気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ウサギ汁→イノシシ汁に

1/20、毎年恒例となりつつある大鳥自然の家のイベント「山里の狩猟文化体験-大鳥でウサギの巻狩りを体験しよう」に参加。朝早く出かけ、西川から雪になり、月山道は最初圧雪だったのだが・・・なんと庄内側は雨で道路も真っ黒!大寒なのに。
f0118332_16494415.jpg
県内外から大勢参加。リピーターも多し。
f0118332_16495631.jpg
毎度かわいい説明の絵。
f0118332_16500704.jpg
雨から雪に変わってくれたものの、びしょびしょ雪。暖かい・・・班ごとに分かれて山に向かいます。
f0118332_16510176.jpg
雨雪なのにカッパもなく、長靴でもない女子大生たち、大丈夫かなーと最初心配したが、びしょぬれでも気にせず元気に楽しんでいた。(まぁ、短時間だし暖かい日だからだけど)
f0118332_16511238.jpg
持ち場でじっと待つ射手。
f0118332_16512960.jpg
ウサギの足跡はあったものの、成果なし。それでも普段出さない大きな声を出して、勢子役やって、腹ペコで帰るのはいいものだ。
f0118332_16522433.jpg
自然の家に戻るとおいしい昼ご飯が待ってるからね。この冬はなかなかウサギとれないそうで、最近急増中のイノシシ汁にメニュー変更になってました。イノシシもうまい。
f0118332_16524542.jpg
おいらが大鳥に来ていると知った鶴岡の友人が、昨日捕れたイノシシの肉をわけてくれると言うので寄り道してちょうだいして来た。
上がどんがらで、下が肉。肉は少しだが、どんがらは大量。
f0118332_16525971.jpg
肉は凍らせないと薄く切れないので、とりあえず冷凍し、どんがらは一気に。
圧力鍋いっぱいじゃ!

f0118332_16531059.jpg
煮込むと骨についた肉が簡単にとれる。腰椎けっこうでっかいなぁ。大物なんだろうな。
f0118332_16532341.jpg
散弾の玉も出て来た。

# by akanezumi1984 | 2019-01-21 16:53 | ほかの山 | Comments(0)
つい、「とりあえず」と思って積んで、それがどんどんたまっていくゾーンに、ようやく着手。しかし、封筒類はいちいち中身確認するのでなかなか進まない。
f0118332_00242178.jpg
なぜか底からこんなものが出て来たが、全然記憶にない(笑)自分では絶対買わないから、引き出物だろうか・・・
開封もしてない雑誌やカタログ、会報。どこか行った時のパンフレットや地図、講座や講演会の資料。大量の大型封筒などが何年分もたまっていた。
f0118332_00243071.jpg
小さい袋からクマの爪も出て来た。全部人にあげたと思ってたら、二個残ってたんだな。


壊れたノートパソコンやFAXも棚に突っ込んだままだったので、市で無料で回収してくれてる間に出さねば。それにしても片付けが遅々として進まない。そのつど処分しないで後回しにしてきたツケは大きい。ウサオのケージなんかもまだあるし。袋に入らないから、処分場に持って行かないとなぁ。

# by akanezumi1984 | 2019-01-19 00:33 | つぶやき | Comments(0)
f0118332_22102681.jpg
もう一昨日のことですが、前夜に急にお誘いあって、大頭森山の下見に同行することに。
山形市内は雨で濡れただけで、大江の町中もさらっとしか積もってなかったのだが、柳川過ぎたらまだ道路が除雪されてなくて、わだちが・・・
そして冬季通行止めの県道にはがっつりと積雪。
f0118332_22104441.jpg
それでも始めのうちは雪も軽かった。ここが本来の通行止めか・・・
f0118332_22105859.jpg
この道はカーブミラーが全部はずしてあった。通行止めでもそのままのところが多い気がするが・・・
f0118332_22150877.jpg
予報通り雪ですが、幸い小雪で風もない。
f0118332_22153014.jpg
しばらくすると晴れて来た!
f0118332_22155458.jpg
晴れると木々についた雪がいっそうきれいに見えて嬉しくなるが、雪が重くなる。
f0118332_22161447.jpg
謎のラッセル跡。
f0118332_22163422.jpg
微妙な幅で、正体なんなのか悩ましい。
f0118332_22233996.jpg
奥にトンネルが。
f0118332_22241212.jpg
また晴れ間が。小雪と晴れの繰り返し。
f0118332_22170587.jpg
今回柳川の方から入ったが、大井沢から入る人の方が多いらしい。
f0118332_22242847.jpg
地図であとどのくらいあるか確認。昨夜の電話では山頂まて二時間くらいと言われたけど、既に二時間経過するも、まだまだあるそうで。
f0118332_22245336.jpg
ラッセル交代しながらずんずん進む・・・進んでるつもりなのだが、まだまだあるのか?
f0118332_22265866.jpg
ここからさらに2kmってか。まだまだだけど、もうお昼になっちゃったのでご飯。
f0118332_22251808.jpg
2時近くになったのに、まだ着きそうにないので、ここで引き返すことにして休憩がてらちびうさ作り。
前日までは志津でさえさくさく歩けたので、楽勝かと思っていたのに、新雪積もっても10cmとか15cmくらいだろうと思っていたら、ふくらはぎから膝のラッセル→だんだん重くなる、で思いのほか時間がかかってしまってた。
f0118332_22271334.jpg
行きにはなかったアカネズミの足跡が。
f0118332_22273170.jpg
いろいろおもしいお話聞きながら、下山・・・と言っても延々県道歩いてるだけですが。
f0118332_22274233.jpg
全然ショートカットするところもなく、地道に道路歩いてスタート地点に着いたら四時近かった。
帰りに柳川温泉で温まってから解散。
柳川温泉初めてだった。雪景色眺めながらの露天最高。(吹雪でなければ)

# by akanezumi1984 | 2019-01-17 22:28 | ほかの山 | Comments(0)

3月のようでした

f0118332_23024225.jpg
連休で好天なので、駐車場いっぱい。清水屋さんにお願いして車を置かせていただき、ついでに積雪チェック。今朝は277cmでした。330まで行っていたけれど、ここ数日降雪がなくて50cmも減った。
でも、それは酸ヶ湯や肘折も同じ。酸ヶ湯は225cmで志津より50cmも少ないよ。
f0118332_23030426.jpg
姥ヶ岳方面はスキーヤーで賑やかだから、やっぱりこっちだな。
昨日の自分の下りトレース使って、とりあえず下皮松へ。しかし、今日はエコプロさんもこっちだったので、こんにちはー、じゃーねーって感じでしゃーっと先へ。
f0118332_23033080.jpg
その先は昨日と違うところを歩いて、違うクマ棚など見つけながらうろうろと。
f0118332_23035122.jpg
オコジョもウサギもテンも足跡だけはたくさん。しかしウサギ出てこないなぁ・・・
f0118332_23062851.jpg
なんとなく今日のお気に入り写真。写真ではわかりにくいが、クラストした雪の表面がとても美しかった。
f0118332_23070539.jpg
焼山尾根からブシ沼の周回にしようかと思っていたのに、あまりに条件がいいので湯殿山行けるかなとか考えだして、カワクルミ沼に出て少し早めに昼食。
いつもあるあたりにトレース見えず、スノーシューに雪がくっついて重いが、やっぱり行ってみるかと登り始めたら、上から来たスキーヤーに名前呼ばれたがヘルメットにゴーグルで誰かわからず。
ギエンタイ仲間の某アウトドアショップの店長だった。颯爽とした滑りを撮りたかったが、速すぎてこんなんしか撮れてなかった。残念。
f0118332_23073609.jpg
きれいなんだけど、空が白くなってきた?
f0118332_23075895.jpg
眼下に焼山尾根。
f0118332_23082725.jpg
今日はずっと高気圧で大丈夫なはずだが。
f0118332_23083927.jpg
みるみる白くなってゆく。あ
f0118332_23093069.jpg
あっちも・・・
f0118332_23095381.jpg
これはこれで美しいのだが。
f0118332_23101347.jpg
うーむ。でも、また晴れるんじゃないか?としばし悩んでいたが、山頂だけとんでもない爆風とかよくあるので、もう稜線まで上がっててあと少しのところだったが下ることに。
f0118332_23105151.jpg
ブシ沼に下る途中にもクマ棚。
f0118332_23110572.jpg
遠くに美しい霧氷が。
f0118332_23112359.jpg
ぶし沼から焼山尾根へ。ばっくり雪庇崩落。
f0118332_23114852.jpg
今日のうさはここで。
f0118332_23120583.jpg
ますます晴れて来たな。一段下がったところからもちびうさちょこんと見えた。
f0118332_23122799.jpg
皮松谷地に下ると、雪だるまが。遠くから見て一瞬相棒が?と思ったが眉ないし、大勢の踏み跡だからエコプロ隊だね。
f0118332_23124006.jpg
下皮松に寄ったら昨日のうさが健在だった。
稜線以外は風がなく、歩いてると暑くてずっとフリース脱いだままだったが、駐車場に戻ってみるとスノーシューにもカッパズボンにも雪が凍り付いていた。
それにしても1月中旬でこんなに沈まずに歩けるとは・・・ちょっとびっくり。

