<   2010年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ひさびさの

久しぶりにくまぁ便で枝豆がどっさり届いた。
f0118332_22294682.jpg

でも、おいらにゃビールは不要だぜ。
by akanezumi1984 | 2010-08-31 22:30 | FOOD | Comments(2)

代休?

家でぐだぐだするのにも飽きて映画見に行ったら、月曜なのに中学生がひしめいていて
びっくり。夏休み終わったんじゃないの?関東ならともかく、山形ってそんなに夏休み
長くないはず。土日運動会やってて代休か?

見たのは「魔法使いの弟子」軽いコメディーたっちでハッピーエンドで、気楽に楽しめ
るのがいい。重いのは今求めていないのだ。

今回ポイントでポップコーンがもらえる回だったが、中学生の行列を見てあきらめ、映画
が終わってからもらって食べ歩き。お行儀悪くてすみませんね。
by akanezumi1984 | 2010-08-30 21:54 | つぶやき | Comments(0)

うだうだ

実家近くで法事があったので、土日は実家。昨夜戻ったけれど、暑くて家でうだうだ。
時間はあるのに、暑くてなにもする気にならず、困ったもんだ。
マダニで縫ったところは明日抜糸。もうとっくにくっついていて、自分で取っても問題
なさそうなのですが・・・
どうせならホチキスを体験したかったなぁ。イマドキはほとんど縫合はホチキスらしい
のだが、今回も黒い糸なのだった。
って、なにを残念がっているんだか(笑)
by akanezumi1984 | 2010-08-30 11:38 | つぶやき | Comments(4)

むくんでる・・・

以東下山が思いのほか長時間になったせいか、下山後のむくみがまだ続いている。
水を飲みたいだけ飲んでいても、山では歩いているとおしっこしないことがほとんど
なのは、飲む量が足りていないということなのだろうな。
午後は足のむくみがひどいが、寝起きは顔がむくんでる→しわがなくなるのはちょっと
いいかも(笑)
夏の登山は汗を大量にかくから、知らずに軽い脱水状態になりがちで、別に普通に動け
ているのに、脳がフライング的に「水が足りなくなるかもしれないから、節水しとけ」
という指令を出して、おしっこにまわさないで体内に水をためこむようにするようだ。
by akanezumi1984 | 2010-08-28 08:32 | つぶやき | Comments(6)

以東一泊周回

一応お仕事?で8/25,26に以東小屋一泊で周回。いつもは直登コースで登ってオツボを
下山するのだが、今回は逆周り。この廻り方は初めてだ。
大朝日と同じ測量隊のお手伝い登山で、今回は測量隊は先行しており、本隊と一緒に登っ
たけれど、別件の仕事のため一人だけ下山したEさんがまた登るのに同行。
今回は下山時の荷下ろしを手伝うだけなので、何時に着いてもいいからとのんびりオツボ。
f0118332_12204334.jpg
f0118332_12205699.jpg

f0118332_1316718.jpg

もう花はオヤマリンドウくらいなのかと思ったら、まだニッコウキスゲやヒメサユリが
残り、マツムシソウもきれいだった。チングルマもところどころ咲いている。
ウメバチソウは今が盛りか。
f0118332_12222697.jpg
f0118332_12223729.jpg

花びらの散った後のウメバチソウがこんなにかわいいとは!この細い白い部分は
なににあたるのだろう?
f0118332_12232648.jpg

明け方庄内はけっこうな大雨だったらしく、真っ暗な中高速を走っているとき、ずっと
雷で空が光っていた。登り始めてからもずっと遠くでごろごろと雷が鳴っており、山頂
付近にはガスがかかって、まさかまた雷や視界不良で仕事が終わらず、延泊なんてなら
ないよね?なんて思いながら2時頃に以東小屋に着くと、もう測量隊が仕事を終えて戻っ
ていた。前回悪天に泣かされたため、天気はいつ急変するかもしれないからと、前日
かなりがんばったと見え、全作業をやり遂げたとのこと。すばらしい!
しかし、夕方まで仕事しているだろうと思っていたのに、まさかの早すぎる宴会開始(笑)
Eさんがアルコール類を担ぎ上げると聞いていたので、おいらはつまみを考え、冷凍枝豆、
鮭とば、ワンタンの皮、ピザ用チーズ、玉葱とピーマンスライスなどを持って行った。
おいらが碧玉水に水汲みに行っている間に、Eさんが担ぎ上げた500mlのビール5本は
消えていた。(まだ雪渓が残っていたので、もちろん一仕事)
f0118332_1381930.jpg
f0118332_1382625.jpg

