博物園「植物分類の基礎講座」という名の観察会

f0118332_00151859.jpg
稜線の花チェックの予定だったけれど、博物園で植物観察会あるし、昨日の朝日の下りで右膝が痛むしで、今日は膝温存で博物園のイベントに参加。
「植物分類の基礎講座」というものすごく固い、難しそうなタイトルだが、実際は講師と一緒に歩きながら植物を観察・記録し、外でお弁当食べてから戻って、記録してきた植物が何科なのか教えてもらうという楽しいイベント。
f0118332_00153794.jpg
玄海広場のミネカエデが咲き始め。稜線のと同じくらいに咲く。
f0118332_00153067.jpg
ヤマアカガエルの卵。ぷるんぷるん。
f0118332_00160868.jpg
ツノハシバミの雌花(左)と雄花(右)今年はとても花つきがよいので、秋が楽しみ。
f0118332_00154882.jpg
ちびっこミズバショウ。ボールペンの大きさと比べるとそのサイズがわかりかと。
f0118332_00163314.jpg
今日の豆知識・・・スゲの仲間は茎が三角。
f0118332_00162024.jpg
先週なんだろうねと言っていたのと同じ!アズキナシだった。同じような落ち方しているのは、昆虫の仕業だろうか??
f0118332_00133658.jpg
みんな熱心です。

f0118332_00150591.jpg
石跳沿いに歩きながら、いろいろ見つけて行く。
f0118332_00143276.jpg
お昼はリュウキンカ沼で食べましょう。
f0118332_00185339.jpg
ここでしばらく自由時間。ご飯食べてあちこち話に花が咲く。
f0118332_00190507.jpg
もう少しで昼休憩が終わるという頃になって、は、ちびうさ作れるじゃないか!と気づいてあわてて作ってわたわた撮って時間までに戻ると、他の参加者の方も何人か撮りにいらした。
f0118332_00192066.jpg
ヤシャビシャク咲いていた。

博物園に戻る途中もいろいろ観察・記録。
館内で講師の方から科を教えていただく。最近は見た目ではなくDNAによる分類に変わったので、以前とは全然違う科になったものもある。
本日の記録種は76。違うルート歩くともっと増えるねぇ。
時期的にまだ雪の下から出たばかりで小さいものが多く、よく知ってる植物でも素人には全然わからなかったりするのだが、講師のS氏のヒントでやっと、あーあれ?というのがたくさんあった。
f0118332_00201190.jpg
先週博物園に行った時に、山オヤジ様に帰りに鳥を見に行きましょうかとお誘いしていたけれど、その時は寄れなかったので、今日実現。
チョウゲンボウは一昨日は巣穴の周りに全部いたのが、今日はもうだいぶばらけていたけれど、見ることができた。

f0118332_00194234.jpg
トラフズクは幼鳥5羽ととーちゃん見ることができ、山オヤジ様に喜んでもらえてよかった。


by akanezumi1984 | 2018-06-04 00:20 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30