楽園でまったり

f0118332_21532479.jpg
ひどい写真ですが、距離があったもので・・・今年初のクロサンショウウオの卵でした。
f0118332_22102499.jpg
午前中は、翌日の探鳥会のルートの下見。残雪期は数日でも雪解けで道が変わってしまうからねぇ。見つけた時にはいい場所にいたのですが、すぐに裏に回りこんでしまい、こんなのしか撮れていなかったゴジュウカラ。
f0118332_22104220.jpg
元玄海の橋が掘りだされていました。
f0118332_22110120.jpg
雪上藻が目立つ時期です。
f0118332_22113082.jpg
原生林の雪もだいぶ減りましたが、それでもこの時期に残雪と新緑が撮れるとあって、連日カメラマンの案内依頼が多いようです。
f0118332_22114786.jpg
だんだん新緑から深緑になりつつある。
f0118332_22120696.jpg
オオアカゲラがひょっこり。
f0118332_22122189.jpg
周海沼へ。
f0118332_22124447.jpg
この雪と水の景色もあとどれくらい見られるか。
f0118332_22130190.jpg
水中花。
f0118332_22132411.jpg
座ってパンを食べていたら、ミソサザイがすぐ近くをずーっとちょこちょこ。でも、こんなのしか撮れていなかった(笑)
f0118332_22134675.jpg
一度博物園に戻る。駐車場脇の水路のイワナはまだ痩せてるねー。
f0118332_22141083.jpg
午後から稜線の花チェックにするか、そろそろ最後になりそうな皮松谷地にするか、しばし迷ったが、皮松谷地に行くことに。
f0118332_22142440.jpg
リュウキンカの橋も掘りだされていた。
f0118332_22144206.jpg
この雪壁を登る。

f0118332_22145677.jpg
リュウキンカ沼。
f0118332_22193850.jpg
そして皮松谷地へ。青空の時の皮松谷地は、限られた人しか来ず、楽園。
f0118332_22195867.jpg
まだかわいいサイズのミズバショウ。
f0118332_22203517.jpg
目に入る人影は遠く姥ヶ岳のスキーヤーだけ。
f0118332_22205316.jpg
湯殿山、姥ヶ岳、月山山頂を背景にちびうさ。
f0118332_22210926.jpg
ムラサキヤシオツツジ。
f0118332_22213362.jpg
山を入れるとリュウキンカが遠くなり、リュウキンカを近くで撮ろうとすると山が入らないのである・・・
f0118332_22214859.jpg
小一時間まったりと過ごしてから戻る。はぁー、魂やすまった。
f0118332_22223533.jpg
ゆみはり茶屋で、スイーツにするか、がっつりいくか迷ったが、今日はこれ。

by akanezumi1984 | 2018-05-26 22:22 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31