山が白かったので・・・

昨日山に行ったばかりだが、また晴れ予報。今週は入っていた現場が客先都合でキャンセルになったので、晴れなら家にいるのはもったいない。夜早く寝ないから、早起きして遠くには行けないし、やっぱりおらいの山か?と思っているところにFBで月山白いとの情報が・・・
f0118332_23170502.jpg
夕方まで晴れの予報だから、山頂にだけついている雲もとれるかも?と期待して姥沢へ。
f0118332_23173438.jpg
しかし、あっという間に灰色の空になった。でも、晴れたら晴れたで、せっかくの霧氷がどんどんとけてしまうしね。
f0118332_23175190.jpg
霧氷は金姥の裏や、柴灯森の西斜面にもついていたが、風が当たらない木道コースにしたので、近くで見られたのは牛首から。
牛首から先は全面的に霧氷だらけで、非常に美しい。
f0118332_23180635.jpg
この後、雲の中へ。
f0118332_23182982.jpg
すっかりガスガスですが、霧氷が美しいので嬉々として写真撮りまくり。
f0118332_23192410.jpg
晴れ予報だったので、平日でも駐車場にはけっこう車があったが、まるっきり観光でリフト乗るだけの人が多かったようだ。
登る人も寒さとガスで牛首で引き返す人が多く、あまり人に会わず。
f0118332_23195596.jpg
氷はなにもかもを美しくするなぁ。
f0118332_23200740.jpg
ほとんど人いないなと思っていたら、神様に会った。今年はさっぱり月山来てないなんねがと言われてしまった。
今年は他の山にけっこう行ってしまったからなぁ。
f0118332_23205339.jpg
ミヤマキンバイが一輪がんばっておりました。
f0118332_23203330.jpg
ここを越えると強風になるかと思っていたが、全然変わらず拍子抜けするくらい穏やか。(風がないわけではないが)
f0118332_23212293.jpg
お地蔵さん移動。でも、まだ本格的な冬支度になっていないな。
f0118332_23214285.jpg
一瞬ガスが切れた。
f0118332_23222607.jpg
もうちょっと晴れてくれるかと期待したが、ほんとに一瞬で、また真っ白けに。
f0118332_23220602.jpg
うっすら太陽。
f0118332_23224537.jpg
f0118332_23230341.jpg
f0118332_23231870.jpg
思ったより暖かく、山頂の霜柱は溶けてどろどろに。
f0118332_23235361.jpg
f0118332_23241857.jpg
今頃になってサマーヌードルを食べる。
f0118332_23243232.jpg
牛首の方が霜柱が融けずに残っていた。
f0118332_23244838.jpg
レースのよう。
f0118332_23245679.jpg
氷の模様は美しいので、毎年飽きずに撮ってしまうなぁ。
f0118332_23253288.jpg
かりんこりんよ、さらば。次は雪積もったらだ。
f0118332_23254524.jpg
帰りも木道コースで。
f0118332_23260578.jpg
やっとガス帯抜けた。
f0118332_23262485.jpg
リフト下駅あたりは紅葉終盤。志津~姥沢の間はブナがいい感じです。
リフトの運行は、22日の日曜まで。

