<   2015年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

以東の生き物編

f0118332_15582577.jpg
大鳥池になにやら、白っぽいふわふわが浮いているなぁと思ったら、寄って来た。
真ん丸頭がかわいいハジロカイツブリ。ああ、そのお尻に触ってみたい。

f0118332_15595235.jpg
いつもだと、大鳥池の周りではヤマカガシによく会うのだが、今回はジムグリだった。しかし、撮る前に逃げられ、顔が隠れた。
f0118332_16013583.jpg
ちびちびのスジクワガタ。
f0118332_16020844.jpg
タゴガエル
f0118332_16024452.jpg
ん?変だなこのミミズ、と思ったら、クガビルに丸飲みされている最中!
思わず、おおっと声が出た。ちょっと膠着状態な感じだった。自分とあまり変わらない大きさのミミズを飲みこむのだから、疲れて休み休みなのだろうな。
ミミズはまだ元気で時々暴れていた。食いつく瞬間とか飲み込み初めくらいをいつか見てみたいものだ。
f0118332_16055067.jpg
キノコにいた小さな小さなハムシ。案の定ネット検索ではヒットしません。
甲虫とかガとか、種類が多過ぎてハンドブックでもネット図鑑でも、見つけられないことが多いですなぁ。
わかる方いらしたら、教えていただければ嬉しいです。


by akanezumi1984 | 2015-09-30 16:07 | 生き物 | Comments(0)

二日間の仕事終了

f0118332_00561417.jpg
帰り道、虹が・・・

by akanezumi1984 | 2015-09-30 00:56 | お出かけ | Comments(0)

小さくあれこれな一日

f0118332_22411644.jpg
f0118332_22413686.jpg
ちゃぐちゃぐ馬っこ、生で初めて見た!
華やかに飾り立てられた馬っこたちと、誇らしげに乗るちびっこ。
f0118332_23024682.jpg
アクセサリー類、普段はなにもいらない人だが、庄内アニマル倶楽部のブースで、肉球のかわいさについ購入。
f0118332_22430405.jpg
その後、モンベル山形店2階で始まった小国町小玉川の写真展へ。買い物も少しばかり。とうとう歩きながら水を飲むリザーバー買った。これまでは休憩時に飲めばいいと思っていたけれど・・・
市内の親戚にマイタケ届けに行って、巨大な洋ナシをいただいて帰り、一人では食べきれないが、日持ちしなさそうだったので、助っ人を呼んで一緒に夕食。食後に巨大洋ナシを二人でぺろり。あ、ウサオもちょっと食べたけど。
f0118332_23051560.jpg
米が夏越しでもうぱさぱさだったので、もち米を少し混ぜてマイタケご飯にしたら、もっちりしておいしかった。
マイタケご飯に、マイタケバター醤油、大根サラダと大根炒り、激うま豆腐、ナスの味噌汁、豚キャベツ炒め、秘伝豆。
客人招いたので、品数多くなりました(笑)
さて、残ったマイタケご飯は明日の弁当だ。いつも薄味過ぎるので、今回は思い切って濃い目の味付けにしたら、田舎のお母さんたちや清水屋さんのご飯みたいにおいしくなったぞ。

by akanezumi1984 | 2015-09-27 23:09 | つぶやき | Comments(0)

秋の味満喫

f0118332_11403424.jpg
月山でよく会う神様ことTちゃんまんさんから「秘伝豆やっから取りにこねが」と電話いただいていたので、頂戴しに出かけ、おまけにナスもいただいた。
ちょうど、その少し先にも用事のあるお宅があってお邪魔していたら、キノコ山の手伝いをしている友人がキノコの配達で現れ、マイタケいっが?て。
いるに決まってっべした。
f0118332_11404662.jpg
f0118332_11461055.jpg

f0118332_11463314.jpg



夜、久しぶりに木下自転車に行って、3人で秘伝豆と舞茸三昧。
すごい量の舞茸を瞬時に豪快に食べ尽くす、舞茸パーリ。あやすい木こりと、Kちゃんのおかげです。
by akanezumi1984 | 2015-09-27 11:44 | FOOD | Comments(0)

さよなら以東小屋その3

f0118332_00231099.jpg
金曜明け方まで雨風強かったが、少し収まった。視界なし。
f0118332_00244301.jpg
一階もどんどん剥がされて行く。
f0118332_00255738.jpg
ヘビの抜け殻が出て来たよ。
f0118332_00274885.jpg
もはや管理人室もありません。
f0118332_00283679.jpg
山の上のことで、重機などないので、ほとんどバールとハンマーで一つ一つ外されて行く。これならおいらにも出来るところがあるので、バール借りて壁板や桟をはずして断熱材を抜いた。
f0118332_00325236.jpg
こんな天気なので、あまりぎりぎりまでいてなにかあっても、誰も歩いてなさそうなので予定より少し早めて、昼少し前に下山することに。
f0118332_00344639.jpg
f0118332_00345966.jpg
視界はないが、すぐ近くの紅葉は見える。
f0118332_00352212.jpg
f0118332_00353538.jpg
昨年の合同保全の経過も観察
f0118332_00371041.jpg
まだぽつりぽつりとタカネマツムシソウ
f0118332_00374604.jpg
ハクサンイチゲ
f0118332_00381485.jpg
チングルマ
f0118332_00383182.jpg
ウメバチソウ
f0118332_00405408.jpg
少しガスが切れて来て、もしや以東小屋が見えるのではと期待したが、だめだった。いつもオツボコースで帰る時に、何度も何度も以東小屋を振り返り見るのが楽しみだったのに。
小屋を解体している時には、不思議と悲しい気持ちはなかったのだが、ずっと小屋が見えなくて寂しかった。
f0118332_00411455.jpg
f0118332_00412629.jpg
f0118332_00413838.jpg
オツボコースの樹林帯は以前より歩きにくくなったような。
f0118332_00425690.jpg
これはなんだろう?
f0118332_00431703.jpg
ブナ豊作で足元ブナの実だらけ
f0118332_00433782.jpg
ツキヨタケ
f0118332_00444248.jpg
大鳥小屋は無人だった。遅めの昼食休憩。
f0118332_01131945.jpg
ナラタケがそっちこっちにわさわさと。少しいただいて来た。
行きでまだ小さかったけど、帰りには採れるかもと思っていたカノカはなくなっていた。残念。
f0118332_01145931.jpg
f0118332_01151196.jpg
ナラタケとブナの実。初物!



by akanezumi1984 | 2015-09-27 01:15 | Comments(0)

さよなら以東小屋その2

f0118332_00020433.jpg
f0118332_00021788.jpg
こんな感じで、木曜昼には外見はあまり変わらず、以東小屋という看板がなくなったくらい。でも、既に大量のガラが・・・
f0118332_11391926.jpg
こちら宿舎の裏側。仮設トイレ、発電機など。
f0118332_00030547.jpg
はずされた小屋の看板は、宿舎に。宿舎はポントハウス(窓なし、シャッター付き)3つをコノ字に組み合わせて真ん中に土間空間を作ってありました。
出入り口のドアは風除室のドアで、「更衣室にお使いください」の張り紙ついたまま。
f0118332_00075171.jpg
小屋の前にあったテーブルベンチが食堂に。
f0118332_00084481.jpg
前夜までは以東小屋に泊まっていたそうで、木曜昼の段階では、一階はまだ使える状態。でも、2階は・・・
f0118332_00100131.jpg
既にスカスカ。
f0118332_00110211.jpg
とりあえず、壁板や、はずされた桟等を小さく切ったものを、運んでトン袋に詰めるのをお手伝いしたのだが、張り紙や前任者の落書きなど見るとつい懐かしくて手が止まる。
f0118332_00134566.jpg
物が運びだされても、やっぱり狭苦しい管理人室。わずか二畳に寝台と棚があり。寝台は身長159cmでぎりぎりだった。
f0118332_00154232.jpg
飯豊
f0118332_00160891.jpg
ちょっこり月山
f0118332_00163721.jpg
大朝日のとんがりがちらり
f0118332_00170407.jpg
ガスがどんどん流れてくる
f0118332_00172849.jpg

