5/3月山の日?

5/3、GWでさすがに人が多く、会えた方々の他にも知ってる人がたくさん月山に来ていたようだ。
リフトを降りたところでは、震災後のボラ仲間と4年8ヶ月ぶりに感動の再会。朝日縦走で以東の小屋に泊まってくれて以来。
f0118332_23574179.jpg
今回は長野の雨飾りさんとその山スキー仲間さんたちと合流(おいらだけスパ長)
f0118332_23581071.jpg
f0118332_23584242.jpg
おいら以外のほとんどの方が重い一眼レフ持ち!
f0118332_23585466.jpg
四谷沢から牛首に向かって、ヒヨドリの群が飛んで来たが、よほど疲れているのか向かい風が強いわけでもないのに、ちょっと飛んでは降り、ちょっと飛んでは降りしていた。
f0118332_23591783.jpg
はぁーぁ、美しいねぇ。
f0118332_23595472.jpg
遠目にはのっぺりして見えるけれど、最後はけっこう急です。
f0118332_00001114.jpg
もう少し。
f0118332_00002529.jpg
かなり気温が上がっていたが、スタートが早かったので、まだ氷が残っていた。
f0118332_00004414.jpg
別グループで先月高館山でお会いしたmorinoさん、tamyさん、モンキィさんも登ってた。
f0118332_00005983.jpg
f0118332_00014225.jpg
f0118332_00021102.jpg
f0118332_00023455.jpg
スキー組は昼ご飯も食べずに、東斜面に吸い込まれて行った。
f0118332_00085304.jpg
ちびうさセッション。左からmorinoさん、tamyさん、おいら。
f0118332_00090528.jpg
撮影するナカシイさん。
f0118332_00092042.jpg
スキー組が戻るまで時間がたっぷり、と大き目のウサとクマを作っていると・・・
f0118332_00095300.jpg
スキー組いつの間にか戻って、雪ちょしに参戦。
f0118332_00101498.jpg
ゲキさんが倒れて叫んでいる人を作っていたので、足に噛みつくサメを作ってみた。
f0118332_00103137.jpg
姥沢からブナ林にドロップ。
f0118332_00105917.jpg
当初皮松谷地も予定していたが、山頂で雪ちょしが盛り上がり過ぎて時間がなくなった(笑)

# by akanezumi1984 | 2017-05-05 00:11 | おらいの山 | Comments(2)

縄張り巡回?

明日遠来の友人が月山に滑りに来るのだが、以前お連れした場所にも寄りたいかもとのことなので、ちょっと下見。なんてね、ただいつもの自分の気に入りの場所に行っただけですが。
のんびりウサオと過ごしてから、ゆるゆる出発し、寄り道だらけ。
f0118332_23094023.jpg
八幡坂のヤマザクラがきれい。そして対岸でブナの峰走り。
f0118332_23100276.jpg
弓張にコブシとサクラも咲き、カケスとツグミとムクドリが雪のとけたところに集まって採餌していた。
f0118332_23101280.jpg
f0118332_23104920.jpg
博物園裏はもう渡れないな。
f0118332_23110538.jpg
どんどん崩れて行く。上の大きなミズナラも時間の問題か?
f0118332_23113832.jpg
森の妖精に撮ってもらいました。
f0118332_23123126.jpg
石跳沿いを歩いて春木戸の少し上くらいから右岸に上がって、ぶし沼へ。ここで〇ベールのパンでランチ。んまっ。
f0118332_23124646.jpg
f0118332_23125816.jpg
風もなく、焼山尾根を快適に歩く。
f0118332_23132087.jpg
今日は空気が澄んでいて山がきれいだよ。
f0118332_23133124.jpg
だいぶ割れて来ましたな。


f0118332_23134310.jpg
三山を眺めるうさ。
f0118332_23142603.jpg
皮松谷地に花チェックに行く。
f0118332_23143775.jpg
この界隈は、初めて来た時にクマ棚だらけだった。もう、とうに棚はなくなっているが、不自然に枝が剪定されてる木は・・・
f0118332_23144828.jpg
爪痕めちゃくちゃ。
f0118332_23152999.jpg
まだ花は盛りには早いようで、ミズバショウが小さく、リュウキンカはまだぼつぼつ。
f0118332_23161541.jpg
f0118332_23162642.jpg
ヤドリギは、これで花が咲いている。
f0118332_23165702.jpg
赤見堂
f0118332_23173415.jpg
下皮松からリュウキンカ沼通って石跳に下り、博物園に戻る。
f0118332_23175209.jpg
博物園の近くで出発直後に見たキビタキがまだいた。今年初キビタキ。
博物園に寄ったら、山頂までスキーで行っていた友人も現れ、あまりの顔の黒さに皆に笑われる。裏表わからないくらいに黒いぞ。
さて、明日は待ち合わせがあるから早起きしないとなぁ。