# by akanezumi1984 | 2017-10-18 23:26 | おらいの山 | Comments(0)

二週間ぶりのおらいの山

以東に行ったり、芋煮会だったりの週末が続き、おらいの山に二週間も行ってなかった・・・今週は予定していた仕事がキャンセルになって時間ができたので、晴れたら行くべと思っていたが、ちょと出遅れた。
f0118332_23402764.jpg
夏と違い、日が短いので、姥沢までバスで行って時間短縮し、装束場を下ろうと考えた。その前にちらっと地蔵沼の紅葉チェック。
車ですぐ近くまで行けるので、平日なのに賑わってました。
下山場所になる博物園に行くと、博物園開設時からのおなじみの写真家のKさんが。久しぶりなのでお話したかったが、バスの時間があるので挨拶だけに。
f0118332_23404357.jpg
車を置いてバス停に向かうと、山オヤジ様が。これまで個人的に観察してきたミヤマニガウリを、今年は京大の研究者の方の研究に協力して観察しているのだそうな。
ゆっくりお話しする時間ないのが残念(あと一時間は早く来い!)少しだけお話してぱたぱたバス停に向かう。
f0118332_23405640.jpg
バス貸し切りで姥沢に到着。大空と美しいブナ林にテンションが上がる!
f0118332_23414655.jpg
落葉して白くなったブナも好きな景色だ。
f0118332_23420503.jpg
晴れると紅葉が映える。
f0118332_23422006.jpg
と、喜んだのもつかの間。リフト降りたら曇ってて寒い。
f0118332_23425417.jpg
草黄葉もすっかり終わった。
f0118332_23431251.jpg
それでも、ちびちびと楽しみを見つけて歩く。苔がきれいだった。
f0118332_23432892.jpg
金姥の分岐でパンと紅茶、果物で昼食。石碑の前に小銭・・・100円玉もあってびっくり。
f0118332_23434726.jpg
ワシでも飛ばないかなと、時々立ち止まって探したが、飛ばない。少し下ったあたりで、登ってくる人と一人だけすれ違った。
f0118332_23440395.jpg
装束場の小屋遠望。
f0118332_23441934.jpg
浄身沢の湧水を一口飲む。ここの水が飲めるのは年に4ヶ月くらい?あとは雪に埋もれてる。
f0118332_23443560.jpg
ふと振り返ると、ワシいた!!が、すぐに尾根陰に。また出ないかと待っていると、一度見られたが、合計しても10秒くらいしか見れず。
f0118332_23444924.jpg
装束場の少し上の草地の盆栽ナナカマド1号。
f0118332_23450426.jpg
盆栽ナナカマド2号がちょうど紅葉していた。
f0118332_23453693.jpg
バス停に向かう時にちょっと走ったせいか、右膝が少し痛む。
f0118332_23454774.jpg
装束場の下、元の橋折れの対岸がとても美しい。
f0118332_23460220.jpg
黄葉だけでなく、落葉したブナもまた美しい。
f0118332_23461610.jpg
また晴れてきた。
f0118332_23463834.jpg
ハウチワカエデが鮮やか。
f0118332_23465362.jpg
ブナの実が少し落ちているが、中身は空なのばかりだった。
f0118332_23470610.jpg
ブナの黄葉は博物園の周回沼付近まで降りつつある。
f0118332_23472109.jpg
マユミ。
f0118332_23473879.jpg
周海沼上部。
f0118332_23475415.jpg
実をつけている木はほとんどないようだ。
f0118332_23481079.jpg
日暮が早くなったなぁ・・・
f0118332_23482396.jpg
ジグザグを下る。
f0118332_23484825.jpg
交尾中のハヤチネフキバッタ。

地蔵沼なら車から降りてすぐだし、平らだから、高齢の叔母さん連れて行きたいなと思ったが、明日はなにか習い事してる日か。
あさってから雨っぽいしなぁ。うーむ。

# by akanezumi1984 | 2017-10-17 23:49 | おらいの山 | Comments(0)

むかごご飯

f0118332_21190216.jpg
芋煮会の合間に、近くで集めたヤマイモのむかごで、むかごご飯。
夏越しでぱさぱさになった古米にもち米混ぜたので、もちもち。むかごがほくほくでおいしかった。
f0118332_21191688.jpg
餃子の皮にココナツバター塗って、紅玉のスライスをチンしたのを載せ、ココナツパウダーぱらっと。オーブントースターで数分焼いただけの超簡単おやつ。
以前はクリームチーズでやっていたけれど、しばらく前に七日町まで徒歩で行った時に覗いた店でなんとなく買ったココナツバターとココナツパウダー消費作戦(笑)
買い過ぎたリンゴ、これではさっぱり減らないので、生でも毎日食べるけれど、まとめて煮ておかないと味が落ちてしまうかな。
夏に浴槽にお湯張りができなくなったが、夏場はシャワーだけでもよいのでほったらかしていたが、本格的に寒くならないうちに手をうたないと・・・と思って、やっとガス会社に来てもらったら、もう部品がないので交換になりますと。
げ、修理じゃなくシステムごと交換!なんと20万円以上かかるらしい。
このマンションは全部同じ時に同じものが入ってるから、うちの前にも2軒ほど連絡あったそうな。
メーカーは次々新製品出して、修理対応する期間は短くなるばかりで困ったもんだ。


# by akanezumi1984 | 2017-10-16 21:30 | FOOD | Comments(0)
ギエンタイの芋煮会は、遠くから来てくれる仲間もいるので、そのまま河原でテント泊になるため、夜も宴会は続き・・・おいらはウサオの世話のため、夜10時頃離脱して、翌朝また7時過ぎに復帰。
f0118332_20021455.jpg
既に朝食のフレンチトーストを食べたらしい。
f0118332_20023787.jpg
去年は芋煮がちょっと足りなくなったが、今回は多めに準備&次から次にいろいろ作っていたので、たっぷり残った。
うどんを入れて、これも朝食に。
f0118332_20024548.jpg
夜中抜けて朝復帰した、隊長とおいらにフレンチトースト焼いてくれました。
ホテルで出されるふんわふんわのレシピだそうで、4cmの超厚切りパンを片面12時間ずつ卵液に浸して、中心部までしみこませるのだとか。そして、弱火で時間をかけて両面焼くだけあって、ふんっわ、ふわ。
f0118332_20025861.jpg
ボリュームあり過ぎなので、隊長と半分こ。芋煮うどんも食べるし。
とりあえず、朝ごはん終了したと思い、みんなでせっせと後片付け。テントやテーブルを撤収し、鍋や食器もきれいに洗ったのに・・・
f0118332_20032175.jpg
なぜか、また料理ができていた(笑)
きれいに洗った鍋がまた外側ススで真っ黒けですが、鶏肉と大量の野菜が入って、超絶おいしいスープなのでいいのです。
f0118332_20233331.jpg
そんなこんなで、例年なら朝食後に唐松観音散策していたのが、ただ食べてるだけで11時!(笑)
ここでタイムリミットの人もいて、急いで記念撮影。
また来年ここで会いましょう!
f0118332_20033814.jpg
でもまだ続きがある。テントや車に泊まった人がほとんどなので、温泉へ。
f0118332_20035534.jpg
そして、みんな大好きな肉蕎麦で締め。
f0118332_20234234.jpg
今度こそ本当に解散です(笑)
しかし、ここから二人、間髪入れずにラーメン食べに行くという・・・恐るべし胃袋!
一人は念願の芋煮会に初めて参加して、滅多に山形に来れないからと、ずっと行きたかった店をコンプリートしていきたいという野望を抱いての参加なのだった。そして、それにつきあうSきゅん。
駅まで一人送っている間に、ほんとうにラーメン食べてる写真が送られてきたが、その後夜まで静かになったので、さすがにその後の台湾料理やはお腹いっぱい過ぎて諦めたのかと思いきや、閉店でしかたなくだった。
食べる気満々だったのか!



