<   2017年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

18日は、午前中だけの単発のバイトがあったので、10km足らずの道のりに一時間前に出発。
でこぼこ凍結路と途中から濃霧で40分かかった。
f0118332_11222270.jpg
f0118332_11223359.jpg
帰りにいつもと違う道路を通ってみたら、交通量少ないのか5度まで上がってるのに真っ白け。
f0118332_11224324.jpg
同じ時間帯でもこっちは少し狭いけれど交通量が多いのか、半端に溶けてでこぼこがひどく、走りにくい。
だいぶとけたところもあるが、山形市内は相変わらず洗濯板とかそろばん道路と称されるひどい状態が続いているので、時間の約束がある場合はかなり余裕持って出かけないと間に合わない。
f0118332_11225284.jpg
17夜のちくちく。
f0118332_11230182.jpg
18日午前に一匹に追加ちくちくして全身ぽく仕上げた。
午後から生き物好きさん二人を一泊で雁見にお連れすることになっておる。どんな珍道中になるやら。

by akanezumi1984 | 2017-01-19 11:29 | 発作的創作 | Comments(0)

毎年恒例の台湾のお客様

市内は相変わらず道路状態が悪く、脱出するのに倍以上の時間がかかって、弓張まで二時間要した。(月山道は道路出ているのに、山形市内がでこぼこ凍結路なのだ・除雪力の違い)
f0118332_22231419.jpg
内陸は午前中晴れ予報だったが、庄内が雪の予報のため山は雪かもと思っていたが、晴れました。
f0118332_22240606.jpg
たっぷり雪が着いて、森はとっても美しかった。
f0118332_22244428.jpg
初めての雪を満喫。
f0118332_22245889.jpg
f0118332_22251650.jpg
f0118332_22254736.jpg
今回は午前と午後の入れ替えで、半分の方が午前中にスノーシュートレッキングで午後がスノーモービルやソリ遊び。
残り半分の方がその逆。午前のお客様たちはたっぷりと歩いてもらったが、午後の方たちは既に午前中遊びまくってるであろうことと、小さいお子さんもいたため、ショートコース。
f0118332_22262691.jpg
4歳と6歳のちびっこもがんばりました。
f0118332_22264123.jpg
トレッキングが終わってからこそっとちびうさ。
ガイドの振り返りで、毎度のことながらゲストの靴問題(スノーシュートレッキングなのにスニーカーで来てしまう)に話しが及んだが、毎年何人かいて靴下ぐじょぬれで冷たい思いをしているはずなのに、苦情がないし(まぁ、こちらの責任ではないけれど)二時間くらいだから心配しなくていい、自己責任、と言われるのだが、自分が末端冷え性で足の冷たいのがつらいものだから、ついつい心配し過ぎてしまうんだよぉ・・・


by akanezumi1984 | 2017-01-17 22:40 | おらいの山 | Comments(0)

運転疲れ

一気に積もり、実家の屋根の雪も心配になったのと、野暮用もあったので実家日帰り。
f0118332_23383338.jpg
幹線国道に出れば道路よくなるかと思いきや、二車線のうち一車線しか走れないし・・・
f0118332_23385386.jpg
ここは全面的にがたぼこで走りにくい・・・
f0118332_23391044.jpg
ど真ん中しか走れないし・・・午後から晴れる予報が北に行ったら雪降ってくるし。
f0118332_23391902.jpg
でも、実家着いたら晴れた。気持ちはいいが、暖かくなりすぎて雪が腐って困った。
f0118332_23393012.jpg
凍っていた水道も溶けて、仏壇の水を換えられた。
f0118332_23395080.jpg
下屋の雪を落とす前にこっそりちびうさ。
ここも、半分は日が当たっていて雪が重いは、スコップにくっつくはで苦労。日陰になってた半分はさくさくと落せて快感だった。

さて、がたぼこ道路で、通常は二時間弱の道に行きは3時間。帰りは4時間もかかって疲れた。腰も痛くなってしまった。
月山道だときっちりと除雪してくれるから、ホワイトアウトでさえなければかえって走りやすいんだが。

明日の朝は時間厳守で出かけなければならないから、早めに出ないとだめだな。新雪が少し積もってくれた方が滑らないんだけど、降らないようだし。

by akanezumi1984 | 2017-01-16 23:48 | つぶやき | Comments(0)

