気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984

以東岳だより13日目

何日も外を見ても真っ白けで外出もならず、狭い小屋でテレビも本もなく過ごしたりもしたが、それでも長過ぎるという感じはなく、あっという間に13日が過ぎてしまった。
今朝もガスガスで霧雨・・・
しかし、下山の日で引き継ぎもあるしで、朝から大忙し。
f0118332_01322900.jpg
予定より30遅れで小屋を後にする。晴れていれば、何度も何度も小屋を振り返り見ながら帰るのに、ちーとも見えず。
帰りは大鳥小屋まで水の補給いらないので、いつも素通りしていた三角峰のところの水場に寄り道。
思えばここ下まで行ったことがなかったのだった。たまに聞かれることがあるから確認しとかないとね。
f0118332_01315464.jpg
今年は咲き始めるのが異常に早かったので、いつもはこの時期見られるけれど、とっくに終わったと思っていたヒメサユリが、いつものあたりにぼつぼつと残っていた。
f0118332_01324479.jpg
だんだん晴れて来たんだけど・・・
f0118332_01330320.jpg
あ、小屋が見えた!
f0118332_01331323.jpg
かなり下ってからやーっと見えてきた。稜線のあらかたは見えているのに、以東ピークと小屋のあたりにだけガスがあって、なかなか見えなかったのだ。最後の最後まで思わせぶりだった。
f0118332_01332508.jpg
大鳥小屋で休憩し、無線で声しか聴いていなかった、臨時の管理人さんとやっと会えた。
f0118332_01334132.jpg
大鳥小屋までは以東名残惜しいなという気持ちだが、そこを過ぎるともう後は早く車に戻って重たいザック下し、靴を脱ぎたい一心に・・・
f0118332_01335870.jpg
一度足元から逃げたニホントカゲが、じっと立っていたら虫を追いかけて真下に来て、捕まえてもぐもぐ。
さて、以前はぴっぴと時間通りに下山して、朝日屋さんに管理費届けに行っていたのだが、ちと今回は勝手が違い、ちょっとずつ遅れが重なってしまったが、とりあえず、無事に任務完了して帰宅。
なんだかんだで、二週間ぶりの待望のシャワーは日付変わってから。
毎日夜8時~9時には寝て4時に起きていたのに、帰った途端に寝るのが午前2時になってしまったよ。とほほ。
2010年に初めて1週間以東小屋に入り、翌年は二回に分けて二週間、2012年は続けて二週間。
そして2013年に小屋の外壁が壊れて使用中止になり、その後解体撤去されて、昨年10月に新しい小屋が立ち、夏の常駐管理は今年6年ぶりの再開となった。
遠くからはるばる泊まりに来てくれた、あこさんに15年ぶりに会えたのが以東岳というのは、とてもとても嬉しいことでした。
f0118332_13225806.jpg
泊まりや日帰りで会いに来てくれ、差し入れを持ってきてくださった方がた、本当にありがとうございました。山にずっといられることが魅力で以東小屋の管理人をしていますが、こうして人の優しさに触れられるのも本当に幸せなことです。


Commented by あこ at 2018-08-12 14:25 x
ありがとうございました❗久しぶりの再会に感激し、お天気にも恵まれて最高の夏山行となりました。本当に大変な任務お疲れ様でした。
Commented by akanezumi1984 at 2018-08-12 16:51
あこさん、大阪からわざわざ来てくれて、本当にありがとう。
15年もたってたなんてびっくりでしたが。
いる間ずっと眺めがよくて、よかったよね。あこさんは晴れ女かもしれないから、来年も来てください(笑)
by akanezumi1984 | 2018-08-12 01:34 | ほかの山 | Comments(2)