お盆、そして祭

f0118332_10223856.jpg
涼しくなる夕方にお墓参り(13日)
f0118332_10212358.jpg
トビタケ(トンビマイタケ)少し頂いたので、ナスと炒りものに。
この地域ではお盆によく食べます(トビタケあれば)
f0118332_10215311.jpg
祭囃子が近づいて来ると、みな外に出たり、2階の窓から目の前通過するのを眺めます。
腹に響く振動。やっぱり生で聞く音はよいものです。

# by akanezumi1984 | 2018-08-15 10:20 | つぶやき | Comments(2)

今できることで

f0118332_14562054.jpg
実家から水害のあった戸沢村は近いのだが、今は自分が作業に入ることはできないが
f0118332_15020963.jpg
物資の支援はできるので、自宅と実家にため込んでた中古タオル段ボール一杯と、ホムセンで仕入れた土嚢袋100枚(たいして高くない)をボラセンに届け、ついでに新庄の「げたぱん」に寄り道。
f0118332_15014175.jpg
お、ここでも小さな支援ができるよ。
もちろん、おいしいパンも購入。山形にいるとわざわざ来れないから、近くを通る時がチャンス。
さらに新庄の親戚のお盆のお参りも済ませて一石三鳥のお出かけになった。
しかし、日中の暑さがしんどすきる。
現場出るまで、少し体を慣らさないとまずいぞ。

# by akanezumi1984 | 2018-08-14 14:52 | ボランティア | Comments(0)

役立ちグッズ

f0118332_23583406.jpg
不便なところで役に立つ、ソーラーランタンと、モンベルのマイクロタオル。
そして、今回は山に籠る直前に友人からもらった匂袋もなかなかよかった。
天気悪いと洗濯できないし、トイレから匂いが漂ってくることもあるので、この匂袋で狭い部屋を白檀の香りに保てた。
ソーラーランタンは、後半のガスガスの日々で苦しくなったが…
マイクロタオルは、濡れた衣類を乾かすのにものすごい便利。
これで包んで絞ると、靴下だけとか、シャツだけで絞った後にさらに絞りきれる。
タオルと衣類一緒に絞り、タオルを絞ってから、またタオルで衣類の水分取ると脱水機に近い仕上がりに。
そして、このタオルの乾きがすごく速い。
ドライヤーないけど、濡れた髪もこのタオルがあると速く乾くので助かるのだ。

# by akanezumi1984 | 2018-08-12 23:56 | つぶやき | Comments(0)

以東岳だより13日目

何日も外を見ても真っ白けで外出もならず、狭い小屋でテレビも本もなく過ごしたりもしたが、それでも長過ぎるという感じはなく、あっという間に13日が過ぎてしまった。
今朝もガスガスで霧雨・・・
しかし、下山の日で引き継ぎもあるしで、朝から大忙し。
f0118332_01322900.jpg
予定より30遅れで小屋を後にする。晴れていれば、何度も何度も小屋を振り返り見ながら帰るのに、ちーとも見えず。
帰りは大鳥小屋まで水の補給いらないので、いつも素通りしていた三角峰のところの水場に寄り道。
思えばここ下まで行ったことがなかったのだった。たまに聞かれることがあるから確認しとかないとね。
f0118332_01315464.jpg
今年は咲き始めるのが異常に早かったので、いつもはこの時期見られるけれど、とっくに終わったと思っていたヒメサユリが、いつものあたりにぼつぼつと残っていた。
f0118332_01324479.jpg
だんだん晴れて来たんだけど・・・
f0118332_01330320.jpg
あ、小屋が見えた!
f0118332_01331323.jpg
かなり下ってからやーっと見えてきた。稜線のあらかたは見えているのに、以東ピークと小屋のあたりにだけガスがあって、なかなか見えなかったのだ。最後の最後まで思わせぶりだった。
f0118332_01332508.jpg
大鳥小屋で休憩し、無線で声しか聴いていなかった、臨時の管理人さんとやっと会えた。
f0118332_01334132.jpg
大鳥小屋までは以東名残惜しいなという気持ちだが、そこを過ぎるともう後は早く車に戻って重たいザック下し、靴を脱ぎたい一心に・・・
f0118332_01335870.jpg
一度足元から逃げたニホントカゲが、じっと立っていたら虫を追いかけて真下に来て、捕まえてもぐもぐ。
さて、以前はぴっぴと時間通りに下山して、朝日屋さんに管理費届けに行っていたのだが、ちと今回は勝手が違い、ちょっとずつ遅れが重なってしまったが、とりあえず、無事に任務完了して帰宅。
なんだかんだで、二週間ぶりの待望のシャワーは日付変わってから。
毎日夜8時~9時には寝て4時に起きていたのに、帰った途端に寝るのが午前2時になってしまったよ。とほほ。
2010年に初めて1週間以東小屋に入り、翌年は二回に分けて二週間、2012年は続けて二週間。
そして2013年に小屋の外壁が壊れて使用中止になり、その後解体撤去されて、昨年10月に新しい小屋が立ち、夏の常駐管理は今年6年ぶりの再開となった。
遠くからはるばる泊まりに来てくれた、あこさんに15年ぶりに会えたのが以東岳というのは、とてもとても嬉しいことでした。
f0118332_13225806.jpg
泊まりや日帰りで会いに来てくれ、差し入れを持ってきてくださった方がた、本当にありがとうございました。山にずっといられることが魅力で以東小屋の管理人をしていますが、こうして人の優しさに触れられるのも本当に幸せなことです。


