<   2010年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ケータリング

f0118332_2141264.jpg

以前は会場が木下自転車店と我が家行ったり来たりだったが、木下自転車にわんこが来てからは、わんこだけ留守番できないので夕食会場は木下自転車ばかりに。
昨日鍋ご馳走になったから、今夜は全部うちで作って持ち込みで。ケータリングやね。写ってないけどスープも。
by akanezumi1984 | 2010-01-31 21:04 | FOOD | Comments(0)
少量で作る気がせず、バイト前は自分で作ったことのないメニューだったモツ煮込み。
いきなり作れといわれて、適当にやったらちゃんとそれっぽい味でした(笑)

材料   豚白モツ1kg、こんにゃく二枚、大根10センチくらい
調味料  酒、醤油、味噌、チューブのにんにくと生姜少々

①モツを一度茹でこぼし、臭みをとる。
②モツをたっぷりのお湯に酒適当、にんにくと生姜少々入れて一時間以上煮る。
(バイト先では反射式ストーブでほっといたが、圧力鍋でやれば早いでしょう)
③その間にこんにゃくを箸かフォークでぶすぶすと突き刺しまくり、手でちぎる。
④こんにゃくをゆでこぼしておく。
⑤大根を小さめの角切りにする。
⑥モツが柔らかくなってきたら、こんにゃくと大根を入れ、醤油を適当に入れる。
⑦味を見て醤油を追加。
⑧最後に味噌を入れて味を見てできあがり。

食べるときにたっぷりの刻みネギをのせ、七味ふって。

柔らかいのが好きな人は煮込み時間を長くしてください。
by akanezumi1984 | 2010-01-31 12:46 | FOOD | Comments(4)

終了

居酒屋バイトも今宵で終了。今日が最後なので、せめて一万円でも払ってくれるかと
思ったら、なんにもなし。
振込先を書いたメモは置いてきたけれど・・・

日払いにしてもらわなかったのが敗因だねぇ。
まぁ、これまで作ったことがなかったモツ煮込みが上手に作れるようになりましたが。

Rちゃん用に大根サラダのレシピです。

大根を好きなだけ千切り。大根よりぐっと少ない量でキュウリの千切り又は水菜。大根の葉
でもなんでも緑色を少し入れましょう。赤色にニンジン少々も千切り。
塩少々ふってしばらく置いて、しんなりしてきたら、ぎゅうーっと水気を絞る。
ボウルにほぐしいれて、レモン汁少々、塩コショウ、マヨネーズ少量、醤油少々で味付け。
竹輪を入れてもおいしい。ホタテの水煮缶詰を入れるとぐっとおいしくなりまする。
by akanezumi1984 | 2010-01-29 23:45 | つぶやき | Comments(2)

お手軽チャイの素

f0118332_1610697.jpg

会社員のころは本代にいくらつぎこんだやら・・・で、amazonをしよっちゅう
利用していたが、しがないフリーターは本は図書館!
しかし、チャイ用のスパイスを探していたら、amazonで欲しかったスパイス
が値下げになっていて、しかも送料無料サービスというのを発見。
おととい注文したら、もう届きました。はやっ!
おいらの好きなシナモン、カルダモン、ジンジャーが入っています。それ以外
はその他香辛料とはしょられているのが残念ですが、ま、この三つが入って
いれば満足。さらにぴりっとさせたいときはブラックペッパー追加すればよい。

小鍋で茶葉、牛乳、シナモンスティック、カルダモンの粒、生姜の薄切りを
煮立てて作るのが一番おいしいけれど、調合済みのティーマサラがあると
レンジで簡単に作れて便利。
by akanezumi1984 | 2010-01-28 16:17 | FOOD | Comments(8)
例の居酒屋バイトは、先週から週に三度だけとなり、それでもマスターに支払い能力が
ないのは明らかなので、今月いっぱいで辞めさせてもらうことになりました。
昨日は出勤日で、終わって帰ろうとしたら車のドアの下になにやら落ちていた。
拾ってみると、一週間くらい前になくしたと思っていた山羊皮の手袋の片割れ!
いつも同じ位置に停車するのだが、暗いのと、雪が積もっていたりで、今まで気が
つかなかったのだろう。何度か雪や雨が降り、もしかしたら自分で踏んづけていた
かもしれないのに、もともとの色がこげ茶なせいか、汚れも見えず、使用感もいくらか
しけっているだけで問題なし。
ぴったりフィットで気に入っていたので、戻ってきて嬉しい。もっと暖かい手袋があるが、
ハンドル握るには、ウールやフリースは滑りやすいので、運転の時にはこれ!なのだった。

今日は雨なので、家で雨読を決め込み、のんびりしていると、山道具屋さんから電話が。
おいらの少し前に同じスノーシューを修理に出した人がおり、修理が済んで戻ってきたら、
見積もりより金額がだいぶ安かったのだそうだ。それでメーカーに電話して確認したら、
やはり修理費はこの前見積もってもらった金額より5000円近く安いとのこと。
修理しないと、送料をこちらで払わなければならないが、修理すればその金額に送料も
含まれるということであった。
若干フレーム部分がこの先何年持つのだろうかという不安はあるが、10年以上使って
いる人もいるようなので、今回は修理することに決定。

ネットオークションでは新品で一万円なんてのも出回っているようですが、なんとなく
知らない個人相手だと不安もあり・・・
まぁ、傷だらけのマイ・スノーシューに愛着もあるので、あと何年かはがんばってもらう
ことにします。
by akanezumi1984 | 2010-01-28 14:22 | つぶやき | Comments(8)

山日和

晴れ間がありそうなので、一人で湯殿めざそうかなと昨夜は考えていたのだが、
つい夜更かしして早起きできなかったのと、予備のスノーシューが長めで急斜面
の下りに向かないかなと、仏様に同行してごがらみ行きに変更。
いざ歩いてみたら、それほどの深雪ではないのに、とにかく重くて、単独での
湯殿山頂なんてやめといて正解でした。
f0118332_23561170.jpg

地すべり対策のための磁器探査で、ヘリがミサイルみたいな探査装置をつり
下げて終日バリバリ飛んでおりました。
f0118332_23574548.jpg

ごがらみをこよなく愛する仏様と、ごがらみバリエーションルート。
昨日の吹雪のおかげで森はきれいです。
f0118332_022435.jpg

中がからっぽになっても、まだ生きているブナ。
曇りで、時折日が差して雪に影が走る。天気予報ではかなり気温が上がる
と言っていたが、山は適度に寒くて汗をかかずに歩けたが、もちもちと重くて
足をとられる雪だった。深くはないのでスキーはすいすいと進んでいくが、
スノーシューはねっとりと沈み込み、ふかふかの膝ラッセルの時よりしんどく、
今日は完全に仏様のスキーラッセルを頼った一日。(スキーの後でも疲れた)
f0118332_08483.jpg

f0118332_010979.jpg

いつもの場所で少し早めの昼食。少し遅れている山オヤジ様が追いつ
いてくるかな?と思ったが、なかなか現れない。食べ終わって少し進むと
違う方向から登場。途中からわれわれのトレースではなくキャットのトレー
スをたどったとのこと。
f0118332_0114737.jpg

美しい尾根に出たので、仏さまにモデルをお願いした。うーん、なかなかに
フォトジェニックです。
風あたりの強い尾根は雪がしまっているので、ウサギ、リス、狐の足跡が
見られた。写真撮ったのだが、曇っているときで凹凸があまり出ず、没。
f0118332_0145265.jpg

ウサギが腰すえて食事した後には、証拠の品がこーろころ。
f0118332_0154548.jpg

株立ちしたミズナラの巨木。風にえぐられ、根元が見えている。
強風地帯なせいか、ばきっと折れた木が多い。キノコ農場だ・・・
ぐるっとまわって、山オヤジ様が昼食しているところにまた合流。こちらは
先に食べてしまっていたので、おやつ休憩。下りは三人いっしょに・・・
しかし、おいらだけスノーシュー。今日の雪質では走れず、遅れをとった。
そもそも自分のペースで歩けばよいので、走る必要はないんだけど、春の
快適ザラメのときなどはついつい追いかけて走ってしまう。どうやったって
スキーにはかなわないのに。

帰りにPPによると、サンデー毎日の面々が勢ぞろい(笑)
みんな家にこもっていると体の調子が悪くなるのだ。
でも、明日は雨だから休みだねー。
by akanezumi1984 | 2010-01-28 00:25 | おらいの山 | Comments(0)

ぬくぬく読書

午前中は雪が舞っていましたが、午後は天気がよくなり、南向きの部屋はお日様パワー
でぽかぽかに。
窓辺に人魚スタイル(下半身寝袋)で寝転び、至福の読書タイムでした。暖房なしでも
ぬくぬく、手も冷たくなかった。お日様ってすばらしい。
by akanezumi1984 | 2010-01-26 23:36 | つぶやき | Comments(0)
f0118332_22493289.jpg

午前中志津にお泊りのご夫婦を初心者向け短いコースでご案内なんてこと
をしておりましたが、デジカメ車に忘れ、写真は携帯で撮ったこのしょうもない
一枚だけ。最近紹介した冬用トイレの内部です。
正午終了で、お客様を宿に送り、PPにレンタル品を返却し、午後から一人で
もう少し歩こうかなと思っていたのだけれど、雨が降り出してやる気喪失。
昨日図書館からぶりで読む本がなくなっているので、ぽれぽれ文庫に
すがることに勝手に決め、寄り道ー。
f0118332_22485018.jpg

ほらね、なかなかの蔵書です。
この中から適当に数冊選んでいたら、ぽれぽれかあさんがさらに数冊、これ
もおもしろかったわよーと言うので、それも・・・
けっこうな量になりました。これで当分もつぞぉ。

と、喜んでいたら携帯に悪いお知らせが。愛用のスノーシューを修理に出した
のだが、見積もりが思いのほか高額だけどどうする?と。
去年聞いたときは、両足で約1万円とのことで、それでも高いなぁと応急処置で
無理やり使用していたのだったが、今回正式にメーカーに見積もりしてもらった
ら18000円かかると!買うよりは安いけれど、残るフレーム部分がこの先ばくっ
と割れないとも限らない?
愛着のある道具で、修理して使いたい気もするけれど、既に7年。年間5ヶ月の
酷使の果てである。弟分も、ぽれぽれかあさんも、もう新品にしたほうがよいと
いう意見。ごもっともです。
ああ、愛するシューよ、もうだめなのかぁ・・・
by akanezumi1984 | 2010-01-25 22:55 | つぶやき | Comments(7)

からぶり

金曜膝ラッセル、土曜膝上ラッセルだったので、今日はお休み・・・
すると、こんなタイミングで天気がいいのね。

でも、今日は気温が上がってしけった重い雪だったらしく、ラッセルは大苦戦だったらしい。
晴れれば眺めがよく、気分が高揚するが雪は腐る。
天気悪いと、それはそれで森は美しいが、視界不良で行動が制限されたりする。
なかなかうまくいかんのだ。

掃除、洗濯、料理、箱だらけになってやっちゃねぐなっていた物置部屋の箱つぶしなど
して午前中過ごし、午後から図書館に出かけたら、閉館!
日曜なのに?と思ったら、蔵書整理かなにかで29日までずっとお休みなのだと。
もう読む本なくなってしまったのにぃー!
くやしまぎれにパン屋に寄り道し、おやつ食べ過ぎてしまったわい。
市役所周辺には、警官が異常に大勢集結。なにかあるんですか?と聞いてみたが、
特になにもないけど警備ですとの答え。なんなんでしょう?
by akanezumi1984 | 2010-01-24 18:10 | つぶやき | Comments(4)

今日も雪がしんしんと

今日もふかふかのパウダー日和。
風がないだけ昨日よりぐっと過ごしやすかった。顔が痛くないし、手がちぎれるような痛さも
なく、まずまず快適なトレッキング。膝上ラッセルだったけど・・・
f0118332_216484.jpg

今日は若い女性2人とおじさま4人を一本ブナコースにご案内。みなさん
初スノーシューということで、膝までもぐるふっかふかの軽いパウダーで
デビューとはついてらっしゃる。
重たい雪でないので深雪のわりには楽だが、しかしずーっと腿あげ歩き。
先頭ラッセラーは疲れるので、ちょこちょこと木の説明などしてなにげに休
んだり、ラッセル体験してみますか?とちょこっとずつ参加者全員にラッセル
をしてもらったが、夏山は登っているとか、マラソンしている方もいたりして、
もっとラッセルやりたいという声が出るかと期待したが、あまり替わりたいと
いう声は出ず。一本ブナまでは昨日のトレースがわずかに残っていて、まっ
たくさらのところを行くよりは楽だったが。
スタート時間が早かったので、一本ブナからキャンプ場に下ってから昼食。
東屋にもぐりこんだので、ツェルト使わずに食べられた。
f0118332_2118364.jpg

冬用トイレにご案内。女性陣が使うかと思いきや、スノーシュー脱ぐのが
めんどうだからとパス。男性二人が手をあげてくださったので、中の電気や
水など正常に稼動しているか確認してもらえた。
来月になれば、ドアの位置まで雪が積もるかな。
だいぶ腿がぱんぱんになってきたので、ラッセルしたい人いますかー?と
聞いてみたが、誰もいないので月山荘から除雪された道路に出て志津に
向かっていると、マラソンやトレイルランニングしているという男性から「ちょっ
と物足りないなぁ」という声が。さっきラッセル呼びかけしたのにするって
言わなかったじゃないかぁ!
志津までもう少しでしたが、登れそうな雪壁あったので、はい、余力の残って
いる方はもうちょっとラッセルしましょうかーと誘ったら、結局全員壁の上へ。
物足りないと言った男性に、はい、先頭どうぞ!とラッセルしてもらったら
20mくらい歩いて「満足しました!」と。
んでも、壁が絶壁ですぐには降りられないので、先頭を替わってしばらく
ラッセルして道路に降りられる場所探して誘導。みなさん、すとんすとんと
滑り降りてきゃっきゃと喜んでた。
駐車場に戻って装備を解き、レンタル品を全部回収してお疲れ様ーで、
お客さまの希望時間に終了。個人的に遠方からの友人の案内は何度も
していたけれど、ガイドとして冬の案内するのは初めてだったかも?
by akanezumi1984 | 2010-01-23 21:29 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984