殿と腰元

下界はそこそこ天気がよいのだけれど、志津のライブカメラは、どーんより。
今日は山行かなくてもいいかな・・・などと思いつつ用事で外に出たら、山が
見えるし!

またしても激しく遅いスタート。
どうせ遠くには行けないので、昼食済ませてから出かけることにした。すると、
お殿さまがやってきた。
おいらより遅く来る人がいようとは・・・
せっかくなので、殿のお供。おいらは、月山馬鹿殿につかえる馬鹿腰元でもあ
るのだからして。

一時過ぎに歩き出す(ほんと遅いよ)と、ほどなく、スキー背負って歩いて来る
人に会った。
おおっ!月山雪だるまの会の会長さまである。
超人的体力で超ウルトラ粉雪愛好者である会長は、今日も姥ヶ岳まで滑りに
行き、もう帰るところなのだ。のんびりやのおらだとは大違いである。
会長と別れ、道路の分岐にさしかかると、会長の作ったらぶりぃな雪だるまが!

f0118332_1944434.jpg


殿とうろうろと沢を渡渉できないかさ迷うも、あきらめて森の中へ。
新雪はほんのさらりとある程度。前の雪はしまって、かなり目減りした。
こんなときは、アニマル・トラッキンク゜日和。
ノウサギ、テン、リス、キツネ、オコジョ、ネズミの足跡がくっきりと残されてい
る。でも、雪の上の足跡は写真に撮るのは難しいな。
ちょこちょこ出歩いているネズミ(たぶんアカネズミ)の足跡を追跡しているオコ
ジョの足跡も。殿はあまり気にせず、ずんずん行ってしまうが、おいらは探索
モードにスイッチON。

f0118332_2263945.jpg


チーリーリーと細い声が頭上を飛び交う。
今年もレンジャクたちが森にやってきた。ヒレンジャク・キレンジャク入り混じり、
やはりオレンジと黄色のヤドリギの実を食べまくり、同じ色のフンをして、ヤドリ
ギの増殖に励んでいる。

f0118332_226537.jpg

f0118332_2271416.jpg


会長が滑っていた頃はガスっていて、雪は凍ってガリガリだったようだけれど、
午後遅くなってから、晴れるし・・・
この時期珍しく(まだ雪が少ない)宮城ナンバーの車が何台もあると思ったら、
お仕事(測量)の方たちでした。
お疲れ様です。

f0118332_2281369.jpg

# by akanezumi1984 | 2006-11-23 19:44 | おらいの山 | Comments(0)
今宵は、モンゴル舞台のドキュメンタリー映画を見た。
小さな少女がたくましく馬を駆る姿のあまりのかっこよさに、ほれぼれ
しながら、結末を知っているだけに、最初からなんだか胸の奥が痛む
のだった。

今月は、馬頭琴と喉歌のコンサートにも行き、少しだけモンゴルづいて
いる。普通のコンサートでのライブなどには全く縁なく生きてきたが、こ
のコンサートは小さな超ローカルなスキー場の小さなロッジでのこじん
まりしたもので、おまけに窓の外には白馬が二頭見える、というシチュエ
ーションのよさに出動したのだった。
プログラムには、「スーホと白い馬」の語りもあり、思わず涙が・・・

このコンサート、外の馬にも聞こえるようにと、スピーカーが外にも向け
られておりました。
f0118332_032227.jpg

# by akanezumi1984 | 2006-11-23 00:33 | お出かけ | Comments(0)

11月19日の月山だより

今日は天気がいいはず・・・と知っていながら、見た目のどんより暗い空に
テンションも血圧も上がらず、ぼー。
そんなところに、山は天気いいぞとお殿様からメールが!

う、こうしちゃいられん。
やっとエンジンかかって出動・・・しかし、すでに完全に出遅れ。

f0118332_23372196.jpg


下界は濃霧だが、山は突き抜けた青空だったじゃないくわっ!!
起きてすぐに出かければよかったのにぃ、と軽く後悔しながらあたふた支度。
そう積もってないだろうと読んだが、念のためにかんじき持って出発。
既に車道は志津で封鎖されたから、博物園まで車道歩き。好天で雪がだい
ぶとけている。昨シーズンの雪だるまの定位置におととい作った雪だるまが、
なんとほぼ原型保っているのが見えたが、とりあえず先を急ぐ。

おとといの自分のトレースを森の入り口までたどり、その先は誰の足跡もな
く、うきうき。山に入ったら積雪いきなり多く、予想外のラッセルとなった。
できれば姥沢か装束場まで行きたかったが、重い雪でハイペースは無理で
途中までとなったが、今季初の本格的な雪歩きで、いい筋トレである。
まだ積雪少ないので、落とし穴だらけで、何度か腿までずぼーっとはまって
一人笑う。

暗くなる前に下山して、かつ、標識下の雪だるまを補修すべく、二時で折り返
し。登りで気づかなかった、枯れ木にわさわさとなったキノコ発見。
ムキタケかと思ったら、ナメコだった。どうせ手が届かないだろと思ったが、ぎ
りぎり一番下の方のに手がかかり、ストックでも少し落とし、思いのほかたくさ
ん収穫できた。(半分冷凍すればよかったのに、えいやっと全部ナメコ汁にし
たっけ、三日食べ続けることに・・・)
f0118332_07019.jpg


どんどん下って標識下にて、おとといの雪だるまくんを補修。
道路の雪はかなりとけてしまい、明日の天気のことを思うと、今日の雪だるま
の命は短かろうが・・・
はかないものだからこそ、いいんだよね。

f0118332_071424.jpg
けなげにがんばっていた、おとといの雪だるまくん。

f0118332_07312.jpg
今日の雪だるまくん。

今日見た足跡は、ノウサギ、テン、キツネ、オコジョ、ヤマドリ。
# by akanezumi1984 | 2006-11-21 23:50 | おらいの山 | Comments(4)

とりあえず始めてみよう

これまで、ねこさまのサイトに寄生するように月山だよりのコーナーを
作っていただいておりましたが、そろそろ自立・・・できるかどうかわか
らないけれど、ちょっと練習してみよか。

これまでの月山だよりはここ↓
http://www.neko-te.net/framepage9.htm
# by akanezumi1984 | 2006-11-21 23:10 | その他 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31