はじめて真冬の大鳥へ

第2回 真冬の大鳥 山里暮らし体験「大鳥でウサギの巻狩りを体験しよう!」
というイベントに申し込みしていたが、強い冬型が続いていて、とても巻狩りできるとは思えん。
でも、地元の方のお話とか、熊狩りのDVD鑑賞などあるということで、行ってみることに。

112号の地吹雪は恐ろしいけど、慣れてはいる。が、その先の県道が除雪が追いついてなくて、タイヤがとられてスリリングだったが、無事到着。参加者の方で一名、スピンして雪壁にぐっさり刺さって除雪車に引っ張ってもらったいう方がいたが。
電話でイベントのお誘いがあって、「薪割り体験だと思って来たら、巻狩りだったんですね」という方も(笑)
f0118332_01033456.jpg
計画されていた巻狩り場所に行くのは無理な深雪ですが、会場のすぐ目の前の杉林を使って疑似体験をするということで、巻狩りの説明を聞きます。説明してくださってる方は、御年80歳ですがバリバリ現役マタギ。
f0118332_01035547.jpg
外に出て、かんじきをつけて出発。
f0118332_01044053.jpg
一般参加者は勢子で、大鳥自然の家のすぐ前の杉林へ大声出しながら進みます。
f0118332_01045211.jpg
少し高いところに射手の方が三名。頃合いを見て発砲され、火薬のにおいもして臨場感。
小2の女の子は、すっかり本物の狩りをしたのだと思ったみたいで、何匹とれたの?と聞いてた。
f0118332_01050990.jpg
庄内名物の弁慶飯
f0118332_01053554.jpg
今日は実猟ができなかったけれど、大鳥で今季獲れたウサギのウサギ汁。具だくさんでおいしかった。
干しワラビとブナカノカの炒りもの、漬物、弁慶飯とゆかりおにぎり、みかんの隣はトチの実せんべい。

食後は、2年前に撮影された熊狩りのDVD鑑賞。
春熊猟のための小屋があって、以前は一週間くらい泊まって熊狩りしていたとのこと。(最近は3日くらいとか)

昔と違って食べるものはなんでも買えるのに殺さなくてもとか、かわいそうだとか残酷だとか言う人がいるが、おいらはこうした地域に昔から続いた来た狩猟と、ただの殺戮を一緒に考えてほしくない。

マタギの方たちは、クマもウサギも「山からの授かりもの」と言う。
いつでも簡単に獲れるものではなく、がんばっても獲れないこともある。首尾よく獲れた時も、それはただ運がよかったとか、がんばったからではなく、山が授けてくれたのだと。


by akanezumi1984 | 2017-01-16 01:28 | ほかの山 | Comments(0)

さすが志津

寒気が居座り、山に行く天気ではないかと思ったが、意外と吹雪いてなさそう。
今日も雪下ろししているという清水屋さんに差し入れがてら、志津の雪の様子を見に行った。
山形市内は、今朝はこれしか積もっていなかったが・・・
f0118332_00155743.jpg
f0118332_00164600.jpg
さすが志津。別世界である。
f0118332_00171335.jpg
清水屋さんが一家総出で雪下ろししてました。毎年見慣れた光景です。
f0118332_00173331.jpg
下から見上げているので正確な数字はわからないが、3m越えてるように見える。後で聞いたら夕方で290cmだったそうな。
一気に積もってる最中から時間がたつと沈んで行くから、午後はたぶん3m越えてたね。
f0118332_00183105.jpg
こんな日に山に入る人いるのか?と思ったら、車が3台。トレースが利用できるので助かる。スキーのトレースで腿までの深さなので、試しにトレースないところに入ってみたら、平らな車道なのにスノーシューで腰とか腹まで埋まるので、単独ラッセルは無理だのぉ。
スノーシューで腿ラッセルくらいならともかく・・・
とりあえずトレースに頼って進んでみる。
f0118332_00185504.jpg
だいぶ嵩があがってきた。
f0118332_00191454.jpg
スキートレースは姥沢と博物園に向かって別れていたので、博物園の方のトレースをたどってみたが、管理車道の途中で終わっていた。
そして斜面に1.5mくらいの横穴の雪洞があったよ。あまりの深雪に滑るのは諦めて、雪中訓練して帰ったのかな。
f0118332_00192896.jpg
雪洞の中にはザラメ雪が!新雪は全然握れないさらさら雪だったので、この雪洞のおかげでちびうさが作れた。奉納して帰ります。
f0118332_00194652.jpg
やや下りになる帰りでも、腹ラッセルでは両手でかきわけながらでないと進めないので、おとなしくトレース使って戻る。
腿ラッセルくらいならなんとか単独ラッセルでも少しはがんばる気になるが、平らなとこで腹ラッセルではすごすご帰るのみ。
夜は、ギエンタイ山形メンバーの新年会。
天童倉庫の活動の頃、高校卒業なんですと言ってたあの子が、大学院卒業して就職だって!
月日の流れを感じるのぉ。

