クマ鍋ならず

志津の天気予報は終日雪。なので、ゆっくり目の出動(いつものことか)。
PPについて11時過ぎ。外で食べると手が冷たいので、ちと早いが事務室
で昼食を簡単に済ませてから出かけることに。
沢のふさがり具合の確認しようかと思っていたが、気が変わり、今年は
一度も行っていない一本ブナに向かった。
f0118332_22564451.jpg

下の方の青いのがおいら。ここらでは一番大きなブナ。もちろん下は
何メートルか雪に埋まっている。

ここまで2時間ほど先行した知人のTさんのスキーのトレースあり。Tさん
はいつもここからキャンプ場に下るのに、今日はさらに上に向かっている。
思ったより雪が軽いので、おいらもあわよくば姥沢までと思い、上へ。
すると、Tさんのトレースは急に回れ右して別方向へ。
おいらはもっと上に行きたかったので、そのまま上へ、上へ。
しかし、このTさんトレースのすぐ先でクマが出ておったのだった!
(普通、そっちに行ってなくてよかったと思うべきなんだろうが、おいらは、
えーっ、そっち行っとけばよかったと思ってしまった。後から行ったけど。)
f0118332_234383.jpg

雪雲が薄くなり、ときどき青空も見えたりして、思っていたよりいい天気。
さーっと日がさすと、モノクロの世界がカラーになり、一面真っ白だった雪
に木々の影がくっきりと落ちる。
f0118332_237299.jpg

タムシバのふかふか花芽が暖冬にだまされ、ほころびかけている。
点線部分は、ウサギにかじられたとこ。剪定鋏のような鋭い歯なのじゃ。
f0118332_2371614.jpg

カモシカいないかなーと遠くを探していたら、近くからウサギが飛び出した。
足跡をたどっていくと、ずっと先に座ってこちらをうかがうウサギ発見!
しかし、こちらが気づくと同時に向こうも気づき、逃げられた。
と、そのすぐ近くからもう一羽飛び出し、逃げていった。
f0118332_2373371.jpg

気をよくして、さらに上へ上へ。ほとんどがブナなのに、ここだけなぜか
ダケカンバ群落。
昼出発と遅かったのに、こりゃ姥沢まで行っちゃおうかと思ったが、天気
はまた悪化。先行していたTさんはもう戻った頃かとPPに電話してみると、
なんと、クマを見たからあわてて帰ったとのこと。
清水屋さんの携帯に電話すると、「今ぼってだ(追いかけてる)」と。
おいらも下って、Tさんのトレースをたどってクマの足跡探してみたが、既に
風で消えてしまったようで発見できないまま志津に戻ってしまった。
清水屋さんに寄ると、おじさんはまだクマ追跡中。あがりこんで待っている
と、4時過ぎに鉄砲しょった清水屋さんと、ゆきしろのおじさんが戻って来た。
志津の集落のすぐ下の道路脇にクマの足跡を見つけて出動し、足跡追跡
していたが、見失ったとのこと。
上でTさんが見たクマは、志津の集落のすぐ裏手の山を通って行き来した
のか。
f0118332_2374710.jpg

左がクマ。右がスノーシューで追いかけた人間の足跡。
土曜に清水屋さんに泊まる予定なので、もしクマがつかまっていたらクマ鍋
にありつけるところだった。でも、内心クマが無事でほっとしたりもする。
おじさんにクマ獲ってほしい気持ちと、クマに元気でいてほしい気持ち。
思いは複雑・・・
# by akanezumi1984 | 2007-01-23 23:04 | おらいの山 | Comments(2)

平均年齢たかっ!

f0118332_23104884.jpg

昨日から実家。うちの大王さまが77。お茶飲みや温泉仲間は71と77。平均年齢高いなぁ。
でも、やっぱり女は元気だね。じいさんたちは年寄りくさくなっていくけど、年齢はおばあさんでも、女性陣は昔とあまり変わらない気がする。
今夜も70過ぎのおばちゃんと町の温泉へ。
隣はスキー場。おばちゃんに携帯で写真撮ってメールで送るのを指導。
明日は30代と60代と、少し若い人のいる家にお茶飲みにいこ。
# by akanezumi1984 | 2007-01-20 23:10 | その他 | Comments(2)
f0118332_2312585.jpg

いつも出かけるのが遅いけど、ほんとは朝から行きたいのだ。
だって、山の朝はとってもきれいだから。
夜寝るときには「明日はちゃんと早めに出るぞ」と心に誓うのに、朝起きた瞬間
「もちょっとだけ」なんて目を閉じてしまうと、一瞬(と思う)のうちに一時間以上
ぶっとんでいて「うっそー・・・(しばし絶句)」となるのだ。ああ・・・
結局いつもの時間かよ、と自分をののしりながら支度していると、
「道路の真ん中に猛禽がひっくりかえっていたから回収して」とメールが。
100%トビ、死んでいるだろうと思ったが「生きていたらかわいそう」と言う
ので遅れついでに確認に向かった。
f0118332_23175093.jpg

やっぱりトビ。こりゃ即死だね。たまたま近くにいた交通整理の方が既に
路肩によけていてくれたので、確認だけして任務終了。
昼にPP着。すると、「ひきずりけー(納豆だれで食べる麺を食べなさい)」
と丼を差し出され、ごっつぉになる。東京からいらしたお客様二人と同席。
すぐにも出かけようと思っていたが、このお客人、鍼灸師の方で、職員K氏
を触診しだした。ついつい興味津々のおいら。
ご親切に甘え、自分もちょっと診ていただいた。娘さんが「お母さんの指は
凶器だから」の言葉通り、親指でぐいと押されると激痛!だけど、それでよく
なるならばなんのこれしき!自分でできるつぼ押しを教えていただき、手の
甲に「置き針」というのをしていただいた。
宿に戻るとおっしゃるので、どうせ通り道なので車で送りましたらば、時間が
あれば、ちゃんと針と灸でやってあげるんだけど・・・と。
初対面の方に、普通なら遠慮するものなのでしょうが、未体験の鍼灸の世界
への興味と、この方の人柄のよさに惹かれ、ずうずうしくお願いしてしまった。
でも、その前にちょっと山へ。
f0118332_23373835.jpg

さんざん遅れて出発は1時半。車で支度していると、ブィーンとモービルで
鉄砲担いだ人が帰ってきた。清水屋さんだ。残念ながら今日は獲物なし。
f0118332_2332634.jpg

朝は、枝にもっとたくさんの雪がつき、ふうわりと霧がかかり、そりゃ美しかっ
たらしい。でも、午後出発で気温高めの割には、まだ雪が枝に残っていて、
思っていたよりは悪くないね。うん、悪くない。
お、雲が切れて、白く輝く山も顔出した。
f0118332_23375356.jpg

ちぃーりぃーと細い声がして、ヒレンジャクが飛び交う。
主食は、このヤドリギ。
f0118332_2345385.jpg

まだ沢が渡れないので、おとなしく来た道を戻り、雪だるま任務に。
f0118332_2338390.jpg

テンに追われ、親分に助けを求めるちびうさぎにしてみますた。

この後、鍼灸初体験。いろいろ教えていただいて、おもしろく、ためになった。
鍼灸に対するなんとなくの恐怖感もなくなった。
Fさん、本当にありがとうございました。
すっかり暗くなってから帰路についたら、タヌキ親子が道路をとっとこと・・・
うひゃーかわいい。タヌキには運の悪いことに、雪の壁がしばらく続き、しばらく
追いかけっこ。
出遅れて、しまった!と思ったけれど、結果的にはいいことがたくさんあった
一日でした。
そして、教えていただいたとおり、さっそく「せんねん灸」も買い込み、家で試し
てみた。これからちょくちょく自分に灸をすえるぞ!
# by akanezumi1984 | 2007-01-17 23:17 | おらいの山 | Comments(8)

ほれぼれー

f0118332_2241629.jpg

オジョーが鷹匠さんちにウコッケイ配達の御用があるというので、同行。
夏場は二階の鷹小屋にいる鷹が、冬は訓練のため、お茶の間にいるのじゃ。
f0118332_22412555.jpg

んー。いつ見てもほれぼれする。この冬は、このクマタカとイヌワシの崑崙
を訓練して狩りをするそうな。
このクマタカはまだ初めて訓練をして一ヶ月ちょっと。まだ外では据えまわし
といって、腕に据えて歩き回る段階で、飛ばせていないとか。
でも、屋内ではとまり木から餌を持った鷹匠さんの腕に客の頭越しに飛ばす
ことはできる。おらだの頭をかすめるように飛ぶクマタカ。ひゅっと風を感じた。
鶏ももをばりばりと骨まで食らい、大腿骨丸呑み。でも脛の骨は長すぎて
つかえるといけないからと没収された。鷹よりもっと丸呑み派のフクロウは
骨を吐き出すが、鷹が吐き出すのは羽とか毛だけ。骨は消化する模様。
f0118332_22413960.jpg

鋭い目。たくましい足。がっちりした爪。
f0118332_22523067.jpg

オスでこの大きさ。メスはもっと大きくなる。
関東では、殿様の大掛かりな鷹狩とか、武家のたしなみ的な鷹狩の伝統が
あり、使うのはオオタカだったが、山形県の最上郡には、農閑期に食べるた
めに農民がクマタカを使う実猟としての鷹狩があった。
オオタカの鷹狩はだいたい、平野部とか水辺でカモとかキジなど狙うが、
クマタカで狩るのはウサギなので、鷹匠さんは雪山に入るのじゃ。
# by akanezumi1984 | 2007-01-15 23:26 | 生き物 | Comments(6)

