<   2010年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧

おやつ

f0118332_7271890.jpg

昨日は更新するの忘れてました。元気です。
調査終了後近くの産直でキュウリ購入(トマト狙いだったがなかった)し、現場のヘルシーおやつに。
昨日は強風で一枚はおらないと肌寒かったが、今日は暑くなりそうだ。
by akanezumi1984 | 2010-06-15 07:27 | Comments(0)

同じ宿に連泊なのに

毎日部屋が変わる。毎朝荷物全部持って出ないといけない。連泊だからと持ってきた飲み物や食料ある人は困る…おいらはバナナくらいだから大丈夫だが。
夕食のメニューが少ないので明日は宿のすぐ外の店に言ってみるかの話が出たが、その場合は自腹。宿のレストランなら部屋代につけて会社に払って貰える。
フリーのメンバーは「自腹なら外行かない」で意見が一致。そんな余計な出費はしませんて。
by akanezumi1984 | 2010-06-13 22:04 | Comments(0)

登山道でよく見る鳥

出かける準備を始めたものの、昨日ビンズイも撮ったはずなのに、なんで画像アップしな
かったんだっけ?なんて気になり脱線。
パソコンに落としたはずが、間違って削除していたようで、カメラに残っていた画像をま
た落とす。(なにやってんだか)
ついでに以前のカヤクグリも再掲してみます。どちらも亜高山帯でよく見かけ、あまり
警戒心がないので近くまで寄ってきてくれる鳥さんです。
f0118332_10293583.jpg

ビンズイ。尾をぴこぴこ振り、ヒバリみたいににぎやかに鳴きます。
f0118332_1031106.jpg

カヤクグリ。赤茶けた色。チリリリと細い声で鳴きます。

やはりイワヒバリは確認できなかった。もう月山には来ないのか?
by akanezumi1984 | 2010-06-13 10:33 | 生き物 | Comments(0)

ぼーとしすぎ・・・

f0118332_94691.jpg

現場が終わったその日に夜更かしに戻るという悪習を止め、当分早寝早起き生活を続ける
のだ!と、誓ったものの・・・
昨夜はまた1時頃になってしまった。それでも今朝は5時過ぎに目覚めたが、寝たりないの
で二度寝。またすぐ目が覚めたので、どうやら早起きの習慣化はできつつあるが、ちゃんと
夜早めに寝ないと、寝不足感が残る。
仙台通勤時代は平均4時間半くらいしか寝ていなかったけれど、できれば6時間半は寝たい
ところ。
今日は現場宿に夕食に間に合うよう移動するだけの日なので、山に寄り道するのでなけれ
ば特に早く起きる必要はなかったが、明日からも早起きしなくてはならないので、今夜
早く眠れるように6時半で起きてしまった。
なのに、朝ごはん食べて、ネットをうだうだーと眺めてこんな時間。
いいかげんに荷造りしないとなぁ。
暑いから着替えはたくさん持っていかなくては。

昨日山でのんびり過ごせたので、満ち足りてしまい、ぼーとしすぎる。
エンジンかけないと。
今夜現場近くの宿に前泊して、明日から三日間また定点調査。今度は田んぼかなー。
小学生が通ったり、農作業の人が来たり、車もそこそこ通り、人目があるのであんまり
怪しい行動してらんない(マクロ遊びはあやしい姿勢になりやすい)かな。
by akanezumi1984 | 2010-06-13 09:57 | つぶやき | Comments(2)

シラネアオイ一気に満開

熱い日が続いたせいか、雪解けが一気に進み、花もだいぶ咲きました。
博物園に8時過ぎころ着くと、既に管理車道は例の車でいっぱいに・・・8時半出発で
続々と下山の人たちとすれ違う。来週末も同じでしょうな。
NC傍のヤマアカの池では、トウホクサンショウウオが産卵中でした。肉眼、双眼鏡では
けっこう見えるのですが、暗いし水中だしで、写真は撮れず。
f0118332_22555269.jpg

