春の花に会いに

f0118332_21180904.jpg
毎年楽しみしている、スプリングエフェメラルたちに会いに高舘山へ。・・・え、もうクマ出たの?早いな。
f0118332_21183163.jpg
この時期、なんでもかんでも「今年初めて」だね。キブシも新鮮。
f0118332_21185132.jpg
いわゆる世間のお花見はまだまだ先だけど、ちょっぴり咲いている桜もある。オクチョウジザクラ。
f0118332_21194574.jpg
エゾエンゴサク
f0118332_21195803.jpg
ショウジョウバカマ
f0118332_21203726.jpg
シュンラン
f0118332_21205307.jpg
キクバオウレン。ほとりあの花情報見てなければ、ただのオウレンと思ったかも。

f0118332_21213397.jpg
カタクリとイチゲロード。
f0118332_21221756.jpg
一番のお目当ては、雪割草ことオオミスミソウ。
f0118332_21223934.jpg
f0118332_21225378.jpg
f0118332_21233266.jpg
花弁の形、色、枚数までいろいろで目を楽しませてくれる。でも、盗掘にあって年々減っているのが残念でならぬ。
以前は足元にもたくさんあったであろうに、今は望遠レンズがないと厳しい。
f0118332_21233044.jpg
朝まだしょんぼりしていたキクザキイチゲが開いた。
f0118332_21242630.jpg
紫のイチゲは少ないが、どういう条件で白と紫があるのだろうね?
f0118332_21250138.jpg
コシノカンアオイ
f0118332_21251717.jpg
ウスバサイシン
f0118332_21255679.jpg
シロキツネノサカズキモドキ。キツネノサカズキとはしゃれたネーミング。
f0118332_21262098.jpg
まだかな?と思ったが、オオイワウチワも咲いていた。しかし、いつもながらこれはうまく撮れない。

行きも帰りも月山道は雪が舞っていたけれど、高舘山は春爛漫で花盛りだった。

イワウチワとニリンソウ、シラネアオイなどは、まだこれからなので、もう一度二度見に行きたい場所なのだけれど、仕事が忙しくなってくるし、おらいの山にも行きたいしで、なかなか行けないのだよなぁ。

# by akanezumi1984 | 2017-04-03 21:26 | ほかの山 | Comments(2)

f0118332_23283037.jpg
数年ぶりに友人が看板タッチしたい、とやって来た。除雪されるとこんなに高いけれど・・・
f0118332_23284670.jpg
姥沢までの除雪は終わってますが、まだ通行止めです。
f0118332_23290344.jpg
これこれ。こっちは除雪されないので、まだまだ触れます。つか、身長150cmでも頭ぶつかります。
f0118332_23291833.jpg
f0118332_23293254.jpg
ウサギのガジガジが目立つようになりました。じき、ネズミのガジガジも出て来るでしょう。
f0118332_23294695.jpg
うぬ?アカネズミの毛が、点々と散らばってるぞ。
f0118332_23300795.jpg
ウサギの赤しょんより赤い・・・血か?と掘り起こすとさらに真っ赤に。そして・・・
f0118332_23423785.jpg
肉片出て来た。近くに猛禽のフンもあり、ノスリの仕業か?
f0118332_23425681.jpg
ヤドリギ、まだ実が残ってる。
f0118332_23432000.jpg
土曜というのに車止めに車が5台しかなかった。こちらスタート遅かったこともあり、湯殿も姥も人影なし。
f0118332_23455883.jpg
昼ご飯食べてからちびうさ。
f0118332_23461663.jpg
ふと友人の足元見たら、登山靴のつま先に雪がめり込んでて、ソールがはがれてたので、袋がけで応急処置。結局両足ソールはがれて、両足袋がけで下山(笑)
f0118332_23463960.jpg
リュウキンカ周って帰る。
f0118332_23482254.jpg
オコジョがかけずりまわった足跡があった。

f0118332_23465931.jpg
朝日連峰見えてきた。

f0118332_23471735.jpg
足元かくかくするなと思ったら、スノーシューのピンが外れてた。去年友人に修理してもらった時に、ちょっと緩くなってきてるよと言われていたのだった。長年の酷使でピンがはまってる穴がだんだん大きくなってきて、とうとうすっぽ抜けてしまったよ。

