気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー

行きは一人、帰りは三人

先週見たクマが気になり、ねーっつぐ探してみたけれど、見つからず。
f0118332_12474533.jpg
ブナの実のことも気になっていたので、ちょうどよく道路に落ちていた実を割ってみたら、もうしっかり身が詰まっていた。まだ少し青臭い味だが、もう食べ応えはありそう。
とはいえ、まだ殻とくっついているので、いくらクマの口先が器用でもこの段階では殻と分けて食べるのは無理だろうね。固い殻斗ごと食べてるんだろうな。
f0118332_12480006.jpg
リフト下も登山道もオヤマリンドウが盛り。
f0118332_12485545.jpg
草原は秋色になっていくね。
f0118332_12492820.jpg
朝かかっていたガスが晴れて青空に。
f0118332_12494633.jpg
稜線をアサギマダラが次々と越えて行く。
f0118332_12500517.jpg
木道の穴にはまるようにして産卵するハヤチネフキバッタ。
f0118332_12502331.jpg
コケモモの実も赤くなった。
f0118332_12510442.jpg
まだ花もがんばっていますよ。
f0118332_12512133.jpg
クロウスゴ
f0118332_12514948.jpg
頂上に着いたらまたガスに・・・
f0118332_12520403.jpg
頂上小屋でおばさんとお話した後、大雪城に雪ちょしに行くつもりだったが、真っ白白になってしまったので、おとなしく下り、早めにゆみはり茶屋に行こうかなんて思ったのだが(ちょっと用事があった)、下り始め数歩でおかあさん一人で小さな女の子と歩いてる方と会い、段差が大きいとこが続くから大変だなーとついつい手を出したらすっごく懐いてくれて、結局最後まで一緒に歩くことに。
ちっちゃくて柔らかい手の感触がなんとも言えず。いやー、かわいかった。

Commented at 2018-09-07 21:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by akanezumi1984 | 2018-09-03 12:52 | おらいの山 | Comments(1)