<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

よいお年を

f0118332_13224593.jpg

みなさま、よいお年をお迎えください。
by akanezumi1984 | 2013-12-31 13:22 | つぶやき | Comments(7)
今日は朝からずっと、あまちゃん総集編にどっぷり。
世の中忙しく走り回ったり、掃除しまくったり、料理しまくったりしているというのに、申し訳ない。
そして今日もまた逃避行動(笑)
f0118332_23385382.jpg

f0118332_23384342.jpg

ムースと雪だるまがある人にとても受けて、シリーズ化を希望されたので、その宿題果たした。
落っこちそうな頭を必死に支える雪だるまです。
f0118332_2339015.jpg

夜は力尽きてきて小物。ヤマネは糸のピンクがちょっときつすぎた感。
ゆるきゃら的ひよこは、ちょっと気に入ったので、また作るかも。
青ペースのは、チンチラを作ろうとして失敗して一気にやる気のないやつになってしまった・・・がくっ。
by akanezumi1984 | 2013-12-30 23:34 | 発作的創作 | Comments(0)

元気もらった

午前中まじめにガラス磨きなどしていたら、86歳のおばちゃん(父の兄嫁さん)から「あなた、元気なの?」と電話いただいたので、午後からいただきもののおすそ分けかねてご機嫌伺いに。
おばちゃんは相変わらず元気で、おもしろい話連発で元気をもらって帰ってきた。いや、もともと元気だけど。
買い物して帰り、もう夕食の準備して、食べたら読書でもいいかなと思ったのだが・・・
f0118332_23213841.jpg

やっぱり一つくらい作ろうかな、などと鋏を持ち、小さいのでいいやと思って、小さなヤマネを切ったのに、アケビに乗せてみたくなって、結局大型化。最初にアケビを縫うだけでけっこう時間かかってしまった。
シンプルで簡単にできてかわいいを目指していたのに、めんどうなの作って自分の首をしめる・・・
でも、思った感じに近いものができて満足。
f0118332_23214446.jpg

これは昔作ったポットウォーマー。本当は帽子だったのだが、微妙にきつかったので、紐つけて、特大のアップリケをつけてリフォーム。当時、抗がん剤の副作用で髪がなくなった母に帽子を作ったのがきっかけで、自分用にも首がゆるくなってしまったセーターやTシャツで帽子をいくつも作っていたのだった。
写真ではわかりにくいかもしれないが、アップリケを縫い付けてはあるが、クマの部分は接着剤で貼っただけ。このやり方だと断然楽だし、早くできるのだけれど、途中から、不揃いな縫い目が味があっていいなと思うようになり、全部縫わないと気が済まなくなってしまったのだ。
定点調査の時ならともかく、厚手の帽子は歩くと暑いので、薄手の生地の帽子の方が快適で、もう何年もたつけれど、そのころ作った帽子は今でも愛用している。
by akanezumi1984 | 2013-12-29 23:36 | 発作的創作 | Comments(8)
f0118332_012889.jpg

スピリットベアの番組を見ながら、くまぷりけちくちく。
上の親子ぐまは、3頭全部色違い。アメリカクロクマは、クロクマと言っても黒、茶、シナモン、ほとんど白、黒だけど鼻つらだけシナモンとか、いろいろな色の子がいるのです。
f0118332_013616.jpg

もう夜中だけど、ちょっと本も読みたいな・・・
by akanezumi1984 | 2013-12-29 00:03 | 発作的創作 | Comments(3)

しばらく家族が増える

f0118332_22252524.jpg

お盆にも一度我が家にやってきた、チンチラの半蔵君をまた一週間くらい預かることになりました。
ふわふわ手触り。撫でられ好きのかわいい奴なので、大歓迎。
ウサオは知らんふりだけど。

単におもしろくてやってるのか、かまってもらうために気をひきたいのか、時々こうして糸を引っ張り出してくれるウサオ。前は段ボールをかじって食ったりしていたが、最近段ボールはやらなくなった。ウサギも退屈するといたがらしたくなるのか。
f0118332_22341863.jpg

ムースがなかなかよくできた。西洋風雪だるまは、ちと今ひとつになったが。
f0118332_22342661.jpg

カモノハシは自分的に花丸。

読みたい本がたくさんたまってきたのだが、いまだアップリケにはまっている。
by akanezumi1984 | 2013-12-27 22:35 | 発作的創作 | Comments(6)