f0118332_23474010.jpg
f0118332_23484993.jpg
温泉入って山形に戻り、友人が地元のおいしいもの食べたい。お酒もちょっぴり飲みたいというので、以前一度だけ入ったことのある近くのお店へ。突き出しがこんなに素晴らしい店なかなかないよね。

f0118332_23490740.jpg
550円のサラダがてんこ盛り。しかも、キュウリが飾り切り!そうそう、前に来た時も普通にサラダに飾り切りがあって、おおっ!と思ったのだった。

f0118332_23491729.jpg
何度も山形に来てるのに芋煮食べたことないという友人は、芋煮食べて満足のご様子。他にも焼き物、揚げ物頼んで満足。

f0118332_23492934.jpg
後から来た10人くらいのお客さんのところになんかすごいものが運ばれてった!賑やかに盛り上がっているので、すみません、写真撮らせてもらっていいですか?と聞いたら、どうぞ、どうぞ、なんなら一緒に食べますか?と皆さんにっこにこなので、撮らせていただく。
いやー、おもしろい。花にネズミにカエルいる!


f0118332_23494600.jpg
こっちは魚と釣り人と鳥!
たぶん1500円の刺身盛り合わせなんだけど、刺身より飾りが充実してる(笑)
いやー、これは盛り上がるよねー。二人じゃ寂しいので、5人くらいで行って、これ注文したい。
普通に刺身盛り合わせを頼むと、板さんが勝手にいろいろ飾って出してくれる店みたい。


# by akanezumi1984 | 2017-04-01 23:44 | おらいの山 | Comments(4)

春見つけた

f0118332_22434610.jpg
今日も天気予報は晴れマークずらりだったのに、すっきりとは晴れず、時々にわか雨。
大粒の氷ザラメのうさはキラキラです。
f0118332_22440336.jpg
雪の上に大きなクモが出て来ました。虫とかクモが苦手な皆さま、そろそろ注意が必要ですよ(笑)
f0118332_22442225.jpg
夏羽になりつつあるカシラダカ。頭ぼさぼさですが、ほんとはもっとかっこいいんです。
f0118332_22443638.jpg
昨日は見つけられなかったアズマイチゲ。林の奥の方にたくさん咲いていて、にっこり。
f0118332_22445062.jpg
コゲラ
f0118332_22452272.jpg
仕事終わって帰ろうとしたら、別の地点でヘルプ要請あって回り道。いつもと違う道を帰ったらオシドリ見られた。
メスがずっと交尾姿勢とっているのに、オスは自分を美しく見せることに夢中(笑)

# by akanezumi1984 | 2017-03-30 22:50 | 生き物 | Comments(0)

晴れじゃなかったの?

f0118332_23010907.jpg
天気よさそうなので、今日明日で月山、高舘山あたり・・・と考えていたが、急に仕事に。
家から近いところでよかったけど。
地点周辺で春を探してみたけれど、フキノトウくらいしかなかったなぁ。
f0118332_23012466.jpg
標高250mくらいの耕作放棄地だけど、あちこちにまだ雪が残っていた。
f0118332_23013796.jpg
昨年よりイノシシの掘り返しが豪快になっていた。農道脇でなにやら芋のようなものを食べ散らかしていたが、なんの植物かわからず。
f0118332_23015093.jpg
わんこブローチ、明日発送できるかな?

# by akanezumi1984 | 2017-03-29 23:05 | つぶやき | Comments(0)
昨夏、ライチョウサポーターの雨飾さんに白馬大池近くのライチョウがよく見られるところを案内していただいた時に、白いのも見たいねという話になり、3月に乗鞍行こうと約束していたのだった。
金曜夜に出かけて、土曜の早朝安曇野に到着。一時間半くらい車で寝て、雨飾さんと合流。他の皆さんとの待ち合わせに一時間も早く集合場所の乗鞍スキー場駐車場着。
おいおい皆さんも集まり、予定より早く出発。まずはリフト3本乗り継いでゲレンデトップに向かいます。
f0118332_14440063.jpg
リフトとリフトの間はけっこう離れていて、ちょっと歩きます。既に標高2000mくらいですが、ここ、夏はバスが通るんだ・・・
f0118332_14500239.jpg
最後のリフト。土曜で予報もよいので、賑わってます。
f0118332_14501488.jpg
リフト終点。ここからハイクアップです。みなさんバリバリの山スキーヤーで、おいらだけスノーシュー。
f0118332_14505012.jpg
風がなく、お日様さんさんなので、歩くと暑い。
f0118332_14512004.jpg


