<   2011年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

東松島のボランティアで知り合った、通称アフロ店長さんが山形にやってきた。
月曜夜に地元メンバーと飲んでるからとお誘いがあったが、東松島から戻ったのがもう9時近く、
疲れていたのでパス。そのかわりに火曜おつきあいすることにしたのだが・・・
ボランティアには山大生もよく来てくれるので、その仲間たちのところに行きたいと。しかし、東京
から来たアフロさんは山大が山形市、鶴岡市、米沢市とばらばらにあることを知らずにやってきた。
説明すると、それぞれに行ってみたいということで、もともと火曜午前中は博物園の観察会に参加
したかったので、午後から鶴岡にある農学部にお連れするということで月曜夜電話で決めた。
しかし、全くアポなしだったため、農学部の仲間はその日演習林に泊まりと発覚し、農学部ボツ。
でも海は見たいというので海岸線ドライブしてあげることに。
その前に虫刺されからなのか、アフロさんの右足首から下がぱんぱんに腫れて水泡もできていた
ので、ナビで鶴岡入ってすぐの皮膚科へ連れて行った。
右足に包帯巻かれ、大げさな感じになってしまい、ちょっとへこたれたアフロさん。
最初は温泉旅館に一泊したいと言ってたが、肝心の温泉に入れないし、足が心配だから夜行バス
で鶴岡から帰ると言い出した。さらに山形から新幹線で帰ったほうが落だから新幹線にするという
ことになり、海を眺め、途中温泉に寄って(アフロさんはシャワーだけ。二晩風呂ナシだったから
さっぱりしたかった)山形に着き、あまり時間もないので駅の近くの居酒屋でご飯にしたら、日本酒
飲んでまた気が変わり、山寺に泊まりたいと言い出す。
案の定当日では空室なし。だが、電話してみたら「なんとかなるかもしれないから来てみたら」と
言われたとかで、最終の電車で山寺に向かうことになったのだった。
山寺なら電車の方が速いんで、おいらは9時ころ開放され、アフロさんは一人で山寺へ。

泊まれたー?とメールしたら、やはり部屋はなく、人生初の野宿に挑戦すると(笑)

ま、寝袋買ってまだ一回しか使ってないというから、いい経験でしょう。

今度来るときは一応みんなの都合を確認してから来てけろなー。
by akanezumi1984 | 2011-08-31 12:31 | つぶやき | Comments(4)

ウズムシ観察会

8/30博物園の「ウズムシ観察会」に参加。
ウズムシとはプラナリアのことです。切っても死なない。バラバラになったそれぞれから再生
して同じものができてしまうという不死身の生き物。生物の授業で習いましたね。
トカゲの尻尾やイモリの指の再生なんかはまだ理解できますが、プラナリアはかなり細分し
ても、縦に切っても横に切っても、それぞれの細切れが一匹ずつになってしまうというのが
不思議。
f0118332_9275216.jpg

レクチャーホールで山大の先生から少しウズムシ講義を受けてから、小さなペットボトルと筆
を各自持って水路へ。
ちなみに筆は「ウマとイタチの毛の混合」が一番使いやすいのだとか。
最初は水路でウズムシ探し。
f0118332_9472452.jpg

f0118332_947452.jpg

水路にしゃがみこんで石をひっくり返しては、じーーーーーーっと見つめるを繰り返す。最初の
一匹はおいらが発見。たまたまそれが一番大きかったので見つけやすかったが、その後はか
なり小さいのばかり。はじめの一匹でイメージがつかめたのでぞくぞく発見できた。
思っていたよりずっと小さな生き物でめだたないので、これまでは石をひっくり返しても見つけ
られなかっただけで、けっこう身近にいるのだった。
水生昆虫のように色が濃くないし、すぐに動かないので、じっと目をこらして見つめていないと
見つけられない。
f0118332_9501846.jpg
f0118332_9502698.jpg

小さな水路から石跳本流に移動してさらに探したが、こちらはなかなか見つけられず、おいらと
M氏が一匹ずつ見つけただけ。流れが速過ぎるからか・・・
ある程度採集できたので、レクチャーホールに戻り、顕微鏡で観察することに。
f0118332_9364167.jpg


コンデジで案外撮影できた。さすがに細かいところまではわからないが・・・
f0118332_937368.jpg

黒いのがミヤマウズムシ。色の薄いのがカズメウズムシ。顕微鏡やルーペで見ると、ミヤマウズ
ムシには眼点が二つあり、かわいい顔に見える。カズメウズムシの目は小さな黒い点がたくさん
並んでいる。
f0118332_9421263.jpg

