人気ブログランキング |

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
初めての現場の初日終了。トイレなんか当然ないので、潜伏できそうな場所を探していると花やら虫やらも見つかるので、ちょいっ、ちょいっとポケットのカメラでスナップ。
f0118332_22390698.jpg
フジが盛り。いい香りが漂う。
f0118332_22392377.jpg
タニウツギ
f0118332_22395581.jpg
シャガ
f0118332_22400508.jpg
タニギキョウ
f0118332_22401627.jpg
ジョウカイボン
f0118332_22402646.jpg
ヒゲナガオトシブミ
f0118332_22403670.jpg
ウロコアシナガグモ
f0118332_22405297.jpg
ヤナギハムシの幼虫。ものすごい数いて、みんなお尻で葉にくっついて逆さになっていた。脱皮するのか、蛹化するところだろうか?

今夜は宿から歩いてすぐの日帰り温泉に行き、入浴と夕食を済ませた。
ここは安くて、システムもよく考えられていてよい。受付で入浴料金払うと脱衣所のロッカーの鍵をくれる。そして下足ロッカーの鍵は帰るまで預かってくれる。ロッカー代の100円の出し入れの面倒がない。
たいていの温泉のロッカーって、後で戻ってくるとはいえ、100円準備してないといけないし、財布に出し入れしないといけなくて面倒に感じるのだ。
温泉の帰りに駐車場に寄って車から雨具とレインハット持ってきといた。
明日は朝から土砂降りっぽいから、外に出る前に雨具着る作戦。


# by akanezumi1984 | 2019-05-20 22:41 | 生き物 | Comments(0)

現場の合間に雪チャージ

f0118332_23181746.jpg
f0118332_23183933.jpg
f0118332_23190632.jpg
f0118332_23193117.jpg
f0118332_23195670.jpg
f0118332_23392328.jpg
昨日福島県の現場から帰って、今日は午前中博物園のブナ林で探鳥会の担当。
午後から1人で皮松谷地へ。
そこで思わぬ出会いが二人。
そして、今夜からまた福島県だよ。
前半は狭いビジネスホテル。後半は無駄に広い12畳の和室での6泊の予定。雪チャージした余韻でがんばります。

# by akanezumi1984 | 2019-05-19 23:20 | おらいの山 | Comments(0)

元気なんですが

仕事繁忙期で家にいる時間があまりなく、宿がWi-Fiつながらないとこもあったりで、更新がおいついてないだけで、元気です。移動の時間もあるし、ちょっと帰ったすきに洗濯やら、事務処理やらいろいろあるし、やることいっぱいあるのについネットに逃避もするしで(笑)
f0118332_23481060.jpg
山形ではキバナノアマナしか見ないけれど、福島だとアマナがあるのかなと思ったが、やけに大きいに真っ白過ぎるなと思ったら、オオアマナという帰化種らしい。さて、明日も移動があるからあまり寝不足してはよくないので、夜更かししないように・・・
# by akanezumi1984 | 2019-05-18 23:50 | つぶやき | Comments(0)

ここ数日の生き物編

5/12の雪渓の虫
f0118332_00382774.jpg
毎年たくさん見られるハサミツノカメムシみたいなんだが、色が黒ずんでる
f0118332_00384909.jpg
クロマルハナバチ
f0118332_00390203.jpg
ウンモンテントウ
他にもカリバチの仲間みたいなのいろいろと、大量に翅アブラムシが点々と・・・

5/12月山の帰りに天童に寄り道しようといつもと違う道を通ったら、昔からサギのコロニーができる場所を通りかかったので、車を降りてしばし観察。
f0118332_00322718.jpg
アオサギとゴイサギがてんこ盛り
f0118332_00325135.jpg
アオサギの雛は既にかなり大きくなり、巣立ちが近そう
f0118332_00331179.jpg
ゴイサギたちはまだ巣もできていないのが多い
f0118332_00334182.jpg
忙しく枝を運んで巣作り中

5/13博物園の森で、足元1mの小さな水たまりに何度も水浴びに来たヒガラ
f0118332_00572767.jpg
展望地にコシノカンアオイのチェックしに行ったら、目の前の枝にびしょぬれヒガラがいて、足元にほんの小さな水たまり。
あれ、邪魔しちゃったかな。逃げるかな?と思ったが、じっとしていたら水浴び再開。もう一羽いて、入れ替わり立ち代わり水浴び→すぐ近くの枝で羽繕い→また水浴び。目の前に立っている人間のことなどお構いなしだった。
f0118332_00574228.jpg
満足したかい?