f0118332_15313519.jpg
ん?雨飾さんが2人いる!事件(笑)ザックとウエアの色が同じ人が通過ー。
f0118332_15315237.jpg
ツアーコースを一時間ほど登った後、ライチョウがいる可能性のある樹林に入って、探しながら登ります。
こんな快晴では、ライチョウは木の周りのくぼみに隠れているとのことだったが、後でこの時期はもうオスは稜線まで行ったり来たりしていると知る。
f0118332_15320237.jpg
穂高がどーんとど迫力でそびえてます。ライチョウは天気悪い方が見やすいのだけれど、いい天気でないとこの景色は見られない。
f0118332_15323378.jpg
しばらく樹林のずぶずぶに苦戦した後(スノーシューでは雪ごとずりずりして、トラバースきつかった)位ヶ原の開けた雪原に出た。
風が当たるところは雪が締まっているので歩きやすい。

f0118332_15325029.jpg
みんな散開してライチョウを探しながら進む。木の根元をチェックしていくと、あった、あった!ライチョウのためフン。
ここで一晩休んだのだろう。くぼみにフンがごっそり。
f0118332_15332894.jpg
f0118332_15335173.jpg
ライチョウの足跡も発見。足の裏までびっしりとふかふかの羽毛で覆われているので、まるで水かきがあるような形。
f0118332_15341531.jpg
眼下に位ヶ原山荘が。小屋に下る間も、木のあるところを探しながら行く。
f0118332_15342927.jpg
2月から毎日営業している位ヶ原山荘。布団があり、食事もできる営業小屋。
f0118332_15344073.jpg
ストーブとこたつがある楽園!
f0118332_15345530.jpg
土曜はライチョウ的には最もよくない快晴でしたが、日曜はライチョウ日和?
f0118332_15405913.jpg
食堂のストーブ周りで団らん。
f0118332_15414409.jpg
昼ご飯二日分のパン4個買ってあったが、おいしそうなのでうどんを注文。きくらげたっぷりで、梅干しもちょこん。
f0118332_15415814.jpg
標高高いからちびうさ作るの大変かなと思って行ったが、日差しで表面の雪が緩んでいたのでチャンス。左がおいら。右が雨飾さん作。
雨飾さんもおいらの影響で作るようになって、ここ数年長野で作り続けてくれていて、ちびうさ長野県支部長なのだ。
f0118332_15421118.jpg
ここは鳥海山の山頂くらいの高さなのに、夏はバスが来るってか。
f0118332_15423447.jpg
みなさん食堂でビール飲んだり、団らんしている間、おいらはこたつでちょっと昼寝。ほとんど寝てなかったからね。
f0118332_15425590.jpg
3時からまたみんなでライチョウ探し。小屋のすぐ北側に散開して探しながら登る。行きは当たらなかったが、帰りに沢よりに歩いたら、たくさん足跡が見られた。
f0118332_15431536.jpg
まるでノウサギみたいな感じ。冬の間はずっとダケカンバの芽を食べているそうで、細い枝先が低く出ているところをついばんでいる。
f0118332_15440070.jpg
夕食は、小屋名物のシカ鍋。肉の下に野菜がたっぷりなのが嬉しい。薄味だけどおいしいスープ。
f0118332_15442926.jpg
鍋の他におでんの小鉢と温かいチキンのホイル焼き、きんぴら、サラダ、リンゴのワイン煮。
f0118332_15450020.jpg
消灯時間まで、こたつ宴会!しかし、ツアーの団体さんがなかなか到着しなくて、なんだかやきもきしながらだった。
結局着いたのが8時半!無事でよかったけれど、ガリガリクラストの急斜面をアイゼンに慣れてない団体さんが真っ暗になってから下山は怖すぎるなぁ。
外は星がすごく近くてきれいでした。
f0118332_15453886.jpg
日曜は4時半に起きて5時に朝食!朝ごはんも全体に薄味で、おいら好みでした。
f0118332_15462353.jpg
天気が悪くなるので、予定より早く下山することになったが、他のみなさんがご飯の後少し休憩する間、おいらと雨飾さんだけで一時間ちょっと近くをライチョウ探し。
f0118332_15475127.jpg
昨日の足跡は上に向かっていたが、夜から朝は餌場と隠れ場所になる木のあるところに戻ってるのを期待して探し回ったが、残念ながら見つからず。
f0118332_15480738.jpg
でも、幻想的できれいだ。
f0118332_15482465.jpg
7時にみなさんと合流し、下山開始。
f0118332_15484920.jpg
おやっ、晴れてきたぞ。
f0118332_15492447.jpg
雪の予報がこんないい天気に!でも、一時的なもので、ここから少し行ったら雪になりました。
f0118332_15502667.jpg
スキーの方たちはびゅんびゅん滑って行く。雨飾さんはところどころで待っててくれたので安心して下れた。
帰りはリフト乗れないのでちょっと長かったが、それでも9時前に駐車場に着いてしまった。
温泉に入ってから、素敵なカフェに寄り道。
f0118332_15504817.jpg
f0118332_15510297.jpg
お店に着いてまだ10時。ケーキセットもいいなと思ったが、朝ごはんが5時だったのでお腹がぐうぐう、10時半に昼ご飯たべちゃった。
楽しくお話して、お昼くらい解散。
当初予定だと山形帰るのは深夜と思っていたので、ウサオを月曜までお願いし、場合によっては安いゲストハウスに一泊してから帰ってもいいかなと思っていたが、早く下山したのでそのまま帰ることに。