by akanezumi1984 | 2017-01-15 00:34 | おらいの山 | Comments(0)
f0118332_01282701.jpg
全く雪がなくて冬らしくない・・・と言っていたら、どっと来ましたね、冬将軍。
しかも、長逗留するみたいで。
天気悪いようだからと、前に作ってしまってあったホッキョクグマシリーズを引っ張り出して補修。
f0118332_01274544.jpg
植毛も試してみたり。こりゃ手間かかりまくりだなー・・・リアル系作ってる人の根気ってばすごい。
f0118332_01280782.jpg
お客さん来るからと、一度片付けたテーブルがまた賑やかになった。
f0118332_01285871.jpg
友人のリクエスト、ようやく半分できた。
なんだか、にわか職人になってしまったよ。雪こぎにも行きたいんだが・・・まだしばらく天気悪いのか。


by akanezumi1984 | 2017-01-14 01:36 | 発作的創作 | Comments(2)

初市

f0118332_14415326.jpg
この日からずっと天気が悪いのかと思いきや、晴れ予報!でも、友人が滞在中ですし、年に一度の初市を眺めるのも好きなので、山形市内ほとんど歩いたことがない友人と初市見物に。
お獅子に頭を噛んでもらいました。
f0118332_14421552.jpg
蕪が縁起物なんだねーと話していたら、近くにいた方が「文翔館の左に湯殿山神社があって、同じ敷地に年神様もあって、そこが蕪をお祀りしてるから見に行ったら」と教えてくれた。せば、そこまで行ってみるべ。
f0118332_14422926.jpg
縁起物で大きな蕪が山積み。この時にしか見かけない「白ひげ」も。


f0118332_14430305.jpg
高くて買えないけど、こういうの見るのも好きだ。
f0118332_14432004.jpg


f0118332_14433383.jpg
ねんずんて・・・(笑)うちの実家あたりの発音だと、どっちかと言うと「ぬんずん」だな。

f0118332_14441932.jpg
そういえば初詣してなかったので、今頃初詣。
f0118332_14443277.jpg
悪いとこだらけなので、あちこちさすって来た。
f0118332_14440316.jpg
午後になっても青空・・・だけど、怪しげな雲が迫りつつある。山は雪だろね。
f0118332_14445155.jpg
友人に見せたかった、見事な漆喰細工。
f0118332_14450615.jpg
何度も行ってるのに、実際の復元作業の動画をこの日初めて見た。作業場で作って後から貼りつけたりするのではなく、ずぅーっと天井を仰いで、コテを持った手をあげての作業。これは首が痛いし、手を上げているだけで相当つらいものだ。
しかも、この細かい作業を広い範囲にするのだから、大変な作業。首の悪い人間には無理だな・・・
f0118332_14453942.jpg
なにげに床も手が込んでいるのだ。
f0118332_14455211.jpg
出店で買い込んだもので遅い昼ご飯。チャプチェがおいしかった。
f0118332_14460282.jpg
前日、庄内に行く用事があったついでに、友人を迎えに行き、我が家に泊まってもらったので、二日間ゆっくりと話ができた。
疲れて早めに就寝した友人。寝ている間にちくちくして完成。
愛犬を置いて夜行バスで新天地に旅立つ友人に、いつも一緒にいる気持ちになれるよう餞別に。


by akanezumi1984 | 2017-01-11 14:46 | つぶやき | Comments(2)