5/13博物園から帰ると、山形市内の住宅密集地なのに、うちのマンションにノスリがいた(笑)
f0118332_00344723.jpg
なんでこんなところに!と思って車を止めて見ていたら、カラスがつきまとっていた。
f0118332_00343585.jpg
カラスにかすめられて思わずのけぞるノスリ。動いたら足にハタネズミ掴んでるのが見えた。
狩りに成功したのに、カラスに追われてここまで逃げてきたようだ。
子育て中だろうなぁ。がんばれ、とうちゃん!

# by akanezumi1984 | 2019-05-15 00:35 | 生き物 | Comments(0)
今週は前半が空いてる、というか、ここに入れるとものすごくつながってしまうので、敢えて空けたのだが・・・幸い天気に恵まれて新緑や花の状況をチェックしに行けた。
f0118332_15011541.jpg
山形、寒河江方面から見るとまだまだ真っ白。
f0118332_15013241.jpg
19日に博物園のブナ林で探鳥会するので、下見兼ねて散策。新緑は志津あたりが見頃で、博物園周辺も始まったところ。
f0118332_15240607.jpg
だいぶ融けて来たとはいえ、まだけっこうな段差が残ってます。
f0118332_15242325.jpg
こんな日に来れて幸せだよ
f0118332_15245143.jpg
雪の下で眠っていた若い木がどんどん起きて来る
f0118332_15251637.jpg
ハウチワカエデの花
f0118332_15252686.jpg
タムシバ
f0118332_15260278.jpg
湧水も口開けされてました
f0118332_15270882.jpg
原生林のブナも芽吹きが進行中
f0118332_15272589.jpg
新緑も根開きもあと一歩のところ
f0118332_15275923.jpg
周海沼もまだまだ楽しめる
f0118332_15281746.jpg
大門海も大きく開いて来た
f0118332_15283644.jpg
古く大きなブナたち
f0118332_15284950.jpg
あの滑らかでおいしそうだった湯殿山も縦溝だらけに・・・
f0118332_15290563.jpg
石跳沢もだいぶ開いてきたが、まだあちこち渡れるところがある
f0118332_15292555.jpg
春木戸の近くで対岸に上がり、カワクルミ沼へ。ここもばっくりと割れてきた。
f0118332_15293573.jpg
まだ積雪が2m以上あるのに目が出てしまったブナ
f0118332_15294922.jpg
ずんずん進んで皮松谷地へ。リュウキンカは行く度に増えて華やかさを増して行く。
f0118332_15300209.jpg
これでブナの緑が鮮やかになれば最高。あと数日かかるか・・・
f0118332_15301711.jpg
先月末の積雪で先が茶色になってしまったミズバショウもあるが、新しい真っ白のも続々と出て来る。リュウキンカもまだ蕾多数。
f0118332_15305221.jpg
水路の方にコガモが10羽ほどのんびりしていた。ぼちぼち北に帰らないといけないぞ。
f0118332_15311320.jpg
山の斜面はすごい縦溝だが、平らな雪原はえくぼだらけ。
f0118332_15313814.jpg
リュウキンカ沼のリュウキンカもだいぶ咲いてきた。
f0118332_15315326.jpg
橋はあるんだが、斜めの橋にかぶった雪に穴が開いててちょっと危険。
f0118332_15320736.jpg
沢沿いもクラック入ったり、夏道が出てるところを歩こうとすると斜めの木が邪魔したり、迂回しようとすると落とし穴があったりと、歩きにくくなって来ました。
リュウキンカ沼も皮松谷地も、これからますますきれいになるけれど、歩きにくさも増していくのだ。

