<   2013年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

f0118332_22223218.jpg

天気がよいので湯殿山に向かったら、志津から歩き出して博物園手前のカラマツ林でウサギに会った。
近くから飛び出して駆けて行き、一度見えなくなったが、すぐ近くにいたようでまた飛び出した。
今度は丸見えのところに、座った。見えてないつもり?
f0118332_22252989.jpg

じっとしていたらわからないはず、と思っているのか?狩猟期間終わったから大丈夫と思っているのか?
f0118332_22262313.jpg

そーっと近づこうと思っても、表面がクラストしていてバリバリ音がする。
それでも逃げないので、おはよう、いい天気だね、と話しかけて反応を見た。さすがにんん?て顔して逃げてった。
森や起伏の多いところだと、すぐに見失ってしまうけれど、開けたところで遭遇すると、あまり遠くまで逃げずに座っているのが見られる。

さて、早起きしなくちゃいけないので、湯殿山の写真は明日にまわします。
by akanezumi1984 | 2013-02-28 22:29 | 生き物 | Comments(0)

雪旅籠

今年は仕事で制作段階で参加できず、今日やっと行って来ました雪旅籠へ。
朝起きたときの志津のライブカメラはどんより暗かったので、のんびりと昼着で出かけたらすばらしくいい天気になっていた。ありがちなことですが・・・
装飾の補修や追加は雪が柔らかくなっているときがよいので、もったいない天気ではあったが散策はちょっとだけにしときましょ、と博物園まで往復するだけで戻ったけれど、異常に暖かくてそんなに急がなくても大丈夫だったみたい。
f0118332_2391116.jpg

雪崩の予防に重機で雪を落としています。
f0118332_2314341.jpg
f0118332_23142827.jpg

志津で積雪6m越えたというので、久しぶりに標識から顔が出せるかなーと思ったが、この二日でかなり沈んだようで、白い標識でぎりぎりだった(高さは一緒だが青いのより標識が少し小さめ)
f0118332_23171730.jpg

こんなにきれいだけど、今日は博物園までにして戻る。
f0118332_2320670.jpg
f0118332_23203246.jpg

清水屋さんの敷地にある観測用の杭を、はしごに登って見てみたら、5.7mでした。今朝は5.8mだったそうで、今季の最高は6m12cmだそうです。毎年5mくらいはいくけれど、6m越えるのはかなり久しぶりじゃないだろうか。
f0118332_23241684.jpg

小さな雪だるまの装飾を作り直したり、新たにうさぎを貼り付けたり、ヘビの頭を作り直したりして一人補修(オコプロと博物園で毎年やっているブースだけ)終了。
点灯まで時間があるので清水屋さんに行ったら、若女将が一人で雪おろししていると言うので、押しかけ手伝いに屋根に上がった。
f0118332_23283730.jpg

いつもは身長より高いくらいの雪をおろしているが、昨日今日で雪がすくんで低くなったようです。しかし、しまった分重い!
もう止めようと思っていたところだったと言うが、のこぎりで切れ目入れてあるところはやるー!と言ってやらせてもらった。(大きな雪鋸で切れ目を入れてからスノーダンプで落とす)
5時から点灯開始。お客さんもぼちぼちそぞろ歩き始める。
f0118332_23324098.jpg

大鳥居が暗くて目立たないからと、上からろうそく追加作戦。
f0118332_23335360.jpg

よしよし、効果あり!
f0118332_2334244.jpg

今日追加したうさぎ。明日も暖かくなるから、明日の夕方まで生き延びられないかも?
f0118332_23354827.jpg

ちび雪だるまたちがよれよれだったので作り直した。下の大きめ雪だるまは凍っていたので直せずゆがんだまま。なんとか最終日までがんばってくれ。
f0118332_23372741.jpg
f0118332_23374674.jpg

これ以降は学生さんたちの作品。今年も力作ぞろいです。
f0118332_23395364.jpg
f0118332_23401855.jpg
f0118332_23404459.jpg
f0118332_23411869.jpg

アイスバーの外壁にスライド上映されていた。
f0118332_2342975.jpg

旅籠内で馬がにんじんを売っていました(笑)
f0118332_2343776.jpg

雪たろうまんじゅうとクッキーもかわいいです。まんじゅうは白餡と小豆餡の二段重ね。
f0118332_23582779.jpg

外の売店でチョコマウンテン、ホットオレンジジュース、鳥皮鍋とおいしそうなものが・・・しかし、これは今日だけみたいです。玉こんにゃくと甘酒は毎日やってます。土日はお蕎麦も出るかも。
f0118332_23463190.jpg
f0118332_2347960.jpg
f0118332_23473898.jpg

アイスバーの中はホットワインの匂いが充満し、いるだけで酔いそう。

日中は青空だったのに、夜はちらちらと雪が舞っていましたが、暖かく穏やかな夜。
平日だけれど、お客様もそこそこいらしているようです。
最終日の3日は雪旅籠で結婚式もあるそうですよ。
by akanezumi1984 | 2013-02-27 23:49 | おらいの山 | Comments(2)

穴掘り失敗例

f0118332_8553189.jpg

わかりにくいとは思いますが、この写真、よーく見てください。
穴の中に二人います。
一人は上の人に足を押さえてもらって逆さづり状態で、狭い穴に頭から入っています。
穴が狭くなりすぎて、中の雪を出せなくなってしまったための苦肉の策でしょうが・・・苦しすぎるべ(笑)

地面出しは、ただ雪を掘ればよいだけではなく、奥の深いものです。
昨年は3.5m、今回は.8mと、身長の倍も掘らなければならず、穴が深くなると掘った雪を外に出すのが大変になって行きます。(一昨年は2.5mと少なかったが、雪がしまって重く固くて大変だったし)
小さく掘り過ぎると身動きできなくなり、差し込んだスコップで雪をすくうこともできなくなる。
かといって広く掘りすぎても時間がかかり過ぎる。

戦略と冷静な判断力も必要なのだ。

だから体力自慢ばかり集めたチームでも上位に入れるとは限らず、わずか三名だけで、しかも一人は70代のチームが毎年上位に入ったりする。

奥深いね。
by akanezumi1984 | 2013-02-26 09:05 | その他 | Comments(0)

銅のスコップ!

今年も出ました、地面出し競走 World Cup in 肘折。
おりしも強い寒気の入った日に豪雪の肘折に向かうという、競技以前に無事に現地にたどり着けるかな一日の始まり・・・
このところしょっちゅう弓張並みのホワイトアウトに見舞われる新庄尾花沢道路は、時々ぶわーな程度で無事通過したものの、新庄から肘折への道のりが吹雪く、吹雪く。
f0118332_21402282.jpg

まだ見えてる。
f0118332_21424433.jpg

見えませーん。なんとかしてくりー!こんな恐怖のホワイト地獄を乗り越え、途中からなんとなく仲間の車三台がまとまって同時に到着。前泊して前夜祭でのロビー活動で情報収集していた現場監督EさんとO隊長と合流。
f0118332_21545255.jpg

会場までみんなでそぞろ歩いて向かいます。
初参加の時は14チーム、昨年は22チームだったのに今回は30チームの参加でぎゅうぎゅう!
開会式の後、まずは掘る場所を選ぶ順番を決めるソリンピック開催。
f0118332_220478.jpg

滑り手は各チームから二人なので、今回初参加のtaroさんとk-ponに滑ってもらいました。
滑走順が2番手で若干不利かと思われたのに、なんとなんと、k-ponがヘッドスライディング方式で最長不倒距離を出してくれました!(せっかく動画撮ったのに、間違って消してしまって無念)
情報収集の結果得られた「いい場所」を一番に選ぶ権利獲得。もちろん隊長がベストポジションをゲット。
各チーム場所が決まった後、一度全員外に出て、ほら貝の合図で自分の陣地にダッシュして掘り方開始!
f0118332_2244566.jpg

f0118332_22202523.jpg

f0118332_22252117.jpg

今回Rちゃん参加できなかったので5人での参戦。一度に掘っていいのは4人まで。待機の一人を有効に使って一枚脱ぎたいとか、水分取りたい、疲れた、などでさっと交代しながら、がんがんと堀り進む。
途中からは今回スカウトしたエースのtaroさん一人に穴の中でばんばんブロックを切り出してもらい、他のメンバーで排雪。このtaroさんの活躍が素晴らしく、あれよあれよと進み、土が出たー!春出たー!
それを持って走り、大会委員長に手渡したところでゴール。我々は陣地選び、道具の搬入など移動のたびに走路を踏んで整備しておくので、ここで転ぶという失態はありません。(けっこう他チームは転びまくる)
次回からシード制になるというので、シード権の得られる10位に入れればと思っていたら、なんとなんと、三位!それって・・・それって・・・
銅のスコップが我らの手に?!
ひとしきり喜んだあと、一人ひとり穴の底に入って記念撮影。
f0118332_22521694.jpg

3.8mの雪の底。こんなに深いのです。
f0118332_22542816.jpg

他のチームの応援にうろうろ。ナニコレ珍百景チームとして送り込まれた筋肉軍団は、まだ格闘中でした。
地面出しはパワーだけでは勝てないのです。
f0118332_2257228.jpg

山形県埋蔵文化財チームもまだまだな感じでした。丁寧に掘っているのでしょう。
昨年優勝したスーパーJチャンネルは、優勝の立役者だった職人さんたちが今回は自分たちのチームで参加したため、強力な助っ人を失い悪戦苦闘してました。(今回23位、職人さんたちは2位。これが実力ですね。)
地元肘折の女子だけでがんばる堀りガール強ガールのゴールはみんなで手をつないで。もうね、かわいさでなにか賞をあげて欲しい!
f0118332_230025.jpg

ふらふらして戻ると隊長が雪だるまを作っていた。これはすまぬ。大事な任務をほったらかしてました。
f0118332_2331096.jpg

耳つけを手伝って記念撮影。これも毎回の慣わし。
f0118332_2361214.jpg

そして表彰式。銅のスコップは、ひたすら雪を切り出し、上に上げる一番疲れる作業を交代無しでやり遂げてくれたtaroさんに受け取ってもらいました。
f0118332_2383477.jpg

上位5位は我がチーム以外は肘折チームばかり。まさかここに食い込めるとは・・・感無量です。
これまでの経験や、監督と隊長による情報収集、そして今回誘いにのってくれた強力助っ人二人(豪雪の西川在住ですからね)のおかげです。

シード権獲得により、来年も確実に参加することができます。

どうしよう、今から来年が楽しみだ。
by akanezumi1984 | 2013-02-25 23:17 | その他 | Comments(10)

雪ちょし三昧

実家に泊まったので朝から雪ちょし三昧。
まずは朝ごはん前に一時間雪かき。
ご飯食べて一息ついてから、二階廊下の窓から出て、まずは玄関の上の雪おろし。
f0118332_1451143.jpg

次に大王様の部屋のサッシからそろーりと出て、そこの屋根の雪山を登って隣の物置の二階屋根の雪おろし。
f0118332_14511499.jpg

下に下りて一階物置小屋の屋根の雪おろし。
f0118332_14511495.jpg

わかりにくいですが、この写真の左側が一階の屋根で、ちびうさが乗っているのがおろした雪の山。(ちびうさは二枚目の写真のから場所移動)
屋根と下の雪がつながると庇が壊れてしまうので、この後におろした雪つつきと道路や玄関前に落ちた雪の片付け。
やれやれ終わった、ふーっとこたつに入り、とちもち食べていたら、なんやら外が騒がしい。

あっちゃー、道路が冠水して川になってる。
流雪溝の上流部で誰かが雪を詰まらせたため、「水上がり」したのだ。

途中にある溝の開口部に水を誘導すべく、剣スコ借りてがんばったが、圧雪が下部では厚い氷になっていて、固すぎてなかなか割れないのでバールに変えて水路を作り、近所の人たちと各自がんばって、なんとか排水。
後には水を吸ってめちゃくちゃ重くなった雪が残され、車のハンドルを取られるので、今度はそれを何人かで排雪。

昼ごはん食べずにがんばった。(とちもち食べてたからパワーが続いたー)
by akanezumi1984 | 2013-02-25 14:51 | つぶやき | Comments(0)

一週間でこれだよ

f0118332_8142221.jpg

一週間前におろしたんだけど…
朝ご飯食べたら、2階の窓から出て玄関の上と物置の屋根の雪おろしだな。
by akanezumi1984 | 2013-02-25 08:14 | つぶやき | Comments(0)

速報

肘折からまっすぐ実家に来てしまったので、写真なし(吹雪ひどくて携帯で撮ってなかった)。
簡単に結果報告だけしときます。
肘折の4m近い積雪を地面が出るまで掘る『地面出し競争』、今回は西川の月山仲間二人スカウトしたのと、監督と隊長による前夜祭での地元名人からの秘訣聞き出し作戦の成果で、三位になってしまいました!
銅のスコップ獲得です。
上位5チームで肘折以外のチームはうちだけ。
来年のシード権も獲得です。
やったーっ!
by akanezumi1984 | 2013-02-24 19:26 | つぶやき | Comments(6)

今月の仕事終了

f0118332_2142883.jpg

今日も予報のわりには晴れ間が多くて助かったー。
時折吹く突風が油断ならなかったが、午後はおおむね晴れていたので、濡れ物が少なく終われて楽だー。

でも、この天気は山形周辺だけか?しかも、また強い寒波が来ていて、明日は吹雪マーク。
明日は豪雪地肘折温泉で地面出し競走に参加予定。
「ほっづこっづで雪ちょし隊」で三回目の出場だ。
まずは明日の朝、恐怖のホワイトアウトゾーンの尾花沢から新庄を無事通過して時間までに肘折に着けるかだな。
by akanezumi1984 | 2013-02-23 21:08 | 仕事 | Comments(0)

晴れた!

曇り予報だったが、晴れてくれました。
f0118332_2155419.jpg

はー、やれやれ、やっと仕事らしい仕事ができた一日だった。
まじめに仕事できたので、今日は昨日のうさの隣にうさ追加しただけ。
往復のときや、移動して探しているときにちょっと足跡やクモなど撮ったりはしたけれど。
f0118332_2110434.jpg
f0118332_21102779.jpg
f0118332_21105723.jpg

天気がよくなると動物たちも活発。朝、新しい足跡がたくさん残されていた。リス、アカネズミ、テン、ノウサギ、タヌキ、キツネ。キツネとタヌキはおいらのトレースの上を歩き、真ん中にフンまでしていた。
後で木の枝でほぐしてみたら、リンゴとなにか白い繊維質が出てきた。この繊維質が謎。なにを食べていたのだろう?
午後、このキツネをちらっと見た。先月ちらっと見たのと同じ場所。同じ動きだったので確認に行ってみたら、無雪期に車を置いていた場所のポールの近くに尿が・・・サインポストなのかな。
f0118332_218863.jpg

気温は氷点下でも、太陽が出ていると暖かい。クモやユキムシも出てくる。
今日は成果もあり、往復の道のりも楽だったが、家に帰る頃にはもう雪。
今夜からまた強い冬型だそうで、県内全域に注意報がこれでもかと出されておりますなぁ。
明日がこの地点の最終日。たぶん、ただのサバイバル訓練みたいな一日になるでしょう。
食べるくらいしか楽しみがないから、おやつを多目に持っていこう。
by akanezumi1984 | 2013-02-22 21:18 | 仕事 | Comments(0)

今日も今日とて

朝はちょっと晴れ間があって期待したのだが、飛ぶのはカラスとトビだけ・・・

チーン!
午前中は時々突風が吹き荒れて、杉の木が幹から大揺れし、枝についた雪がぶっとばされて吹き付けてきてひどかった。しかも、風の向きがころころ変わるのでたち悪かった。午後は弱まってくれてやれやれ。、

f0118332_20544153.jpg

ラッセルで大変かと思っていた地点への移動は思いのほか楽だった。
底が固くて、上に足首くらいまでのパウダーしかなく、スノーシューで快適な歩き。ソリも転覆せず。
土曜まで三日間、毎日除雪最終地点から片道1.5kmソリをひいての往復だ。
今日地点に三脚大小とツェルトを置いてきたので、明日は少し軽い。
by akanezumi1984 | 2013-02-21 20:58 | 仕事 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984