今日はクマの姿なし。雪解け進んで、一週間で夏道が劇的に出ました。
f0118332_2341787.jpg

こんなんも出るようになりました。
f0118332_22565085.jpg

すれ違うタケノコ撮りの方たちと一言二言話しながら、のんびり登って行くと、
f0118332_22581729.jpg

ミソサザイが愛想よくて、撮れました。立派そうに写ってますが、ものすごく小さい鳥
です。でも声量は沢音に負けないよう、すばらしいボリュームです。
f0118332_23116100.jpg

装束場の小屋より上で、一羽分まるっとな感じで羽が散らばっておりました。カヤクグリ
のようですが、誰の仕業?普通はこのあたりでは鳥食いの猛禽は見ないですが。
(と思ったらその後山頂付近でハイタカらしき猛禽がちらっと見られた。犯人はハイタカ?)
f0118332_23521100.jpg

先週まで色のついた花はショウジョウバカマしかなかったけれど、ベニバナイチゴや
コイワカガミも咲き始めました。
f0118332_2363924.jpg

で、気になるシラネアオイはというと、馬鹿陽気に一気に開花が進み、満開状態。
f0118332_2375418.jpg

シラネアオイとミネザクラと雪渓。毎年この光景が見たくて行く、人呼んでシラネアオイ
街道。この時期初めていらしたイシさんは「本当に街道って言えるの?」と少し大げさ
なんでは疑惑を抱いていたようですが、実際に見て「まさにシラネアオイ街道です」と。
ほっほっほ、そうでしょう、そうでしょう?
f0118332_2313077.jpg

ミネザクラや笹に守られて咲くシラネアオイ。
金姥から柴灯森、牛首周辺にたくさん咲いていますが、次々咲きますので、次の週末でも
見られると思いますよ。来週の平日に三日間リフト運休で架け替え工事がなされ、下りも
リフトに乗れるようになります。
f0118332_23163580.jpg

ハクサンイチゲもだいぶ咲きました。
f0118332_23165266.jpg

ヒナザクラも一気に咲きました。
f0118332_23171255.jpg

ミツバオウレンも目立ちます。ミツバノバイカオウレンもあります。
f0118332_2317296.jpg

ミヤマウスユキソウはまだ蕾。来週のお楽しみ。
f0118332_23174135.jpg

ミネズオウは山頂下の岩場のはまだ咲き始め。山頂から胎内岩方向に行く途中はけっこう
咲いておりました。
コメバツガザクラもぽつぽつ咲いています。イワウメはまだ蕾が小さく、来週咲くかちと
怪しい。
f0118332_23223857.jpg

クロユリはまだ蕾はほとんど見られず、探して探してやっと見つかるくらいですが、まず
は順調というところでしょうか。
快晴の週末。朝の姥沢駐車場やリフト乗り場は相当混んだようですが、ほとんどスキーヤー
で登山者、特に山頂まで来る人は少なく、牛首から先は静かなものでした。
装束場コースも、たまーにリフト使用で姥から下山だけ利用の人が来るだけです。でも、
この時期はタケノコ採りの人が夜明けとともに入山していて、下山の人たちとかなりすれ
違います。やはり、例年より少し遅れていると感じている人が多いようですが、がんばる
人はそれなりに採って来ますねぇ。
おいらもタケノコは大好きですが、上でイシさんと会えたので、またちゃっかりとヒッチ
成功したので、装束場を下らずに姥沢に下り、博物園まで乗せていただきましたので、タ
ケノコはなしです。

新潟のIさん、博物園で預けていってくださった品物、確かにいただきました。ありがとう
ございました。レンタル料より高くついてしまったのではないですか?
でも、好物を気に留めていただいていて、嬉しいです。
by akanezumi1984 | 2010-06-12 23:30 | おらいの山 | Comments(4)

無事終了

三日間の河川敷うろうろ仕事終了。硬い路面も多かったので、少し膝が痛くなった。
工事の方たちは真っ黒こげなので、相対的に自分はずいぶん色白な感じがするが、
街中に出たら黒い人であろうか?
f0118332_20294572.jpg

ノイバラは、こうして見る分にはかわいいですが、藪こぎするときにはちくちくと
ひっかき傷のもと。
f0118332_2034250.jpg

動きが速くて撮れん!と思ったが、一枚だけ撮れてたっ!(もちろんトリミングして
ますよ)コアジサシは細い翼でなんだかぎこちないみたいな飛び方をし、まっ逆さに
水に飛び込んで小魚を獲ります。鳥見を始めたばかりのころ、初めてこの鳥を見たと
きは、内陸でこんな鳥がいるんだーとびっくりしたものでした。きれいな鳥です。
f0118332_20381921.jpg

