<   2017年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

なんと2ヶ月ぶり!

f0118332_12534270.jpg
やれやれ、不況で2ヶ月も現場がなかった。(できる人のところには切れ目なくあるけれど、仕事少ない時は出来の悪い子にまわって来ない)明日からやっと現場ライフ復活。今日のうちに宿に移動だが、そんなに遠くはないので郵便局行ったり、ラジオ買いに行ったりできた。需要があってモモンガブローチ作り貯めようとしているが、最初に作った子が一番好きな顔。作る度に違い過ぎるな(笑)今夜から三泊する宿には、夏に一度泊まったのだが、暑い時だったので冷蔵庫はあったというのと、お風呂が一つしかなくて交代で入った記憶しかなく、ネットの情報も全くないので宿に電話して湯沸しポットが部屋にあるか確認した。寒い時期の現場では、熱湯が命!ちゃんと熱いのポットに詰めないとカップ麺食べられないもんね。で、部屋になかった場合は電気ポット持参になる。
by akanezumi1984 | 2017-01-31 12:53 | つぶやき | Comments(2)

湯殿山

f0118332_22483404.jpg
届いてないけど、今日は湯殿山目指します。
f0118332_22485958.jpg
強風の後、圧雪されていて足跡は形がくっきり細部までわかる。
f0118332_22491496.jpg
これはアカネズミ。
f0118332_22493036.jpg
リス(左)とウサギ(右)雪がしまって天気もよいので、動物たちもわいわい走り回ってます。
f0118332_22494423.jpg
青空にくっきり白い山。午後から曇りの予報なので、着く前に空が白っぽくなってしまうかな?
f0118332_22495935.jpg
早朝出た人たちは、もうあんなところに。おいらは志津9:40頃発。
f0118332_22501423.jpg
登りでは下ってきた一人とすれ違っただけで、遠くに人影すら見かけず。たまに声が沢の方からかすかに聞こえたくらい。
f0118332_22503107.jpg
お、オコジョも走り回ってる。
f0118332_22504424.jpg
指の跡がかわいい。あっちこっち走り回る足跡を見ているだけでおもしろく、立ち止まったり、向きを変えたりの姿を想像するのも楽しい。足跡を追跡して遊ぶだけでもいい気もしてくるが、天気がよくて眺めがよいので、もっと眺めのよいとこまで行きたいね。
f0118332_22510148.jpg
f0118332_22511622.jpg
暖かいのでユキムシもうろうろ。
f0118332_22520803.jpg
朝日の方に怪しい雲が出て来たが、湯殿山上空は晴れている。
f0118332_22523938.jpg
赤見堂の後ろに以東が隠れてる
f0118332_22530121.jpg
稜線に出ても人っ子一人見えない。銃声が遠くから聞こえた。誰かウサギ狩りしているようだな。
f0118332_22533828.jpg
庄内平野と鳥海山。
f0118332_22535186.jpg
くっきりと美しい姿が全部見えた。粟島、飛島も見えた。
f0118332_22540423.jpg
眼下に湯殿山神社の大鳥居
f0118332_22541827.jpg
奥に月山山頂。
f0118332_22543217.jpg
いつも思うのだが、エビの尻尾というより鳥の羽毛だよね
f0118332_22544796.jpg
ガリガリ。これが崩れるとグラニュー糖。
f0118332_22551647.jpg
しゅかぶらぶらぶらぶらぶららー
f0118332_22553655.jpg
あやしげな雲。明日は雪のち雨だってね。1月なのにまた雨かい。
f0118332_22555560.jpg
山頂で作りたかったが、表面も、少し掘ってもサラサラすぎるグラニュー糖雪で断念。
ブナ帯に下って緩んだ雪でウサギとオコジョ・・・にしたかったが、体格比からするとテンだな。
f0118332_22561141.jpg
フリーズドライでムキタケが・・・

下山時に、登り返しだというグループとすれ違ったが、こっちは歩きの上に、途中で雪だるま作ったりしてるので、駐車場に着いて間もなくそのグループも帰って来た。
いつも雪だるま作ってる人ですか?と聞かれて、そうですと答えたら、名前を教えてくれて、だいぶ前から知人に何十回と名前を聞かされていた方と判明。

by akanezumi1984 | 2017-01-29 22:56 | おらいの山 | Comments(2)

