<   2011年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

外だ!

最近組合の倉庫や室内での杭作りが続いておりましたが、今日は久しぶりに外仕事に行かせてもらった。
あいにく朝から冷たい雨が降り、寒気が入って寒くなりそうだったけれど、なんとなく手が足りなさそうな雰囲気だったので、道刈りならできます!とアピール。刈り払い機を貸してくださる人もいて出動となりました。
天気はだんだん風が強くなり、気温も下がって小雪ちらついたものの、びしょ濡れになるほど降らず、ずっと動いているから寒さも感じず。
林道の作業現場から現場のちょっと移動には軽トラの荷台にも乗れて、ちょっと楽しかった。
f0118332_21121292.jpg
f0118332_21122320.jpg

午後からは道が掘れて車の通行に支障が出ている箇所の補修。
昨日作業していた人たちの一人が車の腹をすり、一人はマフラーが壊れてしまった悪路。
材料が現地調達なのが森林組合ですなぁ。ひどい段差を埋めるために木を伐採し、道路幅に切って二本並べる。さらに石や土をえっほえっほ運んでならして終了。

何度か穴掘りや土取りをして感じることがある。
よく犯罪を隠蔽するために証拠物やお金、はたまた死体を穴掘って埋めるシーンが小説やテレビに登場するが、穴なんてそう簡単に掘らんねよ。石交じりだとスコップはまず仕事にならない。トグワがなけりゃだめですぜ。
by akanezumi1984 | 2011-11-30 21:22 | 仕事 | Comments(3)

うーむむ

今日も居残り。参事はおいらを山仕事には行かせないおつもりのような・・・
測量杭専門要員になったようである。
おがくず浴びるだけで汚れないし、濡れないし、トイレも近くにあるし、色塗り作業の時は暖かい室内だけれど・・・
外の仕事もやりたかったなぁ。

来月21日の夜は仙台のシンポジウムに行こうと思っていたが、芸工大からも同じ日の同じ時間帯に公開講座の案内が届いてしまった。どちらも興味深いんだが、どちらか諦めないといかん。
by akanezumi1984 | 2011-11-28 22:17 | つぶやき | Comments(0)

最高の休日

雪は真っ白で、空は真っ青で、お日様はぽかぽかで・・・そして歩いている間は誰にも会わず、のんびり気ままに歩き回る休日。
なんて幸せなんだろう。
かっこいい服もいらないし、外食もどうでもいい(ごくまれにはするけど)、こんな日が時々あるだけで。
f0118332_23394452.jpg
f0118332_23395285.jpg
f0118332_2340254.jpg

快晴無風。青空に真っ白な山が映える一日でした。
志津の駐車スペースには関東、新潟、宮城など県外車が多かった。
f0118332_23435140.jpg

アカネズミの足跡かな。ほかにもノウサギ、テン、オコジョの足跡がたくさんあった。
f0118332_23445474.jpg

六十里街道の橋のところから入って下皮松~皮松谷地へ。まだ藪がうるさくて歩きにくい。
f0118332_23461479.jpg


暖かくて、静かで、誰もいなくて・・・雫が落ちる音ときらきら光る水面にしばらく陶然と立ち尽くす。
水路沿いを歩くとイワナがひゅっと逃げてった。
雪の上を散歩している毛虫やクモをまじまじ眺めたり、いろいろな動物の足跡を観察したり。
そんな寄り道だけでなく、藪がまだ埋まらないため歩きにくくて余計にあっちふらふら、こっち
うろうろ。
f0118332_2351710.jpg

藪を縫って皮松谷地まで行き、焼山尾根を伺うも、まだ雪が少なくて歩きにくそうなの今日は
ここを終点と決め、うさだるま作り。暖かくて雪がくっつきやすいので大きい子にしてみた。
怪我でしばらく山に来られない相棒に捧ぐ。
f0118332_23524914.jpg