真ん中白っぽく見えるところが咽頭。ここから食べて、排せつもここから。脳と目は頭にあるけれ
ど、腸管は全身に広がっていて、餌を食べると全身餌の色になるそうだ。
今回採集できたのは、水温が低いせいかミヤマウズムシとカズメウズムシだけだった。山形県では
ほかにナミウズムシ(山形市内ならこれだろう)、イズミオオウズムシも確認されている。ナミウズムシ
が一番眼点が大きくくっきりしていて漫画みたいな顔なので、今度ぜひこいつを生で見てみたい。
by akanezumi1984 | 2011-08-31 09:29 | 生き物 | Comments(0)
今回も行き帰りに仙台駅への送迎頼まれ、大阪からと東京からの仲間を乗せて東松島へGO!
大阪からはるばる来てくれたのは、2年前から大阪にある国連事務所にお勤めのスペイン女性。
日本語も少しできますが、会話はほとんど英語。東京からしょっちゅう来てくれている仲間が英語
話せるのでたのもしかった。
ひさしぶりの英語、思ったよりは話せたけれど、なにもしてないからなにしろ単語が出てこなくて
困った・・・忘れたのあり、もともと知らないのもっとあり。
土日だけのつもりが、この二人が休暇とってて月曜も作業したいというのに、車持ちで長期滞在
のKさんをあてにしていたら急用で日曜夜に帰ることとなり、かれらの足がなくなるため、おいらが
延泊することに。着替え一泊分しか準備していなかったけれど、ま、山と思えば・・・(笑)
f0118332_1151424.jpg

介護施設の草刈り、草むしり。直前に腰痛発生で、前半おいらは刈払い機を使わせてもらった。
立ち姿勢での作業だから、機械の方が楽。手がしびれるけど・・・
f0118332_1152093.jpg
f0118332_1152722.jpg

ゆがんだり、折れて落ち込んだりしていて苦戦した床板はがし。
f0118332_1154499.jpg

田んぼの車や瓦礫が撤去され、見違えるようにきれいになったけれど、この列車の時間はずっと
止まったまま。
f0118332_1155183.jpg
f0118332_116223.jpg
f0118332_116875.jpg

日曜午前中は、宮戸小でのデュオ・ケーナルパのコンサートのお手伝い。午後から個人宅の床板
はがし現場で廃材や断熱材運搬。
f0118332_1162417.jpg

月曜はおいらと東京からの常連で通称おかりな、今回初参加の大阪在住スペイン人の方と三人
だけで個人宅のお手伝い。裏庭の土の山を前庭に移動・・・通路に足場が組まれてネコ車が使え
ないため、ずっしり重いバケツで何度も何度も往復。この後、一帯の草刈をしてめちゃくちゃすっきり
に。
by akanezumi1984 | 2011-08-30 01:21 | ボランティア | Comments(0)

どうりで・・・

土日で帰るつもりが、延泊となり、いましがた帰宅。
東京、大阪から来た仲間を仙台駅に送って行ったら、いつもよりやけに渋滞していた。
そうか、今日は月曜だからラッシュアワーにつかまったわけだ。
いつもボランティアは土日一泊なので、帰りに混むといってもここまでではなかったの
であった。
by akanezumi1984 | 2011-08-29 21:05 | つぶやき | Comments(0)

東松島の週末

f0118332_20411579.jpg

f0118332_20411566.jpg

by akanezumi1984 | 2011-08-27 20:41 | つぶやき | Comments(0)

雨のち晴れ

今日は早朝から2kmの舗装路を時間をおいて三往復の仕事の日。
天気予報は曇り後晴れだったのに、なんだかいやに暗いなぁーと思いながら現地に5時半着。
予定より10分遅れて開始してほどなく雨がぽつぽつ。念のために折りたたみ傘を持っていたの
で車に戻らず続行。
一往復目が終わっても降り続く雨。コンビニにトイレ休憩に行き、駐車場でそのまま仮眠。
起きたら雨が止んでた。はー、よかった。
二往復目歩いている間にだんだん晴れてきました。
f0118332_2218544.jpg