でもウィスキー1リットルも持ってきてるんだから、十分だろうと酒を飲ま
ないおいらは考えていたが、そんなもの5人もいたらあっという間になくなるのね・・・
ということで、つまみばかりあって、酒はそうそうになくなるのであった(笑)
ちっとも写真撮らなかったけれど、まずは鮭とばを焼いて、その後、ワンタンの皮でミニ
ピザ。ピザだと一度に焼ける数が少ないので、その後ワンタンの皮にチーズだけくるくる
巻いてフライパンにびっしり並べて両面こんがり焼くだけ作戦に変更。
みんなでうまーい!と叫びながら次々平らげる。みんなすっかりとろとろチーズのとりこ。
ワンタンの皮がなくなり、チーズとピーマン、玉葱だけでもフライパンでとろとろにして
完食。ピザ用チーズがなくなってからベビーチーズまで焼いて、これまたうまーい!
安いチーズも加熱すると劇的においしくなるのであった。シソとかバジルの葉っぱもあると
よかったなぁ。
食べ続けるうちに夕方となり(笑)、測量隊の定番のアルファ米と漬物とラーメンの夕食。
酒もないのでとっとと就寝。
朝早起きしてピークに登ったが・・・
f0118332_12434921.jpg

太陽の出るあたりに雲があり、ぼんやり赤くなっただけであった。でも早朝の空気は気持ち
がよい。
朝食後、ある程度片付いたところで、小屋の中とトイレを掃除。測量隊も小屋の大きな木槌
を借りて空き缶をぺちゃんこにし、全てのゴミを回収し、下山です。
登りにオツボを歩いたので、下山は直登コース。
f0118332_1361198.jpg

f0118332_13103040.jpg

だいぶ水量が減り、池のふちが白く目立ちます。
東沢の渡渉もからっからに乾いてました。
しかし、ちょろちょろと流れ込んでくる水がとても冷たく、どうやら湧き水。
f0118332_13115553.jpg

この四角の頭はハコネサンショウウオっぽいな、と思ったら、やはり拡大したみたら指に
黒い爪があるので間違いなし。
f0118332_13124828.jpg

ちびっこヤマメもおりました。あんまり気持ちのよくないハリガネムシもたくさんいたけど。
f0118332_13133279.jpg

ヤナギの葉にゼリー状の卵塊。なんの卵だろう。ぷるんぷるんして透明でとても美しい。
エグリトビケラの卵に似ている。高さ1mくらいのところについていたが?
f0118332_13144934.jpg

あと一息で大鳥小屋。小屋で昼食の大休止。
ここから泡滝まで、まだまだ長い。途中、昨日はなかったクマのフンが登山道にもこもこと。
なんだかいろいろあって長い道のりになりましたが、無事終了。
みなさまお疲れ様でした。
f0118332_13174537.jpg

七曲のつり橋の少し上でヒラタケ採取。
f0118332_13175483.jpg

その後もこんなに大量にあったけれど、もうこれ以上重くなるのは嫌だし、そんなにたくさん
あっても食べきれないので手をつけずにスルー。他のみなさんも荷物が荷物なので誰も採りま
せん。泊まり装備のほかに測量機材がありますからね。
昨日は帰りが遅かったので、途中のコンビニで買ったサンドイッチを食べながら帰って、夜に
根っこ切りと掃除だけしといて、今朝味噌汁にして食べました。んー、おいしいっ!
夜は卵とじと、味噌汁アゲインだな。
by akanezumi1984 | 2010-08-27 13:21 | ほかの山 | Comments(0)

とりあえず

マダニが媒介する怖い病気にライム病というのがあるが、

潜伏期
マダニ刺咬より数日~数週間。マダニは数日間吸血し続け、若虫では数mm、成虫では1cm程度まで飽血する。ボレリアのマダニからヒトへの伝播には、 48時間以上の吸血が必要とされる。[1] ダニが刺した部位で菌が増殖し3〜32日間かけて周囲の皮膚へ広がる。[2]


怪しいのは日曜の昼前後。でも、たいていすぐには食いつかずにうろうろしているから、食いつかれたのは午後遅くとか夕方の可能性大。
病院で取ってもらったのが火曜の午後だから、48時間たっていないかも。

