118332_15471153.jpg
初めて食べた、ワラビで作ったダシ。
f0118332_15473832.jpg
みなさんが出かけた後ものんびりして、9時過ぎに出発(笑)
f0118332_15481146.jpg
のんびりしていたら、早朝に博物園方向からおいらの車を運転して八合目から登ってきてくれた友人がもう山頂についていた(笑)ここで車の鍵を受け取り、おいらは八合目へ。
友人は博物園まで下る、交差縦走なのである。
f0118332_15482830.jpg
日の出の光で撮りたかったけれど、雪が硬かったので、ちびうさはこの時間に。
f0118332_15484834.jpg
こちら側歩くのは、今年は初めて。ずっと鳥海山を眺めながら歩く。
f0118332_15491921.jpg
金曜に八合目までの道路が開通しましたが、まだ山開き前だからか、人は少ない。
f0118332_15493885.jpg
途中、知人に会ったり、佛生池小屋でのんびりしすぎたりで、思ったより時間がかかった。
f0118332_15494943.jpg
去年はカルガモが繁殖していたけれど、今年はいないな。
f0118332_15500505.jpg
もうとっくに雪がないのに、なんで、まだ縛られたままなのか?早くほどいてやってくれー。
f0118332_15501721.jpg
これが貼ってあるということは、何度か小鳥が衝突したのだろうな。
f0118332_15505055.jpg
午後3時から羽黒で「マタギサミット」を聞くために、こちら側に下山したかったのだった。
時間あれば北月山荘で汗を流してからと思っていたが、山でのんびりしすぎたので、トイレで着替えただけに。
f0118332_16584153.jpg
このかわいいオコジョのピンバッチは、出羽三山の環境整備のために収益の一部が使われますので、ぜひ、ご協力を。
佛生池小屋、頂上小屋、博物園等で見かけたらよろしくお願いします。
近年、トイレの協力金が減る一方で大変だそうです。月山や羽黒に限らず、協力金入れが設置されているトイレを利用の際には、100円入れましょう。
f0118332_16583152.jpg
佛生池小屋さんのオリジナル月山Tシャツ、新しいデザインになってました。
こちらも素敵ですよ。

by akanezumi1984 | 2018-06-24 15:51 | おらいの山 | Comments(0)

月山花だより6/22-23

金曜まで仕事と思っていたが、休みだった。頂上小屋がその日から営業と聞き、泊まってみたくなった。
土曜の午後3時から羽黒でマタギサミットがあるが、装束場のタゴガエルもチェックしたい・・・どう動けば全部できるのか考えていたら、友人が土曜月山に行くから、おいらの車で朝羽黒に行って向こうから縦走してくれると言ってくれて、交差縦走計画決定!ということで一泊で縦走することができました。取り急ぎ、花だけアップします。順番は適当になっております。
f0118332_00565666.jpg
キヌガサソウ。先週がっつり雪で覆われたままだったので、まだかなと思いつつ、チェックに行ったら、雪のとけた隙間に咲き始めていた。
f0118332_00571613.jpg
コバイケイソウは久しぶりに当たり年のよう。咲き始めましたよ。
f0118332_00573608.jpg
シラネアオイ
f0118332_00575423.jpg
チングルマ

f0118332_00595853.jpg
コエゾツガザクラ

f0118332_01001386.jpg
アカモノ
f0118332_01001959.jpg
マイヅルソウ
f0118332_01002834.jpg
ウラジロヨウラク
f0118332_01003677.jpg
ゴゼンタチバナ
f0118332_01004349.jpg
ハクサンボウフウ
f0118332_01005213.jpg
ハクサンチドリ
f0118332_01010225.jpg
ミヤマカラマツ
f0118332_01010817.jpg
ミヤマキンポウゲ
f0118332_01012469.jpg
ウサギギク
f0118332_01013950.jpg
ミネズオウ
f0118332_01014743.jpg
コツガザクラ(エゾノツガ寄り)
f0118332_01020049.jpg
コツガザクラ(アオノツガ寄り)
f0118332_01020627.jpg
イワウメ
f0118332_01021692.jpg
ツガザクラ(山頂のはまだ咲き始め。大峰のは盛り過ぎた)
f0118332_01022786.jpg
クロユリ。先週は時間がなくて十分に探せなかったが、今回けっこう見つけられた。
去年よりはだいぶ増えた。といっても昔の群落にはほど遠いが、小さな葉っぱはたくさんあるので、順調に行けばまたたくさん咲く日が来る?
ネズミにやられなければ・・・
f0118332_01023359.jpg
アオノツガザクラ
f0118332_01024427.jpg
ミヤマシオガマ
f0118332_01025363.jpg
キバナノコマノツメ
f0118332_01030255.jpg
ホソバイワベンケイ
f0118332_01031049.jpg
ミヤマキンバイ
f0118332_01032414.jpg
ツマトリソウ
f0118332_01033814.jpg
エゾイチゲ(西川側のは今月初めに終わったが、弥陀ヶ原は今たくさん咲いていた)

f0118332_01035086.jpg
モウセンゴケ
f0118332_01040092.jpg
親指サイズのミズバショウ
f0118332_01040779.jpg
ヒナザクラ
f0118332_00581745.jpg
ハクサンイチゲ
f0118332_13210157.jpg
イワウメ
f0118332_13211774.jpg
ツガザクラ
f0118332_13213670.jpg
キヌガサソウ。ここの群落は登山道から離れているので、望遠で撮っています。
f0118332_13215369.jpg
ミヤマシオガマ

f0118332_13222226.jpg
ミツガシワ
f0118332_13224188.jpg
ワタスゲ

この時期には弥陀ヶ原方面ほとんど行けてなかったので、ここに今頃こんなに咲いているのか!と新鮮でした。

by akanezumi1984 | 2018-06-24 01:04 | おらいの山 | Comments(0)
f0118332_06010657.jpg
この時期初めて、頂上小屋に宿泊。まだ山の上なので詳細は後からになりますが、あまりにきれいだったので、速報です。
今、すごく花がいいですよ!

by akanezumi1984 | 2018-06-23 06:00 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984