# by akanezumi1984 | 2017-10-15 21:13 | FOOD | Comments(2)
ギエンタイの芋煮会は、遠くから来てくれる仲間もいるので、そのまま河原でテント泊になるため、夜も宴会は続き・・・おいらはウサオの世話のため、夜10時頃離脱して、翌朝また7時過ぎに復帰。
f0118332_20021455.jpg
既に朝食のフレンチトーストを食べたらしい。
f0118332_20023787.jpg
去年は芋煮がちょっと足りなくなったが、今回は多めに準備&次から次にいろいろ作っていたので、たっぷり残った。
うどんを入れて、これも朝食に。
f0118332_20024548.jpg
夜中抜けて朝復帰した、隊長とおいらにフレンチトースト焼いてくれました。
ホテルで出されるふんわふんわのレシピだそうで、4cmの超厚切りパンを片面12時間ずつ卵液に浸して、中心部までしみこませるのだとか。そして、弱火で時間をかけて両面焼くだけあって、ふんっわ、ふわ。
f0118332_20025861.jpg
ボリュームあり過ぎなので、隊長と半分こ。芋煮うどんも食べるし。
とりあえず、朝ごはん終了したと思い、みんなでせっせと後片付け。テントやテーブルを撤収し、鍋や食器もきれいに洗ったのに・・・
f0118332_20032175.jpg
なぜか、また料理ができていた(笑)
きれいに洗った鍋がまた外側ススで真っ黒けですが、鶏肉と大量の野菜が入って、超絶おいしいスープなのでいいのです。
f0118332_20233331.jpg
そんなこんなで、例年なら朝食後に唐松観音散策していたのが、ただ食べてるだけで11時!(笑)
ここでタイムリミットの人もいて、急いで記念撮影。
また来年ここで会いましょう!
f0118332_20033814.jpg
でもまだ続きがある。テントや車に泊まった人がほとんどなので、温泉へ。
f0118332_20035534.jpg
そして、みんな大好きな肉蕎麦で締め。
f0118332_20234234.jpg
今度こそ本当に解散です(笑)
しかし、ここから二人、間髪入れずにラーメン食べに行くという・・・恐るべし胃袋!
一人は念願の芋煮会に初めて参加して、滅多に山形に来れないからと、ずっと行きたかった店をコンプリートしていきたいという野望を抱いての参加なのだった。そして、それにつきあうSきゅん。
駅まで一人送っている間に、ほんとうにラーメン食べてる写真が送られてきたが、その後夜まで静かになったので、さすがにその後の台湾料理やはお腹いっぱい過ぎて諦めたのかと思いきや、閉店でしかたなくだった。
食べる気満々だったのか!



# by akanezumi1984 | 2017-10-15 21:12 | FOOD | Comments(0)
ギエンタイの芋煮会は、遠くから来てくれる仲間もいるので、そのまま河原でテント泊になるため、夜も宴会は続き・・・おいらはウサオの世話のため、夜10時頃離脱して、翌朝また7時過ぎに復帰。
f0118332_20021455.jpg
既に朝食のフレンチトーストを食べたらしい。
f0118332_20023787.jpg
去年は芋煮がちょっと足りなくなったが、今回は多めに準備&次から次にいろいろ作っていたので、たっぷり残った。
うどんを入れて、これも朝食に。
f0118332_20024548.jpg
夜中抜けて朝復帰した、隊長とおいらにフレンチトースト焼いてくれました。
ホテルで出されるふんわふんわのレシピだそうで、4cmの超厚切りパンを片面12時間ずつ卵液に浸して、中心部までしみこませるのだとか。そして、弱火で時間をかけて両面焼くだけあって、ふんっわ、ふわ。
f0118332_20025861.jpg
ボリュームあり過ぎなので、隊長と半分こ。芋煮うどんも食べるし。
とりあえず、朝ごはん終了したと思い、みんなでせっせと後片付け。テントやテーブルを撤収し、鍋や食器もきれいに洗ったのに・・・
f0118332_20032175.jpg
なぜか、また料理ができていた(笑)
きれいに洗った鍋がまた外側ススで真っ黒けですが、鶏肉と大量の野菜が入って、超絶おいしいスープなのでいいのです。
f0118332_20233331.jpg
そんなこんなで、例年なら朝食後に唐松観音散策していたのが、ただ食べてるだけで11時!(笑)
ここでタイムリミットの人もいて、急いで記念撮影。
また来年ここで会いましょう!
f0118332_20033814.jpg
でもまだ続きがある。テントや車に泊まった人がほとんどなので、温泉へ。
f0118332_20035534.jpg
そして、みんな大好きな肉蕎麦で締め。
f0118332_20234234.jpg
今度こそ本当に解散です(笑)
しかし、ここから二人、間髪入れずにラーメン食べに行くという・・・恐るべし胃袋!
一人は念願の芋煮会に初めて参加して、滅多に山形に来れないからと、ずっと行きたかった店をコンプリートしていきたいという野望を抱いての参加なのだった。そして、それにつきあうSきゅん。
駅まで一人送っている間に、ほんとうにラーメン食べてる写真が送られてきたが、その後夜まで静かになったので、さすがにその後の台湾料理やはお腹いっぱい過ぎて諦めたのかと思いきや、閉店でしかたなくだった。
食べる気満々だったのか!



