<   2013年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

恐るべし月山の自然

今朝、姥沢小屋が壊れたと聞き、天気もよさそうなので姥沢まで見に行くことに。
f0118332_2153622.jpg
f0118332_21533813.jpg

新雪は深くないが、単独なので体力温存のためキャット(雪上車)ルートを利用。前日も運行したのか、ルート上はほとんど沈まず。スキー場の上まで行ったところで、キャットに追い越された。
ヘルメットに作業服姿の方が何人も乗っていたので、壊れた姥沢小屋の点検でしょう。
f0118332_21575395.jpg
f0118332_2158363.jpg
f0118332_2159824.jpg

2時間半くらいで姥沢着。いつもの光景。2階建でも3階建でも東側は屋根まで雪があり、西側は深くえぐれている。
そして問題の姥沢小屋は?
f0118332_2253294.jpg

広い範囲に飛ばされた屋根や布団やらが点在している模様。
f0118332_2274155.jpg
f0118332_2282160.jpg
f0118332_2295065.jpg
f0118332_2210822.jpg

ちょっと、津波の被災地を思い出す光景。激しく壊れた建物にため息がもれた。雪に放り出されて埋もれた布団が悲しい。
f0118332_2217451.jpg

T電力さんが点検終えて、もう帰られるところだった。天気がよくてよかったですね。
f0118332_22241827.jpg

今日はこんなに穏やかな天気ですが、大きな山小屋が全壊するほどの強風が吹くのである。
10数年前にも確か、この小屋は土台からだいぶ離れた場所に動かされていたことがあった。
自然は、時に人間の想像を超えた力を働かせる。とりあえず冬季閉鎖中で誰も怪我をしなくてよかった・・・
f0118332_2229338.jpg
f0118332_22295740.jpg
f0118332_22302163.jpg

太陽のおかげで暖かく感じるが、気温は低いようで、ここの雪は握れない。
姥沢のロッジ群まで戻り、裏からブナ林に下る。
f0118332_2232508.jpg

ヤドリギがだいぶ近くなってきた。
f0118332_2234665.jpg

周海沼まで下ると、Kぽんのと思われるトレースがあった。
f0118332_2235474.jpg

ここの雪は少し太陽でいい感じになっていたので、ちびうさが作れた。
f0118332_2236661.jpg

オコジョの足跡。
f0118332_22372131.jpg
f0118332_22374536.jpg

NCの屋根に登って姥と湯殿を眺めた。(なんとなく毎年一回は登る)
姥にはシュプールあり。赤いウェアのあの人です。
f0118332_224098.jpg

分岐の青看板は、簡単に手が届くようになりました。

姥沢小屋、既にたくさんの予約があったようですが、今年は営業できないようですね。
取り壊した後、今度はどんな小屋になるのだろう。
by akanezumi1984 | 2013-01-31 22:42 | おらいの山 | Comments(6)

羽黒山

f0118332_2214029.jpg

月山の仲間で羽黒山へ。国宝の五重塔は、雪おろし中だった。
f0118332_2284185.jpg
f0118332_2291135.jpg

ちょっと新雪が少なくて、例年のようなラッセルでないのが物足りないけれど、雪の羽黒山はやっぱり素敵だ。
杉もこれだけ太いのがたくさんあると、原生林のようなよい雰囲気が出るものだ。
f0118332_22172812.jpg
f0118332_22185529.jpg
f0118332_22195681.jpg

石段は完全に雪のスロープで、一の坂、二の坂、三の坂と言われる急な石段部分はかなり急な雪斜面。
スノーシューのクランポンを利かせて登った。
f0118332_22241446.jpg
f0118332_22244123.jpg
f0118332_2225739.jpg

そのまま鳥居をくぐらず、斎館の敷地を通って三社合蔡殿の方へ。
f0118332_22263691.jpg

今年も灯篭がソフトクリームみたいになっておりました。
f0118332_22273168.jpg
f0118332_22295411.jpg
f0118332_22312876.jpg

ちょうど正午となり、売店2階の食堂で昼食。
f0118332_22325365.jpg

Uさんが持って来たアブラコゴミの塩漬けがシャキシャキでとてもおいしくて、作り方を聞いたら「さっと一瞬だけゆでて、すぐ水で冷やしてすだらがしてから・・・」
「すだらがす」?
同じ山形県民なのに意味がわからない(笑)
ざるにあけて水切りするようなときに使うようです。うちの実家あたりでは使わない言葉だな。
f0118332_22382359.jpg
f0118332_22385516.jpg

下りは各自好きなところを駆け下る。ひゃっほー!
f0118332_22401728.jpg

あっという間に下ってしまった・・・
f0118332_22423822.jpg

羽黒山は冬でも車やバスで上まで行けるのだが、やはり石段沿いの景色を見ながら歩くのがよい。
キツネ、タヌキ、ウサギ、テンも闊歩していた。
by akanezumi1984 | 2013-01-30 22:46 | ほかの山 | Comments(3)

