<   2012年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

それでもいいのだ

f0118332_21424751.jpg

夏から大王様は施設暮らしになったため、実家にいてもウサオだけ。
先月少し片付けを頑張ったが、今は完全に戦意喪失し、読書に逃避。
by akanezumi1984 | 2012-12-30 21:42 | つぶやき | Comments(2)

ぷち雪おろし

f0118332_17564788.jpg

f0118332_17564747.jpg

f0118332_17564787.jpg

天気が落ち着いたので、一人でできるところの雪おろし。
二階の父の部屋の外は、一階物置の屋根。ここは上から雪が落ちてたまるから、一番雪が多い。
まず部屋の中から進路を少しだけ作って外に出、サッシを閉めてから作業開始。
雪が多いと隣の中二階の物置屋根に上がれるので、まずそちらから。
面積狭いからすぐ終わり、父の部屋前に着手。ここも狭いが雪の厚みがあるので少し時間がかかる。
下の方に前回の大雪後雨で凍った層があり、ちょっと力がいる。上は絹ごし豆腐のようで非常に楽だし気分よく片付く。
あと少しのところで親指の関節外側の皮がむけて、カットバン貼らなきゃと部屋に戻りかけたところで、上でザザザと音がし、とっさに庇の下に隠れたら、その庇の雪がどさどさ雪崩れてきたのだった。暖かくなるとこれがあるから要注意だ。
お昼食べてから玄関の上も雪おろし。
勾配が急なので、手摺りと腰をスリング二本でつないだ。屋根のとんがりに降りてスコップ入れたら、足元からばくっと割れて片側全部が底から落ちた。反対側は底がまだ凍っていてスコップで地道に落としていたが、熱でトタン屋根と雪に隙間ができて一気に底雪崩化して足をすくわれたが、スリング固定してあるから問題なし。
スコップ落とさないよう気をつけてスリングにつかまって体制整えた。
白いおかっぱ頭みたいだった屋根が、丸刈りに戻ってさっぱり。
一休みしてから三軒お悔やみに廻った。うちで不幸があった時に香典いただいてそうなお宅で不幸があると、親戚のおばさんが教えてくれるのだが、この一ヶ月くらいで三人て…
by akanezumi1984 | 2012-12-28 17:56 | つぶやき | Comments(0)

冷凍りんご

実家に泊まったから、朝はブルドーザーの音で始まる。
昨夜からの積雪だけなら量もたいしたことなく、冷えてるからふわふわ軽いはず。
しかし、道路の端には重く固そうな30センチの壁が作られていた。
よく見ると除雪したところにも段差。
圧雪を削ったから重く固い雪がごっそり出たわけだ。
おやつに先々週滞在した時に冷蔵庫に残して行ったりんごを食べようとしたら凍っていた(笑)
設定は弱。昔は凍らないように冷蔵庫に入れたものだが、古くてパッキングへたったから?サーモスタットがおかしい?
冷凍りんごは甘味がましておいしかった!冷凍なのに味は煮りんご。
by akanezumi1984 | 2012-12-27 09:54 | つぶやき | Comments(0)

冷え冷え

f0118332_23193441.jpg

寒波来てるので雪かきしに実家へ。
道中ホワイトアウトでのろのろ。いつもよりだいぶ時間がかかった。
冷えてるせいで、先々週の大雪より、雪がふわふわ軽くて、雪かきは楽だったが、水道管が凍っていて水が出ず、ちょっと焦った。ドライヤーと熱湯で、とりあえず台所の水道と瞬間湯沸かし器は復活。
しかし、水道管にふきんかぶせて熱湯かけたあと、しばらく放置していたら、そのふきんが凍ってて苦笑。
今夜は水少し出しっぱなしにしとこう。
断熱材なし、機密性なしのぼろ家だから、家の中も外気温と変わらねじゅ。
by akanezumi1984 | 2012-12-26 23:19 | つぶやき | Comments(0)

しまった・・・

山形市内は、思ったより積もらず。
ゴミ捨てに出て、玄関の外に置いていた白菜と大根が凍っているのに気づいた朝。

マンションは暖房していなくても室温がそこそこ高いので、外に置いていたのだが、ちと冷えすぎました。
by akanezumi1984 | 2012-12-26 08:24 | FOOD | Comments(0)

12/23-24東松島

f0118332_23451647.jpg

23日は宇津で窓ふき。表側をふいて、残っている汚れは裏側のものだろうと思っていると、裏をふいてもまだ汚れが・・・行ったり来たりして丁寧に磨きました。
f0118332_23482012.jpg

今回は四人しか行きませんよと言っといたのに、おばあちゃんがこんなにおやつを準備してくれた。
あれもこれも食べなさい、食べなさいと薦められるのだけれど、ショウガをたっぷり載せた白菜の漬物がおいしくて、みんなそればっかりばくばくと食べつくした。
f0118332_23515275.jpg