なに奴?とじろじろ偵察にきたのか、頭の上をしばらくぐるぐるしていたので、飛びもの
撮る練習。ズームを最強にしていると、ちょっとしたはずみで視野からはずれるし、反応
が遅いので一枚撮るとしばらく固まっちゃう。このへんコンデジのつらいところか。
飛びものを撮るときは連射モードにしてみるか・・・って、たぶん使い慣れないと、とっ
さには対応できませんな。まぁ、ぼちぼちいろんな使い方を試してみましょう。
f0118332_20444652.jpg

ウッシーです。でかいです。食べたことはありません。
by akanezumi1984 | 2010-06-11 20:31 | 生き物 | Comments(0)

まぐまぐでゅう

最近、ちょっとはまりつつある「塩ホイップ」・・・植物性脂肪のホイップクリームに
塩だけ少し入れたもの。蓋つき容器に少量入れてシェイクするだけ、という木下自転車
店で覚えた作り方で、パンにつけてうまい、うまい、と喜んでいたのだが、これを凍ら
せたら?と、昨夜脂肪分にテンションあがる友人に食べさせながら思いついた。
ちょっとずつしか作らないから、200mlのクリームがなかなかなくならないので、夕食
後にホイップして凍らせてみる作戦実行。
で、少し味見したらまた凍らせておけばよいものを、なんとなく全部食べてしまった。
カレースプーンにすれば3,4杯程度の量。それをティースプーンでちびちびちまちま
なめていたのだが、いくら少量といえ、脂肪ですから!
全部食べたら、ちとまぐまぐでゅう(涙)胸焼けしたぁ。
アイスにするなら、牛乳とかヨーグルトとか混ぜないといけまへんなぁ。
by akanezumi1984 | 2010-06-10 21:11 | FOOD | Comments(6)

ひりひりでゅう

少し雲って、昨日よりは暑さが柔らかだったようには思うけれど、昨日焦げたところに
上塗りなので、さらにこげて顔がひりひりでゅう。多少の藪こぎで足がつかつかでゅう。
f0118332_2065834.jpg

ぱっちりお目目のかわいいチョウゲンボウ。これは成鳥オスさんですが、今朝は現場に
向かって車を走らせていたら道路の端にチョウゲン幼鳥がぽーとたたずんでいて、おい
おいおい!でした。危ないなぁ、ひかれたらどうすんだ!巣立ちしたばかりのお子たち
f0118332_20121924.jpg

コムラサキでしょうかね。きれいなんですが、止っているところがヘラブナの死体って
のが・・・しかもウジわいてるから魚の穴はよく見ない方がいいです。
f0118332_20133959.jpg

モズりんです。丸い頭がかわいいのですが、獰猛な肉食鳥です。Mの人は一度かみつかれ
てみるがよい(笑)今日は、近くにいたコゲラもしばらく撮ろうとがんばりましたが、
結局背中しか撮れず。
現場が工事真っ盛りで、トラックががんがん走り、重機が土を削って盛って・・・
土ぼこりもうもうです。そんな中でも、小鳥たちやカエルや虫たちは関係なさそうに暮ら
しておりますなぁ。でも、関係ある人たちもたくさんいるわけで、以前繁殖していたと
思われる鳥で見られなくなったものもいます。
汗と土ぼこりにまみれるので、現場終了時に冷たい濡れタオルで顔をふくのが一日の喜び
になりました。(凍らせた飲み物といっしょにしておくから冷え冷え)
by akanezumi1984 | 2010-06-10 20:20 | 生き物 | Comments(2)

あぢがった・・・

先週の現場は木陰でどんじゃらほいの快適空間であったが、今週は炎天下の河川敷を
一日8時間徘徊×三日間。
疲れるが、歩いている分には血圧大丈夫。朝起きたら、だるくなる前にばたばた支度
して出かけてしまうのがよいようだ。
f0118332_21103142.jpg