飛んでゆくー・・・

f0118332_20184624.jpg

雪国ではよく見かける光景ですね。
建物の入り口に、「靴の雪を落とすためのブラシ」が準備されています。

この5日間ひそかに左肩甲骨から腕にかけての激痛と戦っており、さっぱりよくなる気配がないので仕方なく病院に行った。
1~2年に一度風邪から咳が止まらなくなって耳鼻科にかかる以外は、ほとんど病院に行かないので、たまに行くと病歴とか治療歴書かされるときに、どこまでさかのぼればよいのやら。
今日は整形を受診したので、一応その病院に以前かかったときの履歴を書いたが、何年前だったかもうわからなくなっていて、5~6年前に右足首靭帯損傷、それ以前に右手首骨折と書いたら、何年前ですかと追求されて困ったので、帰宅してからあれこれひっくり返して調べたりして・・・

今日はとりあえずレントゲンだけ撮って、やはり首がよくないようなので、来週MRI。
MRIだと1万円かかるかな。今日も病院と薬局で5,500円ほどかかったし。具合悪いとお金がかかるぅ。
とりあえず痛み止めがようやく効いてきたようで助かるが。
by akanezumi1984 | 2013-01-29 20:42 | つぶやき | Comments(2)

久しぶりのおらいの山

f0118332_23142627.jpg

f0118332_2318915.jpg
f0118332_23183537.jpg

午前中は弓張平で台湾の大学生たちの雪体験のお手伝い。
幸い穏やかな天候で、あまり寒くなく、みんな雪の世界を楽しんでくれました。
天気予報は午後から雪でしたが、昼ごはん食べてもまだ青空が残っていたので、帰るのはもったいないよねーと、Kさんと森へ。ちょっと見晴らしのよい尾根に行きたい気持ちもあったけれど、天気下り坂の時は森にしといたほうが無難なのだ。
f0118332_23195071.jpg

痛々しい雪折れ。
f0118332_23202715.jpg
f0118332_2320417.jpg

一本ブナからキャンプ場のつもりで出かけたけれど、あまり沈まないためあっさり着き過ぎ、ごがらみまで足を伸ばすことに。
f0118332_23215226.jpg
f0118332_2322834.jpg

我々の気配にノウサギが逃げたようで、直前まで座っていた跡と足跡が・・・
f0118332_23232346.jpg

一跳び3m。
f0118332_23241060.jpg

ごがらみに着くころには灰色の空から雪が舞い仕切り、じきに吹雪に。
風も冷たくなり、右側だけほおが痛かったのなんの。
f0118332_23253341.jpg
f0118332_23254883.jpg
f0118332_2326624.jpg

雪がドライ過ぎてくっつかないため、Kさんにうさの耳をおさえてもらってます(笑)
f0118332_23265311.jpg

古いものだが、ホオの木にクマの爪痕。花を食べに登ったのだろうか?
わさわさと雪が降ってきて視界が悪くなってきたので、とっとと下山。
落ちていたヤドリギをウサオが食べるかどうか試そうと思って拾った(ノウサギは食べる)のに、結局落としてきたようだ。また今度拾ってこよう。
by akanezumi1984 | 2013-01-28 23:30 | おらいの山 | Comments(0)

晴れてくれました

昨日夕方5時過ぎに日曜決行の連絡があり、土曜延期になった分のお仕事へ。
予報では雪のち曇りで、朝のうちは吹雪も覚悟していたが、なんと朝から晴れているではないか!
f0118332_22105151.jpg

木曜と同じ、雪道を2km歩いて行く地点へ。今回はモービルのトレースもなく、新雪にスノーシューの跡がぼこぼこ開くためにソリの安定が悪くて転覆してばかりで進まない。
仕方なく三脚をソリからおろして肩にかけたら、安定して進めるようになった。
f0118332_22133621.jpg

ようやく地点に着くと、不思議な雪の塊が・・・
なんだこれ?こんなとこになにかあったっけ?って、一昨日自分でここに大きめのうさだるま作ってたんでした。
f0118332_22161739.jpg

表面の柔らかい雪を落としていくと、首までとっぷり埋もれたうさが出てきました。
f0118332_22174289.jpg

今日はうっかりゴム手を忘れたので、新作は作らないでおこうかとも思ったけれど、せっかく天気がよいのでちびうさ作成。ちと耳大きめになりました。なんとなくキツネも作りたくなってお供にしてみた。
うさ食べられちゃうかな。
by akanezumi1984 | 2013-01-27 22:23 | 仕事 | Comments(2)

1/25雪時々小雪な一日

f0118332_11493013.jpg

終日雪の予報だったので、地点に着いたらすぐにツェルトで基地設営。
雪の降りが激しい間は、どうせなにも見えないので中に隠れ、小雪になったら外に出て周囲を見る、の繰り返し。
月、火だけ、本来のここの現場の担当者が来ず、代わりの社員さんが来ているのだが、おいらのいつもの地点が雪道を片道2km歩かなければならず、初日朝はすいすい行けたが、帰りに雪が柔らかくなってわかんで時間がかかったからか、火曜は地点を交代してくれると・・・シールスキーがあるから楽に早く行けるからと言うので変わってもらったが・・・
結局行きは下りなのにさっぱりスキーが滑らず、荷物はソリを使わなかったしで大変だったらしい。
重たい三脚は、はなから持って行かなかったらしいが。
f0118332_11555951.jpg