これはこれで・・・

f0118332_23285861.jpg
霞城公園で探鳥会。今日はスタッフ役の約束をしていたので、ぴかぴかであろう山に心半分持って行かれながらお手伝い。
f0118332_23313053.jpg
暖冬過ぎて鳥が少ない。
f0118332_23291388.jpg
種類も数もいないので、担当者はあれこれ資料や小道具準備してきてがんばっていた。
f0118332_23292577.jpg
おいらは途中で抜けて、甘酒や景品の準備手伝い。
f0118332_23294430.jpg
新春探鳥会ということで、景品付きなのだった。
f0118332_23295855.jpg
もったいない天気なので、午後から友人と西蔵王へ。
しかし、既に二時。空はすっかり灰色に・・・友人はおいらの車に積みっぱなしだったソリを見て、やる気まんまんに。
おいらもやりたいけど、頸椎椎間板ヘルニアが衝撃で悪化すると怖いので、ソリは発症以来自粛なのだ。見るだけー。
f0118332_23302345.jpg
めっちゃくちゃ楽しそうだ。
f0118332_23304260.jpg
さすが雪国育ち。いつもの相棒と作る時と同じくらいクオリティー高い、かわいいでかうさが作れた。
f0118332_23311600.jpg
けっこう大きいよ。
彼女のベトナム土産のハスの実食べたら、おいしくて止まらなくなりそうだった。こんなおいしいのに、なんで日本では食べないんだ?

by akanezumi1984 | 2017-01-08 23:42 | つぶやき | Comments(0)

肘折さんげさんげ

年末に実家帰る時持って行くために仏花と桜買ったのに、忘れて行ってしまったし、5日の告別式でいただいた花もあったので、仏壇に持って行きたいと思っていたのと、毎年ニュースで見て肘折のさんげさんげを見てみたかったこともあり、肘折経由で実家に行くことに。
f0118332_23222398.jpg
道路に雪がないどころか、雨だ・・・
f0118332_23201055.jpg
狭い温泉街の路地を練り歩く。
f0118332_23225345.jpg
f0118332_23232469.jpg
先頭は、地面出し競争の大会実行委員長と、伝説の覇者職人さんでは?
f0118332_23240688.jpg
石の臼二つで、次から次に餅を搗き上げていきます。
f0118332_23241848.jpg
浴衣姿のおじさんも。
f0118332_23243999.jpg
豪快に大きく一つちぎったのをぽーん。
f0118332_23245145.jpg
振る舞い餅に長蛇の列。
f0118332_23250239.jpg
雨だし、いつもなら並ばずに諦めるところだが、この正月まだ餅を食べてなかったので、列のずーと後ろに並んで納豆餅いただいた。
つきたての餅はおいしいねー。やっぱり、あんこより納豆だよ。
f0118332_23251370.jpg
土産物屋さんで、珍しい里芋の焼酎があった。しかも、名前が「はいっとう」って!
見つけたのが肘折だから意味わかるけど、これを山形市で見てもぴんと来たかどうか(笑)
「はいっとう」がわかるのは、山形県でも最上郡限定、しかもある程度の年齢以上でないかと。
蛇腹大根もよそでは見たことないような。実家の近所でも買ったことはあるが、肘折で作っていたものだろうか?



by akanezumi1984 | 2017-01-07 23:45 | おらいの山 | Comments(2)

やっぱりここが落ち着く

f0118332_00065539.jpg
年末からなんとなく出かける気持ちにならず、ようやく山へ。寒気が続かず雪がなかなか増えないね。
f0118332_00072122.jpg
ああ、この雪の造形が見たかった。やっぱり来てよかった。
沢の真ん中でなにか産まれてる?
f0118332_00074055.jpg
立ち上がりそうな子が・・・
f0118332_00080116.jpg
f0118332_00081541.jpg
f0118332_00083016.jpg
f0118332_00084785.jpg
f0118332_00090654.jpg
雪が少ないと、小さな橋も渡るの大変なんだが、平日でトレースないんじゃないかと思ったら、スキーの人が先行していて楽して渡れた。
f0118332_00092770.jpg
f0118332_00094130.jpg
群で発生。もこもこもこもこもこもこ。
f0118332_00100687.jpg
リュウキンカの橋も手ごわそう。今日は止めとく。
f0118332_00102592.jpg
唯一の色彩。
f0118332_00105895.jpg
雪がぱふぱふ過ぎて全く握れず、壁にふわっと浮き彫りにしようとしたら、壁の中に湿雪の層を発見。
f0118332_00263729.jpg
壁から発掘した雪でちびうさ作れた。
f0118332_00265341.jpg
f0118332_00293201.jpg
おやつに干し柿クリームチーズ。甘さと塩気が絶妙なのです。

by akanezumi1984 | 2017-01-07 00:37 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984