<   2012年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ヒメサユリを見に祝甕周回か、障子~天狗の周回も考えたが、昨日の装束場の急ぎ下りで膝が少し痛いので、だめだったら古寺山までで戻ってもいいやのつもりで古寺鉱泉からのスタートにした。
f0118332_22123167.jpg

調子よければ大朝日までと思ったが、スタートが7時になり、樹林帯は暑くて暑くてばてるっ。
やっぱり夏場の朝日は朝4時半とか5時くらいから歩かないとだめですなぁ。
f0118332_22141388.jpg

今年はブナ林をほとんど歩けてなくて、サンカヨウの花を初めて見た。
f0118332_2215793.jpg

暑さと急登で汗が噴出すので、水場の冷たい水のおいしいこと!
f0118332_2216167.jpg
f0118332_22162628.jpg

ツバメオモト
f0118332_22165819.jpg
f0118332_22173174.jpg

古寺山手前のヒメサユリはツボミが多く、まだあまり咲いていなかったのと、まだ時間が早すぎるので、とりあえず小朝日まで行くことに。
f0118332_22234883.jpg
f0118332_2224678.jpg

そこそこ咲いておりました。この美しい花が月山にないのが残念です。
f0118332_22251057.jpg

ちょっとびっくりするくらい見事なシラネアオイの群生が二つありました。
f0118332_2226860.jpg

登山道脇で丸見えのカッコウ。下山時にはすぐ近くでホトトギスが鳴いていたが、ちょうど枝かぶりで見えず、真上過ぎてちゃんと見る前に逃げられた。
f0118332_22271560.jpg

10時半に小朝日着。まだ早いけれどお腹がすいたのでカップ麺で昼食。汗をすごくかいたので、しょっぱいのがおいしいー!頭上をハリオアマツバメがシューン、ピシューッと風切音を響かせて飛びまくっていた。
f0118332_2230756.jpg

風が心地よく、しばらくのんびり。時間はまだ十分あるので大朝日に行こうかどうしようかと少し考えたが、明日も少し歩くことを考えてここでやめておくことに。
f0118332_22322859.jpg

忘れちゃいけないちびうさ。
f0118332_2233952.jpg

すぐ頭の上でエナガの親子が見られたが、枝かぶりでなかなかうまく撮れず。
f0118332_2234171.jpg

雲をまとっていた月山がよく見えるようになった。やっぱりいい山だなぁ。
水場まで下ったら、地元の方とネパール人ガイドさんがのんびりしていて、しばし雑談。
そろそろ下ろうかと思ったあたりに大朝日まで行ってきた二人組男性とブラジル人だけれど富山在住で日本語堪能な女性が下ってきて、なんとなく古寺までずっといっしょに下山。
途中男性が一人足がつり、水場で真水をたくさん飲んだ後なので、塩分不足かもとカキピーをあげたら、すごく効いたそうで、今後山に登るときはカキピー必携と言っていた。

明日は月山に山開きが日曜と重なって混みそうだが、山開きに行けるチャンスはなかなかないので行くつもり。いっしょに下山した三人も明日は月山に来るそうな。さて、また会えるかな?
by akanezumi1984 | 2012-06-30 22:38 | ほかの山 | Comments(4)
明日早起きして山に行くつもりで、今朝はのんびりウサオの相手をしていたのですが・・・
思ったより天気がよく、どうせならすいている平日に行くか?
と、やおら出かけました。
時間が遅いくせに、装束場コースのキヌガサソウとタゴガエルが気になっていたので、博物園から大門海コースで姥沢に登り、リフト使用でできれば山頂まで行ってから帰りに装束場と考えましたが、リフト降りてしばらく歩いてから4時半から行きたい講演会があったことを友人のメールで気づき、山頂は諦め、キヌガサソウとタゴガエルに焦点絞って後はなるべく見ないようにして下山。
f0118332_21283535.jpg
f0118332_21285443.jpg