また投げました(笑)

f0118332_23290547.jpg
SAVE JAPAN プロジェクト やまがたヤマネ研究会、アミル、山形市民活動センター共催の「イヌワシがやってくる! 空の王者の今を知ろう!」というイベントのお手伝いに行きました。
主に鷹匠さんの助手。イヌワシの森倶楽部さんのイヌワシの今のお話の後で鷹匠さん登場。
f0118332_23293686.jpg
その前にイヌワシのコンロンの足紐補強の手伝いで、この体勢のコンロンの両足握って確保する係。役得です。ま、うっかり爪で掴まれたら大変なことになるので、決して手を離してはなりません。
f0118332_23302940.jpg
衝立の陰に隠れて合図があったら鶏投げる係(今回は軍鶏)なので、一番近くで撮影できる役得。

f0118332_23311239.jpg
一週間ぶりの食事なので、獲物を取られたくないコンロンは、鷹匠さんに動きにつれて背中を向けて抵抗。代りの獲物見せても軍鶏を離さず、最後は直接足つかんで回収していたけれど、うまくいった。(コンロンの激しい抵抗で腿にがっつり爪立てられることも多い)
f0118332_23313422.jpg
たぶん通りすがりに見学されてた方たちなのだが、持ち物が気になった。ライフルではあるまいし、竹刀でもあるまいし?
なんと中身は「刀」だった。居合の愛好会があるようで。
そういえば村山に居合神社とかもあるなぁ。知らなかったけれど、けっこう山形って、居合人口多いのだろうか?

by akanezumi1984 | 2017-01-28 23:31 | 生き物 | Comments(2)

山の天気はねー・・・

f0118332_21473861.jpg
予報では、午前中は晴れて風も弱そう。荒れる前に帰ればいいしと、出かけてみた。
田んぼ地帯は濃霧。こんな日は山はもう青空のはずだが・・・
f0118332_21475471.jpg
あれ?
f0118332_21481431.jpg
午前中しか天気よくないからと、気持ち早めに9時半頃着いたら、駐車場に車が一台もない!と思ったら、常連のおっちゃんたちが続々到着。姥沢計画していたけれど、天気悪いからいつものごがらみに行くと。
うーん、風強いから、自分も弓張通過中にちらっとごがらみにしようかとも考えていたんだが、今日は誰も山入ってなくて、ウサギ見られるかもしれないしなーと、一人で歩くことに。
f0118332_21483227.jpg
ようやくここまで増えた。
f0118332_21484584.jpg
NCの雪がまだつながらない!例年ならとっくに屋根に上がれてるのに。
f0118332_21490486.jpg
沢はだいぶふさがってきた。
f0118332_21491711.jpg
晴れても、曇っていても、ブナの森は美しいのぉ。
f0118332_21493597.jpg
あっちにもこっちにも、ウサギの食事跡が。
f0118332_21494691.jpg
すぱっと切れてるのが特徴。カモシカはちぎる。
f0118332_21500687.jpg
朝は下界も冷えて木々に霧氷がついていたが、山に着いた時にはもうだいぶ暖かくなり、ユキムシ歩いてた。風があるのに寒くない。
f0118332_21502928.jpg
稜線は爆風のようで・・・


f0118332_21511989.jpg
橋を渡ってリュウキンカ沼に出たら、ウサギが走るのが見えた。
すぐに木々の陰で見失ったが、直後に同じ方からクマタカが飛んで来て、正面の尾根の木にちょっと止まったあと飛び去った。
f0118332_21514304.jpg
狩りしていたのかもしれないが、ウサギ持ってなかったな。
どれどこをどう走っていたのか、と確かめに行くと、新しいウサギの足跡が灌木の根元に続いていた。この穴の周りにくるっと周った跡があり、でも、そこから先には足跡がなく、穴の中の雪も崩れていてつい今しがた入った感じ。
f0118332_21532734.jpg
そして穴から4mくらい離れたところに、ウサギの後足だけの跡と、クマタカの翼の跡が!翼の後は三回分ついていた。ウサギを狙って突っ込んだのと、飛び立つのについたのだろう。
ウサギの体の跡が全然ついてないので、おいらが遠くから歩いて来る気配に止め足して穴に入ろうとしたところに、クマタカが突っ込んだのかもしれない。クマタカに追われていたら止め足なんかしてる余裕ないものな。
穴から遠ざかる足跡が全くなく、クマタカもウサギ持ってなかったので、ウサギはまだ穴にいる。
スコップあるし、地面出し競争のトレーニングになるし、掘ってみたいと思ったが、ウサギにはものすごいストレスになるから止めた。
f0118332_21541680.jpg
このへんはけっこうヤドリギの実残っている。
f0118332_21535079.jpg
穴のウサギの足跡をたどって行くと、ここから出たんだな、の穴が。
f0118332_21543332.jpg
古い爪痕。ここに初めて来た時、案内してくれたのはKさんだったかもしれない。あの年はこの一帯に熊棚だらけだった。
予報通り、1時頃から雪になった。自分がいるところはたいしたことないが、少し上の風の唸りがすごくなって山鳴りしてきたので、とっとと帰らないと。
f0118332_21552079.jpg
f0118332_21545316.jpg
あ、でもまだ大事な仕事してなかったぜ。暖かくなったので、雪が握りやすく、ちゃちゃっと作る。
f0118332_21553858.jpg
普通はロールケーキなのに、今日はスノーローズな感じの雪まくり。
だんだん吹雪になって、普通ならあちこち凍り付くのに、今日は気温が高くてジャケットが濡れて行くのだった。
車に戻り、下り始めたら弓張で雨になった。やれやれ、この時期に雨とはね。

by akanezumi1984 | 2017-01-27 21:55 | おらいの山 | Comments(0)

久しぶりに友人宅

f0118332_07405320.jpg
天気がよくて、山に行くか迷ったが、近場散策に。以前モモンガ確認して、その後どうなってるか気になっていた場所のチェック。
ちょっと山に入るとそこそこの積雪量。山間集落に行く道は細くて冬はスリリング。
f0118332_07410393.jpg
ここにもイノシシいるなぁ。ラッセル跡がしっかりと。
f0118332_07411646.jpg
ウサギとテンがクロス。
f0118332_07413382.jpg
モモンガが使っていたけれど、チャイロスズメバチに乗っ取られた穴。スズメバチは冬に絶えるから、その後取り返さないのだろうかと気になっていたのだが、スノーシューで降りて穴の下チェックしてみたけれど、雪で次々埋まってしまうので、この時期はまだ確認が難しいのぉ。穴から巣材がはみ出てないし、使ってない確率の方が高そうだが、もしかしての希望も捨てきれず。
f0118332_07420873.jpg
せっかく雪がいっぱいあるので一仕事。中はさらさら雪だが、お日様パワーで表面10cmだけしけったくっつく雪なので、大きいの作れた。
f0118332_2354731.jpg
夜は久しぶりに木下自転車店へ。しろがお出迎え。
f0118332_23542223.jpg
白飛びしてよくわからなくなってるけれど、ご飯は大豆の豆ごはん。土鍋炊き!
f0118332_23543420.jpg
店長が焼いたパウンドケーキ。最近、手回し式の泡だて器を入手したのだとか。おいらも高校生の頃、電動のが買えなくて手回しの使ってたな。懐かしい。
by akanezumi1984 | 2017-01-26 23:54 | FOOD | Comments(0)

思いがけず青空

f0118332_00312950.jpg
毎度夜更かし続き。つい寝るのが3時近くになり、9時頃起きたら青空!
今日も冬型の気圧配置だからと思ったのに、こんなに晴れるとは・・・でも、きっと山は雪だよねーと思って、郵便局に歩いて行って、ついでに公園で鳥でも見ようと、小さい双眼鏡とカメラ持って出かけた。
f0118332_00321539.jpg
公園猫
f0118332_00322847.jpg
雪があると美しいね
f0118332_00324354.jpg
血が・・・猫にやられたかな?他にもカラスの羽もたくさん落ちていた。
f0118332_00334276.jpg
アオゲラ
f0118332_00340448.jpg
シジュウカラ
f0118332_00341693.jpg
エナガ
f0118332_00343683.jpg
カワウ。ここでは初めて見た
f0118332_00344604.jpg
コゲラ
f0118332_00350257.jpg
ダイサギ
f0118332_00352019.jpg
薄氷にのるカルガモ
f0118332_00355671.jpg
なんだか久しぶりなちびヤマネ
f0118332_00361092.jpg
鳥屋の友人からのリクエストやっとできた。
急がなくてよいと言ってくれてはいたが、来月からまた出かけがちになるから今月のうちにとがんばった。
ヤマネやクマ(白黒)なんかは使う色が少ないから、出先でも作れるけれど、こういうのは家でないと。


by akanezumi1984 | 2017-01-26 00:46 | 生き物 | Comments(0)