なんとかアオジってわかるでしょうか?
f0118332_21111928.jpg
f0118332_2111277.jpg

河川敷にはけっこうコムクドリも多い。雌雄同色のムクドリと違い、コムクはオスだ
け派手な色彩。でも地味目なメスも雪だるまみたいでかわいいのである。
しかしねー、声がねー。こんなにかわいいのに・・・ゲーって。
f0118332_21153973.jpg

土手道は工事中。下道も一部工事中でしかたなくやぶこぎしていると・・・アマガエル
がすごく迷惑そうな顔をするのでした。
藪こぎ&土手道の法面トラバースがあるから、スパ長がベストなのだが、さすがに8
時間も歩いていると、すれて小指やかかとがひりひりしてきた。明日はトレッキング
シューズにするべか・・・
by akanezumi1984 | 2010-06-09 21:16 | 生き物 | Comments(2)

ヤブサメ日和

昨日に引き続き、頭痛と倦怠感で沈没しそうな体調だったが、寝ていても治らないし、
かえって体がだるくなるのが経験上わかっている。とはいえ、具合が悪いと気力も萎える
ので、脱出は難しいのだが、なんとか午前中のうちに外出成功。
近くの低山に行ってみた。
ヨモギがいっぱいあると、ついついツノゼミを探してしまうが・・・そうそういるわけな
いよなぁ、と思ったら、やっぱりいた(笑)やはりモジツノゼミか。ダニついてるよ。
f0118332_17521813.jpg

f0118332_17483025.jpg

ネット記事でニッコウキスゲが見ごろというのを見て、出かけてみたのだが、おらいの山
でずっと見事な群落を見慣れているため、ふーん、という感じで目線はどちらかというと
クモに(笑)
f0118332_17503231.jpg
f0118332_17503939.jpg

おおっ、マミジロハエトリ発見!鳥のマミジロと同じような顔だっ。
最近ハエトリグモがお気に入りで、何度もハエトリグモのサイトを見ていたため、初めて
見る種類も一瞬にしてわかってしまった。(ま、わかりやすい種類だからですが)
すっかりハエトリまなぐ(眼)になっているので、葉っぱの上や参道の上にいるちびすけ
の動きに反応してしまう。
車道で寸断される参道、なぜか延々流れる演歌に辟易しそうになるところを救ってくれる
救世主が小さなハエトリグモとツノゼミたちだった。
そして、さらに救世主が出現!「シシシシシシシシシシシ、チャツチャッチャ」と至近距離
でヤブサメの声が。この近さなら見えるかも、と声のするほうに眼をこらすと、走ってるん
だか飛んでるんだか地面すれすれを猛スピードで動く二羽の小鳥。縄張り争いか?
その後残った一羽が地面で餌を採りはじめ、近くで観察できた。距離は3mから10m。
ちびツァイスでも十分ばっちりの距離である。ヤブサメはなかなか見づらい鳥なのだが、
ここは林床がすかすかしていたので、動きを追ってみることができた。ちっぽけで地面と
同じ色をしているし、たいていは藪の中にいるためか、本人たちは「見えてない」と思っ
ているのか、けっこうすぐ近くまで来て餌を探したり囀ったりする。
何度かファインダーには入れたが、動きが早くてピントが合う前にいなくなるので写真は
ありません。地味だけど顔立ちくっきりで、つんつくりんの尾がかわいいヤブサメは大好き
な鳥なので、頭痛でも出てきてよかった!とここでかなりご満悦に。
その後も参道にアオオビハエトリがいてしゃがみこんで見たりして、なかなか進まず、低山
なのにけっこう時間がかかりました。
f0118332_1891674.jpg

こんなふわふわさんもいました。全身真っ白。後で調べるために全身撮ろうとしたけれど、
逃げられた。仮称シラユキガ(笑)
f0118332_18103991.jpg

ヤマボウシが一輪だけ咲いていました。
f0118332_1811273.jpg

カワラヒワさん。逃げずに撮られてくれてありがとう。
f0118332_1812983.jpg

この花はなんだろう?これから調べます。・・・んー、でもわがらねっけ。カエデかと
思ったけれどちがったかな。
by akanezumi1984 | 2010-06-08 18:12 | 生き物 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984