ただし、自分で取ろうとしたときに、ダニの体をつぶしてしまったから体液を皮下に注入した可能性大。

なーんて書くと心配性の方はどきどきしそうですが、ダニに食いつかれる人はそんなに珍しくもないのです。食いつかれたことのない人はびっくりするかもしれませんが、山によく行く人にはよくあることで・・・まぁ、ほとんど大丈夫です。

次に備えてダニ取りピンセット買っておこうかな。食いつかれる前にちゃんとチェックする癖をつければ必要ないか?今回はいつもの博物園でのことだったので油断したぞな。


水曜は午前3時に起きて3時半出発。仕事で以東小屋に一泊(ガイドでも管理人でもありません)し、木曜夜に帰宅。
そのときの分の更新は明日にしとこ。もう寝るべし。
by akanezumi1984 | 2010-08-27 00:11 | つぶやき | Comments(0)

プチ手術

皮下に残ってしまったマダニの口器を取る為、プチ手術。
ほんの少し切開してマダニだけつまみ取ってくれないかなと思っていたが、周囲の組織も
いっしょに取らないといけないことになっているらしく、ぷんぷくりんの膨れた吸血マダニ
と同じくらい肉を取られる。
切開は1センチ弱なので、服も着たまま。おいらは脇の下だったので、Tシャツをまくって
テープで固定した上にシートをかぶせ、患部だけ出るようにした状態で手術(服を汚さない)
局所麻酔の注射をぶすぶす(これは痛い)して、切開。1センチ弱しか切らないと言う割りに
時間がかかるのは、えぐっているから?
麻酔が効くから大丈夫、と油断していると、時々痛かったのはなぜじゃ?
10分かせいぜい15分くらいと聞いていたけれど、もう少しかかったようだ。皮膚科だから
切開、縫合は外科医のようには慣れていないからなのか・・・なんだかずいぶんごそごそ
やっていたけれど、何針縫ったのだろう?1センチ弱の傷なら1針か2針で済みそうだけど、
時間かかっていたなぁ。
終了後、お薬はどうしますか?と聞かれた。マダニが媒介するやばい病気を予防する薬だと
2週間飲まなくてはならない。が、全てのマダニがその菌を持っているわけでもなく、必ず
発症するわけではないので、普通の抗生剤2日分にしてもらった。

明日から一泊で電波の悪いところに行くので、明日は更新なしです。
by akanezumi1984 | 2010-08-24 21:03 | つぶやき | Comments(8)

失敗したー!

f0118332_1154249.jpg

おいらに食いつくシュルツェマダニ。

昨夜シャワー時に発見。山に行ったのは一昨日。一昨日のシャワーの時には全く気づかな
かった・・・
前に食いつかれた時は、うまいこと自分で取れたので、今回も・・・と思ったら甘かった。
がっつり深く食い込んで取れず、頭部が皮下に残ってしまった。毛抜きでなんとかならない
かと粘ったが、深くて取れず。うーむ。

昨夜いじり過ぎたからか、皮下に残ったマダニのせいか痛みがある。まだ腫れてはいないが、
やばそうかなと思い、午前中近所の皮膚科に行ったら、午後切開して取るから出直せと。
皮膚科では、マダニが五体健全で食いついていようが、取りそこねだろうが、切開して周囲
の皮膚ごと切除して縫合=簡単とはいえ手術ってことになるようである。
お金がかかるなぁ。とほほ・・・
by akanezumi1984 | 2010-08-24 12:08 | 生き物 | Comments(2)

イベントのお知らせ

木下自転車Oさんから、なにやらおもしろそうな企画のお知らせがありましたので、転載
します。

「里山体感合宿~廃校に泊まってマタギの暮らしを学ぼう~」

以下、転載です。


私は今小国町の廃校をお借りして活動を始めたところで、集落について勉強中です。

興味深い文化の地域なので一人で体験するのはもったいないと思い、廃校に泊まって学ぶイベントを、大人になってからの学びの場を作る団体オトナプロジェクトの企画として行うことにしました。

変わった文化の地域だなーと思うので、貴重な体験ができるとおもいます。

日程は9月4、5日(土日)と迫ってきているのですが、是非ご参加くださいませ

【タイトル】
「里山体感合宿~廃校に泊まってマタギの暮らしを学ぼう~」

【開催日】
 2010年9月4日(土)・9月5日(日)の1泊2日

【集合場所】
 4日8:00 山形市成沢ヨークタウン駐車場

【内容】
・廃校宿泊
・マタギ伊藤さん案内による温身平散策
・森で味わうくろもじ茶
・山菜料理の達人フサコさん&元給食のおばちゃんハルエさんによる山菜お料理教室
・一品持ち寄り地元の方々と懇談会
・夜の体育館で上映会
・カツコさんのつる細工ワークショップ
・学校お掃除

