人気ブログランキング |

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:ほかの山( 247 )

f0118332_09192672.jpg
以東暮らしの最終日は、美しい朝焼け。月山、鳥海山も見えました。
f0118332_09194055.jpg
いつものように、山頂でずっと眺めます。
f0118332_09202422.jpg
縦走路も赤く染まりました。
f0118332_09205863.jpg
影以東。
f0118332_09210866.jpg
小屋に戻る前に、縦走組が出発。全員が70代女性のパーティーが一番手。涼しいうちに、早めに出発すると楽です。
f0118332_09213109.jpg
掃除を済ませてから水汲みに。次の管理人のために新鮮な碧玉水を汲み置いておきます。
f0118332_09274379.jpg
近くて便利な雪渓水も、これまでのところが水が細ってしまったので、ちょこっと引っ越し。
誰が作ってくれたのか、このペットボトル切っただけの樋はとても便利で、水が汲みやすい。
f0118332_09214678.jpg
今季の以東最後のちびうさ。
f0118332_09215953.jpg
月山と。
冷蔵用の雪もたくさんとって、下から上がってきてすぐに冷え冷えの飲み物が飲めるように冷やしておきます。
f0118332_09222862.jpg
もろもろ済ませたら、ちょっと遅くなってしまったけれど、花が見たいのでオツボコースで下山開始。
f0118332_09223713.jpg
ハクサンオミナエシ
f0118332_09230181.jpg
もうオヤマリンドウの季節になったかぁ。
f0118332_09233109.jpg
ここのお花畑を通るのが楽しみなのです。
f0118332_09234504.jpg
荷物の重さで膝が痛くなってしまったが、大鳥小屋でゆっくり休んで元気になり、もうひとがんばり。
行きで少し登山道が崩落していた箇所が、修繕されていました。

毎年楽しみにしている以東岳避難小屋での夢のような日々が終了。また来年。

by akanezumi1984 | 2019-08-12 09:23 | ほかの山 | Comments(0)

以東だより 8/6

f0118332_08245265.jpg
日の出はガス優勢でぼんやり。さて、もう明日下山なので、大事に食べる→贅沢に消費路線に。
最初そのまま食べていたパンをフライパンで焼いて、バター塗って激うまに。そして牛乳で作ったチャイがめちゃくちゃおいしい。
山でバターと牛乳は贅沢ーーー。(雪渓のおかげで冷蔵できてた・・・けど、ここまで持ってくるのが大変)
f0118332_08273411.jpg
もうこの日しか時間がない!お客様見送った後、ぱたぱたと掃除を済ませ、雪渓から雪とってきて、前日差し入れいただいたメロンと自分の弁当持って、狐穴へGO!
f0118332_08250942.jpg
朝なのに既に暑い・・・けれど、素晴らしい眺め。花もたくさん。
f0118332_08252212.jpg
お花畑ーーーーー!
f0118332_08253485.jpg
イブキジャコウソウが見たかった。以東周辺にもオツボコースにもないのだ。


f0118332_08254788.jpg
ちょっと暑さにばて気味で狐穴到着。すぐに冷たい水で顔を洗えるのがありがたい。
f0118332_08260321.jpg
しかし、小屋に誰もいない!えーーーっ、冷えたメロン一緒に食べようと持ってきたのに、どうしよう?と思ったら、管理人さんが戻って来て、一緒に食べられた。(お客さんが少な目だったら以東小屋で分けてと思ったけれど、昨日は15人もいて無理だった)
この後弁当も食べ、さらに途中でおやつ食べたら、帰りの方が登りが多いのに行きより元気に以東に戻れた。13時前に帰着。
f0118332_09143236.jpg
水分の多い生ごみはすぐ腐って大変なことになるので、ジップロックに入れるのが一番。山の上にはゴミ収集車来ないので、背負って下します。自然に還るからとか言って捨てたり、埋めたりはだめです。
f0118332_08261990.jpg
プチトマトのパックにこんなのが一個。ぷりぷり。
f0118332_08262942.jpg
毎度、不安であれもこれも持って行ってるのに加えて、ちょこちょこと差し入れもいただいたりで、明日下山というのに食材豊富で、現場でビジネスホテル泊まってる時よりも食事が充実(笑)
f0118332_08265495.jpg
最後になる夕日は、雲海がとても美しかった。

by akanezumi1984 | 2019-08-12 08:29 | ほかの山 | Comments(0)

以東だより 8/4

穏やかな美しい朝。
f0118332_11021376.jpg
それぞれに楽しみます。
f0118332_11010882.jpg
いろいろあったはずなのですが、小屋の日誌を書いたら力尽きて、今年は自分の日記をちゃんと書かないでしまい、もう記憶があやふやになってしまいました。
ブログの更新が山の上ではなかなかできず、すぐにアップできなかったのが痛い。FBはさくさく写真がアップできるのに、ブログのは重たいのか粘ったあげくにできなくて、時間とバッテリーの浪費になって悲しかった。
f0118332_11034626.jpg
日の入り時、少しガスでぼんやりしていたけれど、それはそれでまた美しかった。
f0118332_11040153.jpg
山頂に思い思いに陣取って、それぞれにこの時間を味わいます。
f0118332_11041907.jpg
今日もおしまい。お疲れ様でした。
f0118332_11043331.jpg

by akanezumi1984 | 2019-08-05 11:09 | ほかの山 | Comments(0)

今朝も好天に恵まれ、泊まった人たちだけの極上のひととき。
f0118332_10484283.jpg
f0118332_14230865.jpg
流れていくガスがまた味を出す。
f0118332_10515049.jpg
飯豊もきれいに見えていた。


泊まりの方がみなさん出発してからほどなく、約束通り、今年もS君が日帰りで遊びに来てくれたので、ホットサンドを焼いてもてなす。
山で食べると格別なのだ。
f0118332_14285672.jpg
お腹がいっぱいになると、碧玉水へ。この時はまだアイゼンを使って雪渓からアプローチしていたが、帰りはアイゼンなしで戻って来た。登りならなんとかなりそうとのことで、おいらもこの後ルートを探りに行ってみたが、まだちょっと初めての方たちには無理そう。
f0118332_10490899.jpg
暑さでやられ、登りは大変でばててくる方が多い。泊まらない方も、冷たい飲み物を求めてくる。
小屋前でも日陰に入りたくなる暑さ。風がほしいところ。
雪渓が急激にとけていき、水場までの管理がやってもやってもきりがなくなる。
f0118332_10524171.jpg
日没もきれいでした。
この日は土曜ということもあり、15人のお泊り。
二階の窓が壊れていて風が通らないため、日中は暑いので天気がよいと夕食は外で調理して食事になるのだが、この人数でもうサンダルが足りないなぁ。

by akanezumi1984 | 2019-08-04 14:18 | ほかの山 | Comments(0)
以東に上がって5日目の朝。
f0118332_21061129.jpg
晴れてくれました。
f0118332_21062597.jpg
今回初めての影以東。
f0118332_21070895.jpg
長かった新潟方面からのとめどないガス攻撃が、やっと終了したようです。青空ー!
f0118332_21072695.jpg
仙台からmorinoさんとご友人が泊まりにいらしてたので、ちょこっとご飯に混ざりました。
f0118332_21080955.jpg
f0118332_14164510.jpg
f0118332_21082664.jpg
今回は10日間だから、もう半分終わるのか。




by akanezumi1984 | 2019-08-02 21:21 | ほかの山 | Comments(2)
日の出はガス優勢だったけれど、時折ガスがしゅっと切れる瞬間があり、強風にあおられながら友人と、その瞬間瞬間の美しさに心が躍って興奮気味。
f0118332_04114705.jpg
2泊してくれた友人が帰り、ちょっと寂しくなったが、ガスガスばかりだった空が時折青空になるので、嬉しい。
しかし、喜んでばかりもいられん。
f0118332_20035125.jpg
薄日射すだけでも雪がすごいとける!杭が倒れるので何度も打ち直し、雪のステップも二度直した。
そして、少しずつ視界よくなってきたので、ようやく碧玉水へ。
ものすごい雪の斜面なので、アイゼン必須。
水が勢いよく出ていて、素晴らしくおいしい。
f0118332_20194755.jpg
コシロコブゾウムシ

f0118332_20193064.jpg
ハクサンイチゲ
f0118332_20202423.jpg
碧玉水への道はまだ急傾斜の雪渓の下


f0118332_04134224.jpg
新潟方面からガスが押し寄せるが、だんだん薄くなり、夕方にはたまに薄いガスがかかる程度に。
これが一番好きな状況かも。
f0118332_21032422.jpg
日の入り時には薄いガスが染まってとても美しかった。
f0118332_20232080.jpg
やっと縦走路もすっきり見られた。


by akanezumi1984 | 2019-08-01 19:56 | ほかの山 | Comments(0)
f0118332_20243761.jpg
以東岳に上がってからずっとガスでなにも見えなかったが、今朝やっと少しの間ガスが切れて、ちらりと月山や大朝日岳が見れたが、ほんのつかの間だった。
f0118332_14455172.jpg
f0118332_17073428.jpg
f0118332_17075067.jpg
友人が雪渓で仕事しているところを撮って、後から送ってくれた。仮の水場への安全管理で赤い布のついて杭を打ち、剣スコでステップを切る。これをガスの日は一日一回。晴れると何回もやりました。
f0118332_20212112.jpg
濃霧で視界15mに戻り、日課の雪渓のステップ切りしていたら、悲しい知らせか届いた。べそをかきながらスコップふるっていたら、滞在中の友人がいつの間にか小屋からティッシュ持ってきてくれた。こんなとき、一人でないのは助かるなあ。

f0118332_14463232.jpg
小屋にホットサンドメーカーがあるので、食パン、ハム、チーズとピザソース持って行ったので、熱々を友人と食べる。
二人で食べると倍おいしい。