リンゴ、ナシ、ラフランス、みんな着々と大きくなり、枝が重そうにしなってきている。
f0118332_22185564.jpg

三往復目に入ると、完全に晴れて夏の暑さとなった。じりじり。真夏の暑さに比べ、気温は
低いはずだが、一度涼しいのに慣れた体にはけっこう暑く感じられた。
繁殖が終わって大群を作るようになっているからか、鳥の姿が少ない。6月の半分どころか
10分の1も記録がとれない。とはいえ、少ないなら少ないという記録をとらないといかんのだ。
帰り道買い物に寄ると・・・
f0118332_2222144.jpg

もうこんな季節ですか。
by akanezumi1984 | 2011-08-26 22:22 | 仕事 | Comments(3)

二日目終了

f0118332_18324895.jpg

相棒のやまねを返していなかったので、現場にも連れて行ってしまった。
いやされる・・・
今日は午前中50%、午後60%、午後は特に雷雨という予報だったが、朝は晴れていて
本当に降るのか?な感じ。1時過ぎから遠くで雷がごろごろ鳴り出し、どんどん空が暗く
なってこりゃー来るな、と車のハッチバック下に機材を避難させたが、ぽつりぽつりがしば
らく続き、本格的に振り出したのは2時半頃。1時間ほどで一時的に雨があがったが、
山はガスって視界が悪く、そのまま時間で終了。ま、無事終了できてなにより。
おいらは先月の同じ現場の時は参加していないが、その時は天気が悪く、当日現場待機
して10時頃に解散という悲惨な事態だったらしい。10時に現場解散されてもその日はも
うなにもできないのに、日当もなしだったそうで・・・全日当とはいわないが、待機時間分
の時給相当ほしいところでしょう。
昨日は朝地点について無線のスイッチ入れたらうんともすんとも言わず、携帯は圏外
だしで、誰とも連絡がつかない状態だった。壊れた無線機を渡す担当も担当だが、おいらも
出発前に一度確認しとくべきだったなぁ。誰だって完璧じゃないから、バッテリーどころか、
今回みたいに無線機本体が壊れていることもあるわけだ。調査票の不足とか、間違いと
かもたまにあり、無線や携帯の連絡で届けてもらったりすることは過去何度かあったが、
今回みたいに携帯が圏外のところで無線が使えないと、しゃれにならない。
配布された資料と無線をその場ですぐ確認すべし・・・だな。
by akanezumi1984 | 2011-08-25 18:32 | 仕事 | Comments(2)

支給品

アブ対策に朝支給されました。緑の蚊取り線香より強力な赤玉。
by akanezumi1984 | 2011-08-24 18:11 | つぶやき | Comments(2)

フォカッチャ激うま!

f0118332_13291787.jpg

山形空港に知人の見送りに行って、そのまま庄内へ。
途中で友人と合流し、イルケッチャーノのフォカッチャ買って車内でばくばく食べながら酒田の
土門拳記念館へ。
土門拳の作品と石川直樹君の企画展見て買えるはずが、同行者の「海が見たい」の一言で
加茂へ。青くてきれいなフナムシや小魚眺めたり、アメフラシつついて遊んだりしてまったり三昧
して、そろそろ帰ろうとした夕方5時に電話が・・・
「急で申し訳ないけど、明日から二日間調査できますか?」
しばらく週に一日くらいしか仕事がないので、断れませんよ。いくら急だって・・・
さて今から支度して、夜中に出て着いてから仮眠がいいか、ちょっと寝てから出たらよいか。
とりあえず集合場所の位置確認はしたから、仕事道具や着替えなど準備、準備。
by akanezumi1984 | 2011-08-23 13:29 | つぶやき | Comments(4)

東松島の週末

8/20(土)は、東松島市元気フェスタという復興イベントがあるので、ボランティアだけでなく
お祭にも参加しようということになり、大阪メンバーがたこ焼き屋台を出すことに。
一人は手続きのために、なんと木曜夜に大阪を出発。他のチームたこ焼きメンバーも金曜
出発で土曜の早朝にいつもの集合場所で、たこ焼きの朝練していたらしいが、おいらは仙台
駅でピックアップする人がいて少し遅刻したため、見られず。
f0118332_16435097.jpg

