<   2010年 04月 ( 42 )   > この月の画像一覧

クマ違い・・・

f0118332_220665.jpg

今日は雨で延期になった水曜の分の日帰り調査のため、4時起き。
4時半に出て、途中コンビニで一度休憩して地点に7時半着。約束は
8:15分なので、8時まで仮眠。
この前とは違う方と二人で定点調査。もう一人は撮影担当のために
配置されておりますが、撮影もなにも、今日はさっぱり出ないので
あった。朝のうち快晴。その後みるみる暗くなり、昼前後は雨が降
ったりやんだり。橋の上なので、今日もずっと風がふきあれ寒かっ
た。午後3時以降はまた晴れてきたが、結局ほんの少ししか記録が
とれなかった。条件は悪くなかったのだが・・・

山菜チェックなのか、時々車が通るが、ほとんど単独男性か夫婦連れ。
珍しくおばちゃん4人組みが地点からすぐのところで車を降り、にぎ
やか。フキノトウ採りかなと思いきや、移植ベラ手にしているのが
気になり、双眼鏡で見るとなにやらピンクの花を盗掘している!
なにやってんじゃー?とさらに望遠鏡でチェックすると、どうやら
ショウジョウバカマを根ごと掘っては仲間のおばちゃんの紙袋へ。
橋の上に望遠鏡とカメラ構え、腕に黄色い腕章しているおいらたち
が見えないわけないのだが、この大胆なこと。悪いことしていると
いう感覚が全くないのだろう。
「山の花は山に来たときに見ろ!!」と、むかつくも、このへんは
特に採取禁止とかなにも看板もない。とりあえずプレッシャーかけて
やれと思い、ゆるゆる近づきながら双眼鏡でじろじろ見てやったら
帰ったが、既にたくさん採ったのだろうな。嫌なもの見た。

さて、今日のタイトルにまだ触れていなかったっけ。
なかなか獲物が出ず、どこかになにかひょっこりいないかと双眼鏡で
ぐるりぐるりとチェックし続けていたら、とおーくの斜面にクマが
歩いていた。
「やったー!クマだぁ、クマ発見!クマいましたー。」嬉しくて大
興奮。すぐに尾根裏に見えなくなったが・・・
隣にいた社員調査員さんが、別の地点にいる人にすかさず無線連絡。
「えー、今、東側の尾根上空にクマタカがいたみたいです。」って、
ええっ?クマタカって言ってないし。上空って言ってないし。
「違います、クマタカじゃなくてクマです。くまっ!」
鳥の調査だから、クマって言ったらクマタカと思われたようです(笑)
いやクマタカだって嬉しいけど、そんなに大騒ぎしませんから・・・
大きい立派なクマのようでした。距離1km以上あって望遠鏡でも小さ
くしか見えなかったけど、がっちり体型の大きな大人オスであろう。
その後、別の地点にいる人からも「1km先に木に登って新芽食べてる
クマ発見」との無線が。こちらも遠いが一時間以上見られたようで
うらやますい。

今日は7時間の調査に往復6時間の運転で目が疲れたが、クマが見られ
たのでご機嫌だ。
by akanezumi1984 | 2010-04-30 22:28 | つぶやき | Comments(4)
f0118332_20325498.jpg
f0118332_2033768.jpg

前にも載せたかもしれないが?今日は写真撮らなかったので、昔の
画像から。某山小屋に何世代も住み着いている子たち。
by akanezumi1984 | 2010-04-29 20:39 | 昔の写真(ネガ)から | Comments(0)

寒さ

f0118332_9561315.jpg

昨日は斜面に生え始めた青草を食べに出てきたカモシカさんが見られ
ました。とはいえ、遠くて写真は撮れず、この写真は過去に別の場所
で撮ったものです。
鳥や動物たちは自前の羽毛、毛皮いっちょで冬の寒さを乗り切るのだ
からすばらしい!カモシカやタヌキなどは、毛皮も分厚くなる上に脂
肪もためこんでころころして、いかにも暖かそうだが、ウサギの毛皮
はそれほど厚くないし、皮下脂肪が全然ないのによく寒くないなぁな
どと思う。(足の裏はみっしり毛が密生して冷たくなさそうだけど。)

一昨日の現場付近の予想最高気温は14度。昨日は7度であったが、地点
が山の中なのでおととい10度あるかないか、昨日は3,4度であったろう。
しかも橋の上に陣取っていたので、一日中冷たい風が吹き、体感温度
はかなり低かった。
昨日は准厳冬期仕様で、ホッカイロも貼ってしのいだ。
風があると、とにかく寒い。天気予報の気温で暖かいだろうと思って
も油断は禁物。地点の環境や風の強さによって相当体感温度が下がるの
で、防寒衣類とホッカイロは忘れてはならない。
今回は珍しく二人定点で、社員さんだけど鳥の調査は新人という方と
いっしょだったが、もともと水質や大気が専門で鳥に転向したばかり
ということで、定点の厳しさにまだ慣れてない様子。
その人なりに防寒体制整えては来ていたが、昨日は特に寒かったので
持ってきた防寒具を全部着ても相当にこたえているようだった。
識別の勉強だけでなく、長時間野外で過ごすためにはどんな装備が必要
かも身を持って体験して行くのですなぁ。
by akanezumi1984 | 2010-04-28 11:29 | つぶやき | Comments(2)
外仕事は天気に左右されるため、明日までの予定だった現場は予定変更で
明日の分を30日にすることになり、帰宅。
土日、デジカメで撮った写真をアップします。
土曜は雪が降ったり止んだり時々日が差したり。
f0118332_2327053.jpg
f0118332_23271181.jpg
f0118332_23272244.jpg

f0118332_2328838.jpg

休日とあって、姥、湯殿、清水コース、石跳沿いなどはにぎわって
るのでしょうが(それも時間による)、ごがらみの森には誰もいず、
たまーにウサギとカモシカの足跡があるだけでした。
f0118332_233121.jpg
f0118332_23311710.jpg
f0118332_2331242.jpg
f0118332_23313171.jpg
f0118332_23314784.jpg
f0118332_23325247.jpg
f0118332_2333231.jpg
f0118332_23331221.jpg