f0118332_00173984.jpg
f0118332_00175425.jpg
雲が多く、夕陽は見られず。
f0118332_00204185.jpg
宿舎でクマモツ汁をごちそうになる。ちと大人の味。
まだ以東小屋の1階はきれいなので、最後の最後に管理人室に泊まりたい気持ちがあったが、もう強度がかなり落ちているのに雨と強風なので、宿舎に泊めていただいた。寝袋持って行っていたが、さらに毛布を二枚貸していただき、ぬくぬく。
夜通し悪天候で、雨と風の音を聞きながらとろとろ眠った。


by akanezumi1984 | 2015-09-27 00:18 | ほかの山 | Comments(0)

さよなら以東小屋

いよいよ以東小屋の解体が始まりました。
週末は天気悪そうなので、木金で以東へ。
f0118332_00095741.jpg
以東の小屋だけでなく、トイレもなくなります。
f0118332_11274870.jpg
オクノサワフタギ
f0118332_11292521.jpg
行きではまだ小さかったブナカノカ、帰る頃には育ってるかなと思ってましたが、帰りにはもう採られてました。
f0118332_11303195.jpg
ミズナラのどんぐりも豊作。

f0118332_11311891.jpg
クマの齧り跡があった看板は、新しいのに変わっていた。
f0118332_11320997.jpg

ツルリンドウ
f0118332_11323198.jpg
大鳥小屋。臨時の管理人さんは、以前たまたま鳥海山でお会いした方でした。
f0118332_00102957.jpg
ブナの実豊作で、そこらじゅう落ちている。
直登コースで以東に向かいます。大鳥泊で早朝に周回で出かけた登山者の方数人とスライドしました。
f0118332_00111611.jpg
業者さんによる粗朶工法の保全。
f0118332_00123016.jpg
さらに上部には、一昨年の施工ヶ所。


f0118332_00082264.jpg
あいにく青空はなく、ガスが次々と湧いてくるが、紅葉が見事で元気が出る。曇りで暗かったので色が出てないけれど、実際には色とりどりで赤が鮮やかです。
f0118332_00133127.jpg
小屋までもう少し。
f0118332_00143938.jpg
見えて来た。足場が組まれているが、まだほとんどぱっと見は変わらない。


by akanezumi1984 | 2015-09-26 00:15 | ほかの山 | Comments(4)
いつもはお彼岸中日まで実家なのだが、一日早く帰ると言えば、お参りの方も合わせてくれるので、22夜に山形に戻り、今日23日は明るく楽しい女性3人グループの案内で、紅葉真っ盛りの月山を歩けることに。
f0118332_22021965.jpg
もうリフトの駅まで紅葉ラインが下がりました。
f0118332_22044526.jpg
低く霞がかかっているものの、粟島や鳥海山は見えています。
f0118332_22053170.jpg
しかも、まだ上の紅葉も終わっていない!
f0118332_22061367.jpg
きっかりと西側だけ赤い。東側は雪に埋もれる時間が長いからか、木があまりないのです。
f0118332_22074303.jpg
リフトを乗っている時からずっと、きれい、きれいを連発。
f0118332_22081935.jpg
f0118332_22083365.jpg
頂上の神社は9/15で神社庁の方たちがみな下山されたので、もうお祓いしてもらえませんが、参拝には入れます。
雪で壊れないよう、対のウサギの石像はどこかにしまわれ、いなかった。
f0118332_22103190.jpg
風は穏やか、ぽかぽかと暖かく、薄着でのんびりご飯が食べられる。山頂でこんなに暖かい日はそんなにない。
f0118332_22363648.jpg
小屋に挨拶し、暖かい山頂で昼ご飯食べた後に胎内岩方面へ。
最初は見るだけ、とおっしゃっていた皆さんですが、結局四つん這いで通り抜け、生まれ変わりました。
f0118332_22381401.jpg
f0118332_22383001.jpg
だいぶちびちけれど、まだ東万年雪も残っています。西万年雪はもっとあるかと。
けっこうすぐそこに見えるので、行ってみたいとの声に、これ幸いと向かいましたが、途中で「やっぱり登り返しが不安」とのことで、見るだけに。
f0118332_22400019.jpg
登り返して行くと、仏様とお釈迦さまコンビがピオーネ食べてのんびりしている背後で、じーっと見つめるブトガラス。
ピオーネはカラスではなく我々に施されました。
f0118332_22412798.jpg
ああ、なんて美しい。朝とはまた違う光になり、少し進むごとに表情が変わる景色に、みなさん感嘆の声が止みません。
f0118332_22425959.jpg
f0118332_22430946.jpg
f0118332_22432881.jpg
f0118332_22434250.jpg
f0118332_22435431.jpg
f0118332_22440769.jpg
f0118332_22442025.jpg
f0118332_22443199.jpg
はじめは、中日まではお彼岸対応だからと渋っていたのを、返事は夕方まで待つ、とプッシュしてくださったY氏に感謝。こんな日に山を歩けた幸せに感謝。
こんな素晴らしい日に案内を希望してくだった三人様に感謝の一日。

by akanezumi1984 | 2015-09-23 22:46 | おらいの山 | Comments(2)

お参り&お出かけ

午前中にお参り3軒。午後から隣町の親戚に届け物。
f0118332_23433724.jpg

仏壇横に立派な天然舞茸がどーんとありました。
うわー、すごい!と言うと、このお宅には山菜採りに長けた男衆がいるので、「今年は小さいのばっかり」と言われた。毎年いいのたくさん採るから、こんなのは小さいのだそうだ。
少し分けていただいたので、今夜は少しバター炒めで。うまかった。明日は舞茸ご飯だな。
f0118332_23505347.jpg

猫に遊んでもらう。
f0118332_2351494.jpg

もう一匹出て来た。以前はお茶飲んでると猫が遊べとおもちゃ咥えて来て、一匹じゃらしていると他の猫が別の方角から飛びかかって、さらに別のが背中に飛び乗って来る猫屋敷だったが、遊び盛り過ぎたか、前よりおとなしくなったな。
f0118332_23565990.jpg

山形から行くよりぐっと近いので、そのまま黒柴わんこのいるいなかフェへ。
f0118332_23582461.jpg

連休でお客さん多くてお疲れだったか、珍しくお出迎えなくて、ハウスで寝ていたコロナ。
近くに行ったら出て来て、しばらく相手をしてくれました。
そしていつもの開きに。
f0118332_022880.jpg

帰宅して、ウサオが段ボールに入ってる時は、留守中誰かお参りに来ている。
by akanezumi1984 | 2015-09-22 00:05 | つぶやき | Comments(0)

お彼岸です

震災ボランティアで仲良くなった仲間たちは、この連休の一部又は全部、今回の水害のボランティアに当て、がっつり働いて、夜はキャンプを楽しんでいる。
やるときはやる。遊ぶ時は遊ぶ。げに素晴らしき仲間たち!
お隣の宮城県でも被害は大きく、行ってお手伝いしたい気持ちはあるが、うちの仏様も大事。
右肘と親指の痛みもあるので、まずはお彼岸のお努めを。
f0118332_0205739.jpg

つい夜更かしして、準備が7時からと遅く、お膳できたのが8時。直後にもうお参りの人が来てぎりぎりだった。近くで朝市があると放送があり、行ってみたら面白いナスが。しかも安いので購入。
食用ホオズキも。
親戚のお参りと買い物ついでに、隣町のマルシェにも寄り道。
f0118332_0293538.jpg

出店者に詳しく説明聞いたり、試食できたりすると、ついあれこれ買ってしまうが、普段は行けないお店だったり、お買い得の物だったり。
iPadで写真アップが調子悪いので、写真少なめ。
f0118332_0363957.jpg

温泉近くで会ったクスサン。
f0118332_0372030.jpg

これは小さいが、特徴があるからわかるだろうと思ったら苦戦。
生き物サイトにあげて、詳しい人に聞いてみたら、野外での同定は難しいようだ。
ウスベニスジヒメシャクか、フトベニスジか、コベニスジか。
by akanezumi1984 | 2015-09-21 00:35 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984