気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー

2018年 02月 04日 ( 1 )

小国町民登山

f0118332_00545240.jpg
荒川がっつり凍っている…去年の今頃凍ってなかったな。
f0118332_00562451.jpg
今日は小国山岳会主催の町民登山に初参加。
道路がほとんど乾燥路面ですいすい来たので、9時集合なのに8時ちょっとについて、少し早すぎたかなと思ったら、もう大勢集まっていた。
参加賞でかっこいい手ぬぐいと、温泉券いただいた。
f0118332_00570548.jpg
小国独特のかんじき。
f0118332_00572234.jpg
なんと総勢66人。長ーい列になって歩きます。
f0118332_00573715.jpg
テンとイノシシのトレース。
f0118332_00585616.jpg
少し登ると杉林からブナ林に。
f0118332_01061446.jpg
アップダウン何度かあって、ここらで一番大きなブナのある平で休憩。
f0118332_00590756.jpg
大ブナ。
f0118332_01000822.jpg
お昼少し前に展望のよい場所に到着。雪を掘って、テーブル席を二列作って昼食。
f0118332_01002408.jpg
イワナ酒。ちゃんと専用の陶器まで!
f0118332_01004560.jpg
あちらこちらでおいしいものが行き交ってました。
f0118332_01013480.jpg
カレーうどん。
f0118332_01014335.jpg
ウィンナ星人が、ぐつぐつ煮られるほどに笑っているのがシュール。
f0118332_01020717.jpg
飯豊連峰の大パノラマ。
f0118332_01053475.jpg
この恐ろしく美しい壁は、枯松山だそうな。
f0118332_01022239.jpg
昼食後に恒例?の豆まき。
f0118332_01031150.jpg
下山は往きと違うルートで、急斜面をがんがん下り、朝はバスで送ってもらった分も歩いて帰る。雪壁高いですねー。
天気予報通り、このあたりから雨が降り出しましたが、昼食が終わるまでよい天気だったのでよかった。
この後一度解散。ほとんどの人は、いただいた温泉券で温泉に入り、夕方からは泊まりの宴会に突入だが、おいらはウサオが待っているので帰宅。
どうせ冷えた足を温めないと眠れないために寝しなにお風呂に入るから、温泉も寄らないで来たが、温泉券は一年間有効とのことなので、飯豊の帰りに使えたらいいかな。

今回の参加者は53人。スタッフが13人で計66人の大所帯のトレッキング。
数年前から知ってはいたが、あまりに人数が多いので腰がひけていたのだが、小国山岳会の方に久しぶりに会えるしなーと今回初めて参加してみたが、天気に恵まれて飯豊の大展望!
いつもは遠くに見えていた白い峰々がどーんと目の前にあって、素晴らしかった。
地域柄、参加者、スタッフのお腰には熊の尻皮が目立ち、ざっと10人以上。
熊の尻皮の人だけずらっと並んでもらって写真撮りたかったなぁ。

by akanezumi1984 | 2018-02-04 01:03 | ほかの山 | Comments(0)