しっかり見ごろでした。といっても、例年撮影しているポイントの群落はまだがっつりと雪の下で、それよりもちょっとだけ上流の別の群落です。
ここにもあるのは知っていたけれど、いつも撮影している群落より早く咲くため、例年だと他の植物で見難かったのが、今年は残雪が多くてこちらの見ごろにあたったようです。
f0118332_21305060.jpg

急いでいるけど、仕事もせねば・・・ちびうさ奉納。
f0118332_21312863.jpg

装束場小屋前の小さな池はクロサンショウウオの卵がたくさん。今年は博物園の森のも、ここのも産卵の時期見逃してしまった。
f0118332_21321231.jpg

さてさて、毎年この時期楽しみにしているタゴガエルの産卵は・・・近くに行くてクックックッと声が聞こえ、ビンゴー!大集結中でした。思わず顔がほころぶ瞬間。
f0118332_21334994.jpg

カエル団子ができています。この状態だと興奮状態で逃げません。
どうも中心のカエルはもはや窒息死されているようです。以前、通りすがりで巻き込まれて死んだハコネサンショウウオも見たことがある。
f0118332_21354836.jpg

卵が大きいのがわかるでしょうか?餌の乏しい環境で産卵するため、大きい卵を少なく産んで、オタマジャクシは大きな卵黄の栄養だけでカエルになるまで育つとか。
f0118332_21375849.jpg
f0118332_21381733.jpg

イワナシ、ヒメイチゲその他いろいろ咲いておりました。

登山道は、博物園から周海沼経由で姥沢に登る道は問題なし。
装束場コースは、装束場から金姥分岐までの区間は雪渓の上に目印がつけてあり、ほぼ問題なし。
一部ちょっと歩きにくい部分はあります。
装束場より下は、スノウブリッジに穴があったり、雪壁があったりで少し注意が必要です。
by akanezumi1984 | 2012-06-29 21:41 | おらいの山 | Comments(2)

晴れ続き

先週は雨でさむっとか言ってましたが、今週は晴れが続きますなぁ。
今週の現場は9時から4時だったため、調査開始前から暑いのだった。
じりじりでひりひりでゅうの三日間。でも雨よりいい。
日陰のない木のてっぺんの巣で一日中卵を抱く親鳥の辛抱強いことよ!
by akanezumi1984 | 2012-06-27 20:37 | つぶやき | Comments(0)

懐かしい写真

f0118332_6424243.jpg

大王さまに写メしようと、実家玄関に飾ってある写真を携帯で撮っておいた。
実家で飼っていた最後のわんこ。小さいときはぬいぐるみのような愛らしさだった。
あるときマジックで眉毛書かれていて、近所の子供にでもいたずらされたかと思いきや、犯人は大王さまだった…
by akanezumi1984 | 2012-06-26 06:42 | つぶやき | Comments(0)

楽園へ

通常なら週に一度はパトロールすべき縄張りに全く行けてなかったので、今日はあまり時間がないといいつつ山頂まで。
f0118332_166647.jpg

6月の月山は楽園です。
f0118332_1672924.jpg
f0118332_1682652.jpg
f0118332_1684748.jpg
f0118332_1691020.jpg
f0118332_1692960.jpg
f0118332_1610767.jpg
f0118332_16102994.jpg
f0118332_16105292.jpg
f0118332_1611135.jpg
f0118332_1611399.jpg
f0118332_16135732.jpg

時間がないので写真のアップだけ。
もっと種類はたくさん咲いておりますよ。
シラネアオイ街道は終盤。装束場コースのは7月でも見られます。
ハクサンイチゲとイワウメが最盛期で見事でした。
クロユリは咲き始めています。来週が見ごろと思われます。つぼみがたくさんありました。

さて、これから新庄のペットショップにウサオを預け、実家に一泊して明日から水曜まで出稼ぎです。
by akanezumi1984 | 2012-06-24 16:16 | おらいの山 | Comments(3)

優柔不断

今日久しぶりにおらいの山に行くつもりだったが、山は天気が悪そう。
朝のうちだけで回復するようにも思えるが、明日のほうが確実?

