気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今年も会えてよかった

ここの子かどうかわからないが、知人がトラフズクの巣立ち見たと写真を上げていたのを見て、えーもう?とびっくり。例年よりかなり早い。毎年見に行ってる神社に見に行ってみると・・・
f0118332_07125474.jpg
杉の葉にガードされてなかなか見えないが、ペリット頼りにとりあえず一羽発見。寝ていたり、起きても高いところにいるので顔が見えません。
f0118332_07140080.jpg
気づかれた。でもまたすぐ寝ました。
f0118332_07152467.jpg
他にもペリットの新しいのがたくさんあるあたりを探すも、最初はなかなか見つからず。うろうろしていたら副産物で美猫に会えた。
巣のある木から少し離れてやっと見っけ。親と幼鳥二羽が葉っぱごしに見られた。
このまま順調に巣立つといいなぁ。
f0118332_07143608.jpg
はっとする美猫。
f0118332_07154055.jpg
トラちゃん観察中、今年初のチゴハヤが二羽上空をぐるぐる。
f0118332_07155029.jpg
チョウゲンボウのいる神社に行ってみたら、まだ抱卵中でなかなか姿見られず。オスが近くに戻ってきたけれど手ぶらで、メスは出てこず。
f0118332_07160304.jpg
車で戻る途中、こんもりした鎮守の森があったので寄って見たら、鳴き声が・・・
チゴハヤがいました。それにしてもお腹がこんなにもふもふになるとは。
さ、触りたい・・・
f0118332_07162204.jpg
車にカメラ取りに行ってる間に他の人が見に来ていて、今交尾していたよと。
カラスの巣があったので、そこで繁殖かな。
他にも以前トラフズクが繁殖していた神社二ヶ所寄ってみたけれど、どちらも木が切られたせいかやってない様子。
落ち着いて繁殖できる環境が残されてほしいのだけれど、安全管理上必要な伐採の場合もあるしねぇ。

by akanezumi1984 | 2018-05-06 07:16 | 生き物 | Comments(0)