こうでなくっちゃ

降るところには降っております。
f0118332_22162319.jpg

博物園の屋根の雪がもう1回落ちたら、下の雪とつながって屋根に登れそう。
本格的ラッセルシーズン、やっと到来。
今日は、オジョーと示し合わせてしっぽコンビ。ラッセル大変そうな時は、交代
要員いた方がよいのだ。
f0118332_2221163.jpg

時折薄日さし、雲の隙間から小さな青空がのぞくときもあるが、雪が勢いづく
と、視界不良になる。積雪量はだいぶ増えたが、まだ沢も藪も埋まらない。
早く埋まってくれー!
f0118332_22264470.jpg

快晴ぴかぴかの日は文句なく嬉しいが、雪の日にふと雲の切れ間から射す
薄日ってのも感動的。
f0118332_2216288.jpg

深雪の日は、獣たちはじっとしていて出てこない。小鳥の声すらしない。
と思ったら、無言でがっしがっしと恐ろしい勢いで仕事している奴がいた。
f0118332_22323914.jpg

アカゲラより見る機会の少ないオオアカゲラだ。
けっこう近いのだが、一心不乱に木をつついていて、おらだの存在に気づ
かないのか、どうでもよいのか・・・
あまりの一心不乱ぶりに、オジョーてば突然大声を出してみるも、完全に
無視される。馬鹿にかまってる暇なし、と言わんばかりの仕事鳥。
f0118332_22372252.jpg

そして、ちょっとの隙に座り込んで雪だるまちょす相棒。
はいはい、それが君のお仕事だね。@_@
f0118332_22395157.jpg

昨日会長が作ったうさぎだるまは、こんな状態。思ったよりは埋まってなか
ったね。
f0118332_2240518.jpg

補修して、子分を一羽追加。
f0118332_22402155.jpg

道路標識が少し近づいてきたぞ・・・
# by akanezumi1984 | 2007-01-14 22:57 | おらいの山 | Comments(2)

珍しく

県の総合運動公園のトレーニングルームに数年ぶりに行ってみた。
半分は温泉狙い・・・だって、安いんだもの。
トレーニングルームが一時間100円。温泉が110円。計210円。
どうだ、まいったか!

3月に24時間チャリティー・ラン&ウォークというイベントに仲間たち
と参加するので、ちょっとトレーニングでもしてみっかって。
歩くだけなら、月山で遊んでいるだけで十二分だが、どうせなら少し
走った方が距離が稼げる。距離が多いほど募金される金額が増える
システムなのだ。チーム参加だから、交代で一時間ずつくらい歩くか
走るパターンになりそうなので、それくらいなら走れるかな、などと。
外を走ればただだけれど、あちこち雪があったり、凍ったりしてる時期
だもにゃ。
歩きと走りでは、筋肉の使い方が違うから、たまに走ると股関節が痛く
なったりするなぁ。そして、室内トレの難点は、飽きて苦痛なこと。
天気に左右されないのはいいけど、景色が変わらないし、気持ちのい
い風も吹かないし、鳥の声も聞こえない。つまんない、つまんない、つ
まんない!
んでも、汗かいた後の温泉は気持ちいっけー。
f0118332_2244613.jpg

最近お気に入りのデザートは、煮りんごのヨーグルトかけ大人味。
リンゴを箱買いしてあるので、ときどき煮リンゴを作る。それだけで食べても
んまいけど、プレーンヨーグルトをかけ、シナモン振って、さらにブランディ
orいい香のウイスキーもちっとだけたらすのじゃ。
さ、食べよーっと。
# by akanezumi1984 | 2007-01-13 21:00 | その他 | Comments(1)

気になるぶた

f0118332_2224670.jpg

落し蓋ぶた購入。
数年前に始めて見てから、気になりつつ、買うほどでもないか・・・と
ほっといたが、もらい物の商品券でゲット。
いつもはアルミホイルでそのつど作っていたのだが。
しかし、このぶた、鼻の穴に菜箸を射すと取りやすいでしょう、と取り説
が・・・でも、痛そうでないかい?
同じく商品券であったらいいかなー、でもなくても済むかなーと迷って
いたワンタッチで飲めるテルモスも買った。
携帯用マグは、あんまり保温性がなかったので、外出時は紅茶専用
にしたテルモス(スパイス入り紅茶で匂いしみついとる)愛用していた
が、運転時は不便。これだと、両方のいいとこどりだい。
今日は映画がレディース・デイで安いので、「エラゴン」を見た。
ドラゴン・・・好きなんだよね、昔から。キングギドラもひそかに好きだ
った。

f0118332_1333492.jpg

愛用のスタバのマグ。飲み口がぱちんとしっかり開閉できて、なか
なかの優れもの。小さいのがちょうどよいけど、大きいサイズのは、
好きなデザインにできるらしい(中の紙を入れ替えて)。
# by akanezumi1984 | 2007-01-12 22:49 | 買い物 | Comments(6)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー