<   2018年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

インドア

f0118332_22115147.jpg
f0118332_22120558.jpg
f0118332_22121229.jpg

by akanezumi1984 | 2018-01-20 22:12 | 発作的創作 | Comments(0)

無事終了

3日目は晴れてくれて、データもけっこう撮れてほくほく終了。
f0118332_23323971.jpg
縦に長い柿は、山形にはないので物珍しい。後ろにツグミ。
f0118332_23330051.jpg
風が強くて体感は寒いのだが、気温は高く、雪や氷がどんどんとけて、フキノトウも。
f0118332_23333029.jpg
ここからは初日の水辺の時の写真。餌付けされてるため、すぐ近くで撮れたので・・・
オナガガモのオス。
f0118332_23333907.jpg
オオハクチョウ。
f0118332_23335154.jpg
キンクロハジロ。翼の下から金色の目が・・・
f0118332_23340063.jpg
ホシハジロ。
f0118332_23341082.jpg
歩き方が変だと思ったら、足先がもげて痛々しいオナガガモのメス。
釣り糸が絡んで壊死したものか。
f0118332_23342960.jpg
セグロセキレイ。
割と近い現場だったので、ウサオを迎えに行く時間より早く山形に戻れた。
一ヶ月くらい腰痛が続いているので、接骨院に行こうかと思ったが、結局ペットショップでウサオのものを大量に買い込んで時間に。

by akanezumi1984 | 2018-01-19 23:35 | 生き物 | Comments(0)

雨でした

f0118332_21450461.jpeg
予報通り雨に。白鳥に餌やりに来る人なし。目の前にいるので、たまに白鳥の方を見ると向こうもじっと見てくる。見られてもあげるパンないよ。
f0118332_21480970.jpeg
部屋が暗くて目が疲れるが、キツネ作れた。明日は晴れ予報。水辺離れて田んぼに行かされるらしい。
by akanezumi1984 | 2018-01-17 21:50 | 発作的創作 | Comments(0)

やっと始まりました

初現場です。朝6時前に出たら、きっかり30分前に集合場所に到着。
f0118332_19422461.jpeg
地点は沼のほとり。雪がないからと、集合場所についてから四駆から二駆に切り替えてたら、駐車場に降りる道がごりごりの凍ってた!今日は気温が上がって、午後にはあらかた溶けてくれたが。
f0118332_19455046.jpeg
駐車場が水際にあるので、いろんな人が入れ替わりに白鳥に餌やりに来る。
f0118332_19482205.jpeg
狭いが十分。でも暗い。できれば電気スタンド欲しいところ。
f0118332_19503177.jpeg
備品にティーサーバーと書いてあったので、マイ電気ポット持参。冬はちびちび飲み用と昼のスープとかカップ麺用の2本のポット持って出かけるから、一度に300ccとかじゃやってられない。
f0118332_22110620.jpeg
部屋が暗いから白いの。ネックウォーマーに直接刺してみた。
by akanezumi1984 | 2018-01-16 19:54 | 仕事 | Comments(0)
一昨日体冷えたからか、昨日から頭痛がしていたのが、今朝ちょっとひどく、ウサオの世話した後にもう少し寝ようかとも思ったが、少し具合よくなり出かけることに。
f0118332_20373894.jpg
最近知人が撮った樹氷の写真見て、蔵王もいいなーと、ライザへ。(家出る時に月山見えて少し後ろ髪ひかれたけど)
f0118332_20375356.jpg
リフト2本使って楽して上へ。
f0118332_20380392.jpg
平日でゲレンデもすいていたけど、リフトより上はほとんど人がいなくて静か。
往復で見かけた人5んだけだった。
f0118332_20382959.jpg
1月にこんなに穏やかな日が続くとはねー。
f0118332_20390868.jpg
だーれもいない。中央ゲレンデの方から行くと平日でも賑わっているかな。
団体さんに当たるとうじゃうじゃと・・・
f0118332_20392856.jpg
エコーライン。
f0118332_20394572.jpg
雪これしかないんだ!
f0118332_20395387.jpg
おー、なんかテレビとかカレンダーとかでよく見る感じだ(笑)


f0118332_20404188.jpg
ゴジラいた!
f0118332_20405835.jpg
何年か前に来た時は、下界は晴れていたのにリフト降りたらホワイトアウトで樹氷見えずにすぐ下ったけれど、今日は天気に恵まれております。
f0118332_20411490.jpg
西の空はだんだん雲が・・・
f0118332_20414588.jpg
森林限界越えたら、いきなり強風。刈田神社がこの世のものでないみたい。
f0118332_20415311.jpg
エビの尻尾の世界。
f0118332_20423047.jpg
お釜・・・これ以上近づけず。
f0118332_20424230.jpg
青空続いてるから、せめて熊野まで行きたかったが、風が強すぎてまともに歩けなくなり、諦めて戻る。
f0118332_20430344.jpg
視界はいいんだけどねー。ぶっとばされそうな風です。
f0118332_20431691.jpg
ちょっと下ると普通に歩ける。
f0118332_20435542.jpg
ああ、生クリームが食べたくなる・・・ここに巨大な苺置きたい。
f0118332_20441004.jpg
風にえぐられる。動画撮ってるが、どうも最近YouTubeの貼り付けが拒否されるようになって、動画貼れない。
f0118332_20443071.jpg
ここまで来るとウソみたいに穏やか。
f0118332_20444475.jpg
ゲレンデ脇のブナ林の中を歩く。霧氷がきれいだし、雪はふわふわだしで、しあわせ、
f0118332_20450522.jpg
やっぱりブナはよい。
f0118332_20452139.jpg
まだ青空続いてる。
f0118332_20453637.jpg
お昼食べずに戻ったので、ライザのレストランでツララ眺めながら遅い昼ごはんに。
f0118332_20454633.jpg
20年ぶりくらいにここの窯焼きピザを。
明日から久しぶりの現場だから、ウサオを預けに行って、今夜は早めに寝なければ。

by akanezumi1984 | 2018-01-15 20:45 | ほかの山 | Comments(0)
GAGA主催の「雪山のリスクを学ぶ講習会」に二日間通いで参加(ほとんどの方は弓張泊)
(以前は「雪崩事故防止講習会」として開催されていた)
f0118332_22152480.jpg
午前中は屋内で月山山麓の雪山遭難事故の事例や、雪崩れの発生メカニズムの座学。
午後から外へ。3班編成で各班ごとに行動。
f0118332_22154471.jpg
雪崩の原因となる弱層をテストする方法を実際にやってみる。これは両手を使って簡易に調べるやり方。弱層ですこっとホールケーキみたいに雪の層がとれます。
f0118332_22155913.jpg
危険個所の確認や、通過方法なんかも班ごとにやってみます。既に雪庇が落ちてますなー。
f0118332_22162654.jpg
スコップを使った方法もやってみます。
f0118332_22171750.jpg
埋没体験。これは時間的に全員が体験することは無理ですが、見ている側も40cmほど埋まっただけでお互いに声が聞こえないこと、埋まった人は全く動けないことを実感できます。
(埋没者の安全確保のために、頭部には空間が確保されていて、体の周りも最初にブロック雪である程度ガードしてから雪を被せています)
f0118332_22173988.jpg
すぐ近くにいても、声が聞こえないので、ホースを通して会話。写真中央に人が埋まっています。
f0118332_22175217.jpg
雪氷研究所のKさんから積雪断面観察のレクチャー。ただ雪を掘って壁を出しただけでも、はっきりと雪の質が変わっている場所があるのがわかります。
f0118332_22181460.jpg
着色し、バーナーで表面を少し溶かすと、より細かい変化まで視覚化される。
雪の温度も計り、弱層ができるメカニズムを理解します。
f0118332_22183313.jpg
2日目も午前中は座学で、Kドクターから低体温症について学びます。
f0118332_22191139.jpg
場所を変えて、KドクターとS救命士に現場での初期対応を学びます。
こういうのは、雪山に限らず、日常生活でも役に立ちますね。
f0118332_22193092.jpg
午後の実践に備え、ビーコンの使い方も練習。
f0118332_22195894.jpg
午後は、雪崩れによって埋没者がいるという設定で、捜索から救助までを実践。
3回行い、その都度の振り返りで、理解が深まっていきます・・・とはいっても、見るとやるでは大違い。救命救急の講習もそうだけど、話しを聞いたり、人がやっているのを見ている時にはわかったつもりになるものの、いざやってみるとなると、練習なのに気持ちが焦って、さっきあーしてこーしてと理解していたはずのことができなくなるもので。
しかし、全くやったことがなければ、さらにできないのは明白だから、練習しないよりはしておいた方がいいってことです。
繰り返していくと、だんだんできてくる。でも、ずーっとやらないでいるとまたできなくなる・・・
f0118332_22201949.jpg
今回は、普段ガイドさんについてトレッキングするだけという方も多く参加されましたが、ガイドが雪崩に巻き込まれたり、トムラウシの事故のようにガイドも低体温症で亡くなった事例もありますから、自分の身を護るための知識や技術を身に付けておくことは大事ですね。みなさん、本当に真剣にとりくんでいました。


by akanezumi1984 | 2018-01-14 22:20 | おらいの山 | Comments(0)

ぷち雪おろし2回目

f0118332_23393256.jpg
車がガリガリに凍った朝。山形市内も-9.3度とこの冬一番の冷え込みだったようです。
実家あたりは-13度。しばらく真冬日が続く?
f0118332_23395053.jpg
山形から村山あたりまで青空で、山も木々も白く輝いていましたが、尾花沢過ぎたら雪に。
f0118332_23400011.jpg
左が12/31,右が今日の写真。年末より少し少ないですが、一度きれいにした後、12日でまたこのくらいになってました。
f0118332_23400894.jpg
お約束のちびうさ。
一度77cmまで減った積雪がまた1mくらいになったので様子見に行ったのだが、まだご近所でも雪下ろししていない家もけっこうあって、二階の雪おろしはもう少し様子見てから業者さんに電話しようかな。
あまり早くおろすと、その後たまる量が増える。

by akanezumi1984 | 2018-01-12 23:40 | つぶやき | Comments(0)

遅々としてますが

1月ですからね・・・
f0118332_00062551.jpg
つい全国的にこんな天気だと思ってしまうが、仙台は青空なのか・・・
f0118332_00063649.jpg
マンションの廊下と階段を管理人さんがホウキで掃いてくれるのだが、雪と一緒に隙間で越冬していたナミテントウが二匹搔きだされていた。
f0118332_00064701.jpg
注文していた目玉が届いた。ワッシャー使わないからいらないのだが、セットのしかなかった。ただの黒目のだとお得な大入りで安く買えるのだが、色付き虹彩の目玉は高くて、しかも小さいのがあまりない。やっと比較的安いの見つけたる
f0118332_00070414.jpg
目玉待ちで止まっていたユキヒョウをこれで仕上げられる。
f0118332_00072332.jpg
前に写りがいまいちだったオオカミと犬も一緒に撮り直し。あまり寄って撮るより、少し離れて撮った方がいいみたいかな。
f0118332_00073062.jpg
去年までとパターン変えて、足を作らないタイプを作ってみた。
肉球のはストラップにしてみよう。
f0118332_00073852.jpg
12月に作ったカオジロムササビは、台湾行った時のガイドIさんに進呈。
台湾に行く時に連れてってもらえるかな?
f0118332_00074545.jpg
毎日厚着して暖房なしで過ごしているが、そういえばジッポのカイロあるんだった!
と思いだして使ったら、ぬくぬくでよい。
ウサオには、ホッカイロ。
昨冬のはとりつかれたように、怒涛の勢いでちくちくしまくっていたが、今季は遅々として進みません。でも、ちまちま作ってます。

by akanezumi1984 | 2018-01-12 00:07 | 発作的創作 | Comments(0)

初市と花火

f0118332_22423414.jpg
散歩兼ねて初市へ。お獅子に頭噛んでもらいました。
f0118332_22425174.jpg
ギエンタイ仲間布施猫笑店ひやかす。
f0118332_22430772.jpg
めでたかわいいものがいろいろ。
f0118332_22431608.jpg
縁起物の白髭、大蕪。
白髭は生でかじるのがうまいと教えられ、やってみたら辛くて辛くて!おいらにゃ無理でした。明日は茹でて食べよう。
f0118332_22432828.jpg
繭玉は、気持ちがうきうきしてよい。
f0118332_22433756.jpg
熊手。
f0118332_22434529.jpg
だるま。縁起物が並ぶ。
f0118332_22435400.jpg
木製品や急須なんかの実用品の店も多い。
f0118332_22440350.jpg
柄の長いのは雪べらだろうね。
f0118332_22441392.jpg
本来、初市と言えばこれなんだろうけれど、歯の詰め物とれそうで食えない。
f0118332_22443103.jpg
交差点付近の植え込みにふくら雀がわらわらと。雪の上で寝て冷たくないのかー?
f0118332_22445565.jpg
布施猫で買った、ぐい吞み。飲み物注ぐときは、犬の顔が下になってしまうんだが、耳と鼻の三点指示で安定する作り。いや、酒は飲まないんだけど、かわいいんで買ってしまった。
夕食の支度始めたら花火の音がして、慌てて防寒着羽織って外へ。
霞城公園で花火上げるので、カラスがびっくりして右往左往飛び回ってた。

by akanezumi1984 | 2018-01-10 22:45 | つぶやき | Comments(0)

身近な氷瀑

1/8の龍山の続きです。
f0118332_14231401.jpg
龍山には、以前に冬と秋に一度ずつ登ったことがありましたが、人について行ったので、登山道うろ覚え。冬は乳母神様付近から落ちるように下って(実際急過ぎて転ばずに下れずに、ずり落ちて行く)滝を見たなぁという記憶はあったので、山頂に向かっている時に誰か下ってる跡があって、行けそうかなと。
f0118332_14232761.jpg
土日に滝を見に行ったという知人もいたので、帰り道もトレース当てにして落ちて行くと、自分が崩した雪で途中トレース見えなくなったけれど、位置関係はわかっているのでそのまま下ると、放牧場から来たと思われるトレースがくっきり見えて安心。
何年振りの大滝だろう?見事に凍って見頃のようです。
f0118332_14234237.jpg
ザックを置いて、滝裏が見える場所までよじ登る。
f0118332_14235529.jpg
ものすごい太いツララ。
f0118332_14240835.jpg
小さなお地蔵さまが祭られてます。
f0118332_14242247.jpg
氷瀑の裏側。自然の造形は本当に美しい。
f0118332_14244011.jpg
氷のカーテン。
f0118332_14245581.jpg
氷のドームの内部で水が音をたてて流れていた。

前に登ったのはいつだっけ?とブログ検索してみたら、2012年の2月だった。初の龍山が冬(笑)そして2度目は秋その年の5月だったけれど、普通に歩いては物足りないというグループにたまたま誘っていただいたため、放牧場から前滝コースで登って山頂通り越して蔵王のゲレンデに下って昼ご飯食べて、登り返してまた龍山の山頂来て、乳母神コースで下山という変態なコースだった(笑)誰かが「往復びんたコース」と名付けてたっけ。これが三回目の龍山。前にも「近いからもっと来よう」と思ったはずなのに、すっかり間があいていた。
by akanezumi1984 | 2018-01-09 14:25 | ほかの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー