<   2013年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

のんびり展望コース

f0118332_2371945.jpg

月山リピーターのOさんが、友人Nさんを誘って遊びにござった。
スタートはちょっと遅めですが、天気はまずまずなのでゆっくりのんびり展望のよいコースへ。

氷の下を流れる水があやしの生きもののよう。
f0118332_23125567.jpg

看板下の雪だるまは、まだまだ元気と思いきや、こんなにしょぼしょぼに・・・帰りに補修するから待っておれ!と思っていたけれど、のんびりしすぎて時間がなくなりそのままにしてきてしまった。すまぬ。
f0118332_23142165.jpg

分岐の上陸してすぐのあたりに人がすぽっと入ってしまう穴がぽっかり。ぼちぼち落とし穴シーズン突入か。
f0118332_23155334.jpg

新しい食痕。この前通ったときはなかったような・・・
f0118332_2317048.jpg

第一展望地点の下皮松谷地でランチタイム。
f0118332_23185341.jpg

食後のうさ作り。
f0118332_23192489.jpg

つられて二人も作り始めました。手前でごろごろしている雪ブロックは、雪ベンチのため切り出したもので、このあと埋めて元通りにしましたよ。
f0118332_232135.jpg
f0118332_23212090.jpg

せっかくなのでもう一段登って、さらに展望のよい焼山尾根まで参りましょう。
f0118332_23224131.jpg
f0118332_232301.jpg

やっぱり尾根は気持ちがよいー、とみんなウキウキ歩いていると、トラップにかかった人が。
そろそろあちこちに亀裂が入る頃とは思っていたけれど、それとなく筋があったり、くぼみがあって察知するものですが、ここは気づかなかった。
f0118332_23255887.jpg

今日のもふもふさん。ヤマネコヤナギが銀色のふわふわになっていた。
さて、ここまで来たら、ぶし沼まで行ってしまいましょう。
f0118332_23283045.jpg

晴れ予報の土曜とあって、西の平方面にはスノーモービル軍団、湯殿山はテレマーカーやボーダーでにぎわっていたけれど、こちらのコースでは誰とも会わず、静かにのんびりと満喫できた。(トレースはいくつかあったが)
ぶし沼からカワクルミ沼、リュウキンカ沼経由で下山。レンタルのスノーシューを時間までに返却するため、看板下の雪だるまは補修せず。
誰か明日作って・・・でも天気悪そうだから、あまり人入らないかな。
by akanezumi1984 | 2013-03-30 23:33 | おらいの山 | Comments(0)

湯殿山へ

今週は仕事がないので、晴れたら山へGo。
志津に着いたら平日なのに車がいっぱい(といっても10台だけど)でびっくりした。しかも、いつもの平日晴れたら来る常連さんたちの車はなく、見慣れぬ車ばかり。県外ナンバー多し。
たぶんみんな滑るために姥か湯殿に向かうから、スキーヤーが来ないところに向かう。
f0118332_0163193.jpg

看板下の雪だるまが耳なしだけどがんばってる。待ってろよ、帰りに補修するからな。
f0118332_017473.jpg

旧六十里の橋を渡ったところから尾根に上がり、NC裏から下皮松谷地に出た。22日に作ったちびうさをたぶん24日におじょが補修してくれたはずだが、またやせ細ってる。
f0118332_0193266.jpg

ここは帰りに通るかわからないので、すぐ補修。
先行するスノーシューのトレースあり。このへん歩いてるということはジモティーか?
f0118332_0213887.jpg
f0118332_022137.jpg

先行の方は皮松谷地か焼山尾根の方に向かったぽいので、そちらには行かず、カワクルミを抜けて湯殿方面へ。人が多そうなら登らないつもりだったが、スキーヤーは一人しか登っていないようだ。
f0118332_0243923.jpg

22日の時ほど山並みは見えないけれど、青と白の世界が美しい。以東もどっしりと見えた。
先行シューのトレースがやはり湯殿に向かってついていた。森林限界越えたら、もう下ったトレースもあり。
稜線に出たら、スキーヤーの方が山頂から下ってきた。結局今日は下山するまでこの人しか見ていない。
(下山して看板下の雪だるまを補修終わって写真撮ってる時に最後のスキーヤーが下ってきたのに会ったけど)
f0118332_0294542.jpg

本日の湯殿は三人しか入らず、先行二人はもう下山ということで、この先は貸切。
f0118332_0323194.jpg
f0118332_033669.jpg
f0118332_0333439.jpg

かすんで遠くの山は見えないけれど、鳥海山はくっきりと浮かんで見えた。テンション上がります。
f0118332_0353739.jpg

湯殿山神社。
f0118332_0365256.jpg

月山山頂方向。
f0118332_0383377.jpg

昨日積もった新雪があり、しかもそれほど風も強くなく、ガリガリでもなく・・・ちびうさが作れた!
2月末に登った時は強風だは、ガリガリドライの雪しかなくて握れないはで、雪だるま作るのは無理だったが、今日の山頂はエビの尻尾がほとんどなかった。
f0118332_0411114.jpg

ちびうさよ、さらば。
f0118332_043928.jpg

稜線を下っていると、怪しいへこみがあるので突いてみたら、やはりクラック。ぼこっと抜ける。
この隣にはストックが全部入ってしまう穴ぼこも隠れていた。スキーは落ちないと思うけれど、シューやかんじきだとすっぽり落ちる可能性ありですな。
f0118332_0452356.jpg

対岸の姥沢の除雪もずいぶん進みました。リフトの掘り起こしはまだのようです。
f0118332_0462850.jpg

どんどん下り、リュウキンカ沼でティータイム。
f0118332_047232.jpg

なにかいないかと気になるこの穴。
f0118332_0473522.jpg

看板下まで戻り、雪だるまを補修。3月の頭までは看板がだんだん近くなったけれど、もう今はだんだん遠くなっていく。
f0118332_04903.jpg

雪だるまの上にすーっとクモが降りてきたので、糸をたぐって雪だるまの耳の上に乗せて撮影していたら、スキーの方が一人下ってきた。
どうやらこの方が今日の最後。少しお話したら、おいらは新雪の白さを喜んでいたが、スキーは滑らないので、汚いザラメのところを選んで滑っていたとのこと。

今朝からどうにもくしゃみと鼻水が止まらないのだが、目は痒くない。これは花粉症ではないよね?
by akanezumi1984 | 2013-03-28 00:55 | おらいの山 | Comments(0)
2/24に肘折温泉であった「地面出し競走 World Cup in 肘折」にナニコレ珍百景からもマッチョ系芸能人のチームが参戦し、テレビクルーが撮影していました。
どうやら27日19時からのナニコレ珍百景3時間スペシャルのどこかで、そのときの様子が放送されるようですぞ。
by akanezumi1984 | 2013-03-26 22:58 | つぶやき | Comments(7)

3/23-24東松島

22最終のつばさで山形に着いた南極さんを駅に迎えに行き、23日朝6時発でいっしょに東松島へ。
23日は東松島市社会福祉協議会主催で「復興感謝祭」があり、アウトドア義援隊にも感謝状が贈られるということで、仲間と集合。
f0118332_1218161.jpg

いつものように東名駅に8:30集合で、まずはラジオ体操。
復興感謝祭は11時頃行けばよいし、久しぶりの人もいるので現地確認や、今まで行けてなかったところを見にいくことに。
f0118332_12195243.jpg

何度も作業した墓地は、倒れていた墓石がどんどん立ち、さらに新しいお墓もたくさんできていました。
お彼岸なので花がたくさん供えられていた。
でも、水没しているところはそのまま・・・
f0118332_12215346.jpg

小野の仮設住宅で作られている「おのくん」と、こちらに避難されている野蒜地区の方たちの証言を元にしたフォトドキュメンタリー「津波の夜に」を買いに行く。「津波の夜に」は一般書店やamazonでも買えるが、ここで買ったほうが仮設の方たちに少し収益があるのだ。
f0118332_12252745.jpg
f0118332_12254447.jpg

近頃人気のおのくんは、仮設住宅の集会所でおかあさんたちがカラフルな靴下で個性豊かなデザインで作り上げていく。
f0118332_12271296.jpg

ミニサイズも値段は同じだが、かわいいので大人気。この子たちは予約済みのため、非売品とのこと。
f0118332_1228275.jpg

ふむふむ、こうして作っているのか。最近はハイソックスから手足の長い子を作るのが流行っているようです。
f0118332_12293860.jpg

時間になって復興感謝祭に参加。立派な感謝状と、東松島のいろいろ詰め合わせをいただきました。
f0118332_12304296.jpg

こんな豪勢な昼食もいただいた。全て東松島産の材料やお店で作られたもの。
f0118332_12322019.jpg

食後はミニコンサート。
f0118332_12335264.jpg

野蒜駅二階で地区のまとめ役の方たちが集まってらしているところに押しかけ、なんか仕事ないですかー?と聞いてみたところ、とりあえず集会室に冷蔵庫を運びたいとのことで、速攻動く。
近くの避難路整備の作業も聞き、場所を教えていただき、24日作業することに。
f0118332_1259556.jpg

夜は地元の方のところで楽しく歓談。お部屋を借りて寝袋で雑魚寝。
f0118332_12505984.jpg

24日朝もラジオ体操をしてから、いつもより早めに作業開始。ツタを刈ってすっきりさせてほしいとのことだったが、それよりもトゲだらけのノバラのほうが大変だった。
しかし、少数精鋭。時折いてててと言いながらも、みんなでがんがん片付けて午前中で終了。
f0118332_12554946.jpg

午後からは野蒜小の花壇の整備。枯れた草を取り除いていたら、はまなすの家の職員の方からそっちの花壇もやってと声がかかり、建物の裏の花壇(ここも何度も作業しているところ)にまわったら、すごいことになっていた。そういえば、ずっと整備をとりしきっていた通称カエラさんが桜の剪定中に大怪我をして長期入院され、もう元気にはなられたけれど、まだ仕事復帰はされていないのだった。
枯れたまま立っている菊やいろいろな花がものすごく荒涼とした感じなので、根元に近いところでカットして片付け、雑草を抜き、大量の枯葉を集めては運び、すっきりさせることができた。(写真撮るの忘れてた)
倉庫に道具を片付け、お世話になったお宅や、今回お会いしていない方のところに挨拶して廻る。
f0118332_13243483.jpg

クララにも会えた。(地元の方たちと会うのと同じくらい、各お宅のわんこ、にゃんこに会うのも楽しみの一つ)
久しぶりにがっつり作業して満足。風が強かったので、マスクしているのに鼻の穴が黒くなりました。
ウサオを二日留守番させているので、温泉寄らないで帰宅。
by akanezumi1984 | 2013-03-25 12:37 | ボランティア | Comments(0)

新雪で雪だるま三昧

晴れるから早起きしよう!と思っていたのに、見事に二度寝していつもより寝坊した。
でも、別に山頂目指すのでなければ、ゆっくり行っても大丈夫なのさっ。(雪は腐るけど)
f0118332_21303262.jpg
f0118332_21305151.jpg

月山きれいー!と運転しながら眺めていると、田んぼにハクチョウがどっさり。停車して双眼鏡で見てみると、奥にマガンも二羽いた。
f0118332_21314828.jpg

電線にはミヤマガラス。田んぼにもどっさりいるのだろう。
f0118332_21322754.jpg

志津に着いたら、もう昼近く。靴を履き替えようとしたら・・・登山靴がない!そうかウサオ積むためにおろしてそのままだったか。でも防寒ブーツを積んで来たから、そっちにしよう、と思ったらインナーがない!
抜いて乾燥させて戻すの忘れてた。おいらとしたことが・・・
スパ長はあるけど、それだとスノーシューはけない。ま、新雪積もったとはいえ、その下はしまっているはずだから、わかんでいっか。などと一人ぶつくさつぶやきながら準備。
晴れるといつもいるメンバーの車がしっかりあります。みなさんどこ行ったかな?
分岐から上陸して、沢沿いの尾根を行く。低いところはずぶずぶだが、尾根はそう沈まない。
f0118332_21384122.jpg

NC裏から下皮松に行くことに。
f0118332_21391843.jpg
f0118332_21393717.jpg
f0118332_21395584.jpg

この雪庇を左にまいたら下皮松。
f0118332_214167.jpg

三つくっきり見えております。風がなく穏やかで水の音だけ響いて極楽浄土な感じ。
f0118332_2142184.jpg
f0118332_21425629.jpg
f0118332_21432079.jpg

下皮松にて第一うさ。新雪で作ることができるのはあと何回だろう?(まだ最後じゃないね。もう少し上に行けば)
f0118332_21463320.jpg

ど根性ブナ。
f0118332_21471672.jpg

焼山尾根へ。気温が高くて雪庇がみな落ちた。
f0118332_21482843.jpg
f0118332_2149720.jpg

朝日や蔵王も見えている。暖かすぎてぼんやりして飯豊は見えず。朝のうちはもっと見えていたのではなかろうか。
f0118332_21511726.jpg

焼山尾根で第二うさ。ここの雪は表面だけしけっているけれど、その下はドライでくっつかない雪。
ぶし沼までは行かず、ここでお茶に。抹茶クリーム大福が感動的においしい。
f0118332_21535111.jpg

テンの足跡。
f0118332_21542493.jpg

ウサギが止め足してるので追跡してみる。自分の来た足跡の上をずっとそのまま戻って、だいぶ歩いてからぴょーんと横に大きく跳んでキツネやテンを惑わすのだ。
大きく跳んだところからまた少し追跡したが、風が雪がカリカリのところで足跡がなくなってロスト。
f0118332_21574378.jpg

分岐まで戻り、いつもの看板下の雪だるまで第三うさ。
4時近くに作ったので、明日の朝までは元気でしょう。
週末は東松島に行くので、どなたか看板下を通ったら、うさの補修をお願いします。
by akanezumi1984 | 2013-03-22 21:59 | おらいの山 | Comments(0)

「プージェー」の上映

関野吉春さんがグレートジャーニーの旅で、モンゴルで出合った少女、プージェーのドキュメンタリー映画の上映があります。

東京なので、おいらは行けませんが、お近くの方はぜひ。

3/30(土)~4/5(金) ポレポレ東中野 20:00上映開始です。
by akanezumi1984 | 2013-03-21 00:43 | つぶやき | Comments(0)

ストーカー・ウサオ

f0118332_21325448.jpg

f0118332_21325419.jpg

f0118332_21325424.jpg

お彼岸三日目。
今朝は、昨日分けてもらった地元産ゼンマイとブナカノカを煎り煮に。
こういう贅沢がさせてもらえるのは、ありがたいことだ。
御膳をあげ、ウサオの世話して朝ごはん食べたら、ゆるりとお客様を待ち、午後からお参り。
実家では椅子ではなくこたつライフなので、茶の間にいると終始ウサオにぴったりマークされる。
茶の間に入るとダッシュで駆け付け、足に付き纏い、危険窮まりない。
座っていると、すぐ近くに待機。ほっといて携帯や本読んだりしていると、強引に乗り上げて来る。
実家にいるときの方が明らかにやりたい放題。
俺様ウサオ。
by akanezumi1984 | 2013-03-19 21:32 | つぶやき | Comments(2)

春彼岸の恒例・氷割り

f0118332_16431513.jpg

f0118332_16431579.jpg

晴れて暖かく、今日は絶好の氷割日和。
お参りは明日でも、あさってでもできるが、氷割には天気が重要。
氷が緩む午後まで待って、バール一丁で作業突入。
端っこは薄いし、お日様パワーで柔らかくなっているが、道の真ん中は厚さ20センチ近く、表面のざらめの下はガッツガッツの氷。
燃えるね、これは。
うまくいく時は、一カ所にバール入れるだけでバッカリと大きく氷が割れて快感である。
しゃがんで75センチのバールを両手で打ち込む。それを何度か繰り返すだけ。何度目かで音が変化し、くいっとねじこむとぱかーんと塊が取れてくる。
すぐ流雪溝があるので、足で蹴り落とすと、これまた豪快な音がして快感。
もう暖かくなって、ほっといてもとけると思う方もいるでしょうが、まだ当分は朝晩氷点下の日が多いので、日中表面だけ緩んでも、なかなか氷はなくならないのです。
by akanezumi1984 | 2013-03-17 16:43 | つぶやき | Comments(3)

開通してしまった・・・

今日も除雪車が、なんと両方向から来て開通してしまった・・・
ま、除雪しなくても来月の現場までには通れるようになっているような気もするが。
f0118332_1951577.jpg

冬季除雪しない側の町の小型除雪車登場。一度に130cmくらいの幅しか除雪できない。
f0118332_1962338.jpg

こちらおとといから稼動している産廃業者さんの中型除雪機。
f0118332_1973294.jpg

ほぼ同時においらのいる地点に到達し、この路線開通・・・といっても、小型除雪車が除雪した側はまだ車が通れる幅ではないが。
f0118332_199171.jpg

結局二往復して車が一台通れるようになった。しかし、転回できないので入り込んだら通り抜けるか、ひたすらバックで戻るしかないのに、午後つっこんで行ったトラックがいた。戻ってこなかったから行けたんだな。
f0118332_19105325.jpg

一応小椅子もあったが、小さくてあまり楽ではないので、残った雪のところをベンチにしていたら、中型除雪機のおじさんが除雪終わってから車でまた来て(町の除雪のチェックに来た?)、「このテーブルどっから持って来た?」と聞いてきた。ん?あーこの雪ベンチのこと?(笑)
f0118332_1914752.jpg

昼ごろ雨の予報が、いい天気が続き、すぐにとけるだろうと思いつつ、ここでの最後になるかもしれないちびうさを作った。午後かなり気温が上がってはかない命だった。
思ったより天気もって、このままいけるかと期待したが、2時半ごろから雲行きあやしくなってきて、3時には雷が盛大に鳴り始め、あわてて撤収。
荷物まとめて大きなビニールの袋に入れ、傘さしてしのいでいると、担当者が早めに車で迎えに来てくれ、助かった・・・
ここの現場は雪がないと普通にダンプがばんばん走る道路なので、除雪されないと聞いて密かに喜んでいたのだが、静かでのびのびできるのは今回が最後となった。
路側帯がないので、来月からはガードレールの外側の狭苦しいところで調査しなくてはならない。
すぐ急斜面で、幅が1mくらいのところにへばりつくようにしていなくてはならず、望遠鏡を立てるのもぎりぎりだ。一年と言ってたから、夏まで続くのかなぁ。

さて、明日からお彼岸。帰ってから温泉行くのも面倒なので、さっとお風呂に入ってからウサオ連れて実家に向かおう。
しばらく実家住まいです。
by akanezumi1984 | 2013-03-16 19:21 | 仕事 | Comments(0)

ここまで来たか!

現場2日目。
f0118332_22112241.jpg

除雪の進捗が半端な位置なのと、道路の凍結がひどくて車もスリップするので、いつもと同じあたりからソリ引きでスタート。
f0118332_22115857.jpg

部分的にスケートリンク状態。

昨日に続き除雪車が出動。とうとう、おいらの地点までやって来た。
f0118332_2214569.jpg

後ろにトラック随行でやってきて、地点のすぐ先に転回場所を作って折り返して行った。明日は土曜だから来ないかな?
f0118332_22171224.jpg

午後には耳とか頭とか落ちちゃうだろうなと思いつつ、昼前にちびうさを追加したら、うさどころか、午後の暖気で壁ごと崩落した・・・
一時はダウンもジャケットも脱いでしまう暖かさに。6度か7度になったのかな。
f0118332_2219782.jpg

ユキムシ(セッケイカワゲラの仲間)ではない、翅のあるカワゲラ登場。春だねぇ。
昨日は晴れて風があるという好条件なのにノスリ一回のみ。今日はノスリすら出なくて、くまちゃんは彼女がいないからどこかに行ってしまったのかと思ったら、終了30分前になってやっと登場。
やれやれ、せっかく快晴なのになにも出ないと飼い殺しだよと思っていたところだった。
明日は雪→雨→曇りか・・・小降りだといいな。
by akanezumi1984 | 2013-03-15 22:25 | 仕事 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984