また冷えてきましたな

午後だけの単発のバイトに出かけたら、行きは雪も氷もとけ、空いてる時間ですいすいと20分で到着。帰りは通勤ラッシュと路面凍結で同じ距離に一時間。明日は真冬日だし、ずっと雪のようでもっと大変そうだな。おいらは出かけないで内職にしよう。
f0118332_23511220.jpg
夜に宅急便が届き、送り状の品名には「クマの頭骨のレプリカ」と書いてありましたが・・・本物です。
by akanezumi1984 | 2017-01-24 00:02 | つぶやき | Comments(2)

舞鶴山公園

f0118332_01412882.jpg
舞鶴山公園の探鳥会に参加。ちと上の駐車場への道が凍っていてひやひや。
f0118332_01413956.jpg
だれかさんの作った雪だるま。
f0118332_01415040.jpg
f0118332_01420397.jpg
エナガの巣かな?袋状が崩れた感じでエナガかなと思ったけれど、詳しい方からメジロではとのアドバイスが。
どっちかなと迷ってエナガと思ったけれど、正直、巣はそんなにたくさん見てないから経験値が足りてません。
f0118332_01421426.jpg
着いてすぐびっくりしたのが、大音量の鳥の声。桜の食害防止のためにスピーカーでエンドレスで流してるが、効果あるのか?
f0118332_01422997.jpg
ウソいるし・・・(笑)アカウソ何羽か。
f0118332_01424092.jpg
f0118332_01431265.jpg
思ったより早く雪が降り出し、視界が悪くなった。アオゲラが同じ木に三羽止まっていたが、この子は珍しく普通に枝に止まってぼんやり。
f0118332_01432327.jpg
午後からちくちく。
f0118332_01441855.jpg
前のと新作と。その時々で作り方が違う・・・

by akanezumi1984 | 2017-01-23 01:50 | 生き物 | Comments(0)

駐車場は広いのに

f0118332_00222267.jpg
週明けはあまり積もらなかったから、少なくとも一週間は置きっぱなしだな・・・
f0118332_00222962.jpg
午後からゆめりあで最上小国川のフォーラムがあるので、新庄駅の駐車場に行ったわけだが、車が混んではいないのに、止められる場所がなくてぐーるぐる。
f0118332_00224254.jpg
まだ裁判は続いているのだそうだが、工事は進んで行く。ダムができても地元のためには全然ならなそうなのに、県はどうしてそこまでしてダム作りたいのかね?
終わってから、地元の友人とお茶するのも出かけた理由の一つだった。
母校が今や定員割れすると聞いてびっくり。少子化で学校もサービスとかプレゼン力がないとだめな時代のようで・・・

by akanezumi1984 | 2017-01-22 00:29 | つぶやき | Comments(0)

雁を見に

今季二度目の雁ツアー。知人2名誘って、一泊で塒入りと塒発ちを見に行きました。
動画は朝の塒発ち。
f0118332_22452099.jpg
f0118332_22460221.jpg
やっぱり宮城は雪がないのぉ。早朝は霜で白くなったけれど。
f0118332_22453138.jpg
平日でも伊豆沼の堤防はカメラマンいそうだけれど、ここは誰もいなかった。
f0118332_22473015.jpg
マガン
f0118332_22474980.jpg
日の出過ぎると、マガンたちはどんどん飛び立ってほとんどいなくなるのに、死んだように眠り続けるハクチョウたち。
f0118332_22481097.jpg
一度宿に戻って朝ごはん食べてから戻ったら、ようやく起きていた(笑)
f0118332_22482368.jpg
ご飯食べながら泥パックもできる。
f0118332_22501771.jpg
シメ
f0118332_22503494.jpg
ツグミ
f0118332_22505072.jpg
コガモ。すごい密集してよくぶつからずに飛べるものだ
f0118332_23152520.jpg
前日は探しても見つからなかったのに、朝はあっさりと通り道から見つかった。昨シーズンと同じあたりにいるので、同じ個体なのかも。
f0118332_23160726.jpg
昨シーズンも、前回も会えなかったヘラサギに会えた。ヘラを開いたまま振り回し、餌に触ると瞬時に閉じて、咥えた餌を一度放って再キャッチして食べていた。
f0118332_23162611.jpg
f0118332_23164520.jpg
f0118332_23165727.jpg
エナガかわいくてたくさん撮った。
f0118332_23172573.jpg
f0118332_23173434.jpg
もっふもっふのタヌキ。沼のほとりをうろうろしていた。
ヘラサギ見ながらのんびりしていたら、全く意図していなかった鳥も出て来たが、それはまたいずれ。

by akanezumi1984 | 2017-01-21 00:45 | 生き物 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31