スキー場がオープンして土日のスキー、ボーダー人口が一気に増えま
したが、日曜の午後少し遅めの時間は遠くの人がどんどん帰り、案外
人が少ないのである。姥沢下の森に入ってからなんて誰にも会わない
し。午後3時過ぎって、けっこう好きな時間。
斜光で真っ白な山に陰影ができて、よりいっそう美しくなり、人はい
なくなり、静かな森にうっとーりできるのである。
GWだって、夏のハイシーズンだって、同じ山に同じところから入っ
ても、時間帯や歩くコースで誰もいない空間を楽しむことはいくらで
もできる。
by akanezumi1984 | 2010-04-27 23:40 | おらいの山 | Comments(2)

超さびしい夕食

f0118332_19215478.jpg

f0118332_1921549.jpg

今回は4人体制だが、泊まりはおいらだけ。3人は社員さんで、近いから通い。
てことで夕食を30畳の広間でぽつねんと。秋の飛島とかで客が1人だけだったこととかあるけれど、部屋が狭ければあまり気にならない。しかし、こんな広い部屋にぽつんとお膳は漫画みたいだ。
おまけに案内板に書いてある社名がもっと漫画な間違い方(公表できないのが残念なくらい笑える間違い)していて、思わず写真撮りましたね。
おいらの身分証の名前も間違ってた。朝、地点に向かう時も担当者が道を間違えて10キロ以上遠回りしたし、間違いの多い日だった。
宿の隣の産直では鉄魚、メダカ、タナゴが袋詰めで売られていて、ちょっと驚いた。
さて、担当者は明日雨は夕方からとおっしゃるが、予報見たら昼から降りそう。できれば4時まで降らないでくれ!
水曜まで調査の予定だったが、水曜は終日雨の予報で延期決定。
明日一度帰って、改めて1日だけ日帰り調査になる。朝早く出なくちゃいけないからきついな。
by akanezumi1984 | 2010-04-26 19:21 | つぶやき | Comments(10)

ぴかぴかになりました

f0118332_2153150.jpg

f0118332_2153117.jpg

f0118332_2153163.jpg

f0118332_2153125.jpg

今朝は5時起きでお手伝い。清水屋さんのお手伝いの日は、なぜか快晴率高し。山にすっ飛んで行きたい天気だが、こんな日は布団たたみだって、掃除だって気持ちがよい。お客さんが喜んでいるのも嬉しい。
11時半頃仕事が終わると、相棒もモービル調査終わったとこだった。とりあえず合流したものの、山に雲が…上行くのはよそうか?清水屋さんでのんびりお昼して1時過ぎにやって出動体制とったら、あらら?またぴっかぴかに晴れてる!
こりゃ大変。車一台博物園にデポし、姥沢へ。姥山頂行って、2月みたいな真っ白に浮かれ、うさを月山と湯殿山に捧げ、下りは姥山頂から博物園まで尻滑り三昧。スキー場沢コースはノンストップ、快適!
だれもいないブナの森で、相棒はばったりと雪に倒れ込む。いつものことなので心配無用。雪に恍惚となっているだけなのだ。
しかし、おいらは今日現場宿に入らなくちゃいかんので、適当に復活してもらい、さらに尻滑りしながら下山。
博物園から車で姥沢に車回収に行って解散。
さて現場宿に急げ!と弓張の雪壁の上に弟分発見。なんじゃその風呂敷姿は(笑)と、思わず停車。風呂敷は三角布として使っていたのに(鎖骨骨折していたのだ)散歩して暑くなって脱いだフリースしょってるのだった。怪我人の癖に山菜採りしていたわけではなかった。
さて、夕食時間ギリギリにたどり着いた現場宿。予想通りというか、予想を上回る食事環境にめまいが…
温泉は広くて快適だが、まずい天ぷらかまずい刺身の二択しかない夕食って!三泊するというのに…
by akanezumi1984 | 2010-04-25 21:53 | おらいの山 | Comments(0)

今日の一本

f0118332_14311026.jpg

表層雪崩ではありません。
by akanezumi1984 | 2010-04-24 14:31 | おらいの山 | Comments(0)

誰もいない森に

f0118332_14292015.jpg

ひっそりとうさを。
ごがらみの主の神さま仏さまコンビも今日はいないようです。
アカゲラ、ゴジュウカラ、コゲラの声と風の音だけ。
by akanezumi1984 | 2010-04-24 14:29 | おらいの山 | Comments(0)

森歩き

f0118332_13104530.jpg

晴れないと見て、近くの森をあてどなく徘徊。
奇妙な形の木に近づき、鳥の声に姿を探し、ウサギの足跡を追跡。
たまに雲が切れて青空覗くとふわっと暖かい瞬間があるが、今日は基本的に雪のようです。
現在はパラパラと霰ちゃん。
by akanezumi1984 | 2010-04-24 13:10 | おらいの山 | Comments(0)

うーむ

バイトの前に高いとこ行きたかったが、視界悪そう。志津は雪が降ったり止んだり。予報は昼から晴れですが当たってくれるのか?
by akanezumi1984 | 2010-04-24 11:19 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984