など
天気などの関係により予定が変更になる場合があります。

【場 所】
 999-1522
 山形県西置賜郡小国町大字小玉川511
 小国町旧小玉川小中学校

【参 加 費】
 3000円

【持 ち 物】
・1日目昼食
・あなたの地元の酒や食べ物など何か一品
・寝袋かシーツ&マクラカバー
・帽子、水筒(水分補給用飲物)、汚れて良い格好、タオル、虫よけスプレー
【申込方法】
電話かメールで申込んで下さい。
申込〆切
8月29日(日)
申込の際、移動手段をお教え下さい。
車を乗り合わせて行きたいと考えています。

080-3434-0868
kinoshutakenji@mail.goo.ne.jp
(窓口:木下自転車店)


【定員】20名

質問ありましたらなんなりと~。
(質問、申し込みは木下自転車です。あかねずみではありませんよー。)
by akanezumi1984 | 2010-08-23 22:18 | その他 | Comments(0)

久しぶりにパトロール

6月7月は高山植物が気になり、8月はあまりの暑さに涼を求め、上にばかり行って
森がおろそかになっておりました。
たまにパトロールしとかないとね(マーキングはしませんけど)
f0118332_2274830.jpg

しょっぱなから怪獣みたいな奴の写真ですみません。ブナの森を茶色にしている犯人、
ウエツキブナハムシです。7月下旬からの成虫大拡散飛翔が終わったと思ったら、幼虫
が大量に出回り、足元にも葉っぱにも幹にもうじゃうじゃ。
これだけ大量にいると、そのフンも恐るべき量になり、葉っぱという葉っぱに茶色の
フンが堆積。風が吹くとそれが宙に舞うので、頭からフンかぶり・・・この時期は
帽子必須です。
f0118332_22145589.jpg

リュウキンカ沼・・・もう草ぼうぼうです。写真には写ってませんが、かろうじて水路
は開いています。
f0118332_2216439.jpg

もっと枯れているかと思ったら、意外と水量がありました。
f0118332_22163045.jpg

いつもの場所にジャコウソウ。図鑑にいいにおいがすると書いてありますが、特に匂い
はしません。(花も香らない。葉をもんでもにおわない。)
f0118332_22175791.jpg

お気に入りの春木戸の階段に腰掛け、しばしまったりー。がさがさ、ばたたっと、
わずか50センチくらいのところに鳥が来たかと思ったら、こちらに気づいて逃げていき、
なんだか確認できず。一声鳴いてくれればよいのに。
f0118332_22203715.jpg

サメビタキ。移動の途中か?しばらく観察できたけれど、ピンポケ写真しか撮れず。
f0118332_22213712.jpg

大門海から周海沼、ブナ林広場へ。第二ブナ林広場にも行ってみた。
f0118332_2226625.jpg

シロバナカゴメヅル??
f0118332_2222579.jpg
f0118332_222389.jpg

湧水付近はヤマブドウやアケビがけっこう大きくなっていた。宙に浮く幼虫さんも。
f0118332_22243850.jpg

ハコネサンショウウオの子ども。成体は丸顔で目が飛び出ているのに、幼生のときは
なんでこんなに顔が四角なんだろう?
クロサンの池も双眼鏡でよく見ると、クロサンショウウオの幼生が見られる。モリアオ
ガエルの巨大オタマも後足が生え始めていた。丸いのはまだまだで、足が生えているの
はちょっと体が四角っぽくなっている。だんだんカエルっぽくなっていくのだ。
f0118332_22283834.jpg

湿地の奥の方にウメバチソウ。720mmでやっとこれしか撮れない。もっと近くにも
咲いてくれるとよいのに。森林限界より上で見るウメバチソウより大型で雰囲気が
違う。
f0118332_22301635.jpg

見た目涼やかだけれど、ドクゼリの毒はかなり強いらしい。
f0118332_2238223.jpg

オタカラコウは1mを越し、シシウドは3mにも育ち、夏の森は力に満ちているが、
もう秋が始まっているのも確か。
by akanezumi1984 | 2010-08-22 22:41 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984