しかし、明日は夕方あまり遅くならないうちにウサオを新庄のペットショップに預けなければならぬ。
動線としては山からまっすぐ新庄に向かいたいが、ウサオを長時間車に置けないから、山に行くなら一度山形の自宅に戻る必要があり、その分早く下山しなければいけない。

どうすべか・・・と言ってる間に時間が過ぎるな。
by akanezumi1984 | 2012-06-23 08:21 | つぶやき | Comments(0)

脱走

f0118332_1236572.jpg

今日は寒河江でサクランボ収穫のお手伝い。
80過ぎのおばあちゃん現役です!
作業中に携帯ストラップのトカゲがいなくなった。
野性にかえったようです。
by akanezumi1984 | 2012-06-22 12:36 | つぶやき | Comments(5)

6日ぶりに帰宅

2日の鳥海山のあと、父が骨折で入院したため、現場と実家と病院の行ったり来たり生活で、今月は3日以降自分の時間なしだったなぁ。
明日は半日だけサクランボの手伝いに行くけれど、いつも行っているところは今年は早く終了ということで、どうやらサクランボの仕事はこれだけか?
土曜もサクランボかと思っていたが、ないようなので、久しぶりに山に行けるかなー。

なにごともなければ東松島に行く予定だったけれど、今月はおらいの山に一度も行ってないので、今回は自分優先にさせてもらお。

現場で撮った写真のアップは明日にして、今夜はもうシャワー浴びて寝まする。
f0118332_2326144.jpg

by akanezumi1984 | 2012-06-21 23:26 | つぶやき | Comments(0)

二日目終了

f0118332_1649308.jpg

f0118332_16493074.jpg

f0118332_1649307.jpg

今朝の予報では、雨は夕方までもちそうだったが、9時過ぎくらいから降り出してしまった。
朝見かけた猫は警戒心が強く、遠くても逃げてしまうので望遠でしか撮れなかったが、雨が本降りになり、車のハッチバック下で仕事していたら、にゃごにゃご言いながら寄って来た。
人懐こく足に擦り寄り、車に勝手に乗り込む。朝は逃げたのにこの豹変ぶりはなんだ?
と思ったら、もう一匹いたのだった。兄弟か。
朝の警戒心強い猫は雨でも伐採地の丸太の上にずっといた。
ワイルド兄貴。
もう一匹はメスで目が合うとニャーニャ言って擦り寄る超甘えっ子。
ハッチバックに腰を下ろすと腿が斜めで座れないのに、おいらの腿に前足かけて足跡つけてくれる。
荷物だらけの荷台で隣に寝てるかと思うと、勝手に座席に移ってくつろぐし、やりたい放題。
初対面なのに、いいのかこれで。
びしょびしょのやぶを通って迂回する兄貴と正反対の性格。
だれにもいじめられたことがないのだろうな。
しかし同じ家で育ったはずの兄貴はいったい?
彼は孤独を愛するのか?

今朝はアカショウビン飛んだところ少し見られた。声がだんだん近づいてきても、森の中にいるのは葉っぱでなかなか見えない。
by akanezumi1984 | 2012-06-19 16:49 | つぶやき | Comments(3)

一人だけハズレ

f0118332_19285218.jpg

今週は実家から通いの現場。
初日終了…6定点で、おいらのとこだけハズレだった。
あまりに出ないから明日は違う場所に入ることになったが、午後から雨かぁ。
今朝は着いてすぐ、アカショウビンの声が近くから聞こえて、おおっと思ったのだが、見えなかったし、低調だった。
明日に期待。
by akanezumi1984 | 2012-06-18 19:28 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984