ここのお宅の看板息子のうーちゃん。あいかわらずかわいい。
f0118332_23525827.jpg

震災後ずーっと東松島でリフォームの仕事をしている釧路の棟梁が住んでいるところには、時々チカだのタラだのが干されていて、そこだけ北海道ゾーン。今は鮭の大名干しがずらり。
f0118332_23561618.jpg

この日は通称黄色いおうちに泊めていただいた。夜から雪が少し積もったので、ちびうさ。
f0118332_23583285.jpg
f0118332_23585880.jpg
f0118332_23591619.jpg

24日は作業依頼がなかったので、以前作業をした場所がどうなっているか見に行ったり、避難路を見に行ったり、親しくなった地元の方を訪ねてまわったりした。
今回は人数が少なかったので、じっくりと地元の方の話を伺ったり、今まで気になりながらもまわれていなかった場所を見てまわることができて、なかなか有意義だった。
by akanezumi1984 | 2012-12-25 00:02 | ボランティア | Comments(0)

おーわった!

ちょっと早いですが、年内の仕事は今日でおしまい。
夏から始まったこの現場は、一年継続で毎月やると言われてましたが、1月からは雪で駐車スペースなくなるのではと心配しておった。
が、しかし、昨日になって駐車どころか通行ができなくなる事実が発覚。途中までしか除雪されないってか。
いいですよ、いいですよ。スノーシューで行きますよ。除雪終点から2kmなら歩きますよ。
定点は寒さとたいくつで、どうしても食べ過ぎて太るから、少し運動したほうがいいでしょうよ。
f0118332_0154330.jpg
f0118332_016759.jpg

調査初日、ぎりぎり10cm越えないから除雪されなかったのかと思っていたら、どうやらずっと除雪する気がないらしい。
f0118332_0181544.jpg

人間がやろうと思っても絶対できない、縄雪。
f0118332_018554.jpg

車を乗っ取ろうとしていた。
f0118332_0194558.jpg

気がつくと足元にいた。
f0118332_0201825.jpg

あちこちに落ちている毛虫さん。この丸まった状態なら毛虫嫌いな人も大丈夫!ですよね?
f0118332_0211849.jpg

キュートなタマバチの仲間?足元の急斜面にいたのを撮ろうとしていて、あやうく尻餅つきそうになってやばかった。なにがやばいかって、急斜面なので尻餅で済まずに頭から落ちるとこでした。
左手で支えてなんとか踏みとどまれた。
今日は長時間のパーチがあって、嬉しいやら疲れたやら。
by akanezumi1984 | 2012-12-22 00:26 | 生き物 | Comments(2)

年末恒例蕎麦ぶち

昨日は仕事の後、まっすぐに博物園や月山の仲間たちの年末恒例蕎麦ぶち会場へ移動。
f0118332_2156527.jpg

打たざる者、食うべからず!が掟ですが、既に先発隊は打ち終わって、できたのを片端からゆで始めたところだったので、まずはかけつけ三人分くらい味見してから。
この蕎麦打ちの会では、各自蕎麦粉300gをつなぎなしで打ち、ある程度できあがった蕎麦がたまると氷点下の屋外で片端からゆでて冷水でしめ、そのまま氷点下の屋外で立ったまま食べるのが慣わし。
はっきり言って寒すぎる。体の外からも中からも冷える!
でも、おいしい、楽しい!
各自、自分の打った蕎麦を食べるのではなく、きりりとしめた蕎麦が大ざるにあけられたら四方八方から手を伸ばして食べたいだけ食べるのだ。同じ粉で、同じ水で同じ分量で打っているのに、十人十色。
しかし蕎麦粉100%打ちたち、ゆでたてなので、誰が打ってもおいしい。
違うのは歯ごたえとか喉ごし・・・美しくそろったのから、太いの細いのいりまじったの、きしめん風、超田舎ごく太歯ごたえありすぎとか。
f0118332_2234677.jpg
f0118332_224638.jpg

年に一回しかやらないので、上達のしようもないのだが、毎年やってるから手順は覚えていて、粉と水の分量だけ聞いたら一人でできるようになった。
のしている途中で真ん中に穴があいてしまったが、できあがりは上出来でした。
四角にきれいに伸ばすのが永遠の課題。
by akanezumi1984 | 2012-12-20 22:05 | FOOD | Comments(4)

忘年会とボラ

ボラ仲間が集まる週末だったが、土曜は月山だから日曜日帰りにしようかと思っていたが、夜は地元の方たちと忘年会をすると言うので、土曜夜から東松島へ。
f0118332_2146186.jpg