変わってもらった地点は歩かなくてよいが、某最終処分場の入り口付近で、プレハブ事務所のすぐ前なので、うさは控えめに(笑)
目立たないところに小さいのをひっそりと。
f0118332_11573873.jpg

気温高めの一日だったが、とはいえじっとしていると手がかじかみ、足が痛くなってくるので、近くの除雪された道にちょっと探検に行った。雪がたまったら除雪するというスタンスの道路らしく、当日の除雪はされていなかったが、歩きやすかった。帰りは吹雪いて顔が痛かった。
午後はちょこちょこ小雪になって視界がよくなる時間があったが、結局データなし。
予定では今日までの三日間の調査だが、予報が悪すぎて今日はとりあえずやらないということに。
さて、残り一日を明日やるのか月曜なのか。
月曜は予定があると言ったら、あまり間をあけたくないから火曜の線はなく、社員さんでなんとかするとのこと。月曜やると決定が出た場合は一日分減収となってしまうな・・・
by akanezumi1984 | 2013-01-26 12:03 | 仕事 | Comments(3)

今週三度目の快晴

1月に週三回も快晴って!
f0118332_23113542.jpg

その喜びをうさで表してみました。少し大きめのを作ったので、大きさがわかるようにカップとスプーンを持たせたら、ただの食いしん坊になったか(笑)あ、快晴は午前中のことで、これを作るときには少し雲が出てしまいましたが。(朝は雪が冷えていて作れない雪質だった。)
f0118332_23125220.jpg

おいらが入る地点までの道路は除雪されないため、片道2kmの歩きとなったので、ソリで荷物を引いて移動。天気がいいし、行きは下りなので楽しいばっかり。(帰りは登りなので疲れた。)
f0118332_23145985.jpg

日中気温が上がり、雪虫も現れた。他にもタマバチの仲間、先月も見たクモや毛虫も。
f0118332_23161126.jpg

フンの大きさや足場から考えてキツネと思われるフン。なんでこの雪の塊の上にしたかったのか?
ちょっと笑えた。

朝は下りなのですいすいと行けたが、厚着で動きにくいので帰りは倍かかった。車からすぐの地点に入っている会社の人が明日は雪だし、場所を替わってくれると言うけれど、おいらは歩くのは別に嫌じゃないのでこのままでいいんだけどなぁ。
親切で言ってくれているのだが、今の地点のほうが除雪されないから誰も来なくていいのだ。モービルのトレースはあったけど、たぶんめったには来ないはず。
by akanezumi1984 | 2013-01-24 23:20 | 仕事 | Comments(2)

前半終了

先週の現場が今週にずれこんだため、今日で現場一つ終わったけれど、明日から土曜までまた別の現場。
暇なんだか、忙しいんだか。
今月半分働いてないんだから暇か・・・(笑)
f0118332_21521340.jpg

朝焼けの残る鳥海山・・・頭だけ。
f0118332_2154986.jpg

月山と葉山。
f0118332_2154525.jpg
f0118332_2156304.jpg

以前は終了まで我慢することもあったけれど、体に悪い。安心して仕事できるように、トイレシェルターを掘れるから、雪がたくさんある現場のほうが好きだ。雪がないときは隠れられるところを探さないと。
f0118332_2159116.jpg

晴れるとあちこちで屋根の雪下ろしが始まる。
f0118332_2203089.jpg

これは昨日のうさ。
f0118332_221674.jpg

昨日ツェルトひきこもり中遊んでくれたトビムシの仲間。
f0118332_2235960.jpg
f0118332_224375.jpg
f0118332_2252426.jpg

今日は足跡がたくさん。ノウサギ、テン、キツネ、タヌキ、キジ。宅地のすぐ近くの小さな丘だけれど、森や小さな山がつながっていれば、いろいろな生き物が行き来する。
f0118332_22121462.jpg

のんきなキジがしばらく近くでぽーっとしていた。
f0118332_2213475.jpg

アカゲラも近くでお食事に夢中。
f0118332_2215232.jpg

今日のうさ。足元にヘビが迫ってるよ・・・
f0118332_2216464.jpg

変わった形の雲。
調査終了後、ウサオと大荷物積んで帰宅。明日からは家から通いの仕事。
by akanezumi1984 | 2013-01-23 22:17 | 仕事 | Comments(0)

外で引きこもり

f0118332_2252243.jpg

f0118332_22522453.jpg

終日降雪で視界不良。しかもしけった雪なので、ツェルト張ってほとんど引きこもりだった。
by akanezumi1984 | 2013-01-22 22:52 | つぶやき | Comments(2)

現場

f0118332_22382678.jpg

f0118332_22382671.jpg

今日は暖かくて、雪掘りしたら汗かいた!
荷物減らすため椅子を持たなかったから雪ベンチ作り、トイレ隠れられるように深さ120センチの穴を掘り、体制整えたが、明日は雪か…
by akanezumi1984 | 2013-01-21 22:38 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984