少しずつ片付け

f0118332_1682919.jpg

f0118332_168293.jpg

早くも百箇日。
お墓は雪に埋もれたし、ひっそり昨日のうちに実家帰って、今朝仏壇に御膳をあげるだけに。
なかなか腰があがらぬ片付けは、手を付けやすい衣類と布団から、とりあえず袋詰めし、折り畳みベッドを畳んで、足の踏み場のなかった部屋が広くなった。
しかし、写真が趣味だった父の大量の写真、母の着物、恐ろしい量の食器類を思うと、萎える。
そんな時は雪ちょしで気分転換。
父の部屋の外は一階物置の屋根になっていて張り出している。そこに2階本屋根から雪が落ちてたまるし、父の部屋からひょいと出られるから、一番やりやすいのだ。
裏通りの屋根の上で人目につかないので雪だるまで遊んでもばれにくい。
どうせすぐ転げ落ちるだろうが、中2階物置の屋根にうさを避難させて終了。
by akanezumi1984 | 2013-12-26 16:08 | つぶやき | Comments(9)

ぽく過ごしてみた

別にいつも通りでもいいのだが、たまにケーキ屋さんのケーキ食べたいかな。
お針子に逃避して、部屋もちっとも片付けないので、友人を夕食に誘うことにして、部屋を片付け、夕食とケーキを一緒に食べることに。
f0118332_023942.jpg

掃除と片付けをしたあと、買い出しに出かけ、戻ってポストを見たらサンタさんからなにか届いてた・・・あれ?
サンタじゃなくてさん太か(笑)
f0118332_0223753.jpg

f0118332_0224590.jpg

シチューを煮ている間に、お出迎え隊を編成。二人だけの食事なのでにぎやかしに。
f0118332_0225855.jpg

ショートケーキを二個でもよかったのだが、なんとなくクリスマスっぽいので一番手ごろなケーキにしてみた。
似たような大きさの丸いホールケーキに比べ、お値段半分。デコケーション面積が少ないから?
生クリームとイチゴの組み合わせはやっぱり最強。おいしいっ!
けれど、もうこういうのはたくさん食べられないお年頃。
そんなに大きくないけれど、二人で1/3をさらに半分こでいただきました。
残りの半分はお持ち帰りにしてもらい、うちに残った1/3は・・・明日朝食べようか、昼食べようか。
明日はあまり遅くない時間に実家に行っておきたい。
f0118332_0363997.jpg

友人が来るのを待つ間にできたチョコラブ。おばさいさん、これなんたっす?
by akanezumi1984 | 2013-12-25 00:35 | つぶやき | Comments(2)

出かけついでに

駅を通り抜けたところに届け物があって、歩いて行ったのだが空振りだった。
そのまま帰るのも悔しいので、足を延ばしてこの前行きそびれたパン屋さんへ。
f0118332_09492.jpg
f0118332_010170.jpg

小さな店舗にパンと焼き菓子と手作り雑貨のかわいい店でした。
ベーグルはしっかりもっちり。焼き菓子も好み。
駅の通路ではクリスマスコンサートみたいなのをやっていて、街はいたるところに飾りつけがされ、クリスマスモードですなぁ。
f0118332_0121888.jpg

帰りは駅を通り抜けしないで別ルートにしたら、いたいた、やっぱりタヌキがサンタルックになってた。
amazonで注文していた本が続々届くし、友人からはおもしろそうな漫画もごっそり借りたので読みたいのだが・・・
また、とりつかれたように一日ちくちくやってしまった。左手のしびれがちょっとひどくなったがヘルニア大丈夫かな。
f0118332_01804.jpg

なんか今日は少し手の込んだものばかり作ってしまった。
f0118332_0193365.jpg

ボラ仲間の赤ちゃんをイメージして。

めいめいは、雰囲気出たと思うぞ。
by akanezumi1984 | 2013-12-24 00:20 | FOOD | Comments(2)

相棒と森へ・12/22

f0118332_1549151.jpg

二階に泊まったら、ぬくぬくで寝袋いらないほどだった。昨夜の鍋の残りや漬物に、納豆で朝食。
納豆に白菜の漬物を刻んで入れてあるのがさっぱりしておいしかった。
コーヒーやお茶など飲んでいると、このまま薪ストーブぬくぬく空間でまったりするだけでもいいやと思ってしまうが、せっかく山の近くにいるので、出動します。
f0118332_1549730.jpg

