<   2009年 07月 ( 42 )   > この月の画像一覧

ひさーしぶりに

調査の仕事が二つキャンセルになり、暇暇なので、かなりひさしぶりに接骨院に
行ってみた。最近また腰痛が気になっていたのと、おととい丸石で軽く右足首を
捻ったのが気になったので。

どちらもたいしたことないと思ったが、暇なときにメンテしておくべーと気楽な気持
ちで行ったのだが・・・「腰も足首もたいしたことなくはないですよ。しばらくはあま
り間隔あけずに通った方がいいですね。」と。

やっぱり?

でも山禁止令は出なかったもんね。ほっほっほっ。

こちらの先生はご自身山歩きされる方なので、どんな負荷のかかり方をするか
わかるから、安心なのだぁ。
by akanezumi1984 | 2009-07-30 16:38 | つぶやき | Comments(4)

お試し

気に入って2kg入り大袋で大人買いしている、ソフトバナナ(油で揚げていない
干しバナナ)が好評で、山仲間に買ってくれと頼まれた。
3000円以上で送料無料なので、便乗して自分の分も注文。
バナナはまだ在庫たっぷりなので、「通常じゃあり得ない価格のフリーズドライ
りんご!」なんと75%offってほんとか?
f0118332_2239525.jpg

確かにこの手のフリーズドライの果物は、ほんの少ししか入ってないのに
けっこうなお値段がする。これは300gで1,450円。よく見るチップと違い、
大きくて厚みがあり、食べ応えあり。
でも、さくさく軽い食感だから、食べすぎに注意しなくては。割安とはいえ、
普通のスナックの感覚からいえば高額だし、果物はけっこうカロリーも
高いのだ。
by akanezumi1984 | 2009-07-29 22:42 | 買い物 | Comments(0)

7/28月山の花たち

f0118332_11385370.jpg

左上からアオノツガザクラ、アカモノ、ミヤマリンドウ、ウメバチソウ
f0118332_1139237.jpg

トウゲブキ、トモエシオガマ、コバイケイソウ、モミジカラマツ、ハクサンフ、
ウロ、マルバシモツケ
コバイケイソウの蕾は、ホワイトコーンみたい。まだショウジョウバカマや
オウレンやヒナザクラなんか咲いていますが、オヤマリンドウやウメバチ
ソウ、ミヤマアキノキリンソウなども咲いて、早くも夏の終わりを予感する。
f0118332_11433775.jpg

イワショウブとヒメイワショウブ。ヒメイワショウブは小さくて目立たないし、
群落にならないけれど、なんだかほっとけない感じ(笑)
f0118332_1145023.jpg

チングルマ。開く前の蕾の表情も、よく見るとおもしろい。
f0118332_1146466.jpg

この日の主目的はチシマギキョウ。地面からいきなり大きな花をつけます。
この深い色がガスの中でも際立ちます。
f0118332_11473794.jpg

まだ早いだろうと、期待せずに一応確認だけ・・・と探しに行ったら、もう
咲いていてびっくりのトウヤクリンドウ。昔はお盆近くに見ていた気がするが。
f0118332_11502564.jpg

神社下の雪渓でちびうさ奉納。この日は、ある方の回復祈願をしました。
f0118332_11514510.jpg

夕方から雨の予報に反し、日中降ったり止んだりだったのが、夕方近くに
なって晴れてきて・・・天気予報通りにはいきませぬ。特に山。
f0118332_11525027.jpg

3月4月の午後遅い時間の光で見る姥方向が好きでしたが、この時期も
なかなか。
f0118332_11535660.jpg

なんだか帰るのが惜しいくらいに天気回復。途中、雲のすき間から鮮やかな
夕焼が見えたのだけれど、車を止められそうな場所からは障害物でよく見えず、
撮影のタイミング逃しました。

さて、花はあらかた見たけれど、オゼコウホネがまだ残っている。往復縦走は
時間がかかるから、できれば一日雨が降らないときに行きたい。
しかし、ぐずついた天気がまだまだ続くようで、困ったもんだ。

蛇足・・・日曜のツアー登山のお客様にイワイチョウの説明をしていたら、「あら
お相撲さんの頭と同じ」と。それを言うならオオイチョウ(笑)

by akanezumi1984 | 2009-07-29 11:57 | おらいの山 | Comments(4)

早くもトウヤクリンドウ

今日行こうか、明日にしようか、朝ぐずぐずしていたが結局出かけた。
夕方から雨の予報だったが、姥沢の駐車場に着いたら、もう降りだした。
ま、出かけるのが遅いから悪いのだが・・・

それでも、雲の様子から長くは続かないと見て、出発。一時強く降ったが、
それ以降は山頂近くでまたぱらぱら来たくらいで、夕方には逆に晴れるし。
山では天気予報はあてにはなりませぬ。

一時端境期でさびしかった山頂は、また花が増えてきれい。
日曜既に最盛期だったチシマギキョウが撮りたくての出動だったが、まだ先
と思っていたトウヤクリンドウも咲き始めていて、ちょっともうけた気分。

今日は帰りが遅くなって、画像整理・編集が間に合わないので、写真のアップ
は明日にします。
あしからず。
by akanezumi1984 | 2009-07-29 00:18 | おらいの山 | Comments(0)

訓練・・・なの?

昨日の月山は、いよいよ本格化した白装束の講の方たちや、一般登山者、観光客
であふれかえっておりましたが、こんな混む時期の日曜になぜ?と不思議だった
のが、自衛隊のみなさま。

20人くらいの迷彩団体が姥から山頂に向かって、いくつもいくつも。背中の荷物は
軽そうです。通信係と医療班の人がいて、一応訓練なのでしょうか・・・?
でも、なぜか、たまーに小さい子どもが一人紛れ込んでいたりして、謎です。
あれ、お父さんとかお母さんは?と思わず声をかけたら、すぐ後ろを歩いていた方
がお父さん。家族行事というには、自衛隊の隊員100人に子どもが2,3人だけと
いうのも???
一番混雑するような時期、日曜のゆるい時間帯にゆるいコースに大勢の人員を
繰り出す意味がわからない。訓練にしては、あまに楽ちん過ぎるのでは?
ただでさえ混む、この時期のしかも日曜になぜやるの??
駐車場に大量に駐車されるのも、狭い登山道に団体をいくつも送り込むのも、
混雑を避けて平日にしたほうがよいと思わないのだろうか?

そんな疑問を抱いたのは、おいらだけではあるまい。

と、謎に思っていたら、どうやらおいらが見た4~5班はたまたま隊員だけだったり、
家族が混じっていても子どもが一人二人しかいない組だったようで、奥さんお子さん
がもっと参加している家族行事であったらしいです。こちらは湯殿山に下ったので、
その後通過した班にたくさん家族がいたのかな??

二日続けて3時に起きていたせいか、昨夜12時半に寝て、今朝は5時に起きて
しまった。朝は妙に天気がよくて、うぅっと稜線に呼ばれそうになるが、昼から雨の
予報。それに膝も休めたいので、やめときましょう。
by akanezumi1984 | 2009-07-27 07:54 | つぶやき | Comments(2)
昨日に続き、同じお客様の案内。今日は月山縦走(羽黒側~湯殿山へ)
山頂までは強風とガスだったが、下り始めたらすうーっと晴れて景色が
見られた。時折ぽつぽつきた程度で、順調に下山できてやれやれ。
なにせ時間に追われるツアー登山。ちょうど山頂がガスと強風だったから
トイレ休憩だけでスルーすることをあっさり納得してもらえたけれど、晴れ
ていたらどうなっていたのだろう?
ちゃんと歩けるお客様たちなのだが、団体というのは、小さな積み重ねで
時間のかかるもので、朝めちゃめちゃ早くから出発しているのに、予定よ
り出発が送れ、なんやかんやで帰りが遅くなっていくものですなぁ。

時間の都合で、弥陀ヶ原は最短ルート、寄り道禁止。オゼコウホネ
は見られず。山頂もトイレ休憩と小屋の看板前の記念撮影だけ。
ちょうど山頂まではガスと強風だったから、お客様も納得してくれたものの。
晴れていたら、下山時間はもっと遅れていたかな?

とりあえず、ルート上の花は見られるので、ちょうどチシマギキョウの満開
に立ち会えた。あらためて写真を撮りに行きたいのだが、しばらく天気悪そ
うだな・・・
by akanezumi1984 | 2009-07-26 21:59 | おらいの山 | Comments(2)

一日目終了

f0118332_20293118.jpg

心配していた雨は、出発するころにはあがり、雨具着ないで山頂までなんとか。その後は降ったり止んだりで、雨具も着たり脱いだり。
でも、視界は概ねよく、花もたくさん見られました。でも今回は団体のツアーなので、カメラなし。待ち時間利用で携帯でちょっとだけ。
写真はチョウカイフスマです。
おいらは左耳をブヨにやられ、真っ赤に腫れておりますが、お客様二名まぶたをやられて小岩さんに…明日まで腫れがひきますように!
by akanezumi1984 | 2009-07-25 20:29 | ほかの山 | Comments(0)
今月は調査の仕事がことごとくキャンセルになり、フリーの身の不安定さを痛感。
でも、たまにひょっこり入ることもあるもので、週末は山の仕事をいただいた。
朝が異常に早いのでホテルに前泊。ビジネスホテルだけど、大浴場があってラッキー。シャワーだけでもよいのだが、ユニットバスが嫌なのだ。
泊まりだけどロビー3時15分集合ってことは、3時少し前に起きなくては。
鳥の仕事より早いや(笑)
by akanezumi1984 | 2009-07-24 21:16 | つぶやき | Comments(0)

月山うーろうーろ

天気はまずまずのようで、朝から出かければよかったのだが・・・
ついついだるくてうだうだ。でも、しばらく山頂小屋に顔出してないなぁと
午後から山頂詣で。
なんだかんだでリフト降りたのが13:40。でも天気は悪くないし、日は長い
から問題なし。
姥から牛首にかけてニッコウキスゲが豪快に咲いておりました。
f0118332_0563717.jpg

華奢ですぐに風に吹き飛ばされそうなリンネソウがまだ咲いていてびっくり。
f0118332_057628.jpg

キンコウカやウメバチソウも咲き始めた。目立たない緑の花はガッサンチドリ
だろうか?姥のトキソウは風で写真撮るのが難しいが、柴灯森から牛首の
間にたくさん咲いていて、こちらは撮りやすい。
f0118332_0572863.jpg
f0118332_0573981.jpg

雪渓はずいぶん消えて、登山道にはほとんどかかっていない。
まだ新しいキヌガサソウも2輪。ここのは増えないなぁ。
f0118332_0584216.jpg

天気は晴れたりガスったりだが、ときおりくっきり晴れる。
f0118332_163777.jpg

山頂について、小屋に寄るのは後にしてとりあえずお花チェック。そして、大事な
ちびうさ奉納。
f0118332_135544.jpg

三角点付近は、まだ近くに雪渓があって、時間がなくても速攻作れます。
f0118332_151989.jpg

小屋に寄ったときはもう4時。4時半には出ようと決めていたのに、小屋のおばさん
と話し込んで、結局下山開始は5時。ま、下りは急げば1時間だから問題なし。
山頂についたときは晴れていたのに、ガスがあがってきた。オコジョ出ないかなー
と少し期待したがそううまいこといかず、たったかと順調に下山。
分岐で5:30。そこからしばらく下ったところで、道に座り込んで休んでいる二人組
に追いついた。一人は半そでワイシャツに革靴で見るからにバスの運転手さん。
もう一人は山頂直下で3時頃すれ違ったおじいさんだった。既に5:40。
大丈夫ですかと声をかけると、運転手さんは添乗員さん兼務で、おじいさんがいつ
までも帰って来ないので迎えにきたのだと言い、バスで他のお客さんが待ってい
るから、状況を伝えてほしいと頼まれた。
んじゃまぁ急ぐか、と駆け下っていくと、心配して登ってきたお仲間が一人。しかし
カメラしか持っていない。ライト持っていないなら戻ったほうがいいですよと言って
先を急ぐと、また一人手ぶらな人が登ってきた。同じくライト持ってないなら戻って
と伝え、この時点ではかなり姥沢に近いところまで来ていたので、バスへの伝言は
その人に頼んで、おいらは登りかえしておじいさんに合流することにした。
距離は1kmくらいといえ、ペースが遅すぎるので、日が暮れるかもしれないからだ。
ライトなしではたとえ歩く体力、気力が残っていても進めなくなってしまう。
おじいさんは添乗員さんの肩につかまり、もう一方はストックをついて、なんとか
歩いていたが、本当に休み休み。暗くなる前にたどりつけるか微妙なところ。
それでも自分でなんとか歩くというので、三人でよちよち前進。
少し下ると、今度は手になにか持った人が二人登ってきた。今度はちゃんとライト
持ってきたというし、少し体力ありそうな人だったので、ようやく安心してその場を
離れることができた。
一気に駆け下って、待っている仲間の方たちに、だいぶ近くまで来ていますから
もう大丈夫ですよと伝えた。
おじいさんの奥さんが御礼を言って、お金と思われる封筒を渡そうとするので、
もう走らなくてもいいのに、走って逃げた。普段アスファルトは走らないのにぃ。
f0118332_16568.jpg

添乗員兼運転手さんが一人、お客さん10人。小型バス。
詳しいことは聞かなかったが、たぶん仲良しの山好きグループがバスをチャーター
して来たガイドなしの登山なのでしょう。
幸い登山道上にかかる雪渓はなくなり(例年ならまだ下りは悲鳴続出だ)、天気も
よくて暖かい日だったからいいものの・・・
どうも一人だけ極端に遅れたような感じ。大丈夫、ゆっくりゆっくり行くから先に
行っててとおじいさんが言ったのだろうな。全員バスで相当長いこと待っていた
ようで、本当は山には登らない予定だった添乗員さんがまずは様子を見に登り、
合流して付き添っていたようだ。でも、この人が運転手だし、バスに残った人は
ただなんにもない駐車場で待つしかないのだった。
2時間か3時間待ったようである。寄せ集めのツアーだったら、苦情続出だっただ
ろうなぁ。
まぁ、無事でなによりですが。

帰りが遅れついでに、博物園に寄って暗くなるのを待ち、ヒメボタルがちらほら
飛ぶのを見てから帰った。
by akanezumi1984 | 2009-07-23 23:56 | おらいの山 | Comments(0)

ジャガイモ強化週間

秘密基地でも二日連続でジャガイモをたくさん食べたが、今夜もジャガイモ。
noraさんからお土産にいただいたイモではなく、木下自転車店提供のお早めに
お召し上がりくださいのイモで夕食会。
f0118332_0232925.jpg

金曜から来週の水曜まで、ほとんど家にいないからと思い、若手を三人
招いての夕食会にし、食材整理のためにあれやこれや作ったのだが、
作り終わってから月曜からの現場のドタキャンのメールが・・・
まぁ楽しい夕食になったからいいけどさ。

今日は4人で大小入り混じって15個くらいのジャガイモを食べました。
本日のお品書きは
・豆ご飯のちびおにぎり
・ジャガイモのおやき(バジルと粉チーズ入り)
・タイ風?炒め物(エビ、厚揚げ、ズッキーニ、ナスをチリソース、フィッシュ
ソース、酢等で適当に味付け)
・煮物(どんこの干物、ジャガイモ、切干大根、ちび玉ねぎ)

豆ご飯のちびおにぎりと、おやきがあったのと、E子さん置き土産のエビス
ビール2缶出してしまったため、白いご飯はほとんど残ってしまった。
明日食べる分は小分けタッパーで冷蔵。残りは一食分ずつ冷凍保存だ。

煮物に入ってる大きなカエルの干物みたいなのは、どんこという魚の干物
です。アップで見ると怖い顔。noraさんにいただいた小さめ玉ねぎを人数分
入れたのに、圧力鍋で煮たら形がなくなってた・・・
見た目けっこう豪華ですが、産直で安く買った野菜やいただきものの野菜、
エビも一人あたり二尾で200円しかしなかったしで、四人分作っても外食の
一人分より安くあがったかも。

それにしても今月は仕事のキャンセルが続くなぁ・・・
by akanezumi1984 | 2009-07-23 00:36 | FOOD | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984