遅れていったら宴もたけなわ、熱気と床暖房で暑すぎて汗だらだら。涼みに外に出ると、キャンプ好きの仲間がバイオライトやダッチオーブンでなにやらやっていた。
このバイオライトは、そのへんの小枝や松ぼっくりやダンボールや、なんでも燃えるものを燃料にして発電してしまうという優れもの。自ら発電した電気でファンを回すので、めちゃくちゃよく燃える。そして発電が安定してくると携帯電話の充電などできるという。
f0118332_21492417.jpg

ダッジオーブンでは焼き芋と焼きリンゴが同時進行。
f0118332_21501921.jpg

その後、差し入れのカキも焼かれた。おいしかったー。
お寿司、おでん、もつ鍋、ダッジオーブンで焼かれたチキンやじゃがいもなどなど食べ過ぎました。
f0118332_2152465.jpg

土曜は雨の中の作業で大変だったようだが、日曜は青空。いつものラジオ体操と朝礼でスタート。
f0118332_21535822.jpg

何箇所かに別れて作業。晴れて気温はそう低くないが、風が強い一日だった。
刈り払い、瓦礫拾い、防腐剤塗りやら、それぞれの依頼をこなす。
f0118332_21564479.jpg

大阪でみかんもぎを手伝った仲間が、おいしいみかんをたくさんもらってきていて、休憩中みんなで食べ、地元の方たちにも配られた。今まで食べたみかんで最高に甘かった。
作業終了後、いつもの大観荘のお風呂によってから解散。今年みんなで集まるボラは最後なので、口々に「よいお年を!」で別れた。
仙台の渋滞をやっと通過し、川崎まで行って、コンビニに寄ったところで財布がないのに気づいて愕然。
一瞬、落としたのかと思ってぎょっとしたが、温泉のロッカーに入れたままであることをすぐに思い出してほっと一安心・・・って、しかし、松島だよ!
既に川崎なんですが・・・
うーむ、うーむ、うーむ。
もうこのまま帰って、送ってもらえるようお願いするか?
あ、笹谷のトンネル通るのにお金がない。自宅には現金があるから関山に回り道して帰ることもできなくないが、幸い今週は仕事が水曜からだから、疲れても月曜ゆっくり休めばいいしで、結局松島まで戻って財布を回収。
やれやれ、ガソリンの無駄遣いをしました。
by akanezumi1984 | 2012-12-17 22:05 | ボランティア | Comments(3)
西川町の弓張平にあるパークプラザで、土曜の午前にスノーシューパークのオープニングセレモニーがありました。
f0118332_16572882.jpg

寒気が緩んで下界は雨ですが、山は雪。こうでなくちゃね。
f0118332_16585271.jpg

この後にスノーシューで歩くと思うと、あまり厚着しないので式典の間に体が冷え冷え。
熱いなめこ汁の振る舞いがありがたいです。
f0118332_1703581.jpg

食べたらさっそくスノーシュートレッキングにGO!
初心者向けの弓張平のコースには大勢の参加者がいましたが、一本ブナコースには関係者数人と秋田からお越しのお客様が一人だけ。わきあいあいで歩きました。
f0118332_1741245.jpg

なんだか色っぽいブナ。
f0118332_174445.jpg

ガイドのY氏がプローブで積雪チェック。15日現在1.5m。たぶん瞬間2mくらい行ったのですが、暖かくなってだいぶすくみました。
見えている足元から木が曲がっているところまでが3mくらいなので、そこまでの地上高は4.5m。うまくすれば座れるけれど、そこも雪に埋まってしまう可能性大。地形にもよるけれど、例年5m以上積もります。
f0118332_17828.jpg
f0118332_1781629.jpg
f0118332_1784442.jpg

一本ブナはだいぶ太い枝を失い、痛々しくなってきました。そろそろ危ないかもなぁと心配になってきます。
f0118332_1795768.jpg

f0118332_17102161.jpg

昼食は通称スズメ倉の上で。
真新しいノウサギの足跡。われわれの気配で逃げてったようです。
あいにく雪が雨に変わってしまいましたが、おかげで樹幹流が見られました。
f0118332_1713214.jpg
f0118332_17132722.jpg

ムキタケかなと思って近づいたらツキヨタケ。腐らずに残るのもあるんですね。
f0118332_17141547.jpg

f0118332_17143619.jpg

毎冬、雪の上を歩くのをよく見かけるこのクモは「ヤママチグモ」と判明。ずっとわからずにいたのですが、FBでクモに詳しい方に教えていただきました。

雨ですっかりびしょびしょになったけれど、楽しかった。さて、一度帰宅してウサオさまのお世話して荷造りしたら、東松島へGO!
by akanezumi1984 | 2012-12-17 17:18 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984