# by akanezumi1984 | 2019-05-14 15:32 | おらいの山 | Comments(0)
リフトが運休とわかっていましたが、天気がよいのでおらいの山へ。
f0118332_00064286.jpg
運休で空いてるかと思いきや、意外と車がいっぱい!
土曜動いてから急に止まったからってのもあるか。遠くからの方たちはそのまま計画続行てことで。
f0118332_00065340.jpg
おもてなしですね。
f0118332_00071130.jpg
国道から県道に入ったところにも看板があり、志津では人を配置して周知していました。
f0118332_00072488.jpg
リフトの近くをハイクアップする人。おいらは沢コースの端を歩きました。
f0118332_00073847.jpg
早い人だと30~40分。歩きにくいスキーブーツでスキー担いでだと小一時間かかるでしょうか。
でも、リフト上駅までがんばれば、Tバーリフトが利用できるので、滑ってる方たちは満足そうでした。
f0118332_00080531.jpg
リフト動いてないけれど、ここが平らなので休んでる人でにぎわってる。
f0118332_00083939.jpg
この景色ですから、ちょっとハイクアップしてもいいでしょう。
f0118332_00095610.jpg
気温が高く、風も弱いので薄着で歩く。
f0118332_00101562.jpg
連休中にもう一回くらいと思っていたけど、結局2月に登ったきりになった湯殿山。
f0118332_00103630.jpg
鳥海山が浮かぶように見えている。
f0118332_00105594.jpg
だいぶ夏道も露出してきた。
f0118332_00112262.jpg
尾根コースを歩くには、夏道の出たところとうまくつながるように歩かないと・・・
f0118332_00120589.jpg
そろそろ咲いただろうと思っていたガンコウラン。


f0118332_00123495.jpg
まだ蕾が多かったが、一部咲いていた。まぁ、咲いたと言っても小さくて地味で、ほとんど気づいてもらえないんだけどね。
f0118332_00124967.jpg
毎度遅い時間に出て来たおいらが金姥にやっと着いた時、朝5時から歩いていた友人のS君は既に佛生池小屋まで行って登り返してここまで戻って来ていた。
f0118332_00131535.jpg
コマッタもんだ・・・
f0118332_00141479.jpg
ここ、柴灯森のピークは植生保護のため立ち入り禁止なのだが、この時期、山頂から下ってくると迷い混みやすい。
f0118332_00144916.jpg
朝ゆっくり出て来ても、このスケール感を味わえるのがおらいの山のいいところ。
f0118332_00151297.jpg
山頂行くの止めたので、ゆっくりと雪ちょし。今日はクマじゃなくてカモシカにしてみたが、作ってる時はまあまあと思ったのに、撮って見たら今一つだった。真横から見るともう少しカモシカぽいんだったが。
f0118332_00153498.jpg
頸椎ヘルニアなのだから、尻滑りとかやっちゃいけないんだが・・・暖かくて雪面が柔らかく、段差もないので特別に解禁。
f0118332_00155846.jpg
尻滑りできると帰りが早い。昼についた時に設置準備していた「令和の鐘」が設置完了していました。カーン!と高らかに一つ鳴らして参りました。
f0118332_00162740.jpg
リフト上駅から下駅間も一気に滑り下ったら、尻が冷た・・・カッパズボンがもうシミテックスだな。
f0118332_00164659.jpg
地蔵沼にちらっと寄り道。車降りてすぐなので、ここはカメラマンに人気です。
f0118332_00170650.jpg
弓張から志津あたり、新緑がとてもきれいです。

# by akanezumi1984 | 2019-05-14 00:18 | おらいの山 | Comments(0)
今日までペアリフトが運休してましたが、迅速な対応で修繕と安全点検が終了したそうで、明日5/14朝8時から運行再開できるそうです。いやー、早く復旧してよかった。なにしろ、一年でリフトが一番混むのが、GWでなく5月後半だものね。12日月山行ったら、思ったよりスキーヤーで賑わっていたのだけれど、リフト上駅までがんばって歩けばTバーリフトが利用できるとはいえ、中には歩くなら行かないという方もいたわけで、早く復旧して何よりでした。
f0118332_22044228.jpg
f0118332_22051238.jpg
リフト運休でも日曜はけっこうなスキーヤーで賑わっていました。
次の週末はリフトにかなり並ぶでしょうなぁ。

# by akanezumi1984 | 2019-05-13 22:06 | おらいの山 | Comments(2)