# by akanezumi1984 | 2019-01-14 23:12 | おらいの山 | Comments(4)

皮松谷地~下皮松

f0118332_23275526.jpg
晴れ予報だが、気圧の谷が通過中とやらで、どんより鉛色の空のためゆっくり出動。
f0118332_23281135.jpg
毎年早い時は1月3日頃に登ってる博物園の屋根。
誰かが登ろうとして止めたトレースが。さっき会ったSさんだろうか?
ちと例年より屋根からずり落ちた部分が少な目でだめかもと思ったが、一応横から見てチェックして、行けそうと思って屋根の上へ。
f0118332_23282459.jpg
今年も登れました。なんとなく毎冬一度登っておる。
f0118332_23284244.jpg
リュウキンカの橋あたりから対岸に渡れるかチェックしようかとか思っていたのに、博物園のすぐのところで渡れるところがあって、つい渡ってしまった。あまりここから渡る人いないみたいだけど、渡れるんだよね。
f0118332_23285451.jpg
がっつり癒着してる。
f0118332_23290684.jpg
暴れる君。
f0118332_23292964.jpg
実がなくなったヤドリギは薄黄色の蕾になってるが、まだ実がたくさんついてるのもあるなぁ。
f0118332_23295166.jpg
雪が沈まなくて歩きやすいせいか、やたらウサギが駆け巡ってる。しかし見れなかった。
f0118332_23301183.jpg
f0118332_23302848.jpg
ぺろーんと雪がめくれてるのがおもしろい。
f0118332_23304734.jpg
リュウキンカ沼は近く通ったが寄らずに皮松谷地に向かうと、立派なクマ棚があった。
f0118332_23310981.jpg
かなり太い枝も折っているので、大き目のクマだろうか。
f0118332_23313279.jpg
何度も登られた木で、古い爪痕も新しい爪痕もある。この近くにもう2本クマ棚のある木を見つけた。
f0118332_23315564.jpg
水鏡に移った雪壁を撮ろうと近づいたら、マガモが6羽飛び立ち、反射的にごめんなさいとつぶやく。
死角で見えてなかったよ。
f0118332_23321030.jpg
ヤドリギだらけの木。
f0118332_23323098.jpg
この一帯はぐねぐねのブナが多い。
f0118332_23323962.jpg
焼山尾根を見ゆるちびうさ。
f0118332_23325364.jpg
ウサギの赤ション。だかだかと駆け巡ってる足跡は、これのせいか。
f0118332_23331110.jpg
皮松谷地から下皮松に向かう。
f0118332_23333359.jpg
たぶんツグミの足跡だろう。ユキムシ(セッケイカワゲラ)がわらわら出ている時は、よくヤマドリやツグミが食べている。
f0118332_23335348.jpg
下皮松まで来て、やっと青空が見えて来た。
f0118332_23341483.jpg
やはり、光があるといい。
f0118332_23343416.jpg
橋の方に下ったら、旧六十里の方に続くスキートレースがあった。
f0118332_23344851.jpg
志津まで戻ったらこんなに晴れたし・・・