真っ白のライチョウには会えなかったが、フンや足跡を探して見つけられただけでも、わくわくしてとても楽しかった。
土曜は天気がよくて素晴らしい景色が見られたし、山小屋は快適だったし、同行のみなさんがとても楽しい方たちだったしで、長距離運転して行った甲斐ありの週末だった。

# by akanezumi1984 | 2017-03-27 15:51 | お出かけ | Comments(0)

長距離運転がんばるぞ

f0118332_21260734.jpg
ザックとかいろいろ部屋に転がしていたら、こんな小さなカミキリムシが・・・
うーん、いつどこから紛れてきたものやら。(ザックは宮崎に持って行ったのと別)
f0118332_21261833.jpg
さて、ちゃんと荷物の準備するより、こんなの作るのにかまけていて、出発が遅くなってしまった。
当初、現地で友人三人と会えるかと思っていたが、しばらく前に一人キャンセル。最近になってもう一人も休みが合わず、会えないことになったから、お土産のちくちくは一個でいいかとのんきにしていたら、初対面の人が三人同行と直前にわかった。
知らない方たちだし、前から案内をお願いしていた友人の分だけでいいじゃないかとも思うのだが・・・一人にだけ渡しにくいかなとか思ってがんばってしまった。
さて、明日の朝6時に安曇野集合なので、もう出かけないと。休憩考えるとあんまり余裕がなくなってしまったよ。

# by akanezumi1984 | 2017-03-24 21:31 | つぶやき | Comments(0)

お彼岸

例年だと彼岸の入りから中日まで実家にいるのだが、今回は宮崎行きのため終盤2日だけに。
水曜に親戚まわって、今日お寺さんへ。
f0118332_174561.jpg

本堂の入り口はこんなで、位牌堂の入口からしか入れません。
f0118332_17461326.jpg

例年よりは雪少ないなと思うけれど、誰も墓には行かず、位牌堂と本堂にお参りするだけ。

前に何度か4月の法事にお墓まで行ったが、通路の真ん中を少しでもはずすと腰まではまるからね…
# by akanezumi1984 | 2017-03-23 17:49 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984