<   2013年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

せっかくなので

ボラで時々お会いする喜国さんが浪江のボラにいらしていたので・・・
f0118332_2226651.jpg

最近発売された本だけでなく、以前のも持って行ってサインしていただいた。

あー、しまった、村山さんもいたから「川ガキ」も持って行ってサインしてもらえばよかった。
f0118332_22311486.jpg

ちょっと遊んでみたが・・・意外と反応の薄いウサオ。ちょっと見ただけであとは無視だった。
by akanezumi1984 | 2013-04-07 22:32 | つぶやき | Comments(0)

ボラで福島

昨日までは仕事で福島にいたのだが、今日は福興浜団さんの活動にギエンタイの仲間と参加。
浪江町で遺留品の捜索でした。
f0118332_0394061.jpg

集合場所に着いたら、早くついていた仲間たちが朝食の準備をしていた。何でコッヘルに靴が?と思ったら、ご飯焚く重しだった(笑)
f0118332_041566.jpg

なぜかアジの干物も・・・(笑)これは皿がないための一時置きらしい。
大阪のYさんが焼津に寄って、おいしいアジの干物やらシラス、白エビ、明太子、まぐろの中落ち、米まで買ってきて、いきなり豪華な朝食。おいらは今朝焼いたパンを運転しながら食べていたのに、はい、どうぞ、とご飯を差し出されて第二朝食に。
f0118332_0445868.jpg

全国からたくさんのボランティアが集まりました。
f0118332_0454650.jpg
f0118332_046452.jpg

広範囲に壊滅的な被害があった地域。ほとんどが基礎しか残っていない。
一般の立ち入りは許可されたばかりだが(申請は必要)、自衛隊や警察、消防などの手はかなり入っていたようで、瓦礫の大山、小山がたくさんあり、以前いたという牛の姿は生きているのも、死んだのもなかった。
目に付きやすいところはもう見てあるだろうからと、人海戦術で漂着物のたまっているところのたまった流木などよけてみたり、ふとんやたたみの下、藪をのぞきこんだり。
家族の思い出がつまっていたはずのアルバムを見つけたが、全部のページをめくって泥を払って見てみたが、すでに写真はなにが写っていたか全くわからない状態でだめだった。
藪の中にあったバッグ類は全部中になにか入っていないか確認した。
御位牌も見つけたが、字が消えてしまっていて、だめ。
二年の月日は長すぎたね・・・
たまにまわりを見ると、袋に回収物をたくさん入れている人がいて、そんなに見つかるわけないなぁと不思議に思っていたら、案の定、記名もなく品物が入っているでもないトランクやバッグ、ぬいぐるみなどを拾っている方たちもいた。
始める前の説明は「貴重品や遺留品を見つけてください」だけだったから、「個人特定のできる遺留品」まで言わないと・・・だったかも。ブログやツイッターの拡散で集まる方はいろいろですからなぁ。
f0118332_121225.jpg

今回の捜索エリアは福一から10km圏内ですが、海辺で風が吹き飛ばすからか線量は低く、一日二日作業するくらいなら問題はありません。
f0118332_134331.jpg

逢隈の産直に寄ったら野菜がほとんど100円前後と安く、たくさん買いすぎた。でも来週の現場は山形から通いだから大丈夫。

補足・・・今日の嬉しい出会い→ノウサギと5mの距離で見詰め合った。嬉しくない出会い→帰り道、雨の中、一般道で帰ったら道路がカエルだらけだった。
by akanezumi1984 | 2013-04-07 01:05 | ボランティア | Comments(0)

終了!

今週の仕事終了!
二日ごとに地点が変わり、月火は畑と苗木畑と林があってまずまずの環境であったが、この二日間の地点は、なんと被災した方の仮設住宅団地の入り口横。外トイレは不可能なので、立ち位置のすぐ隣にある集会所のトイレを貸していただいた。
f0118332_21344085.jpg

人目があるので、眠いとか退屈だからって体操したりするのもはばかられ(少しストレッチはしたが)、機材をほったらかしであまり離れられないので付近の探索もほとんどできないのが難点だった。
でも、すぐ道路向こうの仮設群がペット連れの方ばかりが入居されているため、散歩のわんこを眺めるのが唯一の楽しみであった。
f0118332_21375230.jpg
f0118332_21382261.jpg

ノラなのか飼い猫なのか微妙なハンサムさん。

この現場はもう一回だけあり、それが再来週なのだが、なにやら仕事が同じ週に立て込んでいるらしく、二日間やって、そのまま300km離れた現場に二日間行って、またその足で戻って二日間やってくれという無茶苦茶な依頼があったが、いくらなんでも・・・渋ったらそのまま同じ現場6日間になった。
んー、移動が少ないからよいけれど、ウサオ預けっぱなしになってしまうなぁ。
やっぱり現場は週に三日か、せいぜい四日にしたいところだ。
by akanezumi1984 | 2013-04-05 21:43 | 仕事 | Comments(0)

再び福島

f0118332_20455467.jpg

連泊なら楽だったのに、一度山形に帰ったので、今朝はまた3時起きで福島某所へ。
まぁ、おかげで昨日一日ウサオを遊ばせてあげられたが。
明日夕方帰って、週末は仕事ではなくボランティアでまた福島と考えていたが、大荒れになるならやめとくか?
by akanezumi1984 | 2013-04-04 20:45 | つぶやき | Comments(2)

来週の現場に備え

f0118332_15164647.jpg

道路状況確認と駐車スペース確保。
by akanezumi1984 | 2013-04-03 15:16 | つぶやき | Comments(0)

予定変更

1日から三泊四日で仕事の予定だったが、明日太平洋側が荒れそうな予報で、一度帰宅して残りをあさってから一泊二日でやることになった。
f0118332_22483865.jpg

さすがに太平洋側は雪のかけらもなく、もうウメが満開。足元ではヒメオドリコソウやオオイヌノフグリが咲き始めていた。
f0118332_22494664.jpg

畑と林の間にキクザキイチゲの小さな群落発見。ほんとに小さな群落がひとつだけ。イノシシが跋扈するようなので、いつまで生き残れるかな。
f0118332_225116.jpg

畑と林があるところなので、ツグミとキジバトが大量に畑を歩いている。
f0118332_2253298.jpg

そして、福島にいるんだなぁーと実感するのが、こいつ。外来種のガビチョウ。なかなか見えるところに出てこないが、大声で鳴くのですぐわかる。これがあっちでもこっちでも鳴いている。
さらに大声なのがコジュケイ。これも山形にはいない。チョットコイ、チョットコイと鳴くのは昔から知っていたが、今回雨上がりに突然ほうぼうで一斉に鳴きだし、しかもチョットコイの前にピャーッ!と絶叫。
なんつうやかましさ。
コジュケイもなかなか藪から出て来ないので、声は聞こえても姿が見つけられず、長年見ていなかったのだが、今日は雨上がりに道路向こうの荒地にとことこと二羽のコジュケイが出てきたのを発見。
久しぶりに見るコジュケイはとてもきれいでかわいらしく、ちょっとの間感動していたのだが(そのときは鳴かなかった)、その後あまりの騒々しさにげっそり。
地点の近くにあるお宅は畑と荒地と林に囲まれ、大量のガビチョウとコジュケイがいる。どんだけやかましいやら・・・
おいらはここに住むなら耳栓して寝ないとだめだな。
by akanezumi1984 | 2013-04-02 23:01 | 仕事 | Comments(0)
f0118332_20152418.jpg

f0118332_20152490.jpg

f0118332_20152476.jpg

久しぶりに太平洋側の現場。
今朝は3時に起きて4時少し前にピックアップしてもらって出発。自分の車じゃないとパッキングが面倒だが、運転しないのは気楽。
こちらは梅が見ごろ。
どこにも雪がない!
現場宿は海辺で、がっつり被災したけれど復活した宿。階段に被災時の凄まじい状態の写真がたくさん掲示されている。
by akanezumi1984 | 2013-04-01 20:15 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984