# by akanezumi1984 | 2019-01-13 23:35 | おらいの山 | Comments(2)
f0118332_23104254.jpg
亀山亮氏の写真展とギャラリートークがあるということで、また東根のまなびあテラスへ。
f0118332_23110139.jpg
ギャラリートークは、若いころから何度も一緒にお仕事されてきたという山川徹氏との掛け合い。
山熊田には行ったことがないが、大鳥とは昔から山越えルートで親戚同士も多かったり、つながりの強い集落と聞いているので、関心があったのだ。
クマ狩りにも同行したということで、皮を剥がれたクマのアップなんかもあるが、モノクロなので生々しさが抑えられている。
集落の方の日常をとらえた写真がいいな。
f0118332_23111549.jpg
夜は、ギエンタイ山形メンバー恒例の新年会。
この立派な本マグロは見ただけ・・・
FBで、ボランティアで親しくなった東松島のお宅の娘さんが、当時小学校を卒業する時だったのが、成人式だって!!てな会話で月日の流れを感じた日。

# by akanezumi1984 | 2019-01-13 23:21 | つぶやき | Comments(0)
f0118332_00414429.jpg
2月予定のスノートレッキングの下見に行くけど、どう?と誘っていただき、初めての場所へ。
朝日自然観からスタートです。
f0118332_00420360.jpg
しばらく車道を歩き、ゲレンデを突っ切り、連絡道路へ。
f0118332_00421736.jpg
ここまでスキートレースがあり、ここで右手急斜面を滑ってから左手にジャンプしておった。
f0118332_00423014.jpg
ラッセルで尾根を目指します。
f0118332_00425496.jpg
尾根に出るとヒメコマツが少しあり、クマ矧ぎされていた。
f0118332_00431913.jpg
展望のよい尾根に出て、おやつ休憩。
f0118332_00433262.jpg
の隙にちびうさ。
f0118332_00434879.jpg
イノシシのラッセル跡が・・・
f0118332_00445005.jpg
さらにしばらく尾根を進む。
f0118332_00450532.jpg
903のところがサイヅチ山。ここでお昼ご飯。
f0118332_00452553.jpg
下りは楽だねー。
f0118332_00455495.jpg
こんなになってもまだ生きてる木。人間と違って中身はどうでもいいのだ。
f0118332_00461072.jpg
モモンガとか住んでそうな・・・かじかじされてるぞ。
f0118332_00462424.jpg
太い木は少ない。みな炭焼きで切られたんだなぁ。
f0118332_00464100.jpg
ホオの木に古い爪痕。
f0118332_00465441.jpg
駐車場に戻ると、こんな車が。普通の車にキャタピラーつけられるんだね。
f0118332_00471261.jpg
最初、二時間くらいと聞いていたけれど、けっこうたっぷり歩きました。
f0118332_00473080.jpg
もう終了間際だったけれど、初市へ。あと30分しかなかったので、もはや半分くらい閉店していた。
f0118332_00474824.jpg
牛筋煮込みを立ち食いし、カブとアサツキだけ購入。
f0118332_00481845.jpg
霞城公園の花火を見ていたら、途中から雨降ってきたけれど、最後まで見て帰宅。
山形市の花火は場所が変わってから見に行ってないので、近所で花火があるのは嬉しい。
ここを塒にしているカラスたちは大迷惑だけどね。一発目の花火でものすごい数のカラスが飛びだしてった。

# by akanezumi1984 | 2019-01-12 00:48 | ほかの山 | Comments(0)