昨日の雪だるまが雪をかぶってこんな姿に。
f0118332_15491381.jpg

片側交互通行の信号にも雪囲いがされています。
f0118332_15492035.jpg

志津から元月山荘方面に向かうと、寄り添う鶴のようなブナがある。んんん、左の鶴の背が現在ちょうどいい高さだんねが?
f0118332_1549268.jpg

ということで、久しぶりに相棒お得意のお昼寝熊のポーズ。
f0118332_15493569.jpg

f0118332_15494379.jpg

f0118332_15495271.jpg

特にどこと目的地を定めずに雪景色を楽しみ歩く。はじめ雪が軽くてふわふわパウダーだったので、野営場から一本ブナの登りあげようかと言っていたが、だんだん雪が重くなってきてやめ、東屋の中に入ってティータイム。
f0118332_15495956.jpg

f0118332_15502085.jpg

この日は光の加減で雪の穴が青く見えて、とてもきれいだった。
f0118332_15502728.jpg

博物園に向かう。沢を渡れるところを探していると、ちょうど橋になっているところがあったので慎重に渡る。
先に渡って確認したら、ブナの倒木だった。
f0118332_15503663.jpg

f0118332_15504745.jpg

f0118332_15505211.jpg

ネイチャーセンターの屋根雪が地面とつながっていたので、調査。大丈夫そうな気がしたけれど、今日のところは屋根に登らないことに。
f0118332_1551088.jpg

f0118332_155197.jpg

沢添いを少し歩いて、渡れるポイントがあるか探ったが、リュウキンカ付近まで行かないとだめそうかな?
f0118332_16101656.jpg

まぁでも、十分楽しめたしと、沢を渡るのは諦め、本日の雪だるま。少し重くなったとはいえ、しけった雪ではないので整形が難しく、珍しく短い耳にしてクマバージョンになりました。(相棒が一緒の時は眉毛がつく)
f0118332_16124786.jpg

おやつしか持って行かなかったので、里に下りてなにか食べよう。
たまに西川で食べるとなると蛙の子で山蕎麦のパターンなのだが、昨夜山菜、キノコ三昧した直後なので、そんなに山菜渇望してないしねー、普通の定食みたいなのでいいか?と、以前相棒が行ったことがあるという店に行ってみようとしたら休み。
それではと、だいぶ前に一度行ったことのある蕎麦屋さんへ。
f0118332_16164836.jpg

新蕎麦の十割蕎麦に、天ぷら盛り合わせを二人で分けて。うまいっ!
f0118332_1618647.jpg

廊下側に座っていたのだが、なにか来たと思ったら、すぐ外をオスキジがとことこと・・・笑
by akanezumi1984 | 2013-12-23 16:08 | おらいの山 | Comments(2)
薪ストーブのある素敵な別荘で、持ち寄りの忘年会。
早めに着いたので、玄関付近にウェルカム雪だるま作戦。しけった雪かつ雪ちょし二馬鹿力(にばかりき)なので、大型化。
f0118332_23374590.jpg

時間に余裕があるので、少し離れた場所の駐車場の除雪に向かうと・・・
f0118332_2340453.jpg

雲に隠れていた山が姿を現してきた!
f0118332_23413677.jpg

f0118332_23415147.jpg

神々しいほどに美しい。とても2000mに満たない山とは思えません。
午前中は天気が悪かったけれど、だんだん青空になってきて、川添いの道に出てからは、景色がきれいすぎてテンションかなり上がりました。
駐車スペースを考えて、今回は相棒と車を一台にまとめたので、二人で大騒ぎです(笑)
宴会の前に温泉に入りに行ったら、駐車場で昨年の地面出し競争3位の立役者taroさんとばったり。
次回エントリーの意思確認ができ、ほっづこっづで雪ちょし隊の超強力な戦力確保!やったね。
遅れてきた忘年会参加の友人とも合流。
路面凍結して、しんしんと冷えて来たが、薪ストーブでぬくぬくの忘年会会場に入って鍋の準備。
f0118332_23545894.jpg

山の達人さんからの食材提供がすばらしすぎます。キノコだしとカモ肉で、おいしくならないわけがない。
f0118332_23555684.jpg

それぞれがいろいろ持ち寄り、こんなごっつぉーに!
f0118332_23565148.jpg

f0118332_2357872.jpg

柿なますは知っていたが、こんなに豪快に大きな干し柿が入っているのは初めて見た。
f0118332_23594867.jpg

ストーブで鮭とば、氷下魚の干物、銀杏なんかも焼いて。
会場オーナーのこけしコを見せていただくと、これがびっくりのかわいらしさ。
f0118332_02634.jpg

f0118332_021845.jpg

なんと帽子が着脱可。そして、よく見ると手にストック。スキーこけしなのでした。
実はこけし職人さんも参加していて、オーダーメードにも応じてくださるとのこと。
f0118332_051270.jpg

金色の天然マイタケ酒。おいらだけ、お湯につけたマイタケ出汁ですが(笑)
一時カラオケタイムもありましたが、男性陣がみなさん美声の持ち主で、これまた素晴らしいのでした。
持ち寄りの酒類がまた、いろいろな種類があり、少しずつ味見してみたが、やっぱり酒がうまいとかいうのはわかりましぇん。
by akanezumi1984 | 2013-12-23 00:10 | FOOD | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984