復路の最初だけ往路と違うところを歩いていたら、泥のついた足跡発見。尾根から降りて見てみると、穴を掘りまくった跡が。アナグマの仕業か?
リュウキンカ沼に出て石跳を橋で渡ろうかとも思ったが、橋でスノーシュー脱ぐのが面倒なので来た道を戻ることに・・・すると往路の時にはなかった大きな足跡が。
f0118332_2356310.jpg

おいらの足跡を踏みつけて歩いてるし(笑)往きでクマの足跡見つからないなぁと思っていたら、おいらが通り過ぎた後に下の沢から上流に向かったようだ。さて、おいらが通ってほどなく通ったものやら、おいらが戻ってくる少し前に通ったものやら、それともど真ん中か。いずれにせよ、最長でもタイムラグは最大1時間半くらいかも。
f0118332_022853.jpg

ちょっと斜度のきついところを上がったところでクマさん尻餅(笑)
f0118332_03470.jpg

上流に向かったようだ。
f0118332_033628.jpg

ヤドリギの実が少ないのは最初からなのか、既に鳥たちに食べられたものか?
3時少し前に志津に戻ると、まだほとんどの車が残っていた。今日は天気がいいから月山山頂まで行った人が多いかもしれない。
帰りに弟分のとこに寄り道してロープの基本の結び方を指南してもらった。
一度聞いても、やらないと忘れてしまうので、ちゃんと毎日練習しなくちゃなぁ。
by akanezumi1984 | 2011-11-27 23:46 | おらいの山 | Comments(2)

黒い親方とニアミス

f0118332_14163431.jpg

午前中と同じ道を戻って来たら、おいらの足跡横断しとる。
by akanezumi1984 | 2011-11-27 14:16 | つぶやき | Comments(6)

車凍ってる

f0118332_8261358.jpg

by akanezumi1984 | 2011-11-27 08:26 | つぶやき | Comments(0)

買わずに済んだ

来月の調査は山なので、調査会社からチェーン準備してくださいとメールが来た。
必ず準備してと書いてあるのに、泊まりになるか、通いになるかは後日また連絡って・・・
夏の時は朝がめちゃくちゃ早かったから泊まるしかなかったのだが、夜明けが遅くなっている
今なら通いもありと考えているのだろうが、その場合は車は各自でなくて乗り合いかもしれな
いわけで。
でもチェーンはあったほうがよいかと買いに出かけたが、売り切れ。あちこちぐるぐる回るより
はと、ディーラーに問い合わせしたら「タイヤと車体の隙間が狭いからチェーンつけない方が
いい」と言われた。ガチャガチャ当たるってか。
安くはないものなので、慌てて買わなくてよかった。
一応四駆だから、なんとかなるべ。てか、あまりひどかったら車を無理につっこまないことだな。
by akanezumi1984 | 2011-11-26 16:30 | つぶやき | Comments(0)

飲まないけど飲み会

f0118332_1394053.jpg

アウトドア義援隊の仲間はワールドワイド?な感じですが、今宵は山形県メンバーで山形
飲み会@七日町屋台村。
f0118332_1411154.jpg

8時の予約でとりあえずメンバーのうちの何人かが集まりましたが、まだ7時予約のお客さ
んたちが来ていないとかで、しばし外の席で待つことに。幸い天気予報はいい方にずれて雨
も雪も風もなし。
テーブルの下はコタツになっているし、どんぶく貸し出しもあって嬉しい。なんかこのままずっ
とここでもいいのにって感じだ。
f0118332_1435162.jpg

蕎麦めし初めて食べた。
f0118332_1442088.jpg

屋台と言えばどんどん焼き?
f0118332_1444353.jpg

鶴岡から仕事終わってから学生たちを乗せて駆けつけてくれた、げーすーさんはなぜかい
つも妖怪あぶらすましといっしょ。今日陶芸家のF君から買ったハリネズミの針山部分をは
ずしたら、ぴったりそこにおさまった。
あっという間に11時を過ぎ、鶴岡メンバーは車で雪の月山道を帰り、電車で天童に帰る人
あり、車で東根に帰る人あり、仙台から来た人は山形の駐車場で車に寝て、明日どめき温
泉に入ってから帰宅するとか。
酒なんか飲んでも飲まなくても楽しいもんだよ。
by akanezumi1984 | 2011-11-26 01:49 | つぶやき | Comments(2)