# by akanezumi1984 | 2017-10-15 21:12 | FOOD | Comments(0)

ギエンタイ芋煮会2017

f0118332_18490476.jpg
芋煮会シーズン中、馬見ヶ崎付近のスーパー、コンビニは、毎年こんな状態。大変便利です。
朝から場所取りと買い出し。
f0118332_23200610.jpg
こんにゃくは包丁で切らずに手でちぎるのだけど、この前に箸かフォークで刺して穴だらけにしておくと、ちぎりやすいし、味もしみやすい。これ、芋煮の時の常識と思っていたら、案外知らない人もいるんだねぇ。
f0118332_18500351.jpg
毎年、隊長が作ってくれる玉こん。スルメでいい出汁が出ます。
f0118332_18513198.jpg
なんだかんだ、ちょうど昼くらには出来上がる。出入り自由のギエンタイ芋煮会は、朝来れる人だけで準備し、出来た頃に到着する人もいれば、夜にたどり着く人もいるので、遅れて来る人のために、別の鍋にとっておく。
f0118332_18520454.jpg
料理人だったメンバーが、自家製塩レモンとトマトのカッベリーニや、モズクの天ぷらを作ってくれた。
f0118332_18522365.jpg
東松島のHさんからは牡蠣の差し入れ!今年は牡蠣の生育がよくなくて・・・と言われたけれど、十分立派です。


f0118332_23210275.jpg
持ちより品いろいろ。おいらは菊とナメコ。今年は全然採ってないし、友人からも入手できなかったが、冷凍庫にあった去年のを練って。
隊長も同じくらい持ってきてくれたので、合わせてしまう。黒豆は、Mちゃんが栽培するところから作ったもの。
新潟から来てくれたTさんからも炊き込みご飯のおいしいおにぎり。
f0118332_23211218.jpg
写真では大きさがわからないと思うが、隊長が天日干しして作った、ピオーネとシャインマスカットの干しブドウ!
f0118332_23213001.jpg
ブドウ食べ比べ。
f0118332_23221548.jpg
お品書きにかめちゃんが・・・
f0118332_23230160.jpg
春にヨルダンに岩登りに行ったメンバーが、ヨルダン風のピタパン焼いてくれて、オリーブオイルとスパイスソルトつけて食べる。
f0118332_23231578.jpg
フェレットも初参加。
f0118332_23232768.jpg
芋煮の残りに玉うどんとカレー粉投入して、二度楽しむ。


f0118332_23240824.jpg
Mさんがいろいろスモークしてくれた。もう、昼から食べ通し!(笑)
f0118332_23241825.jpg
おのくん、増殖。
f0118332_23243310.jpg
いやー、久しぶりに牡蠣食べたー。
f0118332_23245007.jpg
何人かでムカゴ採りに出かけて大量ゲット。アケビも少々。
f0118332_23245831.jpg
山形ではアケビの皮だけ食べて、実は捨ててしまうが、ザルで種を濾してアケビの甘みを牛乳に混ぜるというのを作ってもらった。
ほんのり甘くておいしいが、種をつぶさないように味を牛乳に移すのがけっこう手間かかるね。
f0118332_23251422.jpg
暗くなってからも、なんだかんだ、作っては食べ、飲み、笑い、芋煮会は続く。
f0118332_23253038.jpg
沖縄料理が得意の料理人が、麩のチャンプルーを作ってくれた。スパムも入ってる。
他にもアヒージョだの、ササカマだの、果物など、どんだけ食べてんだかな一日。
ほとんどのメンバーは、そのままテントで泊まりだが、おいらはウサオの世話があるので帰宅して、明日の朝また行くことに。

# by akanezumi1984 | 2017-10-14 18:53 | FOOD | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31