やっぱり落ち着くのはここ

2/23から始まる志津の「雪旅籠の灯」、準備が進められています。

f0118332_00015410.jpg
明日からは学生さんたちが大勢やって来て、人力での作業が始まります。おいらたちは例年通り、一日遅れて水曜から短期決戦で掘ります。
f0118332_00023869.jpg
今年は全国的に雪が多く、肘折は観測史上一番の積雪になったが、志津には過去とんでもない大記録があるので、それを越えることはないだろうなぁ。
f0118332_00030335.jpg
蒼い標識は2つあり、旧六十里側のこの標識の方が埋まる。すぐ近くにあっても、地形で積雪深は変わるのだ。
2013年もこのくらいあったかな?と写真を確認したら、その時よりは多いようだ。
もっと前に東京の友人が遊びに来た時に、この標識のすぐ近くの白い標識の上から顔を出した写真を撮った記憶があるが、パソコン壊れた時に古いデータなくしたので、何年だったか確認できず。
f0118332_00035374.jpg
遅く行ったので、もう帰ってくる方たちが。キャットコースで姥沢まで行ったのかな?
f0118332_00041508.jpg
電話線が埋まってます。
f0118332_00043271.jpg
博物園のたれた屋根雪と建物の間に、いつもはもっと隙間があるのだが。
f0118332_00044673.jpg
週末強風だったから、雪がもっと落ちているかと思ったら、もふもふでした。
f0118332_00051831.jpg
雪にうつる影が美しい。
f0118332_00053439.jpg
崖崩れの上の木の根のところが年々えぐれていく。あと何年かしたら落ちてしまいそう。
f0118332_00054481.jpg
ヤドリギの葉が齧られていた。足跡消えてるが、ウサギだろうな。
f0118332_00055666.jpg
沢はほとんど埋まったが、穴が全くないわけではない。落ちたら上がれなそうだな。
f0118332_00061579.jpg
どうせ晴れるのは山形周辺だけだろうと、そんなに期待しないで来たのに、ずっと青空で嬉しい。
f0118332_00064040.jpg
沢沿いに大門海まで行き、湯殿眺めながら立ったままで遅い昼食。
f0118332_00065228.jpg
今日は駐車場に車が2台だけで、スキーの方は沢沿いに丸森山過ぎてから姥に行ったのかな。湯殿山はノートレース。
f0118332_00070878.jpg
ここも好きな場所の一つ。
f0118332_00072358.jpg
湯殿に美しいライン見てると生クリーム食べたくなる。
f0118332_00073545.jpg
ウサギの齧り痕。
f0118332_00074814.jpg
大門海付近はブナの老木が多い。
f0118332_00080123.jpg
丸森山に登る。
f0118332_00081305.jpg
浮き出るウサギの足跡。
f0118332_00082288.jpg
丸森山頂から湯殿と姥。
f0118332_00084390.jpg
この辺は風があまり当たらないのか、ものすごい着雪。
f0118332_00090042.jpg
この辺から周海沼に降りますか。
f0118332_00091145.jpg
光と影が美しい。
f0118332_00092672.jpg
静かで、美しくて、ひたひたとしあわせ感が・・・
f0118332_00093936.jpg
沼をつっきって野鳥観察舎へ。
f0118332_00095001.jpg
沼側は小屋の壁が一部見えたが、出入り口側は完全に埋没。ここまで埋まったのは初めてかもしれないな。
f0118332_00102635.jpg
動きの速いエナガは、コンデジではなかなか撮れない。動画撮って、そこから切りだした一枚。動画が、しばらく前からYouTubek埋め込みで貼れなくなってしまって残念。
https://youtu.be/OL-DsWmpudg
by akanezumi1984 | 2018-02-20 00:10 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984