季節の恵み

f0118332_22352667.jpg

くまぁ、ありがと!
by akanezumi1984 | 2011-11-24 22:35 | FOOD | Comments(4)

今日も居残り

f0118332_18155126.jpg

雨でも雪でも、しっかり装備しとけば問題なし・・・と思って準備して出かけるも、今日も居残り
でした。
午前中倉庫でカンナかけ、午後は暖かい室内で色塗り。
山をうろうろしながらの外作業は重労働っぽいけど、案外楽しい(側溝の泥出しよりずっと楽)
のだが、一見楽そうな杭作りが意外とあちこち痛くなる・・・
黙々と単純作業するのも嫌いじゃないので、熱中してやってるが、終わって車に乗ったら右肘
がすごく痛くてびっくり。同じ姿勢でずーといるからかな。
by akanezumi1984 | 2011-11-24 18:15 | 仕事 | Comments(0)

今季初ラッセル・初タヌ

f0118332_23161453.jpg

お山が晴れるのは昼近くから夕方までと思ったら、10時前くらいにこの青空!
しかし、長続きしなかった・・・残念。
じっちのお参りしてから、冬季の車止めとなる五色沼へ。予報がよかったからか車がいっぱい。
ジャケットやタヌ皮は準備していたのに、なんとなくまだ大丈夫かなと甘く考えてわかんもスノー
シューも積まずに来てしまったのでツボ足で出発。
f0118332_23205786.jpg

ツボじゃぜんぜんだめじゃないか・・・ま、1月なんかはスノーシューはいてもこれくらい沈むけどさ。
それでも久しぶりの雪歩きが嬉しくて、ずぼずぼと進むのである。
f0118332_23222851.jpg

小さな潅木トンネルをのぞきこむと、アカネズミの足跡があった。
f0118332_23232598.jpg
f0118332_23234877.jpg

暖かいと感じるが、景色は完全に冬だね。
f0118332_23434345.jpg

昼には既に雲が増え始め、だんだんと灰色の空に変わっていく。
f0118332_23254051.jpg
f0118332_23255963.jpg

テンの足跡。
f0118332_2326234.jpg

この時期だからムキタケか?と思ったらヒラタケ。もっとあるかもと雪を払ってみたが、これしか
なかった。
スタートが遅かったが、せめて春木戸でご飯と思ったのだが、ツボ足では遅々たる歩みで
たどりつけず。だいぶ手前で遅めのご飯にし、もう少し行きたいところだったが、帰りもずぼずぼ
なのを考えて引き返した。いくらも歩いていないが、腿あげで腿がぱんぱんだ。
f0118332_23292840.jpg

毎冬おなじみの毛虫君。ヨシカレハだろうか?なぜ目立つ雪の上を歩くのか、毎冬不思議に思う。
f0118332_23303761.jpg
f0118332_2330461.jpg

これまた毎冬不思議に思うトビムシ君。同じ道を帰ると、往きの足跡に細かい黒い点々がいっぱ
いで、よく見るとちびちびのトビムシが集まっているのだ。足跡の中だけにみっしりいるので、
よそから来るのではなく、地面から雪粒の隙間を通って出てくるのだろうか?
f0118332_23332548.jpg

雪の上を歩く黒い虫をひっくるめて雪虫と言っているが、こいつは少し大型でセッケイカワゲラと
は形も違いますなぁ。
f0118332_23342353.jpg

あっという間に日が翳りだす。
管理車道と志津の駐車スペースで知り合いと何人も会った。
みんな雪が大好きだからね。
by akanezumi1984 | 2011-11-23 23:39 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984