f0118332_20215718.jpg
ずっとガスで真っ白だったけれど、夕方にマジカルアワーが訪れた。
f0118332_20222647.jpg
とはいえ、押し寄せるガスの波が時折切れる一瞬を、一喜一憂しながら待って、待って、見られた景色。
f0118332_20224885.jpg
こんな美しい瞬間を、一緒にびしょびしょになりながら友人と見られてよかった。

by akanezumi1984 | 2019-07-31 20:17 | ほかの山 | Comments(0)
終日ガスガス強風。
昨日は時々ざーっと降ったので、それよりましですが、視界20メートルあるかないか。
f0118332_14423559.jpg
1日でだめになる雪の階段の補修と一部付け替え作業で二時間、スコップで力仕事。
とにかく雪が凍ってかったい!
友人が泊まりに来るのがわかったので、welcome board作ってみた。
f0118332_19023686.jpg
本日はお泊まり3人だけ。みなさん落ち着かれてから、あ、今日まだ階段作りで力尽きて、ちびうさ作ってなかったと気づいて外へ。
f0118332_19040345.jpg
明日天気にしておくれ。




by akanezumi1984 | 2019-07-30 18:50 | ほかの山 | Comments(0)

ちびうさの行方

ちびうさは、しばらくの間、月山ではなく以東岳に出没します。
f0118332_16180617.jpg
ガスガスで小屋もピークも見えません。
明日から晴れてけろ。
f0118332_17364925.jpg
雪渓の雪と氷で冷蔵できるので、最初だけ要冷蔵品もあり。
おにぎりは昨日のコンビニのだよ。

by akanezumi1984 | 2019-07-29 16:14 | ほかの山 | Comments(2)
朝もガスガスなんだろうなと思っていたけれど、もしかして晴れるかもしれないからと、夜明け前に起きて窓の外を伺うと街の灯りが見えた!外に出なくては。
f0118332_22523443.jpg
サンダル履きで山頂へ。おおおおおー、縦走路がばっちり見えてる。
f0118332_22530049.jpg
大朝日にも雲一つかかってない。
f0118332_22531076.jpg
飯豊もくっきり。佐渡や飛島も見えた。
f0118332_22532548.jpg
流れる雲も美しい。
f0118332_22534634.jpg
そして・・・
f0118332_22543285.jpg
昨日は小屋から目の前の山頂すら見えなかったのに、日の出が見られるとは・・・泊まってよかった。ほんとによかった。
f0118332_22551387.jpg
月山にかかっていた雲がいつの間にかとれ、全容が見える。
f0118332_22552496.jpg
頭の先しか出ていなかった鳥海山の雲もなくなった。
f0118332_23002978.jpg
満足して小屋に戻り、朝食。小屋にホットサンドメーカーがあると聞いていたので、食パンとハムととろけるチーズ持ってきていたので、あつあつホットサンドの朝食。
f0118332_22554353.jpg
管理人さんが水場の管理に行くのに同行。
f0118332_22560309.jpg
今のところ、小屋からすぐのところで雪渓水がとれます。でも、碧玉水にも行けるようになったとのこと。
雪渓の急なところにはステップが切ってあるものの、アイゼンがあった方がよいようです。(日々状況が変わってゆくので、行かれる方は最新の情報を確認しましょう。
f0118332_22561762.jpg
管理人さんが働いてる間、おいらは雪ちょし。
f0118332_22563870.jpg
さて、だいぶゆっくりしてしまった。帰りたくないけど、今日のうちに仕事の宿に移動しないといけないからなぁ。
f0118332_22565890.jpg
おらいの山を眺めながら帰る。昨日はなんにも見えずに雨風に叩かれて来たので、帰りもオツボコースで景色堪能することに。
f0118332_22573096.jpg
高曇りで早朝からもわっして、空気が冷たくない。
f0118332_22574574.jpg
雪が少なかった去年と違い、今年は残雪たっぷり。
f0118332_22580864.jpg
小屋を振り返り、振り返り歩く。
f0118332_22582650.jpg
日曜だから登山者いるはずだが、誰にも会わない。みんな直登コースに行ったのだろうな。
f0118332_22584218.jpg
また花を堪能し、ついついカエルと遊びながら下る。
f0118332_23180958.jpg
樹林帯に入るとまた蒸し蒸しで汗かいたので、お味噌汁が体にしみうま。
畳の部屋でのんびりすると、動きたくなくなるけれど、仕事あるから帰らないとね。
f0118332_23000680.jpg
泡滝まであと一息のところで、マスタケ発見。道のすぐ脇にあったのに、行きでは全然気づかなかったなぁ。
帰りに朝日屋さんに顔出したら、冷え冷えのお茶とお菓子出していただいて、山形まで運転のエネルギーに。
帰宅して洗濯して荷造りして買い物して・・・なんだかんだで、またしても予定の時間より遅れ、仕事の宿についたのは夜の11時過ぎになってしまったが、上の小屋に泊まれてよかった。
上の管理人さんにも、大鳥の管理人さんにも、なかなか会う機会がないから、今回ゆっくりお話できたのがとても嬉しい。

by akanezumi1984 | 2019-07-23 23:01 | ほかの山 | Comments(0)