# by akanezumi1984 | 2018-08-12 01:34 | ほかの山 | Comments(2)

以東岳だより12日目

とうとう残り1日だけに。
起きたら相変わらずの真っ白けに、雨がざーざー。
じき上がると思ったけれど、霧雨が降ったり止んだり。
もう大丈夫じゃないかとソーラー外に出しても、雨でまたひっこめたり。
f0118332_13524867.jpg
そろそろ食料も尽きてきたので、工事の方が置いていった無料でどうぞの残り物箱から、切り餅をちょうだいした。
味噌とハチミツと胡桃混ぜて、五平餅風にしたら、すごく美味しくできたので、今日上がって来る知人にも作ってあげよう。
f0118332_20420043.jpg
最後のちひうさ。ガスガスで小屋を写し込めないので、小屋まで持ってきた。途中で耳や頭が落ちてしまわずに持ちこたえてくれた!
今日は知人が二人、休暇取って泊まりに来てくれました。
f0118332_20451595.jpg
来る前からいろいろ下ごしらえしておいたのに加え、客人からも豪華なサラダや手作りケーキ、果物頂いて満腹になり、餅まで至らず。
f0118332_01363562.jpg
暴風の仕業。
# by akanezumi1984 | 2018-08-10 13:49 | ほかの山 | Comments(0)

以東岳だより11日目

早朝は霧雨と暴風でしたが、ガスガスと時々強風くらいに。
朝5時に大鳥小屋出た方が直登コースで来られ、30分ほど休憩して縦走路へ。
予報では午前中いっぱい風がきついかなと思ったけれど、突風しのげば大丈夫か?
f0118332_09274927.jpg

日曜からずっとガスガスでバッテリー心配になってきた。
全く日が射さないが、室内でもチャージのライト着くので、微々たる量は充電なっているのだろうか?
f0118332_09281406.jpg
うちから賞味期限切れのものいろいろ持ってきたうちの1つ。
去年か一昨年の羅臼行きの時のかな。昼に食べよう。
一昨年期限切れのパスタもあと半分残ってる(笑)
f0118332_13444102.jpg
ずっと真っ白だったのが、夕方ちらっとガスが切れて景色が少し見えては消え。
6時過ぎから山頂がくっきり見えたので上がってみたら、ガスが夕陽に染まって金色からオレンジ、そして燃えているような真っ赤に変わりゆくのを見ることができました。
日曜からずっと、ほとんどなにも見えない毎日でしたが、ほんの短い時間でも、こんな素晴らしい景色に出会えて幸せだ。

# by akanezumi1984 | 2018-08-09 09:24 | ほかの山 | Comments(0)

以東岳だより10日目

うわー、もう10日目!残りわずかになってきました。
しかし、日曜からずっとガスガス強風で閉じ込められています。
昨日は少しいい時があったので水場に行ったけれど、今日は休もうかな。
f0118332_12270416.jpg
お、小屋の二階で写真アップできた!
早朝は霧雨と風でやばついけれど、まだ穏やかなうちに出発されました。ロングコースなので、狐穴から天狗までの長い稜線の崖気味なところを暴風の前に通過されているとよいのですが。
天狗への登り返しに入ればもう大丈夫でしようけど。
f0118332_18572803.jpg
掃除終わると暇に。悪天候で外に出れないし、登山者も現れないので、備品の本でも見てるしか…
f0118332_18590158.jpg
残り日数が少なくなって、食料足りなくなる心配がないし、暇なのでつい間食増えて、今日明日で太りそう。
ご飯は野菜たっぷりでヘルシーなんだけど。
今日はキュウリとナスとオクラで「だし」、野菜炒め、蛇腹大根と干し舞茸の味噌汁。
外は大荒れで、風の音がうるさいが、電気もないので早く寝るしかない。

# by akanezumi1984 | 2018-08-08 12:24 | ほかの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31