気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984

2018年 06月 18日 ( 1 )

装束場~山頂~姥沢. 6/17

装束場の雪の状態と、昔から見ているタゴガエルの産卵そろそろかと、装束場へ。間に合えばバスで姥沢に行って、下りに歩きたかったが出遅れた。
f0118332_23542890.jpg
博物園出て間もなく、道の真ん中にいたエゾハルゼミ。踏まれないよう木に移動させた。
f0118332_23510397.jpg
土曜も仕事だったので、なんだかんだやることあって、スタート遅くなり、下山の人とすれ違いまくり(笑)
f0118332_23512158.jpg
下ってくる方達には、この時期こんな時間にカメラもってのんびり登る人の方が珍しく見えるでしょう。
f0118332_23513965.jpg
本日の1番の目的は、タゴガエル。いつも見ている場所から声が聞こえるが、かなり雪で埋まってる。
f0118332_23523276.jpg
しかし、既に発生の進んだ卵もあり、まさかもう最盛期過ぎた⁈と焦る。
f0118332_23524501.jpg
死んでしまった個体も。このほかにアナグマやオコジョ、テンにでもやられたのか、後足だけいくつか落ちていた。
最盛期に当たれば足元までわらわらとタゴで溢れかえるのだが、岩の隙間にしか見られず、残念。
雪の感じや卵の数から、最盛期はこれからだと思うが、次の週末行けるかどうか、厳しいなあ。
f0118332_23525937.jpg
リュウキンカ
f0118332_23531247.jpg
ヒメイチゲ
f0118332_23531963.jpg
オウレン
f0118332_23532799.jpg
イワナシ
f0118332_23534228.jpg
シマヘビ
f0118332_23552901.jpg
クロサンショウウオの卵。メス待ちのオスが何匹かいたが、水中でうまく撮れず。
f0118332_23555067.jpg
まだ先は長いな。あと一時間早く出れたらよかった。
f0118332_23560505.jpg
この先の取り付きわかりにくい。毎度ああー、そうだっけ、って忘れてる。
f0118332_23563092.jpg
天気良くて雪が柔らかいのでアイゼンなしでいける。
f0118332_23564931.jpg
シラネアオイもまだまだたくさん咲いているが、たいていは笹の中で、写真撮りやすい群生はやはり、6月初めだなあ。
f0118332_23570538.jpg
やっと稜線に出た。
f0118332_23572264.jpg
雪渓にロープが張られてました。
f0118332_23573982.jpg
楽しげなグループが下って来ました。先頭は鍋背負ってる(笑)
f0118332_23580296.jpg
そろそろ誰もいないようです。
f0118332_23582004.jpg
S カメラマンの少し真似た風。
f0118332_23585643.jpg
コシロコブゾウムシ
f0118332_23591373.jpg
同上
f0118332_23592727.jpg
コケモモ
f0118332_23593776.jpg
ウゴアザミを穴だらけにしてるハムシの仲間。
f0118332_23595053.jpg
もう咲いてるのが!今年は早い。
f0118332_00000022.jpg
ヒメイワショウブ
f0118332_00001111.jpg
ミネズオウ
f0118332_00001947.jpg
イワウメ
f0118332_00004102.jpg
チングルマ
f0118332_00005512.jpg
イワウメ
f0118332_00010776.jpg
コツガザクラ。ここにもあるの初めて気づいた。鍛治月光のより色が濃い。
f0118332_00012881.jpg
山頂のイチゲは見頃!
f0118332_00014196.jpg
本当はゆっくりしたいが…
f0118332_00015669.jpg
ガスが上がって来たので慌てて降り始める。
f0118332_00021444.jpg
来週は小屋の皆さんに会えるだろうか?
f0118332_00022899.jpg
この先でイワウメけっこう咲いてたらしいが、寄らずに来てしまった。
f0118332_00024284.jpg
下山し始めたらまた晴れてきたので、ちょいとちびうさ。
f0118332_00025970.jpg
視界に誰もいず、ぽかぽか暖かくて最高。
f0118332_00031162.jpg
海がオレンジに光る。
f0118332_00032214.jpg
姥も随分青々して来た。
f0118332_00033540.jpg
とは言え、まだまだがっつり雪の斜面です。ロープ張られましたが、これは掴まるようではなく、ガスった時に道迷いしないためのものです。
スキー場沢コースはだいぶ藪が立ち、沢の踏み抜きの恐れもあるので、もう歩かないでくださいとのこと。
スキーもじき沢コースは閉鎖かなー。

by akanezumi1984 | 2018-06-18 00:03 | おらいの山 | Comments(3)