<   2013年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧

二日雨の後の晴れということで、今日はわりとよく出ました。
適度に緊張感があってよろしい・・・ということで、クモと遊んでいる暇はなかったはずなのですが、
f0118332_2319621.jpg

こんな風にいつのまにか体の上をとことこ歩かれたら、やはりかまわないではいられない。
といっても、なんでもいいわけではなく、かわいいに決まっているハエトリグモの場合、マクロで狙う。
f0118332_23192268.jpg

ほらほら、この目がたまりません。
f0118332_23212748.jpg

2mm足らずのちびすけグモがふわりと望遠鏡に着地。カメラを向けると隙間に隠れたつもり、でも
f0118332_23234988.jpg

ばっちり見えてますから。なんだこの顔はっ。かわいすぎるだろ!
最近のデジカメの性能はよく、その場で画像を拡大して見るだけでなく、保存もできてしまう。
すばしこくてなかなか撮らせてくれないけれど、たまたまじっとしてくれるとうまいことおもしろい顔がアップで見られる。
f0118332_23291832.jpg

だいぶ踵が磨り減ったかなと靴底を見てみたら、ソールがはがれてきていた。この靴、仙台通勤時代に買ったものだから、もう10年以上履いたかも。とりあえず接着剤でもう少しがんばってほしいものだ。
f0118332_233115.jpg

ヒメオドリコソウほどは見かけない、オドリコソウ。
今日は27度くらいだったのだろうか?日陰のないところにいると、かなり暑く感じる。30度越える日々を思うとちょっと憂鬱。
寒いのも手足がかじかんで、冷たいの通り越して痛くなったりしてつらいけど、夏の現場より冬の現場のほうが好きだなぁ。
by akanezumi1984 | 2013-05-31 23:33 | 生き物 | Comments(0)

雨の現場

予報では午前中はもつかも?と期待させたが、開始後まもなくぽつぽつと・・・
その後断続的に降ったり止んだりの一日に。
f0118332_2227415.jpg

はじめは風がなかったので、こんなことでしのいでみたが、
f0118332_22281786.jpg

傘では少しでも風があるとだめだし、調査票が書きにくいので、近くの道路下に移動。雨が止んだら外に出て、降りが強くなったらすぐ中に。
f0118332_22311843.jpg

ミズタビラコが可憐。
f0118332_22322346.jpg

カリンの花は盛りが過ぎて茶色っぽくなりかけ。なぜカリンとわかったかというと、去年の秋に実を見たから。
f0118332_2233276.jpg

ここの道路下のトンネルには、笑う宇宙人がいる。
f0118332_22365030.jpg

雨脚が強くなると鳥が飛ばないので、足元の虫やカエルを探してみる。ハスジカツオゾウムシのカップルのお邪魔。
f0118332_22381386.jpg

こんなのがあると、当然めくる(笑)
f0118332_22391350.jpg

そして出てきた家主にしつこく迫る。迷惑なやつだな。これはカバキコマチグモ。大きな牙というだけでなく、毒があるので噛まれたらしゃれにならない痛さらしい。透け感がきれいなクモ。
f0118332_22413927.jpg
f0118332_2242555.jpg

にゃんだこの愛くるしいちびイモムシは!これでもイモムシ嫌いですか?って言ってみても嫌いな人は嫌いか?
さて、明日も同じ地点。こうやって虫で遊ぶ暇がないくらい鳥が出てくれるといいんですが。
とりあえず天気はよさそうなので、期待したい。
by akanezumi1984 | 2013-05-30 22:44 | 生き物 | Comments(0)

ウサオのこたつ天国終了

f0118332_22141993.jpg

実家にいると、寒くなくてもこたつに入り浸りだったウサオ。
暗くて狭いところが落ち着くのはわかるが、いたずらもやりたい放題なのはパレバレなのだよ。
こたつ布団は廃棄処分だ。
by akanezumi1984 | 2013-05-29 22:16 | つぶやき | Comments(2)

雨後曇り

f0118332_1557263.jpg

予報は曇り後雨だったが、逆だった。
終了までに濡れ物があらかた乾いてくれて、後始末が楽で助かるね。
これからウサオと山形に帰って、明日から二日間別の現場。
by akanezumi1984 | 2013-05-29 15:57 | つぶやき | Comments(0)

げたやのパン

f0118332_2144377.jpg

実家にいるときのお楽しみ、げたやのパン。
大王さまのいる施設の近くなので、差し入れに行くついでに寄り道する。
早い時は昼過ぎにほとんど売れてしまうこともあるので、電話でお取り置きをお願いしておく。
昨日夕方買った厚焼きフォカッチャとイチヂクレーズンのライ麦パン。この半分を今日のお弁当にした。
by akanezumi1984 | 2013-05-28 21:04 | つぶやき | Comments(0)

あぢかった

f0118332_1672380.jpg

30度超えたか…
まだ体が慣れません。
by akanezumi1984 | 2013-05-27 16:07 | つぶやき | Comments(0)

サクランボ畑で

以前何度か、サクランボの収穫やパック詰めのバイトをしたことのあるOさんちのサクランボ畑で人手が欲しいと電話をいただき、昨日一日、爽やかな陽気のもと、サクランボの双子摘みをしてきた。
f0118332_10132185.jpg
f0118332_10134930.jpg

ついこの前、花がきれいだなーと思っていたのに、もうこんなに成長していました。同じ5月に花が咲くリンゴが秋までかかるのに、サクランボは本当に短期決戦。
商品にならない双子(たまに三つ子も)を今のうちに摘果してしまいます。双子も熟せばおいしく食べられますが、商品になる実により日差しや養分が行き渡るように・・・
f0118332_1017308.jpg

手が届かないところは脚立を使って。収穫の時は気温も高く、ハウスもしめてあるのでむんむん暑いけれど、今は風通しもよく、気候もよいので快適作業。
f0118332_10192327.jpg

パック詰めや休憩に使う小屋の中に、毎年子育てに来るツバメさん。もう泥の巣は完成していたが、まだ二羽で外でのんびりしているところを見ると、抱卵には入っていないようだ。
f0118332_1021728.jpg

アナコバチの団地。
写真は撮らなかったけれど、作業中、ふと足元にアマガエルがいてかわいかった。
来月下旬には、佐藤錦の収穫も何日かお手伝いに行く予定。
f0118332_10302726.jpg

ウサオっぽく見える三つ子をお土産にもってきたら、ウサオが軸まで全部食べた・・・こんな青いサクランボがうまいのかっ!
by akanezumi1984 | 2013-05-26 10:29 | その他 | Comments(0)

5/24の続き

原生林のブナの新緑も見たかったので、対岸へ。
ジグザグコースの斜面を直登し、尾根道に出ると夏道が少し出ていた。
f0118332_21585691.jpg

f0118332_2201946.jpg

尾根に出る寸前のところでコヨウラクツツジ、展望地ではタムシバとムラサキヤシオツツジが咲いていた。
コシノカンアオイの葉はあったが、花は見つけず。
f0118332_2222675.jpg
f0118332_2234650.jpg

f0118332_2272840.jpg

毎年雪景色とキビタキの写真を撮りたいと思うのだが、雪原って感じを出そうとするとキビタキが小さすぎているのかいないのかよくわからなくなり、キビタキを大きめに撮ればどこで撮ったかわからない写真に。
かろうじて雪バックとわかるの撮れたかなと思ったら後ろ向いてた。
f0118332_22115521.jpg
f0118332_22121921.jpg

ブナの芽を冬の間守っていた芽鱗(がりん)が雪の上に散り敷かれて赤茶に染まった雪を、雪もみじと称しています。
今年はブナの花がたくさんついていて、雄花もたくさん落ちています。(秋においしいブナの実が食べられそう)
f0118332_2218957.jpg
f0118332_22183252.jpg
f0118332_22191728.jpg
f0118332_22194358.jpg

5月は周海沼がこの時期ならではの美しさに輝く。一面雪に覆われていても、雪がなくなってしまっても見られない、今の時期だけの景色だ。
雪壁や新緑の森が水鏡に写りこむ。水面下に沈んでいる雪の透明感のある青。
誰もいない時間帯、そして光がよくなる午後三時過ぎの周海沼が好きなのだが、この日は粘って撮影しているカメラマンさんが一人、先客でいらした。
誰もいないと思い込んで歩いていたので、ちょっとびっくりした。

雪と新緑と咲き乱れる花とキビタキ。
この時期の晴れた日の雪歩きは、まさしく楽園。歩きながら、幸福感に包まれ、満たされる。
楽園にこんなに簡単に行ける贅沢よ。
by akanezumi1984 | 2013-05-25 22:35 | おらいの山 | Comments(4)
快晴だったら月山山頂に行こうかと思っていたが(気づくと今月一度も行ってない)、山に雲がかかっていたので、ブナの新緑とヤシャビシャクやリュウキンカを見に行くことに。
f0118332_23242949.jpg

志津ではまだ桜が咲いていた。
f0118332_2325191.jpg
f0118332_23255647.jpg
f0118332_23263037.jpg

この前来たときは弓張の新緑がすばらしかったが、今は博物園周辺が一気に萌えている。
12日は博物園に行ったけれど、ヤシャビシャクの観察会のことをうっかり忘れていて参加できなかったので、場所だけ教えてもらい、まずはヤシャビシャクを目指す。
f0118332_23403454.jpg
f0118332_23405248.jpg

あった、あった、教えてもらったあたりですぐに見つかりました。ちょうど花が咲いている。
f0118332_23423283.jpg

リュウキンカ沼に向かうには、まだ橋は雪の下。雪橋がまだしっかりしているので、もう何日かは安全に渡れそうかな。
f0118332_2343341.jpg
f0118332_2344640.jpg

博物園を出たのが昼近くだったので、リュウキンカ沼で昼食。スキー場のスキーヤーがありんこのように見えます。
f0118332_23453694.jpg
f0118332_23461429.jpg
f0118332_23464230.jpg

皮松谷地のリュウキンカも真っ盛り。
f0118332_234837100.jpg
f0118332_23491994.jpg
f0118332_23502100.jpg

ここまで来たら、天気がよいので焼山尾根へ。
f0118332_23511175.jpg
f0118332_23514880.jpg

今回は、ぶし沼まで行かずに、すぐ手前で下り、また皮松谷地~リュウキンカ~石跳に下り、対岸のブナの新緑を見に原生林に向かった。
大好きな雪がまだたっぷりあって、そして新緑が一気に広がり、冬が好きだけれど、やっぱりこの時期もいいなぁとしみじみ思う。
暑くも寒くもなく、なんて快適なんだろう。こんなに美しいものを見て、好きなように歩いて、なんて幸せな時間なんだろう。

そろそろ夜もふけてきたので、続きは明日更新します。
by akanezumi1984 | 2013-05-24 23:31 | おらいの山 | Comments(0)

なんとかなるさぁ

朝出かけてすぐに、パーカー忘れたことに気づいたが、そのままGo!
雨具があるからなんとかなるさぁ。
今週は会社の車で送迎してもらっているため、車に積んだいろんなものから補充はできないが、持って行った荷物にタオルとかはあったので、雨具上下着ても寒かった午前中は、首に巻いたり、肩にタオル当てたりでしのいだ。
寒いといったって、風があるから寒いだけで、気温は20度近くあるんだからね。
f0118332_0121433.jpg

まるで鳥のフンのよう。オジロアシナガゾウムシでしょうかね。
f0118332_012578.jpg

アップにすると、こんなおもしろい顔。
f0118332_0133332.jpg

らぶりぃなコフキゾウムシは、アップにしてもらぶりぃ。
f0118332_0142238.jpg

海の近くだったので、イソヒヨドリ。
f0118332_0145793.jpg

カモシカがひょっこり出てきて、車が途切れる隙をついて国道を渡って海岸側の藪に消えた。
f0118332_0155898.jpg

アオゲラは今日もひたすら巣穴掘り。オスが一生懸命彫り続け、時々メスが中に入って顔だけ出して居心地チェックなどしていた。
カラスが道路に降りてなにかつつこうとしていたので見ると、シマヘビ。しかし、逆襲されて退散。
とぐろを巻いたシマヘビは、50cmくらいシャーッと跳ぶのだった。
f0118332_0191459.jpg

道の駅のトイレにいたにゃんこ。頭隠して尻隠さず。

今週の仕事はこれにて終了。
ぼちぼちケムシやら、大好きなハエトリグモなども少し出てまいりましたなぁ。
仕事中は、そっちばかり見ていてはいけませんが・・・(笑)
by akanezumi1984 | 2013-05-24 00:20 | 仕事 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984