# by akanezumi1984 | 2017-05-02 23:18 | おらいの山 | Comments(0)

引きこもりの日

昨日満足したので、今日はひきこもり。
f0118332_00312476.jpg
ものすごく久しぶりに粘土触った。寒いと固くて伸びが悪いのだと思い、暖かくなるまで待ってみたけれど、やっぱり伸びが悪い。買い置きのは開封していなくても、質が落ちてるのかも?
f0118332_00313215.jpg
前に試しに水フェルトでコースター作ってみたけれど、どうも水フェルトは慣れないせいか、かえって大変なので、ニードルフェルトで試作してみた。最近、FBで羅臼のシャチの写真や動画毎日見ているので、シャチ見に行きたくなって困る。
# by akanezumi1984 | 2017-05-02 00:35 | 発作的創作 | Comments(0)
遠くの現場が続いて、移動日でつぶれてしまうため、二週間休みなしになってしまってましたが、あとは連休明けまで仕事しませんぞ。
そんなわけで、久しぶりにおらいの山に向かいました。
たまたま前夜にほっづこっづで雪ちょし隊の隊長と監督も行くことがわかり、せば一緒にということで志津野営場集合して一台で姥沢に行くべと話がまとまったわけですが。
f0118332_01282228.jpg
道路端に普通にいろいろ咲いているので、寄り道。西川の集落は少し標高高めなので、まだカタクリが見頃。
f0118332_01283142.jpg
お隣にはキクザキイチゲ
f0118332_01284106.jpg
単独なら志津野営場に車を置いて、バスで移動を考えていたが、隊長車に乗せてもらって姥沢へ。
連休序盤は、まだ平日挟むせいか駐車場も空きがあり、リフトも並ばず済みました。
f0118332_01285298.jpg
リフト乗り場にイワツバメが帰って来て、巣作り中。
f0118332_01244454.jpg
今回、二人は岩礁55(素敵なスパイク長靴)で、おいらだけスノーシュー。スノーシュー履く間にと早くも雪ちょし始める隊長です。
雪ちょし隊長だがらね。
f0118332_01250754.jpg
いつもは姥ヶ岳経由ですが、この日は下道トラバースルート。金姥の急斜面を先に滑り降りて、上の二人を見上げたら、イヌワシがけっこう近くに!(といっても真上のタイミングでは撮れず、相当トリミングしてますが)
タヌキ尻尾が二つも見えたで、気になって確認しに来たような(笑)
ここ数年月山でイヌワシを見る機会が激減しているので、活動エリアがまた戻るといいなぁ。
f0118332_01251866.jpg
下道を歩いているうちは風もあまり当たらず、暑くて薄着で歩いてましたが、牛首で稜線に出たら強風。さらに山頂直下の急斜面に入るとものすごい強風で鼓膜が痛い。鍛治月光から先はものすごい追い風で楽っちゃ楽でしたが(笑)
f0118332_01292067.jpg
鍛冶小屋跡近くのお稲荷さんがバラバラに壊れていた。
f0118332_01253399.jpg
鍛冶小屋跡を過ぎるとさらに風は爆風と化し、よろけてまともに進めない感じに。
f0118332_01254741.jpg
這うように神社にお参りした後、頂上小屋の陰に逃げ込む。素敵な真っ白な新雪があるので、隊長とそれぞれにやや大き目のウサギを作るも、小屋の壁バックではね・・・と、よろよろと頂上方向が背景になるよう数メートル移動させて撮影。
あまりの爆風ぷりにぶれて景色を撮るのもままならず、さっさと下山。
f0118332_11332549.jpg
鍛冶小屋跡から下になると、普通に立てるくらいの風に。
f0118332_11335501.jpg
下りは尻滑りしながら。気温が高く、日差しがあるので、雪が柔らかすぎて滑りが悪かったけどね。
f0118332_11342627.jpg
スキー場の沢コースはこの少し先から下までノンストップで尻滑り。おいらは数年前に頸椎ヘルニアになってから尻滑りは封印していたが、これだけ雪が柔らかければ大丈夫かなと今回は解禁。
f0118332_11343782.jpg
こぶコースが現れていた。
隊長と監督はもう満足したー!と、姥沢から車で帰り、おいらは予定通り一人でブナ林を下った。
f0118332_01260313.jpg
根開きが進んでいます。
f0118332_01262511.jpg
f0118332_01263680.jpg
大門海が割れて来た。
f0118332_01264570.jpg
ヤドリギ
f0118332_01270385.jpg
周海沼
f0118332_01271701.jpg
人っ子ひとり見かけず、歓声も聞こえず、静かな森を独り占め。あまりに気持ちよくて、魂抜けそうでした。
f0118332_01272887.jpg
博物園の雪壁。
f0118332_01274451.jpg
地蔵沼も今とてもきれいですよ。
f0118332_01275255.jpg
クアックアッと声がして、オシドリが降りて来た。
f0118332_01280045.jpg
こちらは志津の五色沼のキンクロハジロ。まだ北に帰らないのかい?二羽いたけど、どちらも♂だったから、伴侶が見つからなくて子育てしないからのんびりなのか?
ゆみはり茶屋覗いたら、開店準備されていたので、フェルト作品を納品。
一週間ぶりの帰宅後、まだ買い物してなかったので、スーパーも寄ったら帰宅が8時過ぎて、お腹がぺこぺこに。
ずっと宿で出されたものを食べるだけの生活が続いたので、自炊が億劫になってしまわないようにしないと。