久しぶりに見たアオスジアゲハ。
土曜は現場かいくつか別れ、おいらは宮戸島チームに。しかしお手伝いするお宅について作業
開始してから、ボラセンチームもやってきて、どうやらバッティングした模様。地元の方にはおい
らたちがボラセンとは独立していることがよくわからなかったらしく、両方にお願いしてしまったよ
うだ。向こうはここがなければ仕事にあぶれてしまうので、おいらたちは撤収して東名の現場に
移動。庭の枯れた植木撤去と草むしり。
植木撤去で久しぶりにおいらの通称エクスカリバー(ただの剣スコだけど、おいらのだけ名前付)
活躍!
ブルーインパルスが見たいチームは早く切り上げてお祭会場に向かったようだが、おいらたちは
スタートが遅れたこともあって3時までやって片付け。道具置き場にスコップ等片付けていたら、
思いがけず頭上をブルーインパルスが通過して、みんな大喜び。曲芸飛行ではなく、単なる
通過だけれど、見られると思っていなかったので嬉しかった。
とりあえず温泉で汗を流し、テントを張ってからお祭会場へ。予想以上の人ごみ、そしてもう空腹
であちこち眺める余裕がなく、ひたすらアウトドア義援隊のたこ焼き屋を目指した。
いやもう、うちの実家の町と違って広いし人が多すぎて永遠にたどりつけないかと思った・・・



f0118332_16532891.jpg


たこ焼き屋き大盛況で、長蛇の列。とても脇から食べさせてと言える雰囲気ではなく、仲間といえ
まじめに列の最後尾に並んでようやくたこ焼きゲット。その後たこ焼きにトッピングするのを手伝っ
て結局たこ焼き7粒食べただけで飲み物も食べ物もなしでお祭終了(笑)たこ焼きは焼いても焼いて
も追いつかず、鉄板囲んで4人がかりで店の外側からもたこ焼きひっくり返してる(笑)
屋台裏側でたこ焼きにソース、マヨ、かつぶし、青ネギ、青海苔をかけ、爪楊枝2本刺して蓋して
袋に入れるという作業をなぜか3人がかりでやっていたが、たこ焼きの焼き上がりに波があるの
で、ちょっと隙間が出来たときに花火が見られた。

山でもボラでも、常に楽器を持ち歩く男通称おかりながアンデスの民族衣装と民俗楽器でなぜか
ふるさとを吹く。けっこう子どもに受けていた。
指定時間のぎりぎりまでたこ焼きを売ってから、みんなで片付け、通常通りテントのグループと、
地元の方と飲むグループとに分かれた。チーム山大は最初からお祭には来ないで被災者の方と
バーベキュー楽しんでそのままそこに泊まったらしい。おいらはテント組でぞろぞろ歩いてテント
近くのロックタウンにあるまるまつで遅い夕食(店に入ったのが午後10時)食べてからテントで寝た。

翌朝は早朝4時半頃?地震で目が覚めたが、揺れが短かったのでたいしたことないと判断し、
6時過ぎまでテントでつらつら。その後早起きの仲間と外で少し話しをして、山本町のお墓の砂出し
作業に行く人の車が小さくてネコ車が積めずに2km押して現場入りしていると聞いて、手伝いに
行きたいと思ったものの、今回車に乗せてきた人の荷物がまだおいらの車にあり、その人はなか
なか起きてこないので、断念。みんな疲れてるから無理に起こすのもね・・・
てことで日曜も東名で作業。雨なので屋内作業中心に。
f0118332_17143076.jpg

お昼休みの光景。玄関前が屋根付のポーチになっていて助かった。
わいわい食べていると、ふいにバグパイプの音が響いてきてびっくり。こちらからはよく見えないの
で隣の通りに見にいくと二階のベランダでバグパイプで次から次に曲を奏でる人がいた。バグパイプ
の生演奏なんて初めて聞いた。
その後も男性と女性のユニットと男性二人のギターデュオによる歌が続き、通り一本はさんでこち
らからみんなで拍手していたら、地元の観客がかなり少なくて、こちらのグループの方が賑やかな
ものだから途中からこちら向いて歌ってくれた。
3時まで作業して後片付けしてから、大観荘で入浴。パレス松洲の休憩所がお気に入りだが、大観荘
はものすごく広くて立派な施設なのに300円で入浴できるので、最近はここが定番になった。一部の
仲間うちではここのおねえさんがきれいだからこっち、いや壮観のおねえさんがいいとか、違う基準も
あるようだが。
帰りも二人を仙台駅に送ってから帰宅。何度行っても仙台市内を車で走るのは嫌だなぁ・・・

おまけ

by akanezumi1984 | 2011-08-22 16:38 | ボランティア | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984