気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

あまりに暑いので

f0118332_23570100.jpg
もくもくと発達する積乱雲。予報も午後から雷雨になるところもと言ってますが・・・
f0118332_23502955.jpg
あまりの暑さに、ほとんどの方が下山してくる時間に来てしまうのだった。
さぼりではありません。仕事は明日から。
f0118332_23503996.jpg
リフト下駅でレンタルアイゼンがあるのに、借りない方が多いようですね。
ストックもアイゼンもなく、靴も底があまり固くない靴だとずるずる滑るので、みなさん大変苦労してるように見えます。雪に慣れてない方は、軽アイゼンあると楽ですよ。
f0118332_23510075.jpg
トキソウ。背が低いので撮るの難しい・・・
f0118332_23511931.jpg
もう午後なので、下ってくる人がほとんどで、下の木道コースにいく人が多いので、今日の姥山頂は着いた時に外国人のカップルがいて、ツーショット撮るの頼まれたけれど、その後誰もいなくなり、静かな山満喫。
f0118332_23512906.jpg
昨日は閉じていたミヤマリンドウが、今日は天気いいので開いてる。
f0118332_23513981.jpg
こちらは少し色が薄いタイプ。
f0118332_23515144.jpg
ん、ガッサンチドリか?と思ったが距が長すぎるかなぁ、どうなんだろう?
植物に詳しい友人に聞いたら、やはり距が長すぎるようだ。ホソバキソチドリ。
f0118332_23521461.jpg
装束場のキヌガサ群落も見たいが、今日はスタート時間が遅すぎるので、牛首分岐で周回にしようか。
f0118332_23522575.jpg
団体さんが下って来た。先頭のガイドさんがピッケルでステップ切ってるようですが、何人か歩くとつぶれてしまうから、後ろの方のゲストさんたちはすてん、すてんと転んでた。
この先がもって急なんだけどね。
f0118332_23524205.jpg
奥の白がハクサンイチゲ。手前の少し黄色が入ってるのがチングルマ。コイワカガミも。
f0118332_23525716.jpg
パッチ状に新しいチングルマが咲いて来る。
f0118332_23531430.jpg
ハクサンフウロ
f0118332_23532640.jpg
下界の暑さからトンボが避暑に来ている。これはナツアカネなんだろうか。
f0118332_23535839.jpg
昨日の宿題を・・・
f0118332_23541096.jpg
チョウゲンボウも夏になるとやって来る。
f0118332_23543209.jpg
昨日はしょんぼりしていたヒナザクラが、今日はぱっちり。
f0118332_23550097.jpg
ロープはまっすぐですが、道でないところにかかっている時は、少しまわって道のところから雪渓に乗ってください。
f0118332_23551361.jpg
ロープが消えてるところは、その先が少し急です。
f0118332_23553332.jpg
じゃぶじゃぶ地点。
f0118332_23554798.jpg
エゾイチゲこのへんにもあったんだねー。
f0118332_23561138.jpg
サンカヨウ。
f0118332_23562471.jpg
イカリモンガ。このままでよく飛べるものだ。
f0118332_23565124.jpg
ヤマキマダラヒカゲ。
明日からの現場に備え、涼しい山で雪と花を眺めて充電できた。

by akanezumi1984 | 2018-07-10 00:16 | おらいの山 | Comments(0)