# by akanezumi1984 | 2017-05-01 01:30 | おらいの山 | Comments(0)

こまごまと忙しく

f0118332_01022034.jpg
23日の昼前に出かけて、28日の夜遅くに帰宅となり、うんこでお尻がガビガビのウサオを洗ってやるのは29日に。
とりあえず仕事のメール済ませたり、洗濯はしたものの、部屋の片づけや買い物は後回しで来月3日オープンのゆみはり茶屋に出すものの準備に手をつけて深夜に・・・
いろんなことする合間、合間にウサオにかまってやるが、けっこう夜遅くなるまでおしっこが出ない日で心配した。
日付変わる前にやっとしてくれて、一安心。時々長時間ウサオのおしっこ出ないことがあってひやひやする。
f0118332_01024436.jpg
f0118332_01040488.jpg
ちょっとずつ準備しておけばよいのに、直前になって一気にやるから深夜になる・・・
まだ数日あるけれど、毎日西川に行くわけではないからなぁ。
てなわけで、今年もゆみはり茶屋さんにフェルトと粘土(今年はまだ作ってないけれど)をちょびちょびおかせていただく予定ですので、月山の帰りにでも覗いてみてください。オープンは、5/3からとのことです。

# by akanezumi1984 | 2017-04-30 01:15 | つぶやき | Comments(0)

あと1日だー

3泊4日で福島のあと、家に一泊してすぐまた青森に5泊6日の、最後の夜。
明日でやっと帰れるぞー。
f0118332_22181769.jpg

この宿の最後の晩餐。お刺身スペースが空いてるけど、ホタテがあるからかな?と食べ始めたら…
f0118332_22202381.jpg

やっぱりお刺身あったのか。並べるの忘れてた?(笑)
f0118332_22215471.jpg

昨日フクロウ見られたので作ったが、遅くなったので更新せずでした。
f0118332_22242519.jpg

こっこもさっきでけた。
さて、あと1日だ、がんばろう。ウサオのお迎えできる時間に帰れますように。
# by akanezumi1984 | 2017-04-27 22:25 | 仕事 | Comments(0)

3日目終了なのに…

昨日は朝から晴れて暖かく、宿の裏の畑で犬が日向ぼっこしていた。
f0118332_2042057.jpg

午前中は頭がぼーとづるほど暑かったが、午後には雨が降って肌寒く。
f0118332_2045251.jpg

目玉がないのに、うっかりネコに手をつけてしまった。目玉で印象ががらっと変わるので、目玉入手してからでないと、無駄な努力になりかねない。黒目だけのでもいいのかもだけれど?
f0118332_20493013.jpg

今日は朝から雨で憂鬱だったが、何度か止んでる時間があって、救われた。ずーっと降りっぱなしだと写真撮ったり、記入するのも大変。
f0118332_20535846.jpg
f0118332_2053379.jpg

雨のおかげで出会えたものも。
f0118332_2054537.jpg

降りが強い間に、逆に飛ばないだろうから地点離れられるなーと、傘さしてコンデジだけ持って道の先の様子を見に行ったら、フクロウ見つけた!
f0118332_2057218.jpg

晩ごはんのおまけにクリガニ。おかみさんが、カニ食べられますか?と聞くので、なんで聞くのかと思ったら、小さくて食べるのが難しいからか。
食べ方教えてもらって、無事おいしいカニ味噌食べられた。身はほとんどないな(笑)
さて、3日でこの現場は終わりなのだが、すぐ近くの2日間の別現場に続くから、まだ帰れない。
# by akanezumi1984 | 2017-04-26 21:00 | 仕事 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31