人気ブログランキング |

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

更新遅れました・・・7/2の装束場

とても悲しいことがあり、少し停滞。悲しみはなくならないけれど、山で元気もらって歩きだしました。
f0118332_20292051.jpg
博物園から歩きだす。すっかり夏っぽくなってきた森。
f0118332_20294236.jpg
タケノコがお供えされてた。
f0118332_20300279.jpg
6/23にはまだ登山道の大半が雪の下でしたが、もうあらかたなくなりました。
f0118332_20301698.jpg
ずっと雪渓歩きだったところも、右上に夏道が出ています。
f0118332_20302885.jpg
まだムラサキヤシオツツジが咲いていました。
f0118332_20303889.jpg
オオバキスミレ
f0118332_20305245.jpg
サンカヨウ

f0118332_20313475.jpg
スノーブリッジもなくなった。
f0118332_20321421.jpg
タゴのお祭りは終盤だが、まだ細々続いていた。卵の中ではオタマが成長中。
f0118332_20325170.jpg
タゴ団子。3匹なのか4匹なのか・・・
f0118332_20330512.jpg
雪壁も低く、短くなった。
f0118332_20331268.jpg
シラネアオイにアオハムシダマシ。
f0118332_20332846.jpg
稜線とは花の時期がずれる。
f0118332_20334242.jpg
装束場の雪もずいぶんなくなった。
f0118332_20335953.jpg
湯殿山も青々。
f0118332_20341127.jpg
前回、完全に雪の下だった小さな池は、モリアオガエルとクロサンショウウオの卵だらけに。
f0118332_20342457.jpg
クロサンの卵塊の隙間からひょっこり、モリアオガエル。
f0118332_20343503.jpg
この巨大なヤゴはなんだろう?
f0118332_20350698.jpg
青空が広がった。
f0118332_20352879.jpg
今日の目的地はもうちょっと先。
f0118332_20354574.jpg
緑のゴゼンタチバナがたくさんあった。このまま緑なのか、だんだん白くなるのか?
f0118332_20355946.jpg
葉が6枚にならないと咲かないはずなのだが、4枚で咲いてた!
f0118332_20363859.jpg
この日の目的、キヌガサソウ。まだ咲きはじめで小さい。
f0118332_20365589.jpg
ここのはまだほんとの咲きはじめ。少し上流のは盛りになっていた。
f0118332_20383508.jpg
前回は左側の枝につかまって、3mくらいよじ登った雪壁が、真ん中崩落して通れるように。
f0118332_20385074.jpg
浄心沢の水場も出た。
f0118332_20391653.jpg
今日はここが最終地点。Rのためにちびうさ作った。
f0118332_20393744.jpg
夕方予定があるので、もう帰らねば。
f0118332_20395067.jpg
帰りの装束場でミズバショウの花に乗るモリアオに会えた。
f0118332_20401683.jpg
ブナに赤いぽつぽつが!ブナハマルタマフシ。タマバエの虫こぶ。
f0118332_20403421.jpg
春木戸から大門海方向に入ったら、クマのフンがあった。
柔らかい茎を食べたっぽい繊維質と、ブナの実の皮がザクザク入っていた。
f0118332_20405112.jpg
ブナ林もゆっくり見たかったが、時間がなくなり、急ぎ足で通過。
f0118332_20411334.jpg
山形に戻って用事済ませてからの夕映え。

by akanezumi1984 | 2019-07-05 20:41 | おらいの山 | Comments(0)