姥沢~弥陀ヶ原往復(牛首下は周回)・7/17

他にやらなきゃいけないと思うこともあったれど、暑くてよく眠れないし、ついついまた行ってしまいました。
f0118332_22463632.jpg
リフト下は、相変わらず花盛り。ヒオウギアヤメもきれいです。
f0118332_22465936.jpg
連休明けの平日、リフトが動く前なので人がほとんどいません。
f0118332_22471610.jpg
天気悪いのと早朝なのとで、雪渓が固いけれど、スプーンカットのおかげで登りはアイゼンなしでも行けました。(凍ってるところは要注意)
f0118332_22473289.jpg
モミジカラマツ
f0118332_22480388.jpg
チングルマ
f0118332_22481617.jpg
今季初のウメバチソウ
f0118332_22483648.jpg
ホソバノキソチドリ
f0118332_22514590.jpg
ナンブタカネアザミ
f0118332_22520357.jpg
金姥のコツガザクラ
f0118332_22521799.jpg
まだまだ新しくチングルマが咲く。
f0118332_22523967.jpg
リンネソウ。14日見たのは既に花が一つ落ちていたが、新たに別の株が2株咲いていた。
前日に4株見たという情報があったが、今回見られたのは3。強風で一つ落ちてしまったのだろうか?
f0118332_22525157.jpg
トモエシオガマ
f0118332_22532620.jpg
タテヤマウツボグサ
f0118332_22535753.jpg
ミヤマホツツジ
f0118332_22541586.jpg
イワイチョウ
f0118332_22542737.jpg
アカモノ
f0118332_22544228.jpg
ハクサンフウロ
f0118332_22550525.jpg
柴灯森の雪渓は斜度がないから大丈夫と思っていたが、縁の斜めのとこは凍結してるので要注意。
f0118332_22553561.jpg
かなり前から咲いているゴゼンタチバナ。薄い緑がかった花があるが、白くならないようだ。最初緑がかっていて、だんだん白くなるという人がいるが、地域性?月山ではあまり緑が濃いのは見ないし、うっすりと緑のはそのままで白くならない気がするが。
f0118332_22555799.jpg
強風に踊るヒナザクラ
f0118332_22561764.jpg
ハクセンナズナ
f0118332_22563580.jpg
コバイケイソウ
f0118332_22564796.jpg
ミヤマキンポウゲ
f0118332_22570743.jpg
頂上小屋にちょっと寄ってから羽黒側に下る。たまにガスが切れて景色が見える。
f0118332_22572912.jpg
大峰のチシマギキョウ。望遠で撮ってます。
f0118332_22583727.jpg
佛生池小屋で、早めの昼ご飯。ガスと強風なので、中に入ってお味噌汁頼んで、おにぎり食べました。
f0118332_22585149.jpg
トウゲブキ
f0118332_22591857.jpg
だいぶ下ってから、今頃シラネアオイがけっこう咲いていた。
f0118332_22594089.jpg
おや、右のは花弁が三枚しかない。隙間が大きくないので、一枚落ちたのではなく、最初から三枚のようだ。
f0118332_23001047.jpg
しゃれにならないくらい強風だったけれど、弥陀ヶ原は風が弱くてもやっと暑い。
f0118332_23000225.jpg
モウセンゴケの花も咲き始めた。この花は強風でなくても小さ過ぎてうまく撮れたことがない。
f0118332_23004465.jpg
ワタスゲ
f0118332_23005919.jpg
トキソウも盛りで、たくさん咲いているのだが、あまり気づかれていないような・・・
f0118332_23011752.jpg
オゼコウホネに向かう木道が、ちょうどキスゲの見頃。
f0118332_23013454.jpg
オゼコウホネ
f0118332_23014664.jpg
花芯が赤いのがオゼコウホネの証。ここと尾瀬にしかない。
f0118332_23021279.jpg
エゾシオガマ
f0118332_23025561.jpg
オゼコウホネ見てから参篭所に行き、巨大な石うさを撫で、参拝して登り返し。
行きで気付かず通り過ぎたトウヤクリンドウ。まだ蕾。
f0118332_23032095.jpg
山頂付近で一仕事。ガスガスでどこにうさがいるか見えないので、岩を背景に。
f0118332_23034499.jpg
再び頂上小屋に寄って、第二お昼ご飯を食べてから下山。
日曜に滑落負傷事故があった牛首下の雪渓、早朝ほどでないが雪渓が固めなので、最初の斜度のきつい雪渓だけアイゼン使用。次の雪渓からは斜度がそれほどでもないので、ツボで。
下の木道コースは、まだ雪の下や、雪が融けたばかりのところなので、まだこれから新しく咲いて来る花が楽しめる。



by akanezumi1984 | 2018-07-18 23:04 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31