2017年 12月 15日 ( 1 )

日帰りで雁満喫・12/14

先週行く約束だったが、急に入った仕事で延期になっていた蕪栗沼行きを実行。
朝3時に起きて、友人と4時に合流。川崎過ぎるくらいまで雪が降っていたけれど、その後、運転しながらいくつか視界をよぎる流れ星見られた。
f0118332_16384113.jpg
誰もいない蕪栗沼の一角で飛び立ちを待つ。(広いから違う場所には誰かいたかも?)


小規模な飛び立ちがいくつかあった後に、どっと行きました!初めて見る友人の感動する声が入ってますね。一人で見ても楽しいけれど、他の人が喜んでる様子も嬉しいもので。
f0118332_17224314.jpg
遠くまで飛んで行く群もいれば、飛んだかと思ったらすぐ近くに降りる群も。
f0118332_17225495.jpg
飛び立ちが一段落した後、オオヒシクイがいつもいる場所へ散策。
キツネの足跡があった。
f0118332_17230651.jpg
小鳥の足跡も。
f0118332_17232371.jpg
日が射してくると少し暖かく感じる。
f0118332_17235356.jpg
ピンクに染まる山。
f0118332_17240665.jpg
狩りに失敗して電柱に止まる若いハヤブサ。
f0118332_17242007.jpg
オオヒシクイ。
f0118332_17242848.jpg
すっかり凍っていて、つるつると滑っていた。
f0118332_17244274.jpg
ここはほとんどオオヒシクイなのだが、マガンもちらほら。体格がかなり違う。
f0118332_17254025.jpg
鉄分の多いところで繁殖したのか、赤茶に染まったオオハクチョウ。
f0118332_17251918.jpg
真っ白なコハクチョウ。
f0118332_17260420.jpg
マガンたちに比べ、朝のんびりしていたオオヒシクイたちも、だんだん飛んで行く。
f0118332_17263585.jpg
逃げないツグミ。
f0118332_17270304.jpg
豪快に首の付け根まで泥に突っ込んで餌を食べるオオハクチョウ。
f0118332_17271625.jpg
でろでろ(笑)
f0118332_17275870.jpg
場所を変えて、カリガネ探しに行ったら、あっさり7羽の群が見つかった。
しかし、先週は探す前に、たまたま最初に車を止めて見たマガンの大きな群れに見つかったシジュウカラガンがこの日は見つからず。
f0118332_17304802.jpg
ぐるぐる探してシジュウカラガンが見つからなかったので、カモでも見せようと向かった伊豆沼に小さい白いのがいっぱい!ハクガンが湖面の二ヶ所に8羽と4羽で計12羽も。
毎年のように周辺で見られるハクガンだが、こんなにたくさん来るの初めてかも?
(この後別のところでも一羽見た)大潟にどっさりいるハクガンの一部が移動して来たのか??
f0118332_17310223.jpg
ヌマネコ
f0118332_17313987.jpg
朝は凍っていて断念していたヘラサギを、氷がとけただろうと探しに戻ったら、ちょうどタイミングよく飛んで出て来た。遠いけど、スコープ担いで行ったので見るには十分。

あちこちうろうろしている間に3時半くらいになったので、はずしていたシジュウカラガンが確実に見られそうな場所に移動。
あいにく雨が降ってきたが、ほどなくして塒入りの雁たちがどんどん帰って来た。
塒入りを楽しみながら、シジュウカラガン混じってないか探したが雨でなかなか・・・
それでも湖面にいる群をスコープで見ると、けっこう降りていたので、友人も「動物園じゃない、野生のを初めて見た」と喜んでくれた。

満足して帰路につく。朝3時から行動していたが、同行者がいたおかげで帰宅するまで睡魔に襲われずに済んだ。

by akanezumi1